薬屋のひとりごと 小説 4巻 ネタバレ
どうもまちまちです♪ 今回は、薬屋のひとりごと 8巻ネタバレと感想 そして無料で読めるか伝えたいと思います。 ちなみに、壬氏さんが焼きごての力業でどうするかきになってます! 薬屋のひとりごと8 途中で打ち切られたならまだしも、作者があえて選んだ悲しい結末で終わる少女漫画もたくさんあります。 1 小説5巻薬屋のひとりごとのあらすじ; 2 小説5巻薬屋のひとりごとの見どころ. 今回はそんな悲しい結末で終わるけど、読んだあと心がきゅんとしたり温かく[…]土地の権利をめぐる話し合いの場で、猫猫は農民に飲み比べの賭けを持ち掛ける。農民をあおってしまった猫猫は農民に殴られそうになるが、変装をした壬氏が猫猫を助けに入ります。普段とは違う声色を使って場を圧倒する壬氏、そんな壬氏にのって農民を刺激する猫猫、2人の息もあっていて心地の良い場面ですね。今まで、なかなか関係が進展しなかった猫猫と壬氏ですが、ようやく大きく進展しましたね。猫猫も、目をそらし続けていたであろう壬氏の気持ちを受け止め、正式ではないにせよ壬氏が猫猫に求婚したという形に。キスシーンはかなり緊迫した雰囲気で、ピンク色ではなかったですがそれがまた猫猫と壬氏らしい感じで迫力もありました。かなり艶っぽい描写で、ドキドキしてしまいますよ。小説薬屋のひとりごと5巻の見所を紹介しました。壬氏と猫猫の絡みはほのぼのもあり笑いもありドキドキもあり、素敵なシーンばかりで、壬氏の猫猫に対する振る舞いがだんだん吹っ切れてきているのも面白いところ。漫画化されるのが楽しみです。前の話を読まなくても話の流れはわかるように書かれているので、コミックス派の方が読んでも十分楽しむことができますよ!恋愛もの、バトルもの、推理もの、そんな数あるジャンルの中で最も人気の高い少女漫画のジャンルは恋愛ですよね。 大学生が「薬屋のひとりごと」についてひたすら語るブログですどうも、コニーです。注)この記事は『薬屋のひとりごと4巻』のネタバレを含んでいます。ネタバレを避けたい方はここで記事を読むのをお辞めください。猫猫についての詳しい記事はこちら壬氏についての詳しい記事はこちら階級は淑妃。 壬氏と容貌がよく似ている。 阿多妃についての詳しい記事はこちら里樹妃についての詳しい記事はこちら薬屋のひとりごと4巻には今回紹介した他にもたくさんの魅力的なキャラがいるのでぜひチェックしてくださいね!ヤブ医者に連れられて今朝見つかった水死体の調査にきた猫猫。服装から死んだのは後宮の侍女と推測します。調べた結果わかったのは、その侍女は纏足という足を木靴に合わせるように矯正する処置をしていたくらい。後日小蘭からその事件は自殺として処理されたことを聞きます。そしてなんとその侍女は柘榴級の下女で園遊会で里樹妃に毒を盛った犯人!次の日玉葉妃と里樹妃による珍しい上級妃同士のお茶会が開かれます。玉葉妃は以前園遊会で猫猫が作った蜂蜜を使ったお菓子を出すのですが、どうやら里樹妃は蜂蜜が食べれない様子。食べれないのが顔にめっちゃ出ちゃう里樹妃かわいい。他の記事でも書きましたが、玉葉妃という上級妃の前で陰口をいうってすごくないですか?気を利かせた猫猫と玉葉妃が生姜湯と取り替え、無事にお茶会は終了しました。その様子を聞いてきた壬氏。どうやらこのお茶会は壬氏が用意したものだそうです。早速柘榴宮の主人である阿多妃と侍女頭の風明が登場します。掃除をしていると何やら棚にずらっと並んだたくさんの壺を見つけます。他の侍女から風明の実家が養蜂をしているのだということを聞きます。蜂蜜に何か引っかかる猫猫。夜遅くまで働き疲れた猫猫は風明に自室についてくるように言われます。しかしその部屋で猫猫は先日なくなった下女のものと思われる靴を発見!しかし壬氏はすでに調べていた様子壬氏は猫猫を試したのでしょうか?壬氏はご褒美だと自分の指に蜂蜜を塗って猫猫に舐めるように迫ります。頑なに嫌がる猫猫はい。確かめたいことがあると里樹妃を訪れる猫猫猫猫は後宮での出来事を知ろうと宮廷の書庫の書類を読み漁ります。そしてなんとその乳幼児を阿多妃から取り出したのが猫猫の養父だったことが判明‼︎後宮に薬草がたくさん生えていたのも伏線だったんですね〜次の日猫猫は風明に話をしに訪れます。出産の時に皇后も同時に出産していたため後回しにされ結果として子宮を失ってしまったのです。そして猫猫は言葉を続けます体調の優れない阿多妃に代わって赤ん坊を世話していたのは風明です。本当の死因は風明が良かれと思って与えた普通の蜂蜜でした。そうして赤ん坊は死亡してしまいました。風明は自分の一番大切な人の一番大切なものを奪ってしまった罪悪感に苦しみながら17年間仕えてきたんです。それは動機を『阿多妃の淑妃の座を守るため』として自首すること。風明の処刑後塀の上で月を見る猫猫。次の日に後宮から出る阿多妃の語らいを猫猫は静かに聞くのでした。阿多妃が後宮を出る当日、本人の顔は堂々としていました。そこへ里樹妃が走って見送りにきます。両親から離れて暮らす里樹妃は阿多妃を母のようにしたっていました。さて、風明が処刑されたことでその実家と関わりがあるものが後宮をクビになることに!猫猫がいなくなり落ち込む壬氏。どうでしたか?風明が里樹妃を毒殺しようとしたことは許されないことだけど、その最初の原因が事故っていうのがなんとも言えない悲しさがありますよね。そして壬氏と猫猫のアンジャッシュ的すれ違いはほんと最高ですね笑このネタバレ記事を読んで興味を持っていただけたら、ぜひ薬屋のひとりごと4巻をお買い求めください!今回はこの辺で!ではでは!「4巻の次は5巻の内容も知りたい!!」 2.1 壬氏を寝かしつける猫猫(3話) 2.2 猫猫の「あーん」(6話) 2.3 猫猫壬氏に再び化粧する(9話) 2.4 壬氏、猫猫をかばう(9話) 2.5 壬氏と猫猫のキス(終話) 薬屋のひとりごとの小説版を読んでいたらとんでもない展開がきたので紹介したいと思います。 その内容とは 壬氏が猫猫にプロポーズした!! ついにきたかって感じですよね! オフラインのためランキングが表示できませんオフラインのためランキングが表示できません日向夏先生による小説「薬屋のひとりごと」は小説家になろうから生まれた人気小説で、2つの月刊誌でコミカライズされたことでも話題になりました。中国王朝の世界観と生き生きと展開するストーリーが人気の薬屋のひとりごとですが、小説5巻もワクワクとみどころの詰まった展開で、中でも注目のキスシーンは5巻の終話に登場。壬氏と猫猫の関係が前進することでも注目の小説「薬屋のひとりごと」5巻を感想も交えながら見どころを解説します。猫猫誘拐事件、壬氏の子昌一族討伐、玉葉妃の出産などてんこ盛りだった薬屋のひとりごと小説4巻。それに続く5巻は猫猫の花街の生活から始まります。子の一族の反乱もおさまり平和な日常が返ってきたかと思われた猫猫の日常でしたが、猫猫はやはり謎の事件や問題に巻き込まれることになり物語は動き続ける。毒菓子事件、蝗害の問題、紙の村の所有権の問題、それらに猫猫はどのようにかかわっていくのか?相変わらず目まぐるしく展開するストーリーから目が離せない5巻。今回はそんな5巻の見所を、猫猫と壬氏の絡みに注目して解説します。蝗害の問題を解決できるかもしれないと壬氏に相談を持ち掛けた猫猫だったが、壬氏は何やら疲れた様子。猫猫はこのままほおっておくと倒れると懸念し、緑青館で休んで行ってもらうことに。緑青館のサービスを提案するも壬氏にすべて断られてしまい、代わりに猫猫は壬氏に子守唄を歌う。寝て言ってはどうかと提案する猫猫に「1人では寝れない」と返す壬氏、部屋から出ていこうとする猫猫に「子守唄を歌ってくれ」と頼む壬氏、そんな壬氏に付き合う猫猫、住む場所も立場も以前より遠くなっても心の距離は近くなってきていると感じるやり取りはにやにやせずには読めません。壬氏を寝かしつけた猫猫の挿絵も入っていて、それもまた素敵でした。現実ではなかなか経験できない三角関係。 そんな三角関係を繊細に描けるのが少女漫画の魅力の一つ。そこで今回は切ない三角関係を描いた少女漫画をいくつかご紹介します。あなたならどの男性を選びますか? 薬屋のひとりごと 小説7,8巻の感想と相関図 日向夏先生のブログにある「 薬屋8巻までの設定 」を参考にしながら読むと、更に想像が膨らむかと思います。 薬屋のひとりごと(日向夏)小説の感想 1〜4巻 2011年、小説投稿サイト「小説家になろう」でweb小説としてスタートした「薬屋のひとりごと」 その後、web版と並行し文庫版が刊行。