看護研究 テーマ 例 循環器

座長:三浦英恵(日本赤十字看護大学) 「成人先天性心疾患患者への看護の検討~年代によるセルフケア行動から必要な看護を考える~」豊沢真代 1)、松浦友美 1)、太田百絵 1)、山口千夏 1)、新原亮史 1)、山﨑啓子 2)、樗木晶子 3)1) 九州大学病院、2) 宇部フロンティア大学人間健康学部、3) 九州大学大学院医学研究院 「離島に住む経皮的冠動脈形成術後患者の退院後の健康管理」森山航 1)、土井美弓1) 松江赤十字病院 ★「心不全終末期患者へのエンドオブライフケアの明確化(第1報):ケア移行に関する看護師の判断内容」坂本明子千葉県立保健医療大学健康科学部 「看護師による携帯型エコーを使用した下大静脈径測定の教育プログラム評価」小川朱音 1)、大野大貴 2)、田村幸恵 3)、木森佳子 3)1) 独立行政法人国立病院機構富山病院、2) 公立穴水総合病院、3) 石川県立看護大学 ★最優秀演題 ★当病棟における心不全患者退院支援システムの効果と検討広島市立安佐市民病院 看護部 山崎 優介 座長:寺町 優子 東京女子医科大学看護学部名誉教授 局所麻酔薬注入時の疼痛緩和への取り組み ー橈骨動脈アプローチの心臓カテーテルを通してー河合 文之、浅野めぐみ、加藤小代子、大築 理和、篠田 耕造岐阜ハートセンター★当病棟における心不全患者退院支援システムの効果と検討山崎 優介、斜森亜沙子、木村 和志、近森さつき広島市立安佐市民病院看護部高齢心不全患者の訪問看護における看護師の困難感の影響要因田嶋ひろみ1)、佐々木真弓1)、飯塚 裕美2)1)亀田訪問看護センター 2)亀田総合病院看護部慢性心不全患者と共に生きる家族の体験~心理的プロセスに焦点をあてて~久保 絹1)、長谷川真依1)、松尾 舞1)、井上 美咲1)、堂本 知子1)、松本 修一2)1)滋賀県立成人病センター看護部循環器内科・心臓血管外科病棟2)滋賀県立成人病センター看護部救急特殊病棟座長 吉田俊子(宮城大学大学院看護学研究科) 01-1 認知症を合併する高齢慢性心不全療養者の心不全の悪化予防に向けて介護老人福祉施設において実施されている疾病管理の実態○大津 美香弘前大学大学院 保健学研究科 O1-2 循環器領域で終末期ケアに携わる看護師のケア困難感の認識と影響要因の検討○立野 淳子平成紫川会小倉記念病院O1-3 肺動脈性肺高血圧症患者の身体活動における日常生活の再構築プロセス○瀧田 結香、中島恵美子杏林大学 保健学部 看護学科 O1-4 慢性心不全(CHF)患者の身体に対する理解とセルフモニタリングの特徴○黒田 裕美、山口 智美長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 保健学専攻 最優秀演題審査会 座長:眞嶋 朋子 千葉大学大学院 看護学研究科○太田 敏治財団法人平成紫川会 小倉記念病院 看護部 心臓カテーテル室 ○北村 幸恵1)、青木きよ子2)、高谷真由美2)1)順天堂大学医学部附属浦安病院 2)順天堂大学 医療看護学部 ○加藤 尚子1)、辻 孝子2)、三浦稚郁子2)1)東京大学大学院 医学系研究科 2)榊原記念病院 ○松岡 志帆1)、眞茅みゆき2)、加藤 尚子3)、小泉 雅子4)、池亀 俊美5)1)東京女子医科大学 看護学部、 2)北里大学 看護学部、 3)東京大学 医学部循環器内科、4)東京女子医科大学病院、5)聖路加国際病院座長:長家 智子 九州大学大学院 医学研究院○三浦 英恵1)、井上 智子2)1)日本赤十字看護大学2)東京医科歯科大学大学院 保健衛生学研究科 ○舘山 光子、雉子谷知子北海道医療大学 看護福祉学部看護学科○佐佐木智絵近大姫路大学 看護学部 ○大津 美香1)、森山美知子2)1)弘前大学大学院 保健学研究科2)広島大学大学院 保健学研究科 -一般病棟勤務の看護師との比較-○小泉 雅子1)、眞茅みゆき2)、松岡 志帆3)、山内 典子1)1)東京女子医科大学病院 看護部 2)北海道大学大学院 医学研究科3)東京女子医科大学 看護学部【第7回学術集会 2011年11月】(大会長 山田佐登美 尾道市立市民病院 尾道)         座長:眞茅みゆき(北里大学看護学部)今回は下記4演題に対し、努力賞が授与されました。1 先天性心疾患を持った子どもの父親の療育行動における現状吉田絵理、福田あゆ美、佐藤知子埼玉県立小児医療センター 循環器病棟 2 心臓血管外科術後患者におけるせん妄予防のための看護ケアバンドル導入による効果中島大佑、林明香医療法人 澄心会 岐阜ハートセンター 3 循環器疾患でCCUへ緊急入室となった患者の現状認知と背景との関連性渋谷光、坪井沙織国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院 寺崎経子、福島佳織国立循環器病研究センター 座長:籏持知恵子(大阪府立大学) ★訪問看護師によるStage Cの心不全増悪ハイリスク療養者に対する疾病管理に関連した看護実践小山裕美 あすか山訪問看護ステーション 肺高血圧ケア外来の初回診察における相談内容の現状調査 桑嶋愛、川瀬千尋、阪部弘和、 福井智子国立循環器病研究センター 看護部 循環器病棟看護師の急変時対応での困難や阻害要因および促進要因1)澤田晴輝、2)高見澤恵美子、3)山田聡子1)北播磨総合医療センター、2)関西国際大学看護研究科、3)医療法人愛心会東宝塚さとう病院 ★最優秀演題 座長:瀬戸奈津子(関西医科大学) ★カテーテル・アブレーション治療を受けた患者の体験:心房細動患者の語りに着目して山田緑1), 佐藤尚美2), 今井宏美2), 藤野紀之2)1) 東邦大学 看護学部, 2) 東邦大学医療センター大森病院 後期高齢者が経カテーテル的大動脈弁置換術を受けるにあたっての意思決定に関わる要因高羽沙也乃, 菅谷友衣子, 佐久間莉花旭川医科大学病院 看護部 9階西ナースステーション 看護介入モデルを用いて作成した個別禁煙支援プログラムの効果の検証戸沢智也1), 松下由美子2), 籏持知恵子3)1) 獨協大学 看護学部, 2) 佐久大学 看護学部, 3)大阪府立大学大学院 看護学研究科 心不全患者・家族とのアドバンス・ケア・プランニングに関する医師・看護師の認識徳永友里1), 落合亮太1), 三條真紀子1), 眞茅みゆき2), 渡部節子1)1) 横浜市立大学 医学部 看護学科 成人看護学, 2)北里大学 看護学部 看護システム学 ★最優秀演題
*はじめに 看護師の皆さん、そして看護学生さん、はじめまして。 私は循環器病棟勤務の看護師です。今回は、『卒論』についてお話をさせていただきます。 そう思ったきっかけは、『卒論』はとても重要 …
2012年12月24日月2012年12月24日月2012年12月24日月2012年12月24日月