rg トールギス2 塗装

今日は「rg トールギス」の腰フレームに外装を取り付けました。 写真は「rg トールギス」の腰部の外装パーツです。 腰部の外装は白一色ですが、よーく見ると普通の白と、若干グレーがかった白の2種類が使われています。 ガンダムやガンプラに関するいろいろな情報を更新しているサイトです。ガンプラレビューをはじめ、わかりやすい製作方法などを紹介。PVは1000万PV以上! Copyright © ガンプラの山を崩せAll Rights Reserved.
rgトールギスewをベースに、フェイスパーツや頭頂部の特徴的な造形を新規パーツで再現。登場シーンが演出できる新規手首パーツが付属し、トレーズ機ならではのブルーカラーも再現されたキットになっています。価格は2,700円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。 Copyright © ガンプラの山を崩せAll Rights Reserved.

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭は投げ銭いただきました!他ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

今回はrg トールギスを素組みで製作し、アニメカラーに塗り直してみました。キットは小さいながらも非常に良くできており、細かいギミックも多く遊びごたえも十分ですが、大きさに似合わないギミックを積んだ所為であちこち非常に脆くなっており、結構扱いが難しいキットにな こんにちは。クスビル【@xbuild00】です。プレミアムバンダイで販売されたRGトールギスⅢのレビューです。そのまま組み上げてデカールを貼っただけですが、かなりカッコよく仕上がったので是非読んでみてください。頭身高めでバランス良いプロポーションとなっています。 今回は、RG トールギスⅡは、『新機動戦記ガンダムW』に登場するトレーズ・クシュリナーダ専用機『トールギスⅡ』の1/144スケールモデルキットです。RGトールギスEWをベースに、フェイスパーツや頭頂部の特徴的な造形を新規パーツで再現。登場シーンが演出できる新規手首パーツが付属し、トレーズ機ならではのブルーカラーも再現されたキットになっています。価格は2,700円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。ホワイトファングとの最終決戦にて、トレーズ・クシュリナーダが搭乗した機体のトールギスⅡがRGでキット化。2018年4月に発売されたRGトールギスEWをベースに、フェイスパーツや頭頂部の鶏冠状パーツがトールギスⅡ用に新造されています。機体色はホワイトとブルーのツートンカラー。ホワイト、ブルー共に艶ありと艶なしの2色で構成され、高貴な印象の強いトールギスに仕上がっています。青は地球の代表として意思を反映させたものとのこと。ホワイトはトールギスEWよりも少し白さが増して純白感が高まっています。外装パーツがほぼアンダーゲート仕様なので、素組みでも極力ゲート跡が出ず美しい仕上がりになります。足首や脚部の一部、腕部などにアドバンスド・MS・ジョイントが使用され、可動も柔軟。PS素材しか使用されていませんが、関節強度は高めです。ただ、トールギスEWがそうでしたが、経年劣化などで多少ゆるさも出てくるかもです。背中にスーパーバーニアを装備していますが、足裏もしっかりと接地しているので自立は安定しています。頭部。トールギスⅡ特有のガンダムタイプフェイスと側面のダクトなどが新造されています。頭頂部の鶏冠状パーツやフェイスの赤い血涙のようなデザイン部分はパーツによって細かく色分けされています。フェイスカバーを外すと正方形のカメラアイが露出。カメラアイはシールを貼るようになっていますが、今回は貼っていません。(頭頂部のパーツが少し浮いてますね;)トールギスEWの頭部と並べて。胸部。艶のあるブルーカラーベースで、部分的に艶なしのホワイト、グレーパーツで構成されています。エアインテークはトールギスEWから変わらずのイエローカラー。(グレーパーツ上の青いパーツもハマってない・・・;)コックピットハッチは開閉可能で、内部には簡単なシートが造形されています。腰部。こちらも全体的に艶ありのブルーカラーベース。サイドアーマーやリアアーマーなどは部分的に艶なしのブルー成型色になっています。上部の白い外装パーツを展開することで、フロントアーマー下部のバーニアが展開します。バーニア内部は適度に造形されています。リアアーマーは展開可能。バーニア内部も細かいモールドが造形されています。サイドアーマーも少し展開。サイドアーマーの内側にあるピンは大腿部にマウント可能です。腰部アーマー裏も細かく造形されています。股間部にはスライドギミックがあり、脚部を柔軟に可動させることができます。腕部。円柱型のシンプルな造形。ショルダーアーマーがブルーとグレーの配色になっています。二の腕から下は、前腕の手首輪っかパーツが黄色から白になっています。アドバンスド・MS・ジョイントの都合からか、常に角度が付いたようになっていて、まっすぐに伸ばすことはできません。ホワイトはトールギスEWよりも白さが増しています。ショルダーアーマー。ブルーとグレーのカラーリングになっています。側面のハッチは展開し、ドーバーガンやシールド用のアームが接続可能です。脚部。トールギスEWと同じ形状。スネの台形型モールドパーツが黄色から白になっています。成型色がトールギスEWよりも白いので、モールドなどはあまり目立たない感じがします。大腿部は前後挟み込みタイプ、膝から下はグレーパーツを挟んでの前後挟み込みタイプですが、どちらも合わせ目は段落ちモールド化されています。足首から下の部分。トールギスEWではダークブルーだった外装が艶なしのグレーに変更されています。造形は変わらず。背中には2本のスーパーバーニアを装備。造形はトールギスEWと同じですが、ブルーとホワイトの気品のあるカラーリングになっています。スーパーバーニアは脇から伸びるフレキシブルアームによる接続。左右に少し展開し、2箇所の可動部で上下に広く可動します。アームの強度は高めで、スーパーバーニア自由に可動させることができます。スーパーバーニア。内外ともに複数パーツで細かく造形され、合わせ目などは出ない構造になっています。スーパーバーニアは各部が展開可能。各部をきれいに展開すると、内部のバーニアなどが左右対称の位置に配置します。後部の白い外装も上下に展開します。グレーの内部フレームを後方に引き出すと、上部の四角い青外装パーツがパカっと展開します。RGトールギスEWと並べて。頭部の造形も特徴的ですが、トールギスⅡはカラーリングが独特。トレーズの機体らしい高貴な感じがよく出ています。スーパーバーニアを展開した状態の比較です。各部可動域についてはRGトールギスEWと同じなのでそちらのレビューをご参考くださいm(_ _)mドーバーガン、サークルシールド、ビーム・サーベル刃(クリアー☓2、クリアーピンク☓2)ドーバーガン用マウントパーツ、サークルシールド用マウントパーツ、平手ハンドパーツ(左右)、武器用ハンドパーツ(左右)手首を伸ばした状態の武器用ハンドパーツ(右)、右手と左手が一体型になったハンドパーツ、トレーズ・クシュリナーダフィギュアが付属。専用のリアリスティックデカールが付属。余剰パーツが1個付属します。トールギスEW用の頭部パーツなどは付属しないので、トールギスEWのカラバリとして組むことはできません。劇中シーンが再現可能な右左手一体型パーツ。内側は肉抜き穴っぽい造形になっていますが、特別ドーバーガンの先端に合わせた造形にはなっていないようです。トレーズ・クシュリナーダフィギュア。OPのポーズがそのままフィギュア化されています。台座の裏側には肉抜き穴があります。ドーバーガン。形状はトールギスEWと同じですが、全体がグレーの配色に変更されています。本体部分上下に合わせ目ができますが、段落ちモールド化されています。砲身は伸縮可動します。後部のフックは上下に可動し、マガジンは脱着が可能。グリップ基部やフォアグリップが自由に可動します。後部の弾倉は引き出しが可能で内部にはモールドが造形されています。トールギスEWのドーバーガンと並べて。画像下がトールギスEWのものです。サークルシールド。こちらも造形はトールギスEWのものと同じ。ブルーとグレーのカラーリングで印象が少し違っています。中央下部のグリップは上下に可動し、サーベル柄のマウント部は回転可動します。サーベル柄は脱着が可能です。ドーバーガンとサークルシールド用のアーム。複数パーツの組み合わせでフレキシブルに可動するようになっています。ドーバーガンとサークルシールドを装備して。どちらも固定強度が高く、ポロリはほぼありえないので、ラクに装備が可能です。アクションベース用マウントパーツが股間部にカチッとはめ込めるので、ポージング時も落下することなく安心してディスプレイが可能です。多少ハンドパーツが分解しやすい(個体差があるかも。)ですが、手のひらとグリップのダボ接続になっていてしっかりと保持できているので、特にポージングに苦労することもありません。突き型のハンドパーツが付属。ビームサーベルで突くようなアクション性の高いポージングが可能です。適当に何枚かどうぞ。右左手一体型パーツを使用して登場シーンを再現。以上です。ベースキットの質が高いだけに、このキットも各部強度が高くポロリもないのであらゆるポージングがラクに決まります。造形もよく、どんなポージングも様になる優秀なキットになっていると思います。欠点のようなものはほぼないですね。カラーリングもトレーズ機らしい高貴な印象が強いものになっていますし、トレーズフィギュアや手を合わせたハンドパーツも付属するので、劇中の演出もラクに再現できてモチベーションもアップします。スーパーバーニアを展開したり、突き型のハンドパーツでビームサーベルを突き刺すポージングなども可能なので、自由度の高い安定したキットとして楽しめるのではないでしょうか。『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する