JR 東日本 情報システム 難易度

口コミ(544件) 口コミ(1649件) 口コミ(544件) 口コミ(1641件) 口コミ(1649件) 回答者の年収範囲

こんにちは。「就活の教科書」編集部のもときです。 この記事を読んでいる方は、「僕の受けたい企業ってどれくらいの入社難易度なんだろう」「どんな企業だったら周りに認められるのだろう」、などの疑問を持っている就活生が多いのではないでしょうか? 回答者数 JR東日本の社会人採用、プロフェッショナル採用の倍率や筆記試験の内容、年収などをご紹介します。2chのスレが盛り上がっていますが、最終学歴が高卒でも書類選考、エントリーシート、SPI、一次選考、面接を通過できるのでしょうか? 口コミ(544件)

日本の鉄道は世界でも有数の発展産業です。その鉄道事業をITから支えているのが、JRシステムです。鉄道情報システムとの名称ですが、以下JRシステムとします。JRのシステム会社と言えば、JR東日本情報システムも存在し、お互い同じようなことを行っているのではないか。と思っていた日もありました。今回は、JRシステムを紹介するにあたり、JR東日本情報システム(JEIS)と違う点も説明していきます。ContentsJR向けのシステム開発、保守、運用をしています。JR各社間にまたがる情報システムを一元的に管理しており、JEIS(JR東日本情報システム)やJTIS(JR東海情報システム)と違って全国の鉄道を支えています。有名なのはマルスシステム(切符購入やSuicaをチャージする駅前にある機械)で、その他JR-NETなどが挙げられます。また、全国の時刻表作成にも関わっており、この時刻表が本当に凄いです。労働時間は9:00~17:40のフレックス制です。コアタイムは10:00~15:00と決められています。24時間365日の運用ですが、夜間は協力会社に委託しているため基本的に夜勤はありません。しかし、障害が発生した場合は夜間出社も有りえます。これはSIerとして仕方がない部分かもしれません。勤務地は新宿本社や国分寺があり、新宿は総務や営業など2割、SE(システムエンジニア)の多くは国分寺で7割、その他1割ぐらいの割合だそうです。独身寮は男性が立川、女性が府中にあり、社宅は国分寺にあります。実家がどこだろうと住宅手当は1人暮らしの申請をすれば、誰にでも出るらしいです。また、新幹線代が安くなるJR特有の福利厚生もあります。ここからは実際の転職サイトに載っている口コミや評判を紹介していきます。あくまでネット上での話です。できるだけ座談会やOB訪問にて自分の耳で確かめてみましょう。JRシステム全体に関われるので、毎日の通勤時に社会貢献を実感している社員んが多数います。また、福利厚生も鉄道会社らしく手厚いです。口コミや評判はネット上の噂に過ぎません。百聞は一見に如かず。口コミサイトで調べるのも良いですが、時間があればOB訪問も積極的に行いましょう。特に志望度が高い企業であれば尚更です。ビズリーチ・キャンパスならば自宅からOB訪問を申し込めます。わざわざ大学のキャリアセンターに出向く必要がありませんので時間短縮の面でもおすすめです。▼実はキャリアセンターよりもおすすめ▼\もちろん完全無料で利用できます/JRシステム(鉄道情報システム)の選考フローは以下の通りです。説明会時にその場でテストを受けました。難しい問題はなく、通常通りテストセンターの対策をしていれば問題なく解ける問題です。確かESは出していなかったような、、、もしかしたらリクナビのオープンESを出したかもしれません、、、履歴書には志望動機を書きました。グループディスカッションは鉄道の内容ではなく、誰でも議論できる内容でした。最後にグループごとに、代表者が発表しましたが、私は発表していません。特徴的だったのは人数が多かったことです。通常4~6人ぐらいで行うものだと思っていましたが、10人ぐらいで行いました。ちゃんと審査さえているのか不安でしたが、無難にこなしていれば大丈夫でしょう。グループディスカッションの後には、若手社員が参加して座談会が開かれました。ここでは社員の方が、作業着のような物を着ていたのが印象的でした。この後にはアンケートを書きました。この内容は覚えておいたほうがよいです。最終面接の時に聞かれました。広い立派な会議室で、学生2人:面接官3人で行いました。聞かれたことに対して交互に答えていく、一般的な面接でした。穏やかな環境で行われとても話しやすかったです。聞かれたことは、のようなオーソドックスな質問ばかりです。そんなこと聞いてくる?という質問はありませんでした。グループディスカッションと同様、1次面接の後にもアンケートを書きました。こちらも何を書いたか覚えておいたほうが良いです。最終面接時には小論文を書きました。確か『なぜあなたは働くのか。』というお題だったような。特に対策は必要なく、自分の思っていることをかければ大丈夫だと思います。面接官が役員クラスでしたが、穏やかでとても話しやすかった印象を持ちました。1次面接と同様、学生時代頑張ったことや志望動機、アンケートのことを聞かれました。ここで志望動機をプッシュすればいけますね。グループディスカッション時と懇親会時にしか話していませんが、日東駒専やMARCH理科大上智から東京電機大や都市大芝浦と幅広かったです。内定者懇親会の時にも同様の方々がいて、学歴で絞っているとは思えなかったです。採用実績校:引用:リクナビ2021少し理系よりの方が多い印象を受けました。箇条書きでJRシステムの志望動機を紹介していきます。志望理由に正解はありませんので、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。多くの方が志望動機にしているキーワードは1つにまとめられます。私が使用していたJRシステムの志望動機は2つで構成していました。まず会社の成長性です。外部から見れば鉄道事業は安定しているように見えます。しかし、会社説明会で鉄道システムをより良くするためにチャレンジしていることに気が付きました。その中で社員から様々な困難に挑戦できる人に来てほしいという言葉が響き、職場自体の上昇志向が強いため、自分自身も成長でき、社会に貢献できるた感じた。もう一つは、大規模なシステムに関われることです。JR東日本情報システム(JEIS)は東日本のみですが、JRシステム(鉄道情報システム)は日本全国の鉄道システムに関わることができます。また、MARSを代表とする公共性の高い大規模なシステムに関わることができ、多くの方々を支えられます。内々定を頂き、かなり良い企業だと思いましたが、辞退しました。座談会、懇親会などで多くの社員を見てきましたが、ギラギラした雰囲気はなく、穏やかな社員の方が多かったです。社員の雰囲気は最高でしたが、待遇面で辞退をしました。電話辞退時にも丁寧な対応で好感が持て、就活を通して好きになった企業です。

口コミ(534件) 口コミ(1649件) 口コミ(534件)

口コミ(1926件) 口コミ(534件) 口コミ(772件) 就活で感じたjr東日本情報システム(jeis)の特徴 事業内容. 口コミ(1926件) 口コミ(772件) JRシステムと違って、東日本限定の事業です。特に新幹線総合システム(COSMOS)が一番大きいシステムで代表的なシステムです。8割がJR東日本の仕事です。これぞユーザー系の会社って感じですね。ほとんど上流工程が担当で、下流工程はほとんどやらないようです。鉄道系の仕事のみならず、駅ビルからカード事業、海外へICTで支えています。親会社であるJR東日本の企業研究をすれば上記のことは分かります。つまり、システム会社志望でも、親会社(事業会社)の企業研究もある程度はした方がよ … 口コミ(1926件) 株式会社JR東日本情報システムの口コミを掲載中。「オフィス環境:・お昼休みになると電気を消す習慣があり、自席でご飯を一人で食べる人も多いためか、雰囲気も暗い。・エアコンの調整がききづらく、とても暑いときやとても…」などの口コミ満載。 口コミ(1926件) 口コミ(1649件) 毎年就活シーズンになると、就活生向けに「就職難易度ランキング」が発表されます。 20卒の就活も終わりを迎え、既に21卒の就活が始まりつつあります。しかし、ネットで検索しても21卒向けの就職難易度ランキングはまだ発表されて

JR向けのシステム開発、保守、運用をしています。JR各社間にまたがる情報システムを一元的に管理しており、JEIS(JR東日本情報システム)やJTIS(JR東海情報システム)と違って全国の鉄道を支えています。有名なのはマルスシステム(切符購入やSuicaをチャージする駅前にある機械)で、その他JR-NETなどが挙げられます。また、全国の時刻表作成にも関わっており、この時刻表が本当に凄いです。また、必ずJR東日本情報システムとの違いを聞かれると思います。私は、日本全国に携わることが … 口コミ(544件)