internal medicine 査読期間

Specialty Collections. Therefore, my decision is "Minor Revision." 査読プロセスは、本質的には品質管理の手法です。専門家によって行われる学術的な著作物を評価するプロセスで、その目的は出版された学問の高い質を保証することです。とはいえ、査読者は論文をアクセプトするかリジェクトするかの決定はしません Publisher: The Japanese Society of Internal Medicine ONLINE ISSN: 1349-7235 PRINT ISSN: 0918-2918. Edited By: Jeff Szer Amit Nigam, Richard Baer, Stella Green, Brendon Neuen, Alexander Vile and Murty Mantha David Liew, Pallavi Shamdasani, Jason Trubiano, Olivia Smibert and Claire OwenDoug Johnson, Daniel Steinfort and Benjamin Cowie Jessica Ryan, Joanna Tieu, Bhadran Bose, Ross Francis,Michael Gingold, Tze Liang Goh, James Gray, Catherine Hill, Pravin Hissaria, Sadia Jahan, Daman Langguth, Jennifer Li, Andrew McLean-Tooke, Chen Au Peh, Mukhlesur Rahman, Tony Sammel, Lisa Stamp, Mark Street, Sanjay Swaminathan, Nikki Wong and Richard Kitching Alice O'Connell, Arthas Flabouris and Campbell ThompsonHarshan Jeyakumar and Alistair WrightZheng Liu, Peter Galettis, Samantha J Broyd, Hendrika van Hell, Lisa-marie Greenwood, Peter de Krey, Amy Steigler, Xiao Zhu, Jennifer Schneider, Nadia Solowij and Jennifer H MartinRachel Roberts-Thomson, Annabel Smith, Goha Shaghayyegh and Alexander MenziesThe following is a list of original articles and reviews that have been published online soon after acceptance but prior to copy-editing or typesetting.The following is a list of the most cited articles based on citations published in the last three years, according to CrossRef.Your password has been changedEnter your email address below. Accepted Articles are published as Advance Publications. March 30, 2020. The following invited review article has been published in the Advance Publication.You can access the Advance Publications from the top page of our website.You can access the Hot Paper from You can see the winners from  The following invited review article has been published.Email: The Japanese Society of Internal Medicine It covers all aspects of Internal Medicine.
本誌は、本会が月2回発行するオープンアクセスの学術雑誌であり、投稿された論文採否は査読を経て決定される。本誌は、最新の進歩や知見に関する信頼できる情報源として論文を刊行することを目的とする。また、未発表、且つオリジナル論文(実験に基づく研究論文、治験、総説)の投稿を受け付ける。本誌は、コホート研究、ケースコントロール研究(症例対照研究)、システマティックレビュー(系統的レビュー)、メタ分析、臨床医学、臨床試験、実験的研究、疾患の診断・治療ならびに疫学・予 … 2019 Impact Factor 1.005. ID conference読者(そんなひとまだいるんかな)の皆さま Forgot your username?Enter your email address below and we will send you your usernameIf the address matches an existing account you will receive an email with instructions to retrieve your username 1 The Japanese Society of Internal Medicine 日本内科学会は1903年創立当初から英文誌を刊行し,今日までに1万本を超える論文を発行してきた。現在は,月2回・ 年24回発行し,J-STAGEによりオープンアクセス誌として公開している。2005年の論文投稿・査読オンラインシス Pakeeran Siriratnam, Amelia Godfrey, Ellie O'Connor, Dora Pearce, Chih-Chiang Hu, Ashlea Low, Casey Hair, Ernesto Oqueli, Anand Sharma, Thomas Kraemer, Ramesh Sahathevan Internal Medicine Journal is a peer-reviewed medical journal published twice each month by Japanese Society of Internal Medicine. Clinical Guidelines. 自宅に届いた内科学会雑誌を眺めていると、議事録に内科学会が発行する Internal Medicineという学術雑誌に関する統計 が掲載されていました。 インパクトファクターは例年0.9前後で推移しており、今年も確か0.9台であったと思います。 投稿: ID conference読者(そんなひとまだいるんかな)の皆さまDCCの忽那です。大変ご無沙汰しております。 現在、日本内科学会が開催中のようでして、私の周辺も認定医または専門医更新のためのお布施(とりあえず会費だけ払って更新単位ゲット)をしている方もいらっしゃいます。 News » View All. Grace E. Farris, MD; It's Time to Revise the Uniform Determination of Death Act.

The Journal's aim is to provide useful knowledge in clinical practice and valuable information for medical education, and to contribute to the development of the internal medicine and enrichment of physicians' resources.

It covers all aspects of Internal Medicine. そこで今号のs1m newsでは、査読の受諾率や提出までにかかる期間など、査読にまつわる様々なデータをご紹介します。 杏林舍経由でS1Mをご利用いただいている160ジャーナルにおいて①初回投稿論文 ②投稿期間が2016年1月1日~2016年12月31日に該当する論文の査読を対象として集計を行いました。 Edward J. Kasarskis, MD, PhD, Larry B. Goldstein, MD ; View All Latest. 「Internal Medicine」は,わずか10年ほど前までは,全体の投稿論文数が年に300~500本程度の学術誌であったが,論文投稿・査読オンラインシステムを導入し,J-STAGEに収載されたことで,その後は飛躍的に投稿数が伸びた。 internal medicine (uncountable) The medical specialty concerned with the diagnosis, management and nonsurgical treatment of diseases, especially of internal organ systems. 2);(Table 3)]。本文内での出現順によって番号が決定する。謝辞は本文の最後、文献の前に記載すること。本文中での出現順に番号を付けること。論文雑誌や書籍の章を引用する場合、開始ページと終了ページを記載すること。書籍からの引用の場合、具体的なページ番号を記載すること。要旨については、” (Abstract)” と明記すること。Index Medicusに掲載されている雑誌については名称の略語を使用すること。掲載されていない雑誌については、英文誌のフルネームを記載すること。本文が英語で執筆されていない場合には、雑誌の原語名を使用し、日付の後ろに “(in language)” と記載すること。雑誌名の正式な英訳が表紙に記載されている場合には、原語名の後に、括弧を付け、中に英語名を記載すること。要旨のみ英語で執筆されている場合には、” (Abstract in English)” を付けること。新しいページから書き始めること。文献記載の最終ページの後に、順番にページに番号を付けること。各図説の最後にアルファベット順で、図の中で出現する略語のフルスペルを記載すること。図内で矢印が使用されている場合には、図説内で特徴を示した後、“(arrow)”と記載すること。顕微鏡写真については、倍率を示すこと。各表に番号(アラビア数字:Table 1, 2等)とタイトルを付けること。本文中での出現順で表に番号を付けること。表中では縦線は入れないこと。各表に脚注を記載し、表中で使用されている略語のフルスペルを含めること。表は必要な数やサイズ制限を施すこと。図内の線はすべて黒にすること。小数や折れ線等については、一段組みや二段組み、中間の幅に狭めた際、複製しても崩れないものにすること。大きめの字体と小さめの字体を混ぜないこと。ほぼ同じ大きさの字体に揃えること。特徴を明確に示すために、矢印を使用すること。必要な領域のみ示すために、顕微鏡写真はトリミングすること。図にタイトルは付けないこと。タイトルは図説内に含めること。複数枚からなる図については、各図のバランスを考慮すること。本文中での出現順で図に番号を付けること。既に掲載されている図を再利用する際には、出版元や著者から得た許可書を提出すること。図を必要な数や寸法に制限すること。患者が特定できるような写真が含まれている際には、掲載についての患者同意書を提出すること。(最終更新日:2018年6月11日)