聖書 動物 天国

All rights reserved.

LINEで聖書の質問にお答えします!祈りとシェアでのサポートをどうぞよろしくお願いします。ペットって、天国行けるの? 頭を悩ませる人も多いのではないだろうか。答えは、ズバリ!!です。聖書にはっきりとは、書かれていないのでこの問題について断言することはできないのです。ただ、もう少し考えていきましょうか! まず、誰に向けて書かれたものなのか。これらのことを書いたのは、あなたがたがイエスは神の子キリストであると信じるためであり、また、そう信じて、イエスの名によって命を得るためである。(ヨハネ20:31)ヨハネは聖書を書いた理由は、「私たち」がイエス様を信じるためですよーと書いています。ということは、聖書は私たち「人間」に向けたメッセージなのです。では、聖書は何について書いたものなのでしょうか。あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについてあかしをするものである。(ヨハネ5:39)ここで聖書はイエス様について書かれていることがわかります。つまり、私たち自身に関わることと私たちの救い主イエス様に関わることが聖書のメインテーマなのです。 あなたは神の深い事を窮めることができるか。全能者の限界を窮めることができるか。それは天よりも高い、あなたは何をなしうるか。それは陰府よりも深い、あなたは何を知りうるか。ヨブ11:7-9私たちは神様の全てを知ることはできません。私たちには神様のなさることの全てを理解することができないからです。つまり、聖書はこう考えると、私たちの救いについて詳しく書いてあっても、ペットの救いについては詳しく書かれていないのも納得ですね。神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。それでもなお、人は神のなされるわざを初めから終りまで見きわめることはできない。 (伝道の書(コヘレト)3:11)神様は人にさらに神様は人をここから、明らかに神様は人間と動物を区別されていることがわかります。 ある人たちはここを根拠に動物は天国に行けないとしています。しかし、そのように断言することは難しいでしょう。  自由意志や良心、物心がまだついていない赤ちゃんも救われるとしたら、動物も救われる可能性が全くないとは言い切れないようにも感じます。人と動物が同じなのか、という疑問は確かに残りはしますが。。  では、動物は死ぬとどのような状態になるのでしょうか。すなわち鼻に主なる神は土のちりで人を造り、ここでは動物も人と同じもので出来ていることがわかります。ということは、動物の死も人と同じ可能性もあるわけです。  しかし、人は確かに神様によって特別な存在として創造されました(創世記1:27)。つまり、人と動物とでは明らかに異なるところもあるわけです。そのため、イエス様の血によって人間は救われますと聖書から断言できても、動物も救われますと断言することもできるのかは疑問です。ところで、そもそも天国に動物はいるのでしょうか。おおかみと小羊とは共に食らい、ししは牛のようにわらを食らい、へびはちりを食物とする。彼らはわが聖なる山のどこでもそこなうことなく、やぶることはない」と主は言われる。(イザヤ65:25) 天国には、確かに動物がいます。ライオンがベジタリアンになってはいますが(笑) わからないことは多いですが、確実に言えることは天国には二羽のすずめは一アサリオンで売られているではないか。しかもあなたがたの父の許しがなければ、その一羽も地に落ちることはない。(マタイ10:29)神様は1羽のすずめさえも気にかけておられるのです! 忘れないでください。あなたが愛したかけがえのない存在を失った時、神様も同じ涙を流されていたのです。聖書の約束はあなたの涙が拭われる時がくるという約束なのです!また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、『見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、 人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである』。黙示録21:3,4  

***最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。LINEで聖書の質問にお答えします!祈りとシェアでのサポートをどうぞよろしくお願いします。さらにLINEで聖書の質問にお答えします!いつでも伝道! どこでも伝道!! 伝道は楽しい!!! をモットーに活動をしています祈りとシェアでのサポートをどうぞよろしくお願いします。 「わたしは、もうひとりの御使が中空を飛ぶのを見た。彼は地に住む者、すなわち、あらゆる国民、部族、国語、民族に宣べ伝えるために、永遠の福音をたずさえてき」た 黙示録14:7wave-from-otakiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか? ペットって、天国行けるの? 頭を悩ませる人も多いのではないだろうか。 答えは、ズバリ!! わからない。。(すみません・・・) です。聖書にはっきりとは、書かれていないのでこの問題について断言することはできないのです。ただ、もう少し考えていきましょうか! 聖書には、天国に関する描写は、あまり多くないが、さらに詳しく知りたい方のために、 天国を体験した人の証 を紹介する 。クリスチャンに与えられている祝福と希望がどのようなものなのか、明確に理解することができるので、大変お勧めである。 天国にいた動物たち_動物・ペットの死後_反論しようとする人が多くいるはずであることを私は承知していますが、おわかりのように、私は全く気にしません。私は自分が見た通りのことを述べているのです。一頭のヒヒが、一羽の鶏に話しかけており、笑ってもいました。 ある方から「クリスチャンが行く天国とはどんな所ですか?」と聞かれたことがありますが、聖書にはどのように書いてあるのか、見てみましょう。ヨハネの黙示録21章と22章に天国の様子が書かれてありますから、その箇所を開いてご覧になってください。 © Copyright 2020 ファミリー・インターナショナル. 聖書の黙示録には、天国は、高さ・長さ・幅がいずれも2400キロの巨大な黄金の都だとあります! (黙示録21章16節参照) それは、アメリカの半分、あるいはほぼ西ヨーロッパ全体をおおうに足る大きさで、宇宙に向けて2400キロという高さでそびえています!

聖書を学んで驚くことの一つは、天国についての教えは少ないということです。 そして天国に住むのは一時的であり、神様のご計画は私たちが地上の「神の国」において主イエス・キリストと共に住むことが最大の祝福として約束されているのです。 Powered by 引用をストックしました引用するにはまずログインしてください引用をストックできませんでした。再度お試しください限定公開記事のため引用できません。