N700 系7000 番台 8000 番台 違い

2011年には、このn700系新幹線をベースとした、山陽・九州新幹線用8両編成の7000番台・8000番台が両社によって開発され、この後100系新幹線の置換とともに、山陽・九州新幹線の直通運転が開始されました。 ≪n700系開発の経緯≫

バリアフリー対応車両の洗面台です。円形にカーテンで仕切られるようになっています。 喫煙スペースです。車内が全車禁煙化された代替処置として設置されたものですね。 デッキとの仕切りです。自由席車と化粧板の色を変えて視覚的にも区別出来るようにしています。 バリアフリー対応車両のデッキ仕切りです。仕切り扉のドア幅が広げられています。 喫煙スペースです。普通車と何が違うのかと言われれば中の化粧板くらい(笑)  とは言えここはグリーン券を持つ人のみが使用を許される場所、無闇な立ち入りは無用です。 3000番台 4000番台 5000番台 7000番台 8000番台 9000番台 編成表 形式一覧.

n700系8000番台はjr九州に所属する編成で、編成記号はRです。紙箱の基本3両セットと、ブックケース付きの増結5両セットでフル編成になります。基本セットのみ車番8003が印刷済みとなっています。7000番台とjrロゴがjr九州の赤色になっている事以外は仕様は同じです。

記事検索商品検索記事検索商品検索JR西日本においては500系、JR東海においては700系新幹線電車の後継にあたるN700系新幹線は、2007年JR東海・JR西日本の共同開発により登場した第5世代の新幹線です。 「700系」の数字前に冠される”N”という英文字は、”Next”や”NEW”を意味し、0系と300系の完全置き換え、500系・700系の「のぞみ」運用からの撤退を目的とし2007年7月から営業運転を開始。 現在は、のぞみ運用を中心とする東海道・山陽新幹線の主力形式として君臨しています。 2011年には、このN700系新幹線をベースとした、山陽・九州新幹線用8両編成の7000番台・8000番台が両社によって開発され、この後100系新幹線の置換とともに、山陽・九州新幹線の直通運転が開始されました。   700系新幹線の先代、N700系にとっては先々代に当たる500系新幹線は、山陽新幹線内での300km/h運転を可能とすべく、JR西日本が満を持して開発した車両です。 高速化を実現するため、居住性・座席数・乗降扉位置の違いなど、いくつかの点において在来車種との運用効率やサービスを犠牲にしていた500系ですが、これは山陽新幹線の抱える”航空機との競合”に勝つべくして求められた性能で、同線において”のぞみ号”は300km/h運転を達成します。 その反面、線形の悪い東海道新幹線上では最高速度が270km/hに抑えられてしまうため、過剰性能となっていました。 同時に、先に述べたように在来車両との設備の違いは、ダイヤ設定や運用効率、使用車両変更となってしまった際の差し替えなど、特に、本数の多い東海道新幹線上では敬遠されがちな車両で、事実、JR東海は500系新幹線を保有しませんでした。 これらを踏まえる形で、後継となる700系新幹線は、汎用性を重視し、JR東海・西日本の両社で共同開発をすることになります。 最高速度285km/hの700系は、最高速度220km/hの0系、230km/hの100系を置き換え、東海道・山陽新幹線の全体的な高速化に寄与しましたが、やがてJR西日本においてはあくまでも300km/hの性能を有する車両を、JR東海においては列車本数の増加とデジタルATCの導入に伴う、より高加減速に優れた車両を求めるようになります。 最高速度は500系と同等、設備・定員・扉位置等は在来の300系・700系に合わせるという、この両社の要望に沿う形で共同開発されたのがN700系新幹線電車、ということになるのです。 最高速度300km/hを実現した500系新幹線  カモノハシ先頭形状に愛嬌を感じる700系新幹線 0番台・3000番台をベースとしたN700A系に当たる1000番台は、従来のN700末尾に”A”が付与されました。”A”は進歩を現す英語”Advanced”の頭文字。ほぼ同様の外観を有しつつ安全性や定時性の確保、乗り心地、環境性能の観点において改良が行われた番台です。 車体傾斜装置の搭載により、東海道新幹線は最高速度285km/hでの運行が可能となりスピードアップ・時間短縮に貢献しています。 本年5月には、既存のN700系新幹線にもN700A系と同様の装置を搭載改造させたことから、全車両のN700A系化が完了。東海道新幹線においては、今年から2019年にかけてN700A系を追加導入し、700系を完全置き換え、全列車の最高速度が285km/hへと統一される予定です。  JR東海は2018年、N700系のフルモデルチェンジとなる次期新幹線車両、N700S系試作車を製造することを発表しました。 新形式は、N700系のシリーズ車種として”S”が付加されますが、その意味は最高の新幹線を意味する”Supreme”(スプリーム)に由来します。主にあげられた特長の中で、いくつかピックアップしますと N700系シリーズは東海道・山陽のみならず、起伏の激しい九州新幹線にも導入されていることから、これら標準車両の組み合わせで、複数の線区に対応させていけるでしょうし、海外輸出も含めた視野で車両の設計を考えられていることがうかがい知れます。 先頭形状も現行のN700系から進化。 側窓形状は従来型を継承しつつ、N700Aに採用されている「エアロダブルウィング形」から新開発の「デュアルスプリームウィング形」へと進化するそうです。 出典:JR東海ニュースリリース  0系新幹線以来、「新幹線の進化は完成に近づいた」と言われている今、N700系の進化と歴史にまた新しい1ページが刻まれようとしています。   ・・・・・・・   ・・・・・・・入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。内容をご確認の上、送信してください。CATEGORYITEM CATEGORYITEM RANKINGSNSCopylight(C)2016 Mr.DIMER.All rights reserved. 【掲載記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】 n編成 山陽新幹線 岡山-相生: n700系3000番台はjr東海が所有するn700系0番台z編成と同仕様の車両でn編成を名乗ります。300系や700系はjr東海とjr西日本の所有する車両に違いがありましたが、n700系は使用機器やアコモ … 九州新幹線全通に際しjr西日本が直通用に用意したのは、やはりn700系でした。jr西日本は7000番台、九州は8000番台を名乗ります。見た目こそシルエットは…