WEB セミナーアンケート 例
次回のセミナーにつなげるためのアンケートの作り方はあるのでしょうか。本記事では、有益な回答が得られるセミナーアンケートの作り方やアンケートの例をご紹介します。 その他のアンケートテンプレートの例 「セミナーアンケート」以外にも、クエスタントは、70以上のアンケートテンプレートが無料で使いたい放題。 ネットリサーチ国内実績No.1の「マクロミル」のノウハウがつまったアンケートの雛形なので実用性抜群です。 顧客の満足度や要望を知るためには、アンケートの実施が欠かせません。特にインターネットが普及して以来、Webアンケートを活用するケースが増加しています。メール文面に個人名を入れて送信するときに便利な機能が、文書作成ソフトの差し込み印刷機能です。差し込み印刷機能を使えば、メールソフトに登録されたリストをもとにして、宛名だけを変えた同じ内容の文書を複数作成・送信することができます。必要に応じて活用しましょう。回答率を上げるためには、「サービス向上のため」や「商品改善のため」など、アンケートの実施目的について分かりやすく書くことが大切です。ボリュームの少ないアンケートの場合、回答時間が数分程度で済むことを明記することにより、回答率が大幅にアップするでしょう。そこで今回は、Webアンケートをメールで依頼する際の依頼文や挨拶文の書き方のポイントについてご紹介します。アンケートの所要時間は3分程度です。アンケート回答期限は〇月〇日までとさせていただきます。それでは、上記のポイントを踏まえたWebアンケートの依頼文・挨拶文の例文をご紹介します。なお、ご協力いただいた皆様には、〇〇ポイントを100ポイント進呈いたします。Webアンケートを実施する際は以下のポイントに気を付け、アンケート依頼文・挨拶文を書いてください。最近はメールでやりとりする機会も増えており、毎日メールの受信ボックスにはたくさんのメールが届きます。メールを 1件1件大事に確認するのではなく、メールの文面をざっと読んで自分にとって大切なメールであるかどうかを判断しています。このたびは、一層のサービス向上のために皆様のご意見を頂戴したく、アンケートを実施いたします。アンケートの全項目に答えるためにどのくらいの時間を要するか分からない場合、「空き時間で最後まで回答できない」と考え、対象者が回答しない、あるいは回答を中断してしまう可能性が高くなります。いつもネットショップ〇〇をご利用いただきありがとうございます。今回は、回答率をアップさせるために気を付けるべき、Webアンケート依頼文・挨拶文の書き方のポイントをご紹介しました。 アンケートをとる目的を明確にし、ペルソナを設計することができたら基本情報に沿って質問項目を決めていきます。質問数は多くせず、目安は5分程度で答えられるボリュームにしましょう。商品やサービスに対して定着するユーザーが、なぜ定着しているのかの把握。そして、離脱してしまうユーザーに対する課題を把握する必要があります。Webアンケートをつくるときには、目的とターゲットを明確にすることで、自社にはどんな機能が必要であるかが見えてきます。アンケートは回答を得ることが目的ではなく、回答から得られた結果を効果的に活用し、定着ユーザーを増やしていくのが最終目的なではないでしょうか?紙媒体のアンケート用紙を使用する際は、多くの手間が必要になります。集計はデータ化して行う必要があるため、一枚ずつ確認を行いながらExcelシートなど計算ソフトに打ち込んでいくことになります。場合によっては、何が書かれているのかわかりにくかったり、レ点を付ける場所が不明瞭であったりする場合があります。その場合は、調査対象とならずかかったコストにも無駄が出てしまうことになります。今や、多くのWebアンケートツールが存在します。無料のものから有料のものまで種類はさまざまです。そうなると、アンケート画面から離れてしまう確率が高くなります。こちらも質問形式と同様に、わかりやすくシンプルさを心がけましょう。各社からリリースされている、簡単な操作でアンケートの無料作成ができるツールの比較から、無料サービスではできないこともできる、まーけっちについてお伝えしました。ターゲットに合わせた口調、わかりやすい文章を心がけ、設問数を少なく答えやすい質問にすると回答率はあがります。対して複雑な質問や、個人情報の記載が多くあると回答率は下がってしまうので覚えておきましょう。簡単な入力で作成できるフォーマットを、只今無料配布中です。まーけっちのノウハウがつまった、理想とする効果的な調査票がすぐに完成します。※特に、新規事業のニーズ検証など、潜在ニーズを検証する調査を行う場合は アンケートでもインタビューでもターゲットに質問する内容や聞き方が難しく、注意が必要です。目的をはっきりとさせるためには、ターゲット層やペルソナをつくることが必須です。企業が利用する場合は、知りたいことをアンケートの質問項目にすることはもちろんですが、ユーザーがどんなことに興味をもっているのかが、回答を増やすきっかけとなります。アンケートを取ることが目的に終始せず、得られた結果をどう活かすのかが重要といえるでしょう。さらに、より詳しく答えてもらいたい場合は、回答者の立場に立った質問の流れをつくることです。アンケートの集計を行うと同時にグラフや表でわかりやすく表示することもできるため、アンケートに答えてくれたユーザーの情報など、より詳細なデータを打ち出すことも可能です。まず、何のためにアンケートをとるのか目的をはっきりとさせることが大事です。ここが曖昧であると、効果的なアンケートからは程遠くなってしまいます。※詳細は下記の記事に書き連ねております。マーケティングで成功したい場合は是非読んでください。最小限に、かつシンプルにまとめることが回答数を増やすコツです。項目数が必要以上に多いと、途中で離脱してしまう可能性が高くなるため気をつけましょう。Webアンケートでは、回答と同時にデジタルデータとして蓄積されていくため、アンケート調査とデータを別々に進めていく必要がありませんので、大変効率がよいツールとなります。Webアンケートをつくるときには、目的とターゲットを明確にしましょう。ここでは、Webアンケートを使用することで得られるメリットや、回答を集める本来の目的について見ていきましょう。リサーチやアンケート作成が施策(プロモーションや商品改善効果の成否を分ける)これまでは、アンケート用紙など媒体によるアンケートが主流でしたが、インターネットが盛んになってきた現代では、多くのメリットがあるWebアンケートが主流になってきています。より多くの人たちに、自社の商品やサービスを知ってもらうために活用するアンケートには、その結果を分析してサービスの質を向上させるための狙いもあります。紙媒体は、前述のとおり印刷や郵送といったコストがかかります。Webアンケートの場合は、印刷代、郵送費をはじめ、回収するときに必要となる返信のための封用やはがきなども不要です。質問形式も、項目と同様わかりやすくすることがポイントです。アンケートに答えてもらう対象となるユーザー層に合った言葉を、使用するようにしなければなりません。そして、最も重要となる商品やサービスに対する課題をリスト化してくれます。企業が行うべき課題が何であるのかも可視化できるのです。以上で述べた作業ができる無料ツールは、他にはないでしょう。二重否定の例・特徴としては、「可能性がないわけでもない」といった、特にビジネスシーンにおいて使用されるハッキリしないニュアンスが挙げられます。二重否定の使用は、伝えたいことがねじれてしまうため、気をつけなければなりません。どちらも把握することで離脱原因を特定することができます。そのためには、課題を解消するための施策を洗い出すことです。そんな課題の明確化をまーけっちでは支援しています。しかし、それぞれに付いている機能が違っても、Webで行うアンケートのメリットはどれも共通しています。以下では、Webアンケート作成を行うメリットとおすすめツールを紹介していきます。アンケートをに答えてくださった方が口コミやSNSのレビューでの拡散をします。従って、さまざまな手法でPRが実現できるため、目的のWebサイトへアクセスをしてもらい、店頭購買へも誘導が可能となります。Webアンケートが無料で作成できる、おすすめのツールをご紹介します。紙媒体はWebと比較してデザインやレイアウトにも時間がかかるため、作成者が長時間時間を費やす場合があります。すると、人件費にかかるコストにも影響がでてきます。その点まーけっちでは、無料サービスでは出来ないWebアンケートを作成することができます。ここまでWebアンケートの無料作成ツールをご紹介してきましたが、無料の場合はレイアウト限られていたり、商品のターゲット層を絞った精度が高いアンケート結果を得ることは難しいかも知れません。たとえば、携帯電話メーカーのマーケット担当者が、「ユーザーの実態や不満を知りたい」という大枠的な項目で調査を行ったとしましょう。それによる回答から、課題がわかったとしても、解決するための施策を実現することができない場合が多くあります。まーけっちは、アンケートを作成していくときに質問内容を決めていくのではなく、調査票テンプレートにある下記の3つの項目を埋めていくだけというシンプルさが魅力です。