nasa 月面 写真
Proof of alien base on the キーワードから記事を探す月なんかに基地を建てたら隕石が怖いだろ>>人は自分が見たいと思っているものを見てしまう傾向があるためクレーターに擬装してるんだ!月面清掃用ロボット掃除機(原子力エンジン搭載)エイリアン建造物だという証拠がないよねもう大っぴらにしても驚かない時代になってるから下手に隠す必要ないと思うんだけどねえUFO側に隠れて調査する必要性を感じないそろそろ隠謀好きの人達からお金集めたらもし本当なら予算が欲しいNASAが毎回一般受けしないかなり直角に近い角度の物凄い早さでぶつかったけど隕石そのものが余り壊れなくて月表面が衝突で波立った所が目立つクレーターって感じもするね。「木を隠すならなんとやら」で、こういうデマやチープな情報発信してる人こそ地球に潜入してるエイリアンのスパイなんだよ! ぶっとびって久しぶりに聞いたな...カレードリアがなんとかまで読んだ宇宙人の隕石衝突実験場だろ同一地域を撮影した写真でも他方がNASAが塗り潰した加筆で別物になってる写真が多くある詐欺師の宇宙人とか惑星に唯一無二の建造物って感じが胡散臭い。これは流石にクレーターじゃないかな…月面のモノリスは人類が掘り起こす日を待ってるんだよ。もう一つの動画のクレーター内部から飛び立つUFOの方が興味あるな解明するほど絶望的な気分になるからなあ。これは、どう見てもただのクレーターじゃないの。ぼくの地球を守って!!!!!!!!!!秘密で月に基地作るような技術あったら地下に作るんじゃないの?実際に人類がその地点までいって確かめてほしいな。ラダムだろ政府が隠蔽している証拠をNASAが撮影して公開した写真から見つけたって、、、千年灸にしか見えない、、一般人がなぜか入手できる極秘情報ですね、分かります。※11※16このビデオ、左真ん中少し上に、白い点が月からシュッと飛び出すのも映っているなあ。

【5月24日 AFP】米航空宇宙局( アルテミスはギリシャ神話に登場する狩猟、荒野、月の女神で、最初の有人月面着陸計画の名前の由来となった「アポロ( NASAのジム・ブライデンスタイン( さらに、月面着陸の拠点となる月周回軌道上の小型宇宙ステーション「ゲートウェイ( アルテミス1〜3はNASAが実施するが、ゲートウェイ建設資材の打ち上げは、NASAの資金により民間宇宙開発企業が実施する。 ゲートウェイは当面、動力・推進力部分と小規模な居住区画で構成し、2024年には宇宙飛行士らが月に向かう中継点となる。(c)AFPAFPBB Newsに掲載している写真・見出し・記事の無断使用を禁じます。 © AFPBB News 月にある建造物、ufo月面基地の写真いろいろ 2020年4月16日 昔から月の裏側にはUFOの月面基地や、宇宙人が建てたタワーなどの建造物、モノリス(石柱)などがあると言われています。 中国国家航天局は、同国による最新の月面着陸で撮影した全画像を公開した。そこには、かつて見たことのないフルカラー、高解像度の月面写真が何万枚も掲載されておりダウンロードも可能だ。画像は月面着陸機Chang’e 3[嫦娥3号]および月面走行車Yutu[玉兎号]のカメラで数年前に撮影された。2013年12月、中国はロシア、米国の協力を得て月面軟着陸に成功し、世界で三番目にこの偉業を達した国となった。中国のこの任務で特に注目されるのは、ロシアが37年前の1976年にLuna 24を着陸させて以来の月面軟着陸だったことだ。現在、幸いなことに、惑星協会のEmily Lakdawallaが先週中国のデータベースを探索し、Change’s 3は中国神話の月の女神から名付けられ、月周回衛星Chang’e 1およびChang’e 2の任務を引き継いだ。Chang’e 3の任務は軟着陸および月面走行に必要な同国の主要テクノロジーを誇示することだった。このミッションでは望遠鏡等の機器による月面の地質学的分析も遂行された。質量1200kgのChang’e着陸機は、「雨の海」と呼ばれる月面位置に到達後、140 kgの月面車Yutu(「翡翠の兎」の意)を配置した。Yutu月面車は6輪で、レーダー機器、X線、可視および近赤外分光計(様々な波長の光の強度を測定する機器)を装備している。Yutuの地質分析結果は、月面がこれまで考えられていたほど均質ではないことをYutuは月の極寒の夜に耐えることができなかったため、2014年初めに深刻な移動問題が発生し、月面を縦横に移動できなくなった。しかし、すばらしいことにYutuはデータの収集、送信、および信号の受信、画像・ビデオを記録する能力を2015年3月まで維持した。地球との送受信の任務を担った月面車Yutuは、現在稼動していない。中国の継続ミッションであるChang’e 4は、2018年初めには発射され、月の裏側に着陸する計画だ。もし成功すれば、中国は月の裏面を探索する最初の国になる。Chang’e シリーズによって中国は、NASAと異なり、火星ではなく、月の探査に集中していることを示してきた。しかし、月に目を向けているのは彼らだけではない。その中の一社であるMoon Expressは、月に宇宙船を軟着陸させる最初に民間企業になる計画で、2017年の宇宙船発射を既に人間が最後に宇宙船を月に軟着陸させてから40年近くが過ぎた。しかし、次の10年には、われわれが経験したこともない月面探険の波を見ることになるだろう。中国国家航天局がリソースを月面探査に宛て、民間企業が月面資源で利益を上げようと考えている今、月はこれまでよりずっと賑やかな目的地になろうとしている。[(翻訳:Nob Takahashi / (2016年2月1日 TechCrunch日本版「選りすぐりのニュースやブログをお届けします(広告などが掲載される場合もございます) 【5月24日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は23日、半世紀ぶりに宇宙飛行士を月面に着陸させる計画「アルテミス(Artemis)」のスケジュールを発表した。

不思議と謎の大冒険 https://www.huffingtonpost.jp/techcrunch-japan/space-photo_b_9129200.html

NASAの写真は見るだけではありません。 撮影時のEXIFデータを公開しています。 例えばISSの写真の場合、下記の画像のようにEXIFが表示されます。 ※データをそのまま記載するのはどうかと思いましたのでスクリーンショットで例にしています。 NASA Instagram. この画像は以前から知られてはいましたが、実は、要するに、以下の動画は、UFO研究家のスコット・ウェアリング氏が作成したものです。巨大なクレーターの縁に、グーグルムーンを使えば、誰でも確認できます。実際に私も確認してみました。以下、グーグルムーンを使う参考にしてみてください!まずは無償でダウンロードできる上のメニューからグーグルムーンが開いたら、クレーター名の「zeemanのクレーターに移動したら、画面をズームアウトして見やすい大きさに調整します。ここからがポイントです。画面の左下にある最初は「すると、同じ場所の写真であるはずなのに、謎の構造物を拡大し、見やすいように画像を調整してみます。人工的な建造部物のように見えますね。ゲートのような部分の幅を測ってみると、なんと約この謎の構造物を、エイリアンの月面基地と決めつけるのは、まだ早計かもしれません。しかし、現在グーグルムーンで見られる下の写真を比べてみてください。一枚目の「ところが、紹介したように、「NASAの画像処理の担当者が、うっかり消し忘れてしまったのでしょうか?考えてみてください。科学調査のために撮影している月面写真なのですから、消さなければいけない物など、本来は何もないはずです。しかし、実際には特定の箇所がブラシで消されているので、そこには画像だけを見ると、岩などの自然物だという見方もできるのですが、不自然に消されているが故に、やはり謎の構造物の箇所をさらに解析すると、こちらの動画では、謎の構造物のさらに細かな箇所を確認できます。人類で初めて月面に着地した宇宙飛行士映画には描かれていませんが、アームストロング氏は、1969年7月20日に月面に着陸した時、「地球から見えない今回、エイリアンの月面基地らしき構造物が発見されたここに地球への前線基地を建造しても、不思議ではないと思います。今のところ、グーグルムーンでは見られるので、興味のある人はぜひ確認してみてください!