LCC 台湾 日帰り

日帰りで行ける旅行先の観光スポット・グルメを紹介 飛行機を使った日帰り旅をメインに旅の記録を書いてます。フォローする

【日帰りで行ける海外おすすめスポット!】海外旅行に行く時間がないなあ・・・そんな方も週末を利用して日帰りで海外旅行に行くことができます!日帰り海外旅行経験者の私が厳選した8選をご紹介!

...   みなさんこんにちは! 日帰り旅行が大好きな管理人です!   「台湾」は日本からも近くてパッと行ける旅行先のひとつです。   でもね、実は台湾って日帰りでも行けるって知 ...

台湾へは10年前に一度行ったっきりで、いろいろ変わっていそうです。 日帰りで行ける旅行先の観光スポット・グルメを紹介 MRT赤線の中山駅から大稲埕までに行き方や、大稲埕の街並みについて書いていきます。

そこで台湾(と...email confirmpost date日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)   みなさんこんにちは! 日帰り旅行が大好きな管理人です!       海外旅行先の中でも身近な台湾。 先日、日帰り旅行に行ってきました。 楽しかった思い出もあ ...

Copyright© 日帰り旅行のススメ , 2020 All Rights Reserved Powered by lccのピーチ航空を利用して日帰りで台北にいってきました。ピーチのカウンターでの混雑具合や、台北の日帰りで行った場所などを記事にしています。台北日帰り旅行について今回の行程今回はピーチ航空を利用しています。 4:00 自宅から羽田空港に到

台湾・台北に微熟女4人で弾丸日帰り旅行してきました!羽田-桃園間をlccのタイガーエア利用。出発から帰国まで、台北滞在15時間中に起きた全てのことを詳細レポート。読むだけで日帰り台湾旅行を疑似体験できるよ。子育て中でもあきらめない、実現可能な格安台湾旅行の探し方も伝授。 日本から飛行機で2時間ちょっと。 韓国はとーっても近いおすすめの旅行先。 その韓国にある人気のエリア「釜山(プサン)」には楽しみがいっぱいあります! 今回はそんな釜山(プサン)のおすすめ観光スポットを ...   みなさんは海外旅行に興味がありますか。はたまた日帰り旅行に行ったことがありますか?  「休みが取れないから海外は行けないなあ・・・!」 そんな方にも  本記事では   「海外って日帰りで行けるものなの?」・・・はい。今の時代、充分に行けるんです!     ⇒基本的に近い国がおすすめですのでアジア圏が◎フライト時間も短縮できます。(日帰りと言うのは現地滞在時間での計算)  ⇒週明けの仕事に影響なし!  ⇒現地滞在時間を最大限生かす♪ 台湾の首都である台北は一押しの日帰り観光スポット。深夜便、早朝便を使うことで滞在時間をたっぷりととることができます。台北市からバスであの「千と千尋の神隠し」のモデルともい噂される「九份(キュウフン)」へその日のうちに観光に行くこともできます。首都ということもあり、おすすめグルメのお店もいっぱい。近くでは夜市も開催されていますので、台湾と言ったらまずは台北!「世界一の小籠包」とも言われている鼎泰豊(ディンタイフォン)の小籠包もおすすめですよ!チケットもピーチ航空などのLCC(格安航空会社)でとれますのでお財布にも優しい旅になりそうです。 【チケット料金】往復10,000円~(目安)【フライト時間】約3時間半  韓国の中心街ソウル。辛い物やマッコリなどお好きな方にはとってもおすすめのスポット。韓国特有のおいしい食べ物を食べてくるのはいかが。ピーチなどでLCCのチケットが買えますので費用も格安で行けます。近場には明洞や東大門などの観光スポットがありますので観光場所には困りません。フライト時間も短く、初めての海外旅行にもおすすめです! 【チケット料金】往復10,000円~(目安)【フライト時間】約2時間半  香港は夜景がとても綺麗な街です。飲茶が有名。基本的には日帰り旅行はショッピングや食べ歩きがメインだと思いますので、どちらも手を抜かない香港はおすすめ。夜はビルの上からディナーを楽しみながら夜景を見る・・・なんてプランはいかがでしょう。 【チケット料金】往復15,000円~(目安)【フライト時間】約3時間半  中国も日本から近く、日帰りで行けるおすすめの観光地です。その中でも北京といったらやはり「万里の長城(八達嶺長城)」でしょう。夕方までに行けば実際に万里の長城を歩いて観光することも。また、本場の中華料理もぜひ味わってきてくださいね。 【チケット料金】往復20,000円~(目安)【フライト時間】約3時間半  シンガポールも実は週末の日帰り旅行で行くことができます。フライト時間が他のおすすめスポットよりも長いですが、その分飛行機で睡眠をとることができますので、ぎりぎりまで滞在することができます。マーライオン公園が有名なので、一度その目で見てきては。 【チケット料金】往復30,000円~(目安)【フライト時間】約7時間  上海も日本から近くて格安の航空便が結構あります。格安でおいしいものを食べたい人にはおすすめの観光スポット。豫園(ヨエン)をはじめ、夜景の美しさにも見とれることでしょう!上海にはディズニーランドもありますので、これをメインに楽しむのも良いかもしれませんね。 【チケット料金】往復20,000円~(目安)【フライト時間】約3時間半  韓国の釜山(プサン)も韓国ではおすすめの観光地。ソウルからは結構時間がかかるので、どちらも行くとしたら2回に分けていきたいですね。海鮮料理などのグルメがリーズナブルな価格で味わえます。海が近く、新鮮な海鮮が市場に並びますので、ぜひ味わってみてはいかがでしょう。山の雰囲気と海の幸、両方いただきます! 【チケット料金】往復10,000円~(目安)【フライト時間】約2時間半  チェジュ島として日本でも人気が出てきている韓国の島。リゾートアイランドとして世界的に有名で、観光客も集まってきているそう。結婚式場になることもあり、カップルにもおすすめ。島ならではの観光スポットやカジノもあります。日帰りだけでも行ってきたい!というみなさん、日本から3時間弱の島ですので、充分楽しめますよ。 【チケット料金】往復20,000円~(目安)【フライト時間】約2時間半   週末をうまく使えば海外にも旅行ができます。日帰りなら、宿代もかからず、余計な荷物もいりません。身軽に日帰りで旅に出てみてはいかがでしょう?

  みなさんこんにちは! 日帰り旅行が大好きな管理人です!   「台湾」は日本からも近くてパッと行ける旅行先のひとつです。   でもね、実は台湾って日帰りでも行けるって知 ...

羽田空港国際線のパーキング4F(ターミナルとの連絡口は3Fにあります)に車を駐車したのが、ちょうど出発2時間前の4:00です。イミグレーションも団体さんと重なってしまったので、手荷物検査に時間がかかり、出国手続き終了まで30分ほど。予定では5:30登場開始なので、いそいで「その後搭乗口の108ゲートに向かいます。搭乗口には5:30をちょっと過ぎて到着しましたが、搭乗は始まっていません。ピーチ航空の搭乗体験はこちらの記事を見てください。桃園空港に到着したのは9:00です。飛行機を出て、そのままイミグレーションの入国審査へ、パスポートと機内で書いた入国審査用紙を提出します。今回審査官から「#$%&@~.なんの事かわからず首をひねっていると。「#$%&@~.少しパニックになりながらも落ち着いて考えて、やっと審査官の質問内容に気付きました。予約時に印刷した予約情報がわかる紙を渡すと、いそいそと追記してくれました。そのまま無事に台湾に入国することができました。空港内のATMで台湾元を調達して、よMRT空港線で台北に向かいます。ホームに降りて台北行きの列車を待ちますが、終点ではないので行き先には注意が必要です。なにも考えず、普通電車に乗りつづけたので、40分ちょっとで台北駅に到着しました。4月後半の台北市内の平均温度は23℃です。恰好はTシャツの上に薄手の長袖シャツを着ていました。建物やMRTの中は結構冷房が効いているので、羽織るものはあった方がいいと思います。MRTの赤線⇒緑線を乗り継いで「台電大楼」駅へ、そこから徒歩で向かいます。予定ではお昼ご飯の後に寄るつもりだった紫藤盧ですが、一番最初に立ち寄ったので、紫藤盧を出た後は、小籠包のお店「明月湯包」に向かいます。途中、開店前のここで明月湯包の昼の営業時間が紫藤盧の詳細な様子はこちらの記事を見てください。MRTの赤線「信義安和」駅から「中山」駅まで乗ります。ここで地図を貰って散策開始です。(あんまり地図は活用しなかったです。)この時点で15:00を回ったくらいでした。問屋街なのでいろいろ見て回ります、大稲埕は南京西路より奥に行った方がリノベーションされた新しいお店が多い様ですね。一通り見て回った後に、大稲埕馬頭に行ってみます。大稲埕を散策した詳細はこちらの記事です。大稲埕からは中山駅まで歩いて戻り、MRT赤線で台北駅に移動します。そのご地下道を通って、MRT空港線の急行用プラットホームまでひたすた歩きます。ほどなく入線してきたMRT空港線に乗って桃園空港第一ターミナルを目指します。桃園空港第一ターミナルに着いたのは18:00頃です。出発ロビーの右端にピーチ航空のカウンターはありました。そして次は手荷物検査・出国審査の列に並びます。カード会社提携のプライオリティパスを提示して、カード会社提携のラウンジで夕食を食べます。このラウンジでは料理とソフトドリンクサービス(両方無料)が受けられます。料理は4種類のメインから一つを選んで、あとはビュッフェスタイルで好きなおかずを取ってたべます。料理の味については各自の好みもあるはずなので特に触れません。なんだかんだラウンジで過ごして、20:00位になっていました。途中、水を調達するために寄った売店はレジに10人ほどの列ができていました。水は近くにあった自販機で購入しました。さて、20:10前には到着ゲートの前のベンチに陣取りましたが、待てど暮らせど何も始まりません。到着ゲート前は冷房がかなり強く聞いていて、上着を着ていても肌寒さを感じるくらいです。実際に搭乗が始まったのは、出発時間を15分すぎた20:55でした。今回あんなにいろいろ調べたのに、牛肉麺も小籠包も食べられなかった!あと、ピーチって結構遅れる印象をもちました。家族はLCCなんだからそんなものと言っていました。シェアするフォローする

中山駅から大稲埕までの... もちろん、台湾に行ったら小籠包を食べ... 桃園空港・台北市内の往復の時間を考えると、10時~16... 同じ茶葉でも、台湾と中国(香港)ではお茶の入れ方・飲み方がちょっと違います。 この記事のもくじ   みなさんこんにちは!日帰り旅が大好きな管理人です!     2泊3日や1週間など、海外旅行では長期滞在する人も多いですが、今の時代、日帰りで海外に旅行に行くことができ ... 台湾といえば、日本でもおなじみの「鼎泰豐(ティンタイフォン)」をはじめとした、小籠包が有名ですよね。 韓国は9,000円、台湾は7,000円。の二択。 こりゃ台湾でしょ、ってことで、即座にポチッと予約。 日帰りで海外に行ける時代、今はすごいですね。 個人的にも日帰り海外は初めてなので、疲れてもう無理になるか、リピーターになるかも挑戦の一つです。 先日の日帰り台北で訪れたスポットの紫藤盧(づーとんるー)で食べたランチとお茶について、詳しく書いていきます。   みなさんこんにちは!日帰り旅が大好きな管理人です!     2泊3日や1週間など、海外旅行では長期滞在する人も多いですが、今の時代、日帰りで海外に旅行に行くことができ ...

Copyright© 日帰り旅行のススメ , 2020 All Rights Reserved Powered by 今月の後半に台湾への日帰り旅行を予定しています。

  みなさんこんにちは! 日帰り旅行が大好きな管理人です!       海外旅行先の中でも身近な台湾。 先日、日帰り旅行に行ってきました。 楽しかった思い出もあ ...