選ぶ 英語 読み方
All rights reserved. 短期間で効果が出るというカランメソッドの特...英語の長文読解は、試験においてもビジネスにおいても必要となる場面が多いですが、なかなか対策が難しいと言われる学習の一つです...巷に溢れる英語学習方法。どれが一番自分に合っているのか見極めるのはなかなか難しいものです。そこで語学のプロである通訳者が必...Copyright (C) PROGRIT MEDIA(プログリット メディア) 短期間で効果が出るというカランメソッドの特...「チャンツ」を使って、英語のリズムやイントネーション、音節の区切り方を、自然と身に着けられる方法をご紹介します。「チャンツ...せっかくたくさんのお金と時間をかけて行く留学です。英語が話せないままで帰って来たくはありませんよね。そうならないために、留...英語ではたくさんの英熟語・イディオムが使われています。TOEICなど英語のテストでも英熟語は大切です。しかし、ノートに英熟...「英会話の勉強方法がわからない…」「英会話はできるようになりたいけど英会話スクールに通うお金も時間もない…」こんな悩みを持...英作文の練習をしていて、合っているかどうか誰かに添削してほしいと思ったことはありませんか?学習のモチベーションを維持する意...みなさんは、スラッシュリーディングという言葉を耳にしたことがありますか?スラッシュリーディングとは、英語を英語の語順のまま...英語学習者の方の中には、やみくもに大量の英文を暗記している人を時々見かけますが、果たして英文暗記は英語力アップに効果的なの...英語で話すことは出来ても、英文のライティングはできないという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?この記事では、英文ラ...英語長文の読解スピードを上げたいけどなかなか思うように上がらないと悩む英語学習者の方は多いのではないでしょうか?速読スキル...英文ライティングを苦手とする英語学習者の方は多いですが、一体できない原因は何なのでしょうか?この記事では、英文ライティング...英文読解のコツは、文型を見極めることです。どんなに長く複雑な文であっても、英文はSVOCを組み合わせた基本文型から成ってい...みなさんは英文の要約をしたことはありますか?英文の要約は、「書いてある文章をただまとめればいいだけ」と簡単に考えている方も...英検は、リスニングもリーディングも英検準1級から難易度がぐっと上がると言われています。語彙も出題問題の内容レベルもそれまで...英語をしゃべりたいと思っていても、英語初心者の方はそもそもどうやって勉強すればいいのかわかりませんよね。英語を話せる人達は...英語学習者の方の中には、アウトプットの練習方法が分からないという方がいらっしゃいます。確かに、学校では文法などのインプット...この記事では、為になって面白いおすすめの英語記事サイトを7つご紹介していきます。「参考書を使ったリーディングの勉強に飽き飽...「英単語の意味はばっちり覚えているはずなのになぜかリスニングになると分からない、、」こういう方は、目で見る単語(綴り)と耳...はじめまして、「忍者の英語研究所」という英語学習サイトを運営している、忍者と申します。僕は、大学時代英語が全く話せず、外国...英語の構文とは、英文を支える決まった型のようなものです。単語や熟語の意味を知っていたとしても、構文を理解していなければ英語...読み方がわからない英単語に遭遇した時、みなさんはどうしていますか?もしかするとそのまま放置している人もいるのではないでしょ...英語を読めるようになりたいけど発音記号のルールを学ぶのは嫌だという英語学習者の方は多いのではないでしょうか。そんな方にとっ...「英作文は苦手・・・」、「練習しているけど上達しない・・・」、「丸暗記は嫌い・・・」。この記事ではそんな方のために、英作文...英語を勉強している中で、「フォニックス」という言葉に出会ったことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか?フォニックスと...書店に大量の英語の本が所狭しと並んでいるのは、誰もが見たことのある光景でしょう。その中から自分に必要な学習本や参考書を探す...リスニング力アップに効果的なトレーニングとして知られているシャドーイングですが、いざやってみると難しく、「できない!」と途...英文の暗記は簡単なことではありませんが、できるだけ早く覚える方法は存在します。この記事では、おすすめの英文の覚え方を「陳述...この記事では、為になって面白いおすすめの英語記事サイトを7つご紹介していきます。「参考書を使ったリーディングの勉強に飽き飽...みなさんは英文の要約をしたことはありますか?英文の要約は、「書いてある文章をただまとめればいいだけ」と簡単に考えている方も...みなさんは、スラッシュリーディングという言葉を耳にしたことがありますか?スラッシュリーディングとは、英語を英語の語順のまま...SmartNews(スマートニュース)は、様々な記事を配信する無料ニュースアプリ「スマニュー」として多くの人に親しまれてい...はじめまして、「忍者の英語研究所」という英語学習サイトを運営している、忍者と申します。僕は、大学時代英語が全く話せず、外国...英語の音には、日本語と同じく母音と子音があります。しかし、英語の音は日本語ほど単純ではなく、「a」1つとってみても様々な音...近年、日本の義務教育で筆記体を教わることはなくなりましたが、「実は筆記体を習いたかった」という方は意外と多いのではないでし...英語ではたくさんの英熟語・イディオムが使われています。TOEICなど英語のテストでも英熟語は大切です。しかし、ノートに英熟...英会話力がなかなか上達しないと悩んでいませんか?英会話力は、ちょっとしたコツを掴むことでぐんと上がることがあります。この記...この記事では、英会話力アップに効果的な「カランメソッド」について紹介します。 1月から12月を英語表記!読み方や省略形も詳しく解 … 読み方がわからない英単語に遭遇した時、みなさんはどうしていますか?もしかするとそのまま放置している人もいるのではないでしょうか。今回は、英単語の正しい読み方を習得する方法の一つである「フォニックス」の法則について、詳しく解説していきます。 ビジネスシーンでもプライベートでも欠かせない日付表現。仕事で納期の確認をするにしても、誕生日や結婚記念日を祝うにしても、日付は避けて通れませんよね。そこで今回は、英語の日付表現について徹底解説します。これまで覚えられなかった方も、この機会にマスターしましょう! 「セミ」の英語発音・読み方 アメリカ英語では「シケーダ」 セミを英語で表現するときに注意したいポイントは、国によって「cicada」の発音が異なる点です。アメリカ英語ではカタカナで書くと「シケーダ」のように発音しますが、正確には「スィケーダ」。日本語の「シ」は「shi この記事では、「セミ」に関する英語表現を解説しています。昆虫の「セミ」は英語でなんと表現すれば良いのでしょうか。また、「アブラゼミ」や「ミンミンゼミ」など、セミの種類を英語で表す方法も解説。「セミの抜け殻」などセミと関連した英語フレーズと併せてご紹介します。気になる方は覗いてみて下さいね。目次昆虫のセミは英語で「cicada」と書きます。アメリカやイギリスなどの英語圏、カナダ等の寒冷地にもセミは生息しています。北欧など一部の国や地域ではセミの存在を知らない方もいますが、大体の人に「cicada」と言えば、虫のセミだと分かります。また、昆虫のイナゴを表す「locust」という英単語を使ってセミを表現する場合もあります。こちらも覚えておくと良いでしょう。セミを英語で表現するときに注意したいポイントは、国によって「cicada」の発音が異なる点です。アメリカ英語ではカタカナで書くと「シケーダ」のように発音しますが、正確には「スィケーダ」。日本語の「シ」は「shi」の発音になってしまうため、よりネイティブに近い英語表現を目指している方は意識して発音してみると良いでしょう。イギリス英語の場合、「ca」の部分を「カ」と呼んで「シカーダ」、正確には「スィカーダ」と発音します。地域にもよりますが、アメリカと比較するとイギリスでセミを見る機会はより少ないと感じます。「ジッジッジッ」と油を揚げているような音で鳴くのが特徴のアブラゼミ。英語では特徴的な鳴き声には触れずに、大きな茶色いセミであると見たままをそのまま表現しています。名前の通り「ミーンミンミンミン」と鳴くミンミンゼミ。英語ではアブラゼミと同様に特徴的な鳴き声が由来ではなく、がっちりしたセミと見た目で表現します。「robust」は人に対しては「たくましい」、建物などには「頑丈な」の意味で使用する英単語です。黒色かつ大型であることから動物の熊が由来のクマゼミ。英語も同じく黒いセミと表現します。日暮れ時に鳴くヒグラシ。英語も同じく夕方のセミと表現します。「オーツクツクツク」のような鳴き声のツクツクボウシ。学術名は「Meimuna opalifera」です。セミの抜け殻は「shell」(シェル)を使って表現します。「貝」のイメージが強い「shell」ですが、貝以外の甲殻類など硬い殻に覆われているものには全般的に使用します。セミの「脱皮」を英語で表現する場合は「molting」を使います。動詞の「molt」には羽や毛が抜け変わる、のような意味があります。セミが鳴いていることを英語で伝える場合、海外の人の感覚に合わせるのがポイントです。海外の人たちは日本人のように、セミの鳴き声を聞いて情緒を感じることはありません。夏の到来ではなく、単なる雑音に聞こえます。「buzz」は蜂のブンブンと鳴る羽音などを表す英語です。海外の人にとって、蜂の羽音もセミの鳴き声も、同じ騒音として捉えるわけです。「セミ時雨」は「the cicada buzz」と表現できますね。「うるさい」は英語で「noisy」です。「loud」と表現しても良いでしょう。いかがでしたでしょうか。日本人と海外の人ではセミの鳴き声を聞いたときの感じ方が異なります。日本人のようにセミの「声」とは表現しないため、「voice」ではなく「sound of the cicada」でセミが音を立てていると表現しましょう。