suica チャージ デビットカード

... クレジットカードと同じように、デビットカードにも利用額に応じて「ポイント」がもらえるような特典があります。 三井住友銀行のSM... VISAやJCBなどのクレジットカード代わりに使える「デビットカード」。 最近では日本でもキャッシュレス化の波にのって徐々に浸...モバイルSuicaのデビットカードのチャージができないと書いてあるのは、海外で発行された、ブランドデビット、プリペイドカードはチャージできないことがありますと、しっかり書かれています。このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。 Suicaのチャージは頻繁にするのでなるべく楽にやりたいですよね。オートチャージする方法、コンビニや券売機でチャージする方法、モバイルSuicaでやる方法等あります。しかしデビットカードでやる方法はあるんでしょうか? 結論から言えば、 「リクルートカード」をモバイルSuica(スイカ)チャージに利用することはできます 。 ※「リクルートカード」は入会時にVISA、MasterCard、JCBの3種類のブランドが選べます。 ネット環境さえあれば、どこでも残高チャージができる「モバイルSuica」。このチャージは、クレジットカードを登録して行うのが基本です。しかし、クレジットカードではなくその場で銀行口座から引き落とされる「デビットカードを使いたい」という人も多いのではないでしょうか。モバイルSuicaを発行するJR東日本のWebサイトを見ると、チャージに関する項目に「海外で発行されたカード、およびブランドデビットカード・プリペイドカードなどは登録できません」という記載があります。ここで登場する「ブランドデビットカード」とは、VISA・Mastercard・JCBといった国際的に使えるクレジットカード会社と提携・発行しているデビットカードのこと。それぞれのカード加盟店でクレジットカードと同様に使える一方、利用金額はその場で銀行口座から引き落としになるサービスです。後払いになるクレジットカードを使いたくない、あるいは過去の支払いトラブルや18歳未満でクレジットカードが持てない人にとって、ブランドデビットカードはありがたいもの。しかし、モバイルSuicaに関するJR東日本の説明を読む限り、モバイルSuicaのチャージにはデビットカードが利用できないようにも見えます。そこでJR東日本へ確認したところ、モバイルSuicaのチャージには、やはりデビットカードは利用不可能とのこと。ネット上には、デビットカードをSuicaチャージ用に登録可能という情報もありますが、この方法についてJR東日本としては動作保証ができないそうです。しかし、デビットカードでSuicaをチャージして使うことがまったく不可能ではなく例外もあります。それは、みずほ銀行が発行するスマホ向けデビットカード「みずほWallet」をiPhoneで利用する方法です。iPhone向けのみずほWalletは、Apple PayのWalletにインストールして使うものですが、Apple Payで登録したクレジットカードだけでなく、SuicaとQUICKPAY+にはデビットカードとして銀行口座から入金可能。この際に発行されるSuicaはモバイルSuicaではなく「Mizuho Suica」になります。Mizuho Suicaは、JR東日本をはじめとする鉄道・バスへの乗車やコンビニなどでの支払いに使う限り、モバイルSuicaやカード式Suicaと同じように利用可能。また、JR東日本のポイントプログラム「JRE POINT」についても、モバイルSuicaと同じ扱いとなります。ただし、Suicaグリーン券の利用やSuica定期券の発行といった機能については、Mizuho Suicaは非対応。また、Mizuho Suicaに貯まったJRE POINTをチャージすることができないため「別途JRE POINTカードを作成してショッピングに利用」「カード式Suicaを追加で持ちそこへチャージ」といった対応が必要です。 アップルペイでSuicaアプリ利用の場合、はデビットカードを登録してチャージに利用することができます。デビットカードは16歳以上なら作れますので、高校生の方でもアップルペイでSuicaアプリを使うことでモバイルSuicaを使えるということになります。

「リクルートカード」はモバイルSuica(スイカ)チャージに利用できる. モバイルSuicaでもデビットカードでチャージすることはできるのですが(ただし、公式にはデビットカードやプリペイドカードでのチャージは不可というアナウンス)、 年会費が1,030円かかる. 電車・バス・買物に利用できるJR東日本のICカード「Suica」。携帯情報端末タイプのSuicaも登場し、クレジットカードでSuicaにチャージする方法も増えました。クレジットカードでSuicaにチャージする方法とメリットをご紹介します。【三井住友VISAカード】

クレジットカードの裏話電車やバスはもちろん、買物にも幅広く利用できるペンギンのキャラクターで親しまれているSuicaは、JR東日本が発行している交通系ICカードです。Suicaには、次の2つのタイプがあります。カードタイプのSuicaには、Suica定期券は、Suicaエリア内にあるJR東日本のSuica対応駅の多機能券売機、みどりの窓口、指定席券売機のいずれかで購入できます。My SuicaとSuicaカードは、Suicaエリア内にあるJR東日本のSuica対応駅の多機能券売機かみどりの窓口で購入できます。携帯電話がカードタイプのSuicaの代わりになるのが多機能券売機でのSuica定期券のご購入時は、クレジットカードを使用し、同時に入金(チャージ)することができます。iPhoneの場合は、Suicaアプリケーションをダウンロードします。Suicaアプリケーションをダウンロードせず、WalletアプリだけでSuicaと同じ機能を持つことはできますが、定期券の新規購入やSuicaグリーン券などの購入はできませんので、ご注意ください。国内発行のVisaは対象となりません。クレジットカードを使ってSuicaやモバイルSuicaなどにチャージするメリットとしては、ちなみに、JRE POINTは、元ビューサンクスポイントのことで、2018年6月28日(木)よりJRE POINTに変わりました。JRE POINTを貯めるには事前に登録が必要で、登録後は駅にある自動販売機「acure」(アキュア)やコンビニの「NewDays」などの利用でポイントが付与されます。対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。1 2020年5月1日時点で対象カードをお持ちの方、または(2020年5月1日時点で対象カード(注)をお持ちでない場合であっても)2019年3月1日以降に対象カード(注)に新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている方は対象となりません。(注)エブリプラスを含む2 カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、ご利用を毎月集計し、20%を乗じた金額をご利用月の2ヵ月後末までにプレゼントします。SuicaとはSuicaの種類国内発行のVisaは対象となりません。クレジットカードでSuicaにチャージするメリット三井住友カードが提供する「Have a good Cashless. という大きなデメリットがありました。 Suica機能の付いたビューカードもありますが、Suica機能がなくてもオートチャージ決済用カードとして使えます。 とにかくビューカードであればよいのですが、その他のクレジットカードやデビットカードは使えません。