韓国 指輪 文化
大好きな彼と付き合っていくとプロポーズされいよいよプレ花嫁に♡ 日本のプロポーズ. 日本では結婚指輪よりも婚約指輪にお金をかけるが、韓国では結婚指輪の方にお金をかけるのが一般的。

婚約指輪を用意してプロポーズ!! 韓国のプロポーズ. 結婚指輪 友達からもらった指輪 恋人からもらった指輪 自分へのご褒美 両親からのプレゼント など思い浮かぶ事は沢山あると思います もちろん、韓国でも「指輪」があるんですが、 指輪を 「반지(パンジ)」 … 文化の違いと判明し安心しました 結婚指輪もTiffanyで購入予定です 日韓のプロポーズ事情. 実は指輪に対して、日本と韓国の違いがあるんです! 日本の文化についてよく知ってる韓国男子なら、日本での価値観で準備してくれる人もいると思いますが、指輪に対しての日本文化を知らない彼とはすれ違うこともあるはず。

韓国のイメージはかなり悪い方は 多いかと思います。ニュースでは緊張を煽る話題が多い ですしね。しかし、 そもそも韓国って国際的なニュースとか 以外だと知らないという方も多いかと 思います。日本と近い様で実は細かい所が文化が 違ったりします!生活、学校、恋愛等々、そんな文化が あるの!?という驚くべき違いも あったりするのです!そんな韓国と日本の文化違いについて 生活、学校、恋愛の面に関して、 ズームアップして行きます! 昔は婚約指輪でなく家などを贈るのが主流でしたが、さすがにお金がかかりすぎるのと欧米化の影響とで、近年は他国のように婚約指輪を贈ることが増えています。 韓国. 【プレ花嫁✕文化の違い✕婚約指輪✕結婚指輪】 プロポーズでときめくのは婚約指輪ですよね♡ 隣の国なのに色々違うんだなと 結婚指輪を用意してプロポーズ!! 地理的な距離は日本と近いのに、案外指輪文化が違うのがこの韓国。 韓国って左手の薬指に指輪をしていても何の意味もないんですか?よく、韓国のアイドル(SuperJunior、東方神起、SHINee)などが左手の薬指に指輪をしていたりするのを見ます(+_+)日本人は、結婚している人しか左手の薬指に指輪を入れないですよね…?韓国では、左手の薬指にしていても何の …

赤ちゃんが生まれた日から数えて100日目に、その日を記念するお祝いイベント「100日」があります。今や、男女の出会いで「30日」「半年」「1年」と付き合いを続いていることに祝うカップルを多く見かけますが韓国では赤ちゃんが生まれて100日から 真夏の暑さは落ち着きましたが、まだまだ暑い日が続きますね(;’∀’)さて、いよいよ9月中の結婚指輪や婚約指輪の手作りをお考えの方は、 今回は前回に引き続き、世界各国の指輪事情をご紹介します!  前回のブログでは、アメリカ・ヨーロッパ・そしてインドの指輪事情をご紹介しました。指輪一つを取っても国によって様々な違いがあり、 アメリカやヨーロッパは距離が離れているのでまあ納得ですが、それでは距離が近いアジア各国はどうなのか?また、独自の文化を多く持つイスラム圏の指輪事情はどうなっているの?わが国・日本の指輪の特徴や人気の傾向は? それでは、詳しく解説していきます!  なんとなく気になるイスラム圏の指輪事情ですが、これは戒律が厳しい国(サウジアラビア、イラン、アフガニスタンなど)では戒律がゆるめの国(トルコ、クウェート、エジプトなど)では結婚指輪が存在し、イスラム教では左手は不浄なものとされるので、婚約指輪や結婚指輪は右手の薬指につけるのが一般的。婚約指輪は純金製が多く、お金がない場合は銀製や銅製の指輪を贈るのだとか。ちなみにイスラム圏の国々ではほぼゴールドの指輪しか売っておらず、プラチナを取り扱っているお店はかなり少ないようです。 余談ですが、イスラム教徒の相手と結婚するには自分もイスラム教徒に改宗しないと結婚できない場合が多く、法律で定められている国もあります。イスラム教から他の宗教に変えたり戻したりすると死刑になる国も複数あるので、結婚前には十分な覚悟が必要です(゚Д゚;) 中国では以前は婚約指輪に国の伝統的な宝石である翡翠を使うことが多かったのですが、昨今は欧米化の影響もありダイヤが使われることも多くなっているようです。昔は婚約指輪でなく家などを贈るのが主流でしたが、さすがにお金がかかりすぎるのと欧米化の影響とで、近年は他国のように婚約指輪を贈ることが増えています。 地理的な距離は日本と近いのに、案外指輪文化が違うのがこの韓国。韓国の男性はプロポーズの演出には力を入れる人が多いのですが(あらかじめ高級ホテルを予約してサプライズを計画したり、豪華な薔薇の花束を贈ったり…などなど)、その分結婚指輪にお金をかけ、婚約指輪が比較的豪華で結婚指輪がシンプル、という傾向にある日本とは正反対ですね~(^-^;)結婚指輪をあらかじめ用意し、プロポーズの時に渡す男性も多いのだとか。 ちなみにひと昔前までは、韓国では結婚指輪は花婿の母親が用意するのが当たり前でした。現在では時代の変化か、本人たち二人で・もしくは男性がプロポーズのために一人で購入することが多くなっています。 最後に、日本の指輪の特徴も見てみましょう。日本は婚約指輪、結婚指輪ともに左手薬指に着けるのが一般的で、これは 日本のリングはボリュームが控えめで、シンプルでありながら細部のディテールにこだわったり、またS字やV字などのフォルムに凝ったリングのラインナップが充実しているのも大きな特徴です。(海外はストレートフォルムの指輪が多いのです。) プラチナが人気になったのは、かつて大正皇后のティアラにプラチナが使われていたことがきっかけだそうです。ゴールドに引けを取らない美しく高貴な金属として世に知れ渡り、耐久性に優れることや日本人に似合いやすい控えめな見た目も合わさって、どんどん人気が広がっていきました。実際和風で古風な顔立ちのかたは、プラチナのシンプルな指輪が似合いやすい傾向にあります。 ただ最近は食文化やファッションの欧米化で日本人の見た目にもかなり変化が見られますので、日本人でもゴールドが違和感なく似合うかたも多くいらっしゃり、将来的にはゴールドが主流に…なんて未来もひょっとしたらあるかもしれませんね。 余談ですが、やはり名古屋という土地柄、ゴールドが好きなかたが多いようです( *´艸`)イエローゴールド・ピンクゴールドも人気ですが、  2回にわたってお届けした世界の指輪事情、いかがでしたか?前回と今回お届けした内容以外にも知りたい国があったり、皆さんがご存知の「世界の指輪の特徴」があればぜひ教えてくださいね!(^_-)-☆   指輪作りに使う道具「磨く」編指輪をはめる指には、意味がある。指輪作りに使う道具「削る」編お客様の声「婚約指輪」心に元気をくれる石 恋愛の人気記事今注目の記事いま話題になっているキーワード 二人で結婚指輪を選ぶのも楽しみになります♪  韓国情報サイトJOAH-ジョア-の公式LINE@も登録してね♡↓↓登録はこちらから↓↓ 法文学部社会文化学科現代社会コース 小楠由希子 結婚指輪.