lol clash 日程 7月
はじめてLoL をプレイする ... パッチの更新は基本的に2週間毎に行われます。次回のパッチは7月22日頃の予定です。 パッチスケジュール . 【LoL Clash】問題発生から約半年経って1日限りのベータテスト再開。限定報酬とClashについて ↓ コメントを入れる. 今年の5月ごろに行われたといってもまだテストということでとりあえず1日限りの再開という形のようです。Clashといえばケインコスギさんが蓋を開けてみれば大盛況のまま幕を閉じたという印象でした。私も面白そうだし友達集めるかーと適当に声を掛けていましたが次回に向けてメンバー集めをしていた方達はかなりショックだったと思います。良い企画だっただけに非常にもったいなかったです。一体Clashに何があったのか?そして今回の再開に向けての改善点と、参加した場合の報酬なんかについて書いていきたいと思います。目次技術的なことは私はさっぱり分かりませんが公式の発表を読んでいるとどうやらケインさんの配信など日本のゲームを見ているとそんなエラー起きていたか?と思った方はいると思いますが実際日本では問題はなかったようです。他地域ではゲームが開始されずランダムで勝敗が決定したりと散々だったみたいですね。で、これに対する公式の発表で詳細など一切書かれなかったため火に油を注ぐようなことになってしまったようです。日本のように問題なく開催できた地域だけでも継続すればよかったのではという声もあったようですがそうなると一部のサーバーに海外プレイヤーが押しかけたりして結局人数がパンクしてしまう恐れもあったのだと思います。そしてClash直後に一部の地域ですぐにテストを行っていたようです。北および東ヨーロッパ、オセアニア、韓国、ロシア、タイ、シンガポール、フィリピンでは成功したものの、ベトナム、トルコ、西ヨーロッパではやはり問題が起きたとのこと。全然知りませんでした。そして今回の急な?ベータテスト再開が決定しています。私のアンテナが働かなかっただけなのか本当に水面下でしか動いていなかったのかは定かではありませんがおそらく参加者が多くなり過ぎないようにした配慮だと思います。負荷テストなのに参加者を募らないっていうのも変な話ですが果たしてこの数日でどれくらいの人数が集まるのかですね。準備期間が短すぎるためかケインコスギさんも今回は出ないと明言されていました。Clash再開に向けての改善点はキュー時間をずらしてゲームが一斉に始まらないようにしているようです。それよりも1日で3回開催にしたり平日にもやるなどすればもっとうまく分散できると思うんですけどね。。。ライアットの想像以上に人気が出て人が集まったと考えればいやたぶん向き合っているんでしょう、プレイヤーと交流をとるコミュニティはありますし多くの意見が世界中から届いていると思います。だからこそ時間をかけてでも良いものを作ろうという答えに至ったのかもしれません。日本に対してあまり情報がなかったのはたぶん問題ない地域だからだと思います。他サーバーに比べて圧倒的に人口が少ないですからね。。。いずれにせよ今回のテストで上手くいくといいです。今回のベータテストは2勝すれば詳しくは→限定アイテムっていう響きだけでちょっとほしくなっちゃいますね。またClashオーブももちろんもらえます。これはレベルアップとか名誉でもらえるオーブみたいな感じで、開けるとEXPブーストやブルーエッセンス、オレンジエッセンスがもらえます。勝てば勝つほど報酬のグレードはアップして、アルティメットスキンのかけらももらえたりするので上位入賞目指してがんばりましょう!さて、前回のClashに参加しなかった方もいると思うのでそもそもちょっとした注意点もあるので参加する方の参考になればいいなと思います。今回はテストなので1日のみの開催ですが本来は3日間で行う競技なのでそれを前提にしています。公式のClashは5人でチームを組みます。下のランクからティア4~ティア1の5段階に振り分けられます。レートはバラバラでも構いませんがこのティアはチーム内の平均レートで設定されますが、ダイヤモンド一人、あと全員ブロンズシルバーとかだとかなりマズイことになります。参加チーム数に関わらずまずは振り分けられた4チームでトーナメント(4チームのブラケット)が始まります。(4チームのトーナメントがたくさんある)勝てば勝者同士、負ければ敗者同士で全チームが2試合ずつ行います。ここで勝ち上がれば次の日に8チームのブラケットが始まります。ここでも勝ち上がれば16チームのブラケットに参加することができ、ここで全部勝てばそのティアでの優勝となります。また、初日で2連敗しても次の日は参加することが可能でまた4チームのブラケットからスタートすることができます。勝っても負けても試合はたくさんできるということですね。参加条件は■レベル30以上この4点です。名誉レベル2がネックな方も少なくないようですがこれはもうすぐに改善できることではないので諦めてください…SMS認証はサブアカウント等のスマーフ対策です。正直シルバーとゴールドレベルならどっちのアカウントでもいいような気はしますが、やはりダイヤチャレの方がそういったアカウントで参加すると色々問題があります。そういった方が今後自分のメインアカウントで2度とClashができないようにするための措置です。それでもリアルフレンドだったり代行を頼んだりしたらもうおしまいですがそこまでしてやりたいかっていうところですね。ちなみにClashに限りスマーフの定義がなされていて、ディヴィジョンなので数字のほうです。ダイヤ1ならダイヤ3までです。これは例えばダイヤ1のほうは名誉レベルが2以下で、ダイヤ3のほうは2以上あるっていう場合の救済措置のようなものです。ただこのスマーフ、かなりバレやすいみたいです。もしバレた場合はチーム全員の報酬が没収、さらにスマーフした人は今後のClash参加停止と様々なペナルティが設けられています。ゴールドやプラチナの方も気を付けてくださいね。電話番号によるSMS認証のアカウント紐づけは6か月で切れるようです。(すぐに消してしまったためスクショがとれず。。。)というわけでまずはチーム作りです。Clashタブからチーム作成ボタンを押してチーム名とロゴを決めましょう。SMS認証が終わればプレイヤーを招待することができるようになります。ここで集まった5人で最後まで戦うことになるので時間の都合の合う人を呼びましょう!一応サブプレイヤーを登録することができますが緊急時の措置です。交代できるのも一人までで、スカウティングフェーズという対戦相手が決まった状態になれば交代することは出来ません。異なるチームに属している人がサブプレイヤー登録することも可能ですがもちろんゲームに参加できるのは1チームのみです。またサブプレイヤーももちろん上記の参加条件を満たしている上でティアが交代するプレイヤー以下であることが追加条件です。今回のテストは10月13日の夜20時からロックインフェーズが始まります。ここは参加者が集まる時間です。必ず5人全員がロックインしている必要があります。全員が集まれば自動的にマッチングも始まり対戦相手が決まればスカウティングフェーズが始まります。5分間のスカウティングフェーズが終わればいよいよゲーム開始です。5v5でいつも通りのサモナーズリフトをプレイします。ゲームに勝っても負けても次のロックインフェーズが始まります。1ゲーム目に負けても次で勝てば報酬は良くなります。せっかくなので最後までがんばりましょう。Clash独自のルールがいくつかあります。普通のフレックスランクとは違うのでこれを理解しておくと勝率はグッと上がると思います。対戦相手が決まると5分という短い時間ですがこれらをよく見てBANを決めましょう。またつまり前もってケインコスギさんが永遠にClashのピックバンはプロシーンと同様です。3BAN→3PICK→2BAN→2PICKの流れです。そしてClashではこれによりプロのようにピックバンの順番を自由に行うことができます。(トレードができるので)自分たちが青側か赤側かでピックも変わると思うのでここから勝負を仕掛けていきましょう。ピックのちょっとしたコツは、なので自分たちでBANしなくていいという利点があります。赤側は逆にOP対策をしているならばそれを相手にとらせることで欲しいチャンピオンを2ピックすることができます。またどのチャンピオンに誰がカウンターなのかを判断するスピードが求められるのでしっかり準備しておきましょう。あまりにもゲームが長引くとトーナメントのマッチングに支障が起きるのでゲームが60分をすぎるとタワーがめちゃくちゃ壊れやすくなるそうです。65分になると自動的に削られていき70分になるとどちらかの勝利が確定するレベルになるようです。見たことないのでどんな感じかはわかりません。ようやくClashが帰ってきました。5人集められそうにない私には無縁なものでしたがティア1の方々の配信を見ているだけでもすごい楽しかったです。チームでやるLoLって連携がとれそうでなんかやる前は勝てる気しかしないのにいざゲームが始まるととんでもない空気になりますよね。Clashが正式にリリースされればまたClash向けのマクロ講座記事なんかも書いてみたいなと思います。更新日時:2018年10月11日(木) 10:28