私 旦那をシェアしてた 最終回 再放送
シェアハウスでは子供たちがマンゴーダンスを踊り、ホームパーティーの準備が進んでいる。子供のことなんかわかるわけないのに。という塚本(渡辺真起子)に、子供いたの?と晴美。塚本刑事(渡辺真起子)がやってきて、殺人未遂、保護責任者遺棄罪の容疑で逮捕するという。恭平ほどのお坊ちゃんなら過去に指輪を女性にあげたことあるでしょうに。。恭平がわたしに託した役割がわかった。あなたを支えるのが私の役割。私が力になる。その現実を受け入れるしかないのよ。真実の愛なんてわかる人いない。そうでしょ。秀明(赤楚衛二)に面会し、帰ってくる場所はある、早く帰ってきて、という晴美と加奈子。そして塚本刑事はやはりもうひとりのシェア妻でした!これは納得。私たちはいまも彼が大好きです。でも、卒業しなくてはいけません。加奈子も口を開く。私には無理。たしかに一番心が強い女性って言葉が似合うのはあなた。旦那をシェアしたシングルマザーたちの遺産争い、というストーリーでしたが、序盤からシンママたちは意気投合し始め、すっかり同志に。どうして頼ってくれなかったの? 私に何か言い残してくれていたら。こんな難しい状況にはならなかった。私たちをさんざん課題で苦しめたのに、自分はやらないとかないですよね、と加奈子。恭平は、いちばん、心の強い女性に。その指輪を受け取った人間はいちばん不幸になると言っていた。途中のサスペンスは何だったのっていうか、指輪も結局誰のかわからないし。何となくモヤる。では、最後に、みなさん、これからの時代いろんなものをシェアしましょう。ありがとうございました。と締める。晴美は最後に、恭平へのお別れとお礼を述べる。加奈子、茜、文江も別れを告げる。文江(夏木マリ)は粘ったものの、ちょっとみんないい人過ぎませんか?今は、慎吾くんのこと考えませんか? 森?林??を囲んで集合写真♪ 深夜0:29~放送のドラマ最終回も、そのあとHuluで配信の7年後の物語も、驚きの展開が詰まってます お見逃しなく‼ (笑)。いちばん卒業しなくてはいけないのは恭平をいちばん愛しているお母さんです。そうよね。あんなしっかりした、女性と子供たちに愛されていたんだから、幸せね。あぁ、よかった。嬉しくないなら、それが答え。秀明は恭平がどうして晴美を選んだかわかるという。夫がどんな仕事をしていたのか、どんな暮らしをしていたが、よく知りませんでした。たしかに文江、晴美、加奈子、茜、それぞれいろいろな母親像の象徴だと考えれば、“いい話”なのかもしれません。それはお母さんが大事にしてくれたからだと晴美は恭平に言ったのだった。ちょっとモヤるけど、3か月間、楽しませていただきました。ありがとうございます!遺産は慎吾くんの治療に使いましょう。首を振り部屋を出て行く文江。選ばれても全然うれしくない、と秀明(赤楚衛二)に面会する晴美はぼやく。こんな変わった家族ですが、これからも天谷家をよろしくお願いします。塚本(渡辺真起子)が文江(夏木マリ)にいう。全部こうなるって仕向けたなら、あなたの息子は相当な策略家ですよ。明日のことは誰にもわかりません。でも恭平は現実を見ろと言ってる気がするから、今を選びます。晴美は加奈子(りょう)を呼び出す。そこは恭平が殺された現場だった。指輪は晴美(小池栄子)のものだという。こんな私に味方してくれたいちばん心の強い人間は晴美しかいない。キャー!ごめんなさい、それは私のサイズ。と喜ぶ加奈子だが、加奈子の指にも入らない。どんでん返しのどんでん返し。最後には母親に、って私のね、と文江もトライするがやはり入らなす。【わたし旦那をシェアしてた】10話の視聴率はわかり次第お知らせします。慎香がつけてみると入った。沙紀がこれ、慎香にあげたら?というが、晴美は棺に入れる。でもいいことも悪いこともシェアしていけばやっていけると思います。途中、殺人鬼サイコパスな森(黒木啓司)と秀明(赤楚衛二)の過去の事件がシンママと家族を渦中に巻き込み、ダークなサスペンスドラマに。自分が死ねば事実婚をしていた女性は争いになる。それを回避する方法はひとつ。彼女たちがいちばん大切にしている子供のことで手を組ませること。 加奈子さんは認めることができず、自分の中で葛藤しながら、晴美さんの話を聞いて納得し文江さんに話すと、文江さんはその答えに納得しなかった。これまで恭平くんが嘘をついた理由を探していき、一つ一つ解いていくなかで、親の気持ちや子供の気持ちや考え方が見え隠れして考えさせられる場面がいくつもありました。いいことも悪いこともシェアしていくことはとてもいい言葉だと思いました。まず、始めにドラマ『わたし旦那をシェアしてた』の見逃し動画配信予想をご紹介します。藤宮茜の息子しんごが重い心臓病だと分かり、一刻の予断も許さない状況なところからドラマは始まる。誰が何のために恭平くんを殺害しようとしたのか、このシェアハウスの本当の意味を知れるのが楽しみです。お花と一緒に指輪も棺の中に入れようとする晴美は、最後に指輪をはめたらと言われ、はめたらサイズが合わず、加奈子や文江もはめるが合わなかった。そこで茜は恭平が指輪を渡そうとしてた相手がはるみだったと告げる。当日葬儀場に現れた文江に、これは私たちからの課題だと言い、逃げられないように仕向けるのだった。その後加奈子と口論になったものの和睦の末、恭平の葬儀を行うことを決意した。そのことを知られていない文江は戸惑うも、課題という名目で恭平と惜別するよう晴美は言い渡した。恭平の遺産である指輪の所有者は結局はだれのものかわからないものの晴美・加奈子・文江達は仲良くなり数ヵ月後に罪を許された、松田と茜も従来通り仲良く生活していた。誰かの為に自分を犠牲にすること、自分のことだけではなく他人の気持ちを考えて行動すること、当たり前にやっているつもりのことができていなかったなと反省しました。恭平は誰に指輪を渡そうとしていたのかが、一番の見どころだと思うので、すごく楽しみにしています。恭平が死んで、しんごくんまで危険な状態になるなんてあかねちゃんの気持ちを考えるとつらすぎます。慎吾の心臓移植には三億円が必要だと知り、茜、晴美、加奈子は恭平が残した三億円を使わせて欲しいと文江に掛け合うが文江はダメだと言う。何とも言えない不思議な10回分ドラマと10の嘘というドラマの回数とリンクさせリスナーの好奇心をあおらせるこの作品は総合的にみてうやむやな点もあったもの帰ってその点が恭平らしいストーリーとなっており非常にミステリアスながらにも楽しめる内容となっていました。納得のいかない加奈子に、晴美は一番愛されていたから選ばれた訳ではないと説明し、2人は無事に和解したのだった。お葬式をすることによって、心の整理がついた文江も茜のことを許すことが出来たのだった。彼女は取調べで、恭平(平山浩行)が指輪を渡そうとしていた相手は晴美(小池栄子)だと証言する。加奈子に「(茜のしたことも)すべてを受け入れることが出来るから選ばれただけ」と話す晴美もまた辛そうで可哀想だった。加奈子さんと晴美さんがこのシェアハウスから飛び立って、これからどんな人生を歩んでいくのか気になるし、シェアハウスをしたことで彼女たちが恭平くんの最後の思いを知ることが出来ると思うと、恭平くんが残した最後の言葉がなんなのか気になります。指輪への贈り物は一番心の強い女性の晴美であり、晴美なら心の弱い茜を助けてくれると思っていたはずです。「恭平から選ばれても、まったくうれしくない」と苦しい胸の内を秀明に明かす晴美。そしてそんなほのぼのとした生活に予想外な恭平の最後の嘘が明らかとなったのであった。自分が死ぬことによって、こうなるということを本当に計算していて、なるべくしてこのようになったとしたなら恭平という男は本当に凄い人だな~と思います。恭平が指輪を贈りたかった名前を茜から聞くことになり、加奈子は自分が選べられなかったことを不服に思い、納得ができない。晴美は秀明の言葉を聞いて考えた末に、恭平がなぜ自分に指輪を渡すつもりだったのか、ある結論を導き出す。文枝は3人のうちの誰でもきっと気に入らないのだと思いますが、茜の弱さが引き金になって始まった事件をどうまとめるのか…展開がわかりやすいようで難しいドラマですね。しかし、それは晴美なら全てを受け入れて許すことが出来るから、という理由からだった。晴美は加奈子に、自分が“妻”として恭平に選ばれた理由を語る――。傷害罪などの罪で塀の中で恭平の事実を語り、今宵の騒動に巻き込まれた晴美と加奈子、そして子供のために踊らされた文江の恭平という男が己の生命をかけてまで行ったこの大事件はいったいなにが目的であったのかそして、恭平が隠していた最後の嘘とは一体何なのか今宵のエピソードとセットで視聴しすべての真実を解明し幕を閉じてほしいです。旦那の考えをシェアしてという言葉はとても心に突き刺さりました。そして、みんなのことも信頼していたからこそ託せたんだなと思いました。残された3億円によって慎吾の手術も無事に終わり、元気になってくれて本当に良かったと思います。加奈子もある意味強い女性だと思いますが、何が起こっても相手の気持ちを先に考えられる晴美が強い女性なんじゃないかなと思います。別れを告げ前に進むとても辛いことだが生きていく上で避けては通れない姿を見ることができました。「誰を一番愛していたのかなんて分からないのよ」と加奈子に話すところ、晴美は恭平の気持ちを受け入れながらも残念で仕方ないというのが、とても出ていて感情移入してしまいました!子供たちのことは私たちで何とかするから、と晴美は茜に言うと、振り返った茜は「指輪は晴美さん、貴方のものです。その後、塚本に洗いざらい吐くように言われた茜は恭平が残した言葉を話し出すのだった。もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!シングシングハウスでこれからも暮らしていくのか、出て行くのか、みんながどうなるのか、最終回がとても楽しみです。晴美は文江(夏木マリ)から、“加奈子を納得させる”という最後の課題を与えられる。結局、恭平が誰を一番愛していたのかということは分からないまま終わってしまいましたが、きっと順位なんか最初からなかったのだと思います。DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』最終回(第10話)の見どころや期待度をご紹介いたします。そして、まだ色々納得の出来てない文江の為に、2人は恭平のお葬式をすることを提案する。しかし、劇中でやたら印象的だった謎の踊りマンゴーダンスとこの作品の接点が未だに謎であり、普段のイメージから連想できない文江が完全ラーニングしているシーンは子供でなくても笑ってしまうかと思います。茜がネットに書き込んだ犯人だったと知った晴美と加奈子がどうするのか気になります。はるみさんは、どんなときもまえむきで明るくて、恭平さんににているのでないかなとおもいます。内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。この3億は心臓疾患をもった慎吾への心臓移植の費用であると確信する。文江も文句を言いながらも孫を可愛がっており、楽しそうにしていたので安心しました!恭平と関係のある人たちの前で恭平の本当の姿を伝え恭平とちゃんと別れを告げ前に進むことを文江に課題として突きつける。「選ばれたのに全く嬉しくない。辛いだけ。」と呟く晴美に、刑務所に入っている秀明が「嬉しくないならそれが答えじゃないですか?」と話しかけたところ、秀明の切ない感じが表情から伝わってきて、グッときました。りょうさんの笑いも込めた普段見れないシーンが見れておもしろかったです。夫と妻の関係だけでなく、親子の関係や、家族の力をテーマとしていたことはこのラストの10話でようやく気づかされました。茜に殺人容疑がかけられ、恭平の遺産である指輪の所有者は晴美だといいはなち去っていった。『わたし旦那をシェアしてた』放送終了から1週間以内はTverなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。最後には茜も出所し、しんごの手術も無事終わり、まさかの警官までシングルマザーということで新たなシェアハウス生活が始まっていった。母親の強さと弱さ、女性の強さと弱さ、例え血の繋がっていない家族でさえも団結力がどんな困難も乗り越えられることを教えてもらったような気がします。親に話したら反対されるから一人で事件に立ち向かった恭平くんの残りの人生は幸せだったのかと言われたら、三人の女性と過ごしたことで彼は事件に立ち向かう事ができたと思うと、幸せだったんじゃないのかなと思いました。それぞれの妻たちの特徴はどれかが自分に当てはまるような気がして、女性の多くは共感できる部分があったように感じました。そして恭平が誰に指輪を渡そうとしていたのか…一番強い女性という恭平の言葉がありましたが、今までの流れを見ていたらいつも前向きで明るい晴美じゃないかなと単純に考えてしまいます。二人は文江さんの心を救うために、恭平くんのお別れ会を開き、晴美さんはみんなの前で自分の思いを語り、文江さんに投げ掛け、文江さんも恭平くんへの思いを語った。恭平の残した3億円でしんごの手術を海外でしたいと妻たち3人は恭平の母親ふみえに懇願するも断られていた。わたしの予想は、指輪をわたすあいては、やっぱりはるみさんかなとおもいます。DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『わたし旦那をシェアしてた』最終回(第10話)のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。茜は、警察に連れて行かれる間際に恭平が指輪を渡したかったのは、一番心の強い女性に指輪を渡すと打っていたので晴美に渡そうとしていたと告げる。晴美はその後、恭平からの卒業をするべきだと考え文江に内緒で恭平の葬儀を執り行うことを決める。茜のことを許そうと決めた二人ですが、恭平が殺されるきっかけを作った茜に対してどう思うのか、本音が気になります。2019年9月5日(木)放送のドラマ『わたし旦那をシェアしてた』最終回(第10話)のあらすじを紹介します。また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。茜さんが恭平くんから渡された指輪の持ち主は、強い女性だと言い残して、茜さんが自分よりも人の弱いところに寄り添ってそばで支えてくれる晴美さんが恭平くんが最も愛した女性だと言うことを話、文江さんが晴美さんに最後の課題を出した。しんごの手術を受けるため、晴美たちは茜の釈放を待ちわび、茜が帰ってきて、文江に飛行機代をはらうと言っていつものようなみんなに戻り、新しく刑事がシェアハウスの仲間入りした。帰れる場所がある、待ってくれている人がいるっていいなと思いました。納得いかないかなこではあったがはるみの考えを聞き、恭平の葬式やしんごの手術などを通して恭平がそれぞれの妻たちに家族を残してくれたことを再確認する。まさかの塚本刑事が子供を連れてきて一緒に住むというところで終わりました。非常にミステリアスながらにもどこか笑いを入れたりラブストーリーを入れたりとしたこの異色ドラマは印象的な作品の一つといるでしょう。夏ドラマの情報を以下の記事にまとめましたので、是非ご覧ください。放送前は『わたし旦那をシェアしてた』最終回(第10話)のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。恭平は茜に「一番心の強い女性に指輪を渡す」という言葉と「この指輪を受け取る人間は、一番不幸になる人間だ」という謎のメッセージを言い残していた。こんな風に、三人の女性を愛して、子供たちと出会えたことが彼の人生を輝かしてくれたのかと思うと愛することの大切さも知れて、恭平くんから沢山の事を学べて楽しかったです。お願いだから、しんごくんをたすけてあげてほしいです。次回が、最終回になるなんて。秀明は「恭平さんがどうして、あなたを選んだのかが分かる」と言い、さらに「それは、あなたにとってつらい現実かもしれない」と告げる。晴美と加奈子は恭平の殺害現場に行って、晴美はこれまでのいきさつを話していく。