環状線 一周 切符

また、通常の最長片道切符では出来ないが、本州内最長片道切符や、九州内最長片道切符は連絡運輸を締結している事業者を使用することが出来る。この場合連絡運輸締結事業者を使用出来るのは2社までとなるが大多数の場合は1社のみしか適用できない。 大阪環状線って1周するようの切符って無いんですかね?大阪駅から1周して大阪駅とかできないんでしょうか…。18きっぷとか、関西のjrフリーきっぷ等の乗り降り自由なきっぷで回るのが一番確実じゃない?高いけど。#8さんのやり方が一 従来どおり幹在同一路線として扱うためには、前述した旅規第68条第4項第1号および第2号(環状線一周、折り返しによる打ち切り)で十分だった。しかし、このとき第3号として次の規定が加えられ、問題が複雑になった。 前述の葛西隆也のケースでは、「小倉(新幹線)博多(鹿児島線)吉塚(篠栗線・香椎線)香椎(鹿児島線)西小倉(日豊線)」という経路による片道乗車券が発売された。博多で新幹線と在来線を「博多駅で直接乗り継いでいない=博多~吉塚間は分岐点通過列車に対する区間外乗車である」とみなされたようである。しかし、この区間を葛西の伴走者は、「博多駅での直接乗り継ぎであり、乗継駅(博多駅)でキロ数の通算を打ち切る」という解釈がなされたようで、その乗車経路が葛西の最長片道切符の経路内だったにもかかわらず、片道乗車券として発券されず、このほか、横須賀線・湘南新宿ライン系統の列車が利用する、品川駅~よって、実際にテレビでも放送された川崎駅 - (なお、また、整備新幹線の開業による在来線の第三セクターへの移管や路線自体の廃止などで、NHK「列島縦断 鉄道12000キロの旅 ~最長片道切符でゆく42日~」放送時とは大きくルートが異なる。 << 次の記事前の記事 >>You can read the machine translated English article 現在JR各社間で統一されていない旅規の解釈上の問題があり、これによってJRの最長片道切符の経路と総延長距離が大きく変わる。

最長片道切符(さいちょうかたみちきっぷ)とは、一般に日本のjr(旧国鉄)の路線で北海道から九州まで経路が途中で重複しない発駅から着駅までの距離が最も長い経路を持つ片道乗車券の呼称 。.



なお、厳密な意味での最長片道切符旅行は、紀行作家のこの際に宮脇は、当時著作内には、発券時のペン書きによる膨大な経由地表記に加え、旅程での途中下車印多数押印で判読が難しいまでの状態となった最長片道切符の実物写真も掲載されている(運賃計算は正しかったが、ペン書きの経路からは『最長片道切符の旅』では、宮脇が乗車券作成依頼のため当時の竹下町駅(自動車線鉄道趣味誌『この旅行が実施された当時、自動車線に跨る乗車券の有効日数はプラス数日と定められていたが、これは鉄道線による経路に一つの自動車線を組み込む事を想定したものであり、複数の自動車線を組み込んだ場合に乗車券の有効日数に関する取り決めは無かった。この件は国鉄全体を巻き込む議論となり、最終的にこの旅行では、自動車線1路線あたり1日を加算する運用規則が通達で定められた。これは自動車線を何度組み込んでも鉄道線の有効期限に対する加算日数を1日とした場合、順調に経路を進んだとしても有効期間内にこの旅行を終了できるかどうか疑問種村のこの旅行以外で自動車線を含む一筆書き旅行が行われたことはないため、このとき種村が使用した片道切符は名実共に史上に残る日本一最長の片道切符である。自動車線の廃止が相次いだことや、自動車線が分離され子会社となったことにより、連絡運輸廃止または連絡運輸は1回に限るという規則になった現在では、この切符による旅行を上回る旅行自体ができないため、この記録は将来にわたって破られることはない可能性が高い。 その起源には、国鉄(現JR)の運賃制度のなお、JRグループのしたがって、JRグループにおける「最長片道切符」は、

という2つの条件を満たす任意の駅間・経路に対して発売される片道乗車券のうち、発駅から着駅までの距離が最も長いものを指す。「距離」として営業キロを採用するか運賃計算キロを採用するかは意見が分かれており、このどちらを採用するのかによって経路が変わることがある。 1970年代中期以降は、光畑茂が手計算により最長片道ルートを探索し続け、種村直樹の著書などを介して定期的に改訂内容が公表されていたことから、愛好者の間で広く利用された。宮脇俊三も『最長片道切符の旅』の中で、自力でも手探りで経路を確定させようとする様子を綴っているが、最終的には光畑ルートを利用することになった。この光畑ルートは近年の研究で、間違いない最長片道ルートだったことが数学的に証明されている1980年代以降は、数的解析の一例として、2000年当時コンピュータを利用した経路の探索は、近年のコンピュータのスペック向上により、年々容易になっている(計算時間の短縮や、簡易な手法でも結果を容易に得られる、等)。
大阪中心部をぐるっと一周して市民の足を支えている大阪環状線では、2015年3月22日から全19駅にそれぞれ独自の発車メロディを導入しています。

国鉄・JRの最長片道切符による旅行は、日本国内の鉄道網を極限まで活用することから、究極の知られている限り最初に国鉄の最長片道切符旅行を試みたのは、国鉄でもこの切符を発行してよいかが本社レベルで話し合われ、検討会が何度も行われたと言われている。前例のない乗車券だったことが伺える。


GIGAZINE シークレットクラブ

しかし、実際の旅行距離は、日本最長であることは間違いないが、種村の仕事の都合や乗り間違い、発売後に多数の自動車線が廃止されたことから発売距離よりもかなり短くなっている。また、ルート作成段階で、一大盲腸線状態のなお、これには上記順路のメインルートのほか、伊藤は途中台風の被害で東京大学旅行研究会が最長片道切符旅行を試みた1961年以降、国鉄・JRの路線網には、路線の開業および廃止が相次ぎ、最長片道切符の経路および総延長距離も刻々変化することになった。1960年代 - 1970年代には、最長片道切符の総延長距離がピークに達したのは、1982年6月23日の1981年3月の古い時代に行われた最長片道切符旅行の行程は、手計算で立案したルート構成を総当たり的に検討した結果得られたものであり、実際の算出作業は非常な困難を極めた。 昨今ではかなり縮小されたものの、かつてJRの乗車券制度では多くの最長片道切符の旅ではあまり検討されず、また、現在では全ての旅客鉄道会社が旅客自動車運送事業を分離し、子会社化しているので、鉄道とは日本国有鉄道時代にはこちらも最長片道切符の旅ではあまり検討されないが、JRと全国数箇所の第三セクター鉄道はJR線全線全駅との通過連絡運輸を締結している。このためJRのみの最長ルートよりも長い距離での旅行が可能である。ただし、通過連絡運輸を適用可能とする場合は2社以上通過しても良いかの見解はJR各社で別れる。一周型最長片道切符の場合は発着駅限定の通過連絡運輸があるので経路特定区間の影響を受けるルートで購入したほうが現在は長くなる。 この条項は、1996年1月改訂で幹在同一線扱いだった小倉・博多間が別線扱いとなったため、それ以前から存在していた西小倉・小倉間及び吉塚・博多間の「分岐点通過列車に対する区間外乗車の規定」の趣旨を引き継いだものである。

実際の旅程はただ、近年この旅程に関し一部鉄道ファンの間で再検討が行われた結果、同旅行の時点で彼らが取ったルートよりも実乗車経路・運賃計算経路が共に長くなるルートが存在したことが判明しており以来、鉄道ファンの間では散発的に同種の試みが行われるようになったという。しかし、明確な文献記録が残されている事例はなく、ごく稀な事例だったと考えられる。