nasa 宇宙飛行士 一覧
10月4日 - NASA Group 6 - 5月27日 - Civilian Specialist Group 3 - ソ連 8月23日 - Air Force Group 6 - ソ連 宇宙飛行士の勤務先・有名な企業 世界規模でみた勤務先. 1月31日 - Civilian Specialist Group 2 Supplemental - ソ連 宇宙飛行士一覧(うちゅうひこうしいちらん)は、宇宙飛行士の一覧。 (宇宙飛行関係者とされる者も含む。 それぞれの項目の日付は当該国民が初めて宇宙飛行を行った日付である。 日本の宇宙飛行士については日本人の宇宙飛行を参照。. GNKII: Anatoli Polonsky, 1月17日 - NASA Group 13 - 2月 - CNES Group 3 - フランス

12月12日 - NASA Group 15 - 2月9日 - 3月26日 - MKS supplemental cosmonaut group - ロシア 7月26日 - NASA Group 18 - The Bugs - 米国 3月30日 - 9月4日 - 10月11日 - TsPK-14/RKKE-16 Cosmonaut Group - ロシア 5月22日 - Academy of Sciences Group - ソ連 3月 - Chinese Group 2 - 中国4月12日 - Association of Spaceflight Professionals-Group 1 - 米国6月7日 - Association of Spaceflight Professionals-Group 2-商業宇宙飛行士10月12日 - TsP-15/RKKE-17 Cosmonaut Group - ロシア1月-2月 - Enrolled in a United squad of Roscosmos astronauts - ロシア2月28日 - Association of Spaceflight Professionals-Group310月26日 - Virgin Galactic Astronaut Pilots Group (Commercial Astronauts) - 英国2月 - Enrolled in a United squad of Roscosmos cosmonauts - ロシア10月30日 - TsPK- Addition Group - ロシア5月8日 - Virgin Galactic Astronaut Pilots Group (Commercial Astronauts) - 英国6月3日 - Association of Spaceflight Professionals-Group 46月17日 - NASA Group 21 - 7月24日 - Virgin Galactic Astronaut Pilots Group (Commercial Astronauts) - 英国 5月 - 3月22日 - Civilian Specialist Group 4 - ソ連 6月30日 - USAF MOL Group 2 - 米国  電気推進機は以前から構想されている技術であり、イオンエンジンや、ホール効果を利用するホールスラスター、プラズマロケットが研究されてきている。われわれが取り組んでいるのはプラズマロケットだ。しかし、今までは動力、すなわち電力の不足で進歩が阻まれていた。これには電力が必要だが、電力は今まで宇宙空間では貴重な資源だった。現在ではソーラーパネルとソーラーアレイの効率が大きく向上し、より強力な推進機を駆動できるようになっている。このためわれわれは、大きな電力を活用できる新たなタイプのエンジンによってこの分野に取り組んでいる。要するに、われわれは宇宙のディーゼルエンジンのようなものを開発しているのだ。 10月 - China Group 1996 - 中国 11月 - USAF MOL Group 1 - 米国 2月24日 - RKKE-14 Cosmonaut Group - ロシア 国際宇宙ステーションで働く宇宙飛行士とは、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在し、ISSの運用や維持に携わりながら、宇宙開発に関する仕事を行います。基本的な役割は、ISSと「きぼう」の運用・維持です。ロボットアームを使ったISSの修理、実験装置や試料の設置・交換、またロボットアームでは行えない船外活動、宇宙実験などを行っています。こうした活動を通じ、宇宙に広がる謎を解明していくことで、技術発展による社会生活の向上を目指していきますまた、地上における業務も重要な仕事の … 5月1日 - NASA Group 16 - 6月 - NASDA Group - 日本 8月14日 - NASA Group 7 - 米国 5月15日 - 1992 ESA Group - 欧州  同氏が立ち上げたAd Astraはサステナブル(持続可能)な輸送機関の実現という野望も有しており、同氏の母国であるコスタリカ向けに水素燃料電池のインフラや自動車も開発した。 3月3日 - NPOE-10 Cosmonaut Group - ロシア あ 宇宙飛行士という用語は、科学者、政治家、ジャーナリスト、旅行者等を含み、宇宙を訪れたあらゆる人物を指すこともあるが、本項ではプロの宇宙飛行士のみを収録している。宇宙を訪れた全ての人については、500人以上が宇宙飛行士としての訓練を受けている。 7月30日 - 1980年 - CNES Group 1 - フランス 5月13日 - CSA Group - カナダ 宇宙飛行士になるために、The University of Alabama in Huntsvilleで勉強し、NASAへ就職するための資金が不足しています。 今回のプロジェクトで集まったお金は僕の大学の授業、寮の費用にあてさせていただきたいと思っています。 今日の力の源は1970~1990年代の研究だそして現在の研究者/グループ間での知識共有が成果につながった 10月17日 - NASA Group 3 - 1月25日 - Air Force Group 2 Supplemental - ソ連 3月12日 - Female Group - ソ連 5月1日 - 8月 - USAF Manned Spaceflight Engineer - Group 14月1日 - 1979 Intercosmos Group - ソ連 2月 - 1999 NASDA Group - 日本
8月1日 - 1985 8月 - USAF Manned Spaceflight Engineer - Group 39月2日 - GKNII-2/NPOE-7 Cosmonaut Group - ソ連