hgss ブーバー 出ない
あと高々15分ぐらいであきらめないようにしましょう; 1,2時間粘れば一匹ぐらいはでるはずです。 何しろ100匹に一回しか出ませんからね。 10/01/22 21:53 4 いーぶいJ 補足 わかっているとは思いますがLv11,12のポケモンは先頭に 配列してくださいね。 ヤドンの井戸に入ってすぐにの、水上でなみのりをするとヤドンしか出てこない。 ヤドンはHP+1の努力値を得ることが出来る。 パワーウェイトを持ってポケルスに感染した状態でヤドンを狩ると、「(1 + 4) * 2 = 10」となり、一気に10ポイント獲得できる。 これはほぼ調整できないと言われていて、何度も失敗するのでイライラします。 ですが、ハイリンク乱数など難しい乱数をしなければ、タイミングはシビアではなく、1秒単位なので楽に調整できます。 bw2しか出ないポケモンが少ないのが少し残念です・・・ サンダー.バトル画面で撮っても色違いかわからないのでステータス画面で撮りました.使い回しの臆病5v.黒サンダーとか出ないかな一番最初に育てたのがサンダーなんですが,ステータス反映のシステムが今と違うのでビビりました. hgssでの入手方法は、全国図鑑入手後にポケウォーカーが30000w以上あると出る「さむいやまみち」コースにてダウジングで入手可能。 ... ブーバーに持たせて通信進化 ... hgss本体での取得方法もない。 とりあえず、ここまでで出来た1Vポケモンで満足できる人は、それで終わり。しかし、フルアタック型ポケモンは、最低でも攻撃力Vもしくは特攻Vと、素早さVを確保しておきたいところだろう。HGSSより前は、メス限定の仕組みだったが、HGSSでその仕組みはなくなった。おかげで、相当厳選が楽になる。メタモンにこれをもたせても、効果が得られる。ちなみに、個体値が最大であることを、一般的にVと呼ぶ(攻撃Vや、素早さVなど)育成後のポケモンは大きく分けて、耐久型と攻撃型に分かれることと思う。耐久型にはHP振りがほぼ絶対であり、攻撃型には素早さ振りが必須のことだろうと思う。更に、素早さとHPは振るのにとても適したポケモンが居る。それについて紹介しようと思う。この時注意しなければならないのは、育て屋でレベルアップして技を覚えた場合、技欄が1つ上にずれて、一番下に新しく覚えた技が入るという点。つまり、一番上の技は上書きされる。2つ覚えた場合は、2つずれる。遺伝させたい技は、「つよさをみる」から、技の順番を一番下にしておくと多少のごまかしになる。時々引き取って、どの程度上書きされているか確認しながらやらないと、また遺伝経路をやり直さないといけなくなり面倒。これによって、性格一致技遺伝済み1〜6Vが出来るはずである。前準備を予めやっておけば、2Vの厳選自体は1時間もあれば終わるはず(確率の問題なので、運が悪ければ何百時間でもかかるが)フスベシティの右上にある家の、机右手に座っている女から、先頭のポケモンが努力値を最大まで振ってあるかどうかの判定をしてもらうことが出来る。振ってあれば「がんばリボン」をもらえるので、振り終わったと思ったら、念のためここに確認に来るとよい。上記によって生まれた子を親にして、Vメタモンと交配する。この時、上記の親にはかわらずのいし、Vメタモンには対応するパワー系を持たせておく。まず、HPもしくは素早さに200振る(要は、上記の条件で20体倒すということ)。次に、もう1つ最大にしたいステータスに対応するパワー系を持たせて、32体倒す(255まで振れる。なぜなら、255 / (4 * 2) ≒ 32だから)。パワー系によって4取得できるが、ポケルスによって2倍になるため、結果的にパワー系によって取得できる努力値は8ポイントとなる。そのついでとして、対象のポケモンを倒したことによる努力値(HP1か素早さ1)も、ポケルスによって2ポイント取得。これによって、先に振っておいた200ポイントとで、「200 + 2 * 32 = 264」となり、255を越えた分は捨てられるので、両ステータスの努力値が255(最大)となる。この方法を使えば、わざわざ取得したい努力値によって狩場を変える必要もない。今回注目するのは2つ目の能力で、こいつをひんしにして先頭に置いておくと、望みの性格を持つポケモンが出やすくなるので、厳選が非常に楽になる。ケーシィは「せいしんりょく」と「シンクロ」の二つの特性があるため、少し面倒。卵技を遺伝させる必要があるなら、作りたいポケモンの遺伝させるべき技を持ったオスを用意。ほしい性格のメタモンが準備で手に入っているはずなので、そのメタモンにかわらずのいしを持たせて、そのオスと交配。努力値を振っただけではステータス値に反映されない点に注意。ボックスに一度預けると、努力値を含めたステータスが再計算されるため、それを利用する。これによって、性格一致技遺伝済みオス親を作り出す。遺伝技がない場合は、性格一致オスメスどちらでもいい親を作れればいいので、相当楽。脚注(後半にラベルリンクしてある)にも、なかなか重要な情報が書いてあるかもしれないので、一通り読んだほうが無難だと思う。一見要らないと思える性格も、後々使うかもしれないので、とりあえずシンクロでストックしていない性格のケーシィなら、それをストックしておくと便利かも。以上の方法により、素早さかHPを振ることが出来ただろう。努力値は合計510ポイント振れ、各ステータスについて255まで振れるので、2つまでの能力を最大まで上昇させることが出来る。次の方法は、2つのステータスを最大まであげる場合にしか使えないかもしれないが、十分有用性があるので紹介しておく。Wikiなため、攻略上のアドバイスが豊富。非常に事細かに記してある。友人が、具体的にポケモンを厳選するまでにどのような手順を踏んだら良いのか、皆目見当がつかないという壮大な質問を投げかけてきたので、それに答えておく。上記で出来た性格一致技遺伝済み1Vを、略記で1Vと呼ぶことにする。つまり、性格一致と技遺伝済みは前提条件。狩る場所として最適なのは、タンバシティの洞窟に入り、上下に分かれた階段の下へ行き、「たきのぼり」で上った先にある草むら。だから、トリックルームを武器として使うパーティなら、より素早さを遅くすることが逆に有利に働くことになる。ということで、素早さ下方補正の性格も、使える場面がある。HP振りは、ヒワダタウンにあるヤドンの井戸が最適。ヤドンの井戸に入ってすぐにの、水上でなみのりをするとヤドンしか出てこない。ヤドンはHP+1の努力値を得ることが出来る。パワーウェイトを持ってポケルスに感染した状態でヤドンを狩ると、「(1 + 4) * 2 = 10」となり、一気に10ポイント獲得できる。これをうまく使おう。遺伝でしか覚えない技を使いたい場合は、最初に遺伝させておく。遺伝経路については、たまごグループが1つでも被っていれば遺伝できる。オスの技しか遺伝しないので、遺伝させたい技を持ったポケモンは、必ずオスを用意。作りたいポケモンはメスを用意。その交配で作ることが出来る。素早さ振りは、フスベシティのジム真後ろの水上が最適。コイキングしか出ない。コイキングは素早さ+1の努力値を得ることが出来る。パワーアンクルを持ってポケルスに感染した状態でコイキングを狩ると、ヤドンのときと同じく10ポイント獲得できる。ゲーム中の昼/夜の判定は、DS本体時間で決定されているため、現在を夜の時間にしてしまえば良い。カセット(今はこんな言い方しない?)を読み込む前に、DS本体の設定をする項目があるはず。そこで手軽に書き換えられるため、ダークボールを使う手法が楽で良い。パワー系はバトルフロンティアでBPと交換できるが、集めるのが非常にめんどくさい。バトルタワーの21連勝目に出てくるクロツグを倒すと20BPもらえるため、なんとかこいつで稼ぎたいところ。それを含めても面倒くさい。性格不一致の優秀な個体値の子が出来た場合、性別が違うかわらずのいしを持たせた性格一致1〜2Vと交配させれば良いので、「性格が不一致で要らないからすぐ逃がしてしまう」という発想は良くない。この石を持たせて交配させると、持たせたポケモンの性格が1/2の確率で子供に遺伝する。2V以降は、かわらずのいしと各種パワー系をそれぞれに持たせて交配する(パワー系は両親に持たせても効果が得られないため)経験上、こうやると楽なんじゃないかという最短経路を記しておく。これが最短ではなかったり、もっと楽な方法があるという場合は、コメントお願いします。かわらずのいしは、ウツギ博士に、貰った卵から産まれたトゲピーを見せると、もらえる。以上のことからわかるように、親から遺伝するのは最大でも3箇所であるということ。つまり、親から受け継ぐVは、最大でも3Vであり、それ以上はランダム値で決定されるということ。3Vまでは現実的であるが、4V以降は廃人の領域である。しかし、感覚から言えば、Vの出現は単純に1/32(0〜31)じゃない気もする。どういうことかと言うと、1/32の割に、やたらVが出やすすぎると思う。このことから、現実の壁は4Vまでということにしておく(根拠が私の感覚な点が申し訳ないが)パワー系は厳選の段階で揃えていると思うから、ここでは言及しない。ポケルス感染源のポケモンの用意が難しい場合は、諦めるしかない。ポケルスは、取得する努力値が2倍になる効果があるため、ポケルスがない場合は単純に2倍の数ほど同じポケモンを倒さないといけない。それぞれ、上がる(1.1倍)能力が1つ、下がる(0.9倍)能力が1つ。もしくは、どれも上がらないとなっている。個体値が最大なメタモンを見つけたら、「マーキング」機能を使って、それを記しておくと便利だと思う。マーキングは、ボックスに預けた状態で、対象のポケモンを選択し、右メニューにあるマーキングを選択すると、塗ることが出来る。おあつらえ向きに、マーキングできるマークが6つ用意されている。それぞれ、HP、攻撃、防御、特攻、特防、素早さに対応させて、例えば素早さが最大なら、ダイヤにマークするとか。他に比べて人気なのは、ようき、おくびょうあたり(素早さが重要なステータスなため)で、太字は割合よく使われるために、最低限用意しておきたい性格のケーシィ/メタモン。夜なら捕まえやすくなるボール。サファリゾーンゲートで、バタフリーを従えた女から購入できるので、大量に買っておく。これによって、1/2の確率で、性格一致技遺伝済み1箇所個体値Vが生まれる。後は、それぞれの性別比率(例えば、ゼニガメはオス:メス=87.5%:12.5%となっている)に従って子の性別が決定される。卵技遺伝があるなら、子供はオスである必要があるため注意。バトルフロンティアのバトルタワー塔に居る「ジャッジ」に判定してもらう。常識中の常識とも言えるが、ポケモンは性格によってHP以外のステータスに補正がかかる。後は、ひんしにしたケーシィを先頭にして、2匹目はけむりだま(必ず逃げられる)を持たせた弱いポケモン。メタモンが出ればひたすら捕まえて、メタモンじゃなければひたすら逃げる。この作業の繰り返し。ボックス2、3個がメタモンで埋まるくらいの感覚でがんばろう。