Oracle Solaris 11を使って みよう

Oracle Solaris 11の構築・運用手順を紹介しています。別冊の『Oracle Solaris 11を使ってみよう(構 築・運用ガイド)』を参照しながら、本手順書を活用してください。 Oracle Solaris 11を使ってみよう (構築・運用ガイド) Solaris 11のサポート期間は2034年まで延長 2017年1月26日 「Oracle Solarisは、最新機能を迅速に提供するため、継続的デリバリによる頻繁なアップデートのデリバリモデルへ移行する」(Oracle Solaris is moving to a continuous delivery model using more frequent updates to … << /BitsPerComponent 8 /Type /XObject /ColorSpace /DeviceRGB /Subtype /Image /SMask 2 0 R /Width 671 /Height 64 /Interpolate false /Length 713 /Filter [ /FlateDecode]>> Oracle Solaris 11.3 ご使用にあたって l Oracle Solaris 11.3 オペレーティングシステム (OS) のインストールまたは実行前に考慮が必要になることがある重要なインストールの問題、更新の問題、および実行時の問題について説明します。: Download : Oracle Solaris 11.3 Release Notes (English) l … �o\os�f���ѥ.~��K�/eJp`Oz��P��pyikR���9�7�X\�9�k�t����X��N��cO� �UrD�ck��σ���]�}��u��^�/3��B�0M� ���v�[�M�f���:9d�eC�~�!G�?�Sf�BN&r|a���lq��ܵ�Z������������b�bK?�&�-o*P "�pF�q�bfn����taˆӝ �f{o�v�o�eU����(�څ� stream \�@YK��/��һM��w��M�'��3 ^�{�,]h>�o�?k^X# �w��@кs����h��~������H�i6ãS{䝠�)�aHۓr��� 4EbA\ћhĜ���A #�h���ހ��!���f�$�8��;#v �4������sf�x�H_i"�|-b˨�&aja`�g�gFv�R�������I��c���k~ �������"����h�=d;z�ܒ�$�ġ�{K��Yg�g�����h�E�M�K@י���!�Z�R�h�Fx1�7��9D�E��;z��-���U�nI�9 i��u�y��_��LNoM9���/�5�*V(�P�R[�*�A�4�\M0,�,nH�L�0�M%Y�y���r� �&L;!x��M�u0�۸\��}��������faQ�h��,�%o}P�y�wV>?��� ���O����c��Ak�쭭-�z << /BitsPerComponent 8 /Type /XObject /ColorSpace /DeviceGray /Subtype /Image /Width 671 /Height 64 /Interpolate false /Matte [ 0 0 0] /Length 529 /Filter [ /FlateDecode]>> たとえば、Oracle Solaris 11.2 SRU 14 から Oracle Solaris 11.3 SRU 2 への更新では、Oracle Solaris 11.2 SRU 15 および Oracle Solaris 11.3 GA、SRU 1、および SRU 2 からのすべての修正がインストールされま … Oracle Solaris 11.2 から Oracle Solaris 11… stream

Oracle Solaris 11 のインストール手順 release: 2014-05-04 update: 2020-05-31 今更な感じはするが、Oracle Solaris 11のインストールをしてみたのでその手順を上げてみることにした。

今更な感じはするが、Oracle Solaris 11のインストールをしてみたのでその手順を上げてみることにした。 インストールするのはx86版。さすがに、SAPRCのハードウェアなんて持ってないし… 1.ISOイメージのダウンロード.

%���� 一致する検索結果がありませんでした。お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。Oracle Solarisは信頼性に優れたビジネス・プラットフォームです。Oracle Solaris 11は、一貫した互換性を確保しながら、シンプルに使用でき、かつセキュリティを常に維持できるよう設計されています。オラクルでは、このOSの設計を20年以上重ねてきており、常に最新のマーケット・トレンドを取り入れながら、下位互換性も維持できるよう、機能のエンジニアリングを続けています。Application Binary Guaranteeにより、お客様は最新のアプリケーションとレガシー・アプリケーションの両方を、最新のインフラ上で実行することができます。統合型のライフサイクル管理テクノロジーにより、ファームウェアや各仮想化環境を含むクラウド環境全体を、1つコマンドで更新することができます。ある大規模な金融サービス企業では、Oracle Solarisを使用して仮想マシン(VM)を管理することにより、サードパーティのオープンソース・プラットフォームと比べて16倍の効率性改善が見られています。Oracle SolarisのObservabilityツールの新しい追加機能により、お客様はシステムやアプリケーションの問題をリアルタイムにトラブルシューティングできるようになりました。これにより、リアルタイムな履歴インサイトを取得して、問題をすばやく簡単に診断、解決するためのかつてないパワーが提供されます。Oracle Solarisは、あらゆるレベルのクラウド・セキュリティに対応できるようエンジニアリングされています。マルウェア対策機能は、ハイパーバイザーからアプリケーションにまで拡張されています。お客様は、バッファ・オーバーリードやバッファ・オーバーライトなどの一般的なセキュリティ攻撃をSilicon Secured Memoryによってシームレスに防止しながら、システムと仮想マシンをロック・ダウンすることができます。また、ワン・ステップのマルチノード・コンプライアンス・レポートによって、データ・センターの監査ではなく、イノベーションにより多くの時間を費やせるようになります。信頼性あるビジネス・プラットフォーム。Oracle Solarisは、Oracle DatabaseやJavaアプリケーション用として最善のエンタープライズ・オペレーティング・システムです。CPU、メモリー、ファイル・システム、I/O、ネットワーク、およびセキュリティをカバーした徹底的な機能強化によって、Oracleワークロードに特化した最善のデータベース、ミドルウェア、およびアプリケーション・パフォーマンスが提供されます。Oracle Solaris 11は最新のクラウド・プロビジョニング・ツールや変更管理ツールと互換性を有しており、クラウド・インフラを安定的に、セキュアに、かつ効率的に実行するうえで役立ちます。IS Nordicは、Oracle SPARC T7サーバー、Oracle Database 12c、およびOracle Solarisをベースに構築されたプラットフォームを使用して、セキュリティとパフォーマンスに優れたソリューションを顧客に提供することにより、これまでx86/VMwareスタック上で運営していたビジネスを改善しようとしています。Oracle Solarisの新機能についてご確認ください業界標準のテクノロジーとOracle製品を組み合わせて使用している開発者、管理者、およびアーキテクトのための、世界最大のコミュニティです。Oracle SPARCとOracle Solarisによって強化されたデータ・センターのセキュリティOracle Solarisは信頼性に優れたビジネス・プラットフォームです。Oracle Solaris 11は、一貫した互換性を確保しながら、シンプルに使用でき、かつセキュリティを常に維持できるよう設計されています。オンプレミスでもクラウドでも、最新のOracleシステム上でアプリケーション・パフォーマンスを最適化できます。C、C++、Java、Scala、およびFortranのアプリケーション・パフォーマンスについてより詳細なインサイトを取得し、ボトルネックを簡単に特定して、チューニングにより最適なパフォーマンスを実現できます。アプリケーションをセキュリティ脆弱性から保護し、Oracle SPARC Software in Siliconのサポートを利用して、アプリケーションをきわめて高速に保護できます。アプリケーションおよびプラットフォーム・サービスに対応した高可用性と障害時リカバリ。エキスパートがお手伝いいたしますフォローオラクルをフォロー

endobj

化を期待しにくい状況を作り出す今回の発表は、Solarisの将来を明るくする発表と素直に受け取れるかというと、難しいといえるのではないでしょうか。Junichi Niino(jniino)Publickeyの新着情報をチェックしませんか? endobj :���ȭ��S�{ v���$��'�iwQ��tW_!q�i������F�b��w�H����@���Ȥ&X�%���k��M쐚K�uJǪj�2�KػY��G��(q�&Z��/i/��RhC�(��j�~���t nـ��3u��J*���b��6��*�z*��ZB&մ[ّ�������Y� �B����ھ�JH@Ju6�z 主な新機能. 1 0 obj endstream -����K�TM���̿o���G�GC�]vN������!ܷ����8����� �\�MO}1o��m��(�� 1.1 カーネルゾーンのライブマイグレーション 運用状態のカーネルゾーンを他の本体装置へ移行することができます。 1.2 OpenStackのJunoリリースへのアップデート endobj ��*y��aH�[��0M|P'��?�|����A���%E�}���>^˯����DK�6��{�z��ȼ �蘇�S�#.

���tz5B�o�|��P�m"��N��wG?��xxD�;5��� H���� ,)n��ςdO�'z��Ֆf�hOm]��!��0i�r6h�i�R��Xn�0��4��������H�Q��Ҵ:��#"A#��^�+9��^�=Kѥ�$j���8�����ݥHh�&K[c>s��D��������Z3���Q,��Y�z��ѱ��U�e��L�Da�h���G�Je�pt߭��0�{��ޒ��X�\�)N������$))>� �@�\�^��$�4�,Q\���Œ%�m��Ū��s�5m:�D��>����$?8sl��K��.�u��yJ�QCT� ���]�w ���j����8�9�yb�1�'��0e4.U�8�I���3�^���g�l.��&�� N>�|��m"��PiT��=���p`*�]���r�z�*ý5��iV�s�����e�+�Aҋd��H�������U�@��K�"32�e *��yɾ^G�{�1:��-��W����{4?��c[E��D?��p��e�E�vx1u�������~�f*:��h�����1���v�+:�b�*Ms� ��kPY+��U[� P�o�e�A���j��T��і �02U��k��$���2LB/,cL�h�X�٬(�����;�O� ��ţe�ֻL��̦�t�Bj` Oracle Solaris 11.2 から Oracle Solaris 11.3 の機能強化項目は以下のとおりです。 1. << /Type /Page /Parent 1455 0 R /Resources << /ExtGState << /GS5 1521 0 R /GS9 1543 0 R>> /XObject << /Image22 17 0 R /Image46 7 0 R /Image40 3 0 R /Image42 18 0 R /Image36 13 0 R /Image38 15 0 R /Image44 5 0 R>> /Font << /F1 1524 0 R /F3 1533 0 R /F4 1412 0 R /F5 1419 0 R /F2 1542 0 R>> /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB /ImageC /ImageI]>> /MediaBox [ 0 0 720 540] /Contents 16 0 R /Group << /S /Transparency /CS /DeviceRGB /Type /Group>> /Annots [ 10 0 R 11 0 R 12 0 R] /Tabs /S>>

stream