pubg モバイル 黒鬼
pubg mobile 公式サイト基本プレイ無料!100人同時対戦のバトルロイヤルシューター『pubg mobile』公式サイト。最大4人の仲間と協力するマルチプレイのsquad、2人の連携が重要なduo、自分1人の緊張感に溢れるsoloモード。スマホでドン勝しよう! PUBGモバイルの動画まとめサイトです。 2018.04.03 【PUBG実況】〜てつや、ドン勝への道〜part1 〜ドン勝(どんかつ)とは〜 100人で殺し合いをするこのゲームで最後の1人になるまで生き残ることである。 あらかじめご了承ください。 Subscribers: 53,100. ・公序良俗に反する投稿 pubgモバイル(playerunknown’s battlegrounds mobile)の攻略wikiトップページです。ゲーム内の最新情報やドン勝のとり方・立ち回り、操作・設定の説明や各武器の解説など様々なお役立ち情報をまとめてお … PUBGモバイル攻略WikiPUBGモバイル(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS Mobile)の攻略まとめトップページです。ゲーム内の最新情報やドン勝のとり方、操作説明や各武器の解説など様々なお役立ち情報をお届けします。「PUBGモバイル(PUBG MOBILE/スマホアプリ版)」を始める初心者の方に基本的なルールや戦場での立ち回り方、最初の進め方を紹介しています。基礎を覚えて”ドン勝”を目指しましょう!時間経過とともに安全な範囲が狭まっていくため、後半になればなるほど熾烈な戦いとなります。レベルやスキルといった育成システムは一切ありません。試合開始時には全員丸腰の状態から始まるため、どれだけ現地で武器や防具を手に入れられるか、他のプレイヤーを倒して奪えるかといったプレイヤースキル(PS)が重要となってきます。PUBGは大きく以下の流れに沿ってゲームが進みます。それぞれのコツなどは後ほど詳しく紹介しますので、まずは戦いの流れ・ルールを押さえましょう!ゲームの流れは正直、言葉だけでは伝わりません。まずは一度、ソロで実際にプレイしてみましょう。PUBGは近いレート・技術のプレイヤー同士でマッチングするため、「強い人と戦ったらどうしよう・・・」といった方でも不安が少なくプレイできます。・実際にどうやって進めるのかといった文字だけでは分からない感覚を掴むチャンスなので、まずは一回、ソロでチャレンジしてみましょう!実際にプレイしてまず調整して欲しいのが【【操作パネル】を自分の操作感に合うように設定することでよりPUBGを楽しみやすくなります。初期設定で「操作しにくいなぁ…」と思った部分を自分に合う形に調整しましょう!ホーム画面から行ける【練習場】ではすべての武器の試し射ちや乗り物の運転練習ができます。練習場の的を狙って実際に武器を使ってみて、自分に合う武器・操作感を探りましょう。クラシックモードプレイ中に登場する敵の中にはLv10以上でも登場しますが、その数は歴然の差なので本格的な戦いを望む方はLv10に上げましょう。プレイヤーLvはクラシックモードをプレイするだけで上昇します。Lv10になると通常モード(クラシックモード)とは異なる「アーケード」というゲームモードが開放されます。ゲームを開始時は飛行機に乗った状態から始まり、そこから好きなタイミングでフィールドへと降下し、ゲームがスタートすることになります。この降下ポイントの選択が非常に重要で、降下ポイント選びに失敗するとアイテムを全く入手できないまま一方的に蜂の巣にされる可能性すらあります。アイテムは基本的に建物の中に落ちているため、まずはただし、建物が密集している場所は大量のアイテムをゲットしやすい反面、序盤から激戦区になりやすいため、フィールドへの降下はダイビングとパラシュートの2つのパートがあります。ダイビング中に降りたいポイントへ接近し、パラシュートで落下ポイントを調整というのが主な流れです。降下できる範囲などもある程度決まっているので、詳しくは下記記事をご覧ください。前述の通り、武器以外のアイテムにはアイテムはインベントリ(リュック)を圧迫するため、手持ちのリュックや弾薬と相談しながら確保していきましょう。なおアイテムを探すとき、誰かがすでに侵入した証拠であり、入ってもアイテムが手に入らないどころか、すでに装備を整えた相手が待ち構えているかもしれません。PUBGでは持ち運べる武器に制限があり、メインウェポン2つ+ハンドガン1つ+サブウェポン(グレネード系、近接武器)しか持ち運ぶことができません。そのため、どの武器種を確保するかで戦術がガラリと変わってきます。オススメ武器は一本で近距離〜遠距離まで対応できるただし連射時には反動があるのでリコイル制御(画面下にスワイプしながら射撃して反動を殺すテクニック)は必須です。練習しておきましょう。所持する武器のセットはアサルトライフル(AR)2つか、AR+スナイパーライフル(SR)1つずつの組み合わせがオススメです。序盤は屋内での近距離戦も多いのでショットガンやサブマシンガンでもある程度戦えますが、中盤以降になると屋外での中・遠距離戦が多くなるのでできる限り早い段階でアサルトライフルを最低でも1つは入手しておきましょう。武器やアイテムをある程度揃えたら、近くに車が無いか探しましょう。移動が格段にスムーズになる上、敵から狙撃されそうな時に狙いづらく、身体の大半を車が守ってくれるので序盤〜中盤には欠かせません。バイクはスピードが早く、山道などの悪路や斜面にも強いため優秀な車両ですが、バランスを崩しやすいため、運転操作に慣れるまでは四輪車を使いましょう。ある程度装備が整ったら隠れられる場所を探しましょう。草の陰にしゃがむ・伏せるだけでもバレにくくなるため、良い隠れ場所が見つからなかった場合でも注意点として、しゃがんだり伏せたりして隠れたつもりでも倍率の高いスコープを使用した狙撃手にはバレバレの場合があります。隠れ場所では狙撃にも十分気をつけましょう。PUBGでは時間経過とともに安全地帯(アンチ)が狭まります。アンチ外にいると、徐々に外側から迫ってくる「安全地帯の位置はマップ上で確認できるので、安全地帯の外にいる場合は早めに移動しましょう。基本的な戦法として隠れて待ち伏せする方法の他に相手が隠れていそうなポイントをクリアリング(敵のいる・いないを確認する行為)しに行ったり、時にはわざと隙を見せて相手をおびき出したり、他のプレイヤーとの交戦で発砲音が聞こえた方向を確認してみるのもアリです。また中盤以降はPUBGでは、様々な音が非常に鮮明かつリアルに反映されているため、どの方向から音がするかも分かります。そのため、相手が発砲すれば攻撃されていなくても音だけでは方向が分かりづらいという方は画面右上に表示されているミニマップに注目してみましょう。赤いマークが表示されるため、画像の場合であれば、北西の方向から銃声が聞こえたことが分かります。できるだけ音を聞きながらプレイし、同時にミニマップを確認する習慣をしっかり付けることで、敵プレイヤーの位置を先に把握できるようになり、優位な展開に運びやすくなります。時間が経つにつれて安全地帯はどんどん狭くなっていくだけでなく、パルスによって受けるダメージも大きくなっていきます。終盤では終盤では白熱してくるとつい一人のターゲットに集中してしまいがちですが、撃ち合いをすれば当然他のプレイヤーに居場所がバレてしまう上、消耗したところを狙われてキルされてしまう可能性も上がります。そのため、できるだけ周囲から序盤〜中盤はエリアが広い分敵との遭遇率も低く、大胆に移動しても撃たれるリスクは少ないです。そのため早い段階で「とりあえず安全地帯に入っておく」ことが重要となります。対して終盤戦では敵との遭遇率が上がるため、先に動き出したプレイヤーの排除や、周辺に敵がいないかの確認が済んでから安全地帯に向かって移動しましょう。最後の最後まで徹底的に隠れてPUBGは普通のFPSやTPSとは違い、相手を倒すのではなく生き残ることが目的。そのため通常のFPSやTPSでは推奨されないいわゆる「芋」プレイも生き残ることができれば十分戦術として成り立ちます。PUBGは相手を倒すのではなく初心者のうちはできるだけリスクを冒さず、迷ったら撤退して次の機会を伺うぐらいが丁度良いでしょう。記事をシェアする以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。