認知症 看護研究 文献


%PDF-1.6 %���� 【研究論文】 認知症のステージ進行に応じたケアの特徴 ― 認知症ケアに携わる専門職が留意する関わりを通して― 高見. 表2は,認知症高齢者の回想法に関する海外の 原著論文全8編の内容を回想法の定義,研究目的, 研究方法,研究結果におのおの整理したもの であ る. 老年看護学Vol.9 No.2,2005 57 N工工 …

H��Wk�.� ���b>�)�Y����R(R���RJ�JSh����-k3�?�ߟ���'��ߧ��&5���)N@�� �&�g��Lo�>}{����� Zܢ-�.c����)цn���!ؽ�v�/����nw��G��P�~8�h�|���X��� �*ɶë�X]��JM��a)w�Uh�\/GS�)����/��D1���|��q��w^ؾ0k�Sv�pe�V���3&�[�w 7 89 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<7A06FFEE6B873D469E98C940A1D8CAE2> 〈研究論文〉 認知症治療病棟における看護師の認知症ケアの実態 成松 玉委 1) ・ 髙栁千賀子 1) ・ 井上 映子1) 【要旨】 認知症治療病棟における認知症ケアの質の向上のために、看護師の認知症ケアの実態を明 らかにすることを目的とした。1 施設の精神科病院管理者から推薦を受けた看護師5

�0 F�$ZA��w%�&��^��O$ŋ�@�O~�]X5�P�5ܣ���\��5������������n�����,��|��oVDL�����A���nr%�;r��ڒ� 2 0 obj

%PDF-1.3

�O� ��5!k{�[6�}�wO�ބF�n�8�[b�����$�V��l9t�>���f���L��嵦=)^P�� endobj

�,���U�������������_���u���~�)�����W��U}����>G�(�~aRz�`T��y�����ȿ��)�,�d'�a���~y������{"-�ƀ�p����?�{����s0gl�#%�6���\ �7�>6�kn�T��5{O�ק�Ko+3��奶 美保1),中筋 美子1),野村 陽子2) 1) 兵庫県立大学看護学部,) 2高知県立大学看護学部 要 旨 【目的】 本研究の目的は,「 3
"v�?��,9��޳��F��Nk�]n��w�v�z���Ɂ� V���დRa�0Y�9�dbr���s��Y��H��+u�|����[/�PTSH_�^� ~�x}�x=��`�B�"�n�� �(Ob(���zV��^U�Mc�Bff��!5c�Ë%v�����-����qk�S���&PE�g6 ��}7�س�ŕ�����[n?���ԹE.��q�GN���ѝ;���؝�2m��q]�/��3v#�����M\�p��ǥGO.k�w�*�Nu��! 54 0 obj <> endobj これら抽出した文献を本研究目的と照らし合 わせながら、共同研究者とともに協議し,14文献を分析対象と した。(表1) 2)分析方法 ⑴看護学生が認知症高齢者に抱いたイメージ,イメージの影 響要因,老年看護学の講義・演習内容,実習内容を抽出した。 これら抽出した文献を本研究目的と照らし合 わせながら、共同研究者とともに協議し,14文献を分析対象と した。(表1) 2)分析方法 ⑴看護学生が認知症高齢者に抱いたイメージ,イメージの影 響要因,老年看護学の講義・演習内容,実習内容を抽出した。 人間看護学研究 17:77-86(2019) 77 Human Nursing 研究ノート 急性期病棟における認知症高齢者看護に 関する文献検討 森本恵り子1),平田 弘美2) 1)滋賀県立 大 学院人間看護 研究科修士課程 2)滋賀県立大 学人間看護 部 %�¾p*��v��.W�Za��xa냑�U����xQ�1��O�~y������t���7\U�vO��B�� [?r�����P*�R62��v�ѳaPy�W�F����7�枼�U�r���П��DI&%��J�8��>)�)��1;QY���c�Tӱdm�F�z� る.そこで,本研究では,わが国における認知症 高齢者の自己決定に関する研究の動向を探ること を目的とし,1983年以降から2007年までの約24 年間の文献の検討を行った. ら、認知症あるいは高齢者のどちらの関わりにおいて も、相手の自尊心を尊重する関わりが非常に重要と なってくる。 認知症高齢者の自尊心や実習指導に関する先行研究 をみると、老年看護学実習に関するものと認知症高齢 者に関するものがあった。

150 0 obj <> endobj %PDF-1.6 %���� %PDF-1.6 %����

認知症高齢者とのコミュニケーション「バリデーション」 に関する研究動向 ̶文献レビューからの考察̶ 三田村 知子* Research Trends on “Validation,” a Technique for Communication with the Elderly with Dementia – Consideration From a Literature Review – Tomoko Mitamura 【研究ノート】 要 旨 �-)ܨ�A��ݪT��0Se�F���H-0�ظ��[|G9MO+��N���_t�}����Bݢ��I�%L���{�"8e$�~.k�i�-�TJ�v)��ME 6A9;@y�H� endobj 150 0 obj <> endobj 185 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<914B5F5F0874B049B420D983B7A35A81> q�nrhgp�e]x1�rX�"f�a��b|fͦ-�B{�цV�NQ�.

人間看護学研究 17:77-86(2019) 77 Human Nursing 研究ノート 急性期病棟における認知症高齢者看護に 関する文献検討 森本恵り子1),平田 弘美2) 1)滋賀県立 大 学院人間看護 研究科修士課程 2)滋賀県立大 学人間看護 部 <>stream の文献と地域保健領域の文献を収集し,軽度認知機能低 下または初期段階の認知症者に関する文献に絞り込ん だ。また,上記と同じデータベースを用いて同期間の文 献から,エンパワメントと地域看護を … 抱きかねない.先行研究においても,認知症高齢者に対 する看護学生のイメージは,やや否定的であったことが 人間看護学研究 18:41-48(2020) 41 Human Nursing 看護学生が認知症高齢者に抱く 困難に関する文献検討 松井 宏樹 滋賀県立大学人間看護学部 <>/ExtGState<>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]/Properties<>>>>>/TrimBox[0.0 0.0 515.906 728.504]/Type/Page/Parent 12 0 R>> 185 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<914B5F5F0874B049B420D983B7A35A81> %���� Ⅲ.研究方法 1.文献検索方法 医学中央雑誌(2017年3月17日検索実施)にて,2006年~2016年で①「認知症予防」「原著論文」「看護」 で検索した結果2件のヒットがあった.看護に限定すると文献が少なく,認知症予防の効果に関しての十 ��*z�/��^�u&�{Hr�8�����#�~=�l�L�l�d'�v�c�0"|���8 ǾKq�$���x����U"���Jn����m�#��"���å|���ګo��穌5��ٜ�v˰�Ǫ�p�G}:O*7~�3��~�s��›}c�6�]G*[4� 3 0 obj U08�Ae�w�*�y�ۋ�gK� �̭$�С�!��Q$��T���Dmb4#����aV�)����U�P���f7aԠ,U�M�=0 S���RF�J�E���wb���{)�l�� x2:�Q��I�K��=1[ 1 0 obj <>