ベートーヴェン:ピアノ 協奏曲 第1番

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番&第2番&第4番がライトクラシックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 ベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番(作品15)は、1795年の24歳頃の作品です。ホントは、2番の方が先に作曲されているのですが、楽譜の出版が逆になっています。 ウィキペディア(Wikipedia)を元に記述すると ベスト・1 ハイドンの下で本格的に作曲を学ぶべく1792年にボンからウィーンに居を移したベートーヴェンが、1800年に交響曲第1番を発表する以前に当楽曲を書いている 。. 【uhqcd】【限定盤】【グリーン・カラー・レーベル・コート】【ベートーヴェン生誕250周年】 気鋭のピアニストとして演奏活動を展開していたベートーヴェンが、交響曲を作曲する遥か前に作曲したピアノ協奏曲第1番と第2番は、若きベートーヴェンが様々な独創的アイデアを盛り込んだ意欲作。 ピアノ:クリスティアン・ツィマーマン(Krystian Zimerman、1956年- )指揮:レナード・バーンスタイン (Leonard Bernstein、1918年-1990年)オーケストラ:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker) ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 作品19は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが1786年から1795年にかけて作曲したピアノ協奏曲。 。「第2番」とされているが、実際は第1番よりも先に作曲されている。. ボンに居住していた頃からウィーンに引っ越して間もない時期にかけてベートーヴェンは都合3曲のピアノ協奏曲を作曲してお … ピアノ:ハンゼン、指揮者:フルトヴェングラー、演奏:ベルリンフィルハーモニー先に記述させていただきました「9人の指揮者によるベートーヴェン交響曲全集」の続編です。ルールとしましては、「ピアニストの重複は不可」、「指揮者の重複も不可」(但し、次点の名盤としては、ピアニストも指揮者も、何回でも登場はOK)、そして、「ピアニストとして登場した人物が、他の協奏曲で指揮者として再登場するのはOK」とさせてください。COPYRIGHT ©︎ 2020 Sonar Members Club.正直申し上げまして、この曲につきましては、私の聴き込みの幅が狭く、自信を持って推薦出来るものでなく、申し訳ございません。無難なところで、この演奏かな、と思っております。ピアノ:バーンスタイン、指揮者もバーンスタイン(つまり弾き振り)演奏:ニューヨークフィルハーモニック花﨑さんのお好みが良く出ているご選択と大変楽しく拝読しました。協奏曲というジャンルは元来歌手の代わりを独奏楽器が務めるというコンセプトに発していますからベートーベンが後期の世界へ到達するメディアとしてはやや困難があったようです。モーツァルトこそ向いていのたがピアノ協奏曲ですね。だから交響曲とは違って彼が高い壁としてそびえます。僕はハ短調の3番は比較的好きですが、これは先輩の同じ調の24番を意識してまったく及んでいません。交響曲で起きたことがこのジャンルでは起きなかったのは自作自演が求められたのに耳の問題で困難だったこともあるかもしれません。早速にコメントをいただきまして、誠に有り難うございました。また、ベートーヴェンの後期作品の中に、協奏曲が全く無い理由も、東さんのコメントのお陰で、初めて良く理解できました。モーツアルトのピアノ協奏曲は、20番ニ短調を真剣に聴いた以外は、未だ未開拓分野ですので、楽しみがまた一つ拡がり、うれしく思っております。花崎洋この両者の組み合わせによる全集の中では、この4番の出来が最も良いと思いますが、3番で推薦してしまいましたので、やむなく、次点といたしました。軽妙な表現が横行する4番の演奏の中で、正に異彩を放つ、極めて遅いテンポでじっくりと構築された演奏ですが、その「深い呼吸」は半端ではなく、たいへん感動的な名演奏です。ピアノ:グールド、指揮者:バーンスタイン、演奏:コロンビア交響楽団1番、2番も名曲ですが、3番以降、俄然、深みのある名曲になって行きます。その「曲の深み」を最も良く体現したのが、この演奏であると思います。この演奏の立役者は、指揮者のクレンペラーであると思います。ピアノ:グールド、指揮者:ゴルシュマン、演奏:コロンビア交響楽団伝説となっている歴史的名盤ですが、協奏曲が「ソリストと指揮者の掛け合いから生まれる」という原点を思い出させてくれる、という意味で、正に貴重な記録であると思います。ソリスト、指揮者の双方が、互いの「アドリブ表現」を真剣に聴き入り、相手の表現から得た「閃き」を直ちに自分の表現に取り入れて投げ返す、という「丁々発止の呼吸」は、凄まじいの一言であると思います。フルトヴェングラーの未亡人の話によれば、フルトヴェングラーは、ソリストの演奏を引き立てる能力に異常なほどのプライドを持っていたとのことです。また、正直申し上げまして、私はベートーヴェンのP協について、交響曲ほどには幅広く聴き込んでおりませんので、今回は「5曲全曲」について一度に記述させていただきます。たいへん速いテンポの第1楽章が特に魅力的です。グールドのベートーヴェンのピアノ協奏曲全集、無意味に遅いテンポの3番、4番、5番については、私個人は、全く魅力を感じませんが、この1番と次の2番は、大変気に入っております。1番については、この速いテンポと軽妙なタッチが曲想にも合っており、また、第1楽章のグールド自作の「カデンツア」も大いに注目すべきと思います。かようなイメージを持っていたルービンシュタインに対する悪印象が、一挙に変わってしまったのが、この演奏です。言葉でコメントするのが野暮になってしまう、別格的に素晴らしい演奏です。指揮者バレンボイムも、クレンペラーの元でピアノを弾いた経験が大いに役立ったと思われます。ルービンシュタインのスケールの大きな曲作りを見事に支えていると思います。ピアノ:バックハウス、指揮:イッセルシュテット、演奏:ウィーンフィルハーモニーピアノ:バレンボイム、指揮者:クレンペラー、演奏:ニューフィルハーモニア管弦楽団この演奏をベスト・1として推薦したかったのですが、指揮者バーンスタインが1番と重複してしまいましたので、やむなく次点とさせていただきました。ただ、この曲については聴き込みの幅が狭いので、自信を持って推薦している訳ではありません。特にグールド自身の言葉ですが、「私がある演奏会でこの曲を引いた時、演奏後に貴婦人が楽屋にやって来て、《あなたは、なんて素晴らしく、モーツアルトを弾いたのでしょう!》と言われたことが大変、うれしかった」と言っているようにモーツアルト的な演奏です。しかし、早めのテンポの軽やかなタッチが魅力的ではあります。ピアノ:バレンボイム、指揮者:クレンペラー、演奏ニューフィルハーモニア管弦楽団私個人は、ルービンシュタインというピアニストは余り好きではありません。彼のショパンを絶賛する人は多いですが、私個人は、マズルカについては、まあまあ好きですが、その他のショパンの演奏は「洒落てはいるが軽すぎて(そして、バラードに至っては下品な感じさえして)」、それほど気に入っておらず、愚直に真摯に弾いたアラウに、とても好感が持てます。次点に挙げました演奏と、どちらをベスト1にするか随分と悩みましたが、こちらにしました。1960年録音で若かりし頃の健康的なエネルギーに満ちたバーンスタインの長所が十二分に現れた名演と思います。バーンスタインの弾き振りですので、ピアノの演奏とオケの伴奏が密接かつ有機的に結合し、特に第1楽章の展開部冒頭の色濃く描かれた箇所などは聴きどころと思います。この演奏をベスト1に挙げたくて、「ピアニストとして登場した人物が指揮者として再登場するのはOK」という不自然なルールを無理矢理、提案させていただきました次第です。不思議なもので、上記ルービンシュタインの演奏を聴いてしまうと、他の演奏が物足りなくなってしましました。よって次点は無しとさせていただきます。ピアノ:ルービンシュタイン、指揮者:バレンボイム、演奏:ロンドンフィルハーモニック管弦楽団

ピアノ協奏曲 第1番 ハ長調 作品15、 2. 1番については、この速いテンポと軽妙なタッチが曲想にも合っており、また、第1楽章のグールド自作の「カデンツア」も大いに注目すべきと思います。 ☆ピアノ協奏曲第2番変ロ長調.

概要. ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 《皇帝》、 4. 楽曲の規模や楽器の編成の点では第1番よりも小さく、またハイドンやモーツァルトの影 … ショッピングカートの商品は出し入れ自由です。気に入った商品が見つかったら、どんどんカートに追加しましょう。日本を代表するベートーヴェン解釈者である、ピアニスト仲道郁代のアルバム。ベートーヴェン演奏の総決算として、2004年6月録音の第3番と第5番「皇帝」に続く、「ピアノ協奏曲全集」の完結編。ピアノ協奏曲第1番、第2番、第2番の初期形態で終楽章として構成されていた「ロンド変ロ長調」、第4番を収録。 (C)RS◎2007年に完結した「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」最終巻の「第 30番・第31番・第32番」が2007年度レコード・アカデミー賞を受賞するなど、日本を代表するベートーヴェン解釈者としての名を一挙に高めた仲道郁代。その仲道によるベートーヴェン演奏の総決算として、2004年6月録音の第3番と第5番「皇帝」(SA-CDハイブリッドおよびDVDビデオで発売)に続く「ピアノ協奏曲全集」の完結編です。◎収録曲は、ピアノ協奏曲第1番、第2番、第2番の初期形態で終楽章として構想されていた「ロンド変ロ長調」、そして第4番の4曲。対向配置にした弦楽パートに古楽器のトランペットとティンパニを使い、各モチーフの有機的な結びつきを次々に解き明かしてゆくヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルとともに、仲道はそれぞれの作品に込められたキャラクターを鮮やかに描き分けていきます。第1番と第2番は、青年作曲家・ピアニストであったベートーヴェンの姿を彷彿とさせる爆発的なエネルギーに満ち、第4番では円熟を刻印した内省的・瞑想的な作風が支配的であり、古典派とロマン派の橋渡しをした作曲者の真の姿を明らかにしています。

ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37 <disc2> 3. ベートーヴェン :ピアノ協奏曲第1番、 ピアノ協奏曲第4番: ロベール・カサドシュ(p)、 エドゥワルド・ヴァン・ベイヌム(指)ACO 録音:1959年(ステレオ) “オケとの絶妙なコンビネーションが、カサドシュのタッチを引き立てます! 1. ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 第2番がライトクラシックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 若きベートーヴェンが書いた傑作である。ベートーヴェンのピアノ協奏曲というと第4番、第5番「皇帝」がポピュラーだが、私が最も好んで聴くのは第1番である。文字通り〈爽快〉かつ〈壮快〉な作品で、全体を通して聴いた後、重さもアクも残らない。