王 山田 日本シリーズ

概要.

dメニューニュースを適切に表示するために、JavaScript設定をONにしてご利用ください。 一昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。FacebookやTwitterでもチェック!07時13分更新 一昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介 | 1971年日本シリーズ第2章、山田久志がセットでなれば王貞治はホームランを打てな … 1971年日本シリーズ第2章、山田久志がセットでなれば王貞治はホームランを打てなかった/週べ回顧 . 1971年日本シリーズ第2章、山田久志がセットでなれば王貞治はホームランを打てなかった/週べ回顧(週刊ベースボールonline) 一昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。 1971年のプロ野球ニュース 王貞治が球界の阪急ブレーブスの若きエース山田久志に野球の怖さを教えた逆転スリーラン! | 定年生活.com 定年後の生活を楽しもう!! (日刊スポーツ) 06:50(日刊スポーツ) 06:221971年日本シリーズ、苦労人末次民夫のMVPをみなが祝福/週べ回顧(週刊ベースボールONLINE) 07月24日 10:14オリックスが西本幸雄氏の記念試合 全員背番号50(日刊スポーツ) 07月22日 16:10オリックス、「THANKS KOBE」「西本幸雄メモリアルゲーム」の開催日を発表(サンケイスポーツ) 07月22日 14:531971年日本シリーズ序章、カギは福本豊?/週べ回顧(週刊ベースボールONLINE) 07月22日 10:571971年、驚かされた10大事件(前編)/週べ回顧(週刊ベースボールONLINE) 07月15日 10:14阪急足立光宏の胆力、76年巨人下し日本一/パ伝説(日刊スポーツ) 07月14日 10:16いざ打倒巨人、そして悲願の日本一へ。西本阪急に勝算あり!/週べ回顧(週刊ベースボールONLINE) 07月10日 10:14足踏みした巨人V7は面白かったのか面白くなかったのか/週べ回顧(週刊ベースボールONLINE) 07月08日 10:14巨人・原監督がミスターに並ぶ監督通算1034勝…巨人歴代最多の川上哲治氏まであと32勝(中日スポーツ) 07月04日 16:41巨人・小松俊広スコアラーの報告は「このままでは巨人は阪急に敗れる」/週べ回顧(週刊ベースボールONLINE) 06月26日 10:14九州から東北 非常に激しい雨も「在宅勤務7割」再要請へ 西村氏コロナうつ、厚労省が初の調査へ復興事業で裏金?接待費に充当か嘱託殺人 ALS女性から金額提示か大学生の車横転、同乗の1人死亡SSコンビ、高校野球で監督対決へ場所前からキャバクラ通い?阿炎木村拓哉 不評のCMソングに反論夫と別居の小倉優子 第3子出産か筒香は代打出場 内野ゴロで1打点山口俊サヨナラ打浴び初登板黒星前田2失点、勝利の権利持ち降板秋山が1安打、メジャー初盗塁もSSコンビ、高校野球で監督対決へ出雲駅伝中止決定、きょう発表か大谷が5失点、1死も取れずに降板雄星5失点降板、チーム逆転勝ち場所前からキャバクラ通い?阿炎パラ競泳の池が引退、うつ病治療おうち時間高校バレーテニスゴルフ 特集:集団感染都市別人口変動・リアルタイム情報(モバイル空間統計)特集:東京アラート特集:接触確認アプリ特集:営業再開特集:経済対策特集・倒産10万円給付についての概要(総務省)企業を支援するための施策など (経済産業省) 政府・自治体の各種支援 (内閣官房)特集:持続化給付金 GoToキャンペーンの概要持続化給付金事業委託の流れGo To トラベル事業(観光庁)国土交通省の対応(国土交通省)暑い日のマスクで熱中症のリスク経団連が示した感染予防対策 オフィス編経団連が示した感染予防対策 事業所編豊富な種類のマスク特集:感染症対策新型コロナの基礎知識新型コロナを調べる検査の主な特徴新型コロナの重症化メカニズム特集:PCR検査医師に聞いた新型コロナウイルスQ&A(アスクドクターズ)接触アプリの仕組み特集:接触確認アプリ特集:営業再開特集:外食特集:テイクアウト特集:ダイエットイベントや外出の段階的緩和の目安社会活動の段階的緩和特集:夏休みスポーツ日程の最新状況ホッと一息 明るいニュース特集特集:筋力トレーニング特集:ジョギング情報の真偽を検証(ファクトチェック・イニシアティブ)感染に便乗した悪質商法にご注意(国民生活センター)新型コロナ対策を念頭に置いた避難所のあり方大雨・洪水 避難ためらわずに国別コロナウイルス感染者数マップ 長嶋茂雄監督率いる読売ジャイアンツと王貞治監督率いる福岡ダイエーホークスの対決となった20世紀の最後の日本シリーズは、巨人が2連敗から4連勝で勝利し、6年ぶり19度目の日本一となった。 本シリーズは、巨人のv9時代を支えた王・長嶋の「on対決」として注目された。 後に華麗なるサブマリン(下手投げ)として阪急ブレーブスの黄金期のエースとして活躍する山田久志は能代高校の3年生の頃に当時の太田監督から下手投げを教えられた。下から浮き上げる速球は効果抜群で夏の県大会は準決勝まで失点1という快投。 1969年は7試合に投げて0勝1敗。3連覇を謳歌していた阪急に山田久志の出番は少なかった。翌、1970年から山田は主戦投手に。下手からの浮き上がる速球は威力充分であったが、よく一発長打を食らった。開幕から6連敗。それでも10勝を挙げたが、17敗も喫し、チームは4連覇どころか4位に後退。それでも当時の西本幸雄監督にそして、翌年は22勝。チームは80勝39敗という圧倒的強さで前年、ロッテに奪われた覇権を1年で奪回した。そして日本シリーズの相手は4たび、読売ジャイアンツ。しかし下馬評は阪急圧倒的有利。巨人7連覇の予想をする者は少なかった・・・・。 血気盛んな若き23歳のエースは過去、3度苦杯をなめさせられてきた打倒巨人に胸躍る気分であった。1971年の日本シリーズ第2戦に先発。王貞治と柳田にホームランを打たれての7回での降板となった。が、チームは8対6で勝利。 一方の巨人は王貞治が円熟に到達していた。13年目のシーズンで10年連続の本塁打王。既に486本の本塁打を放っていた。そんな王に対しても「よく1球の怖さとかいうじゃない。でも力さえあればどうににでもなるから」 肉体と気力が充実していた若きエースはコントロールよく快速球を投げる。巨人の打線は手も足も出ず、ヒットは末次と上田のヒットの2本だけ。阪急が1対0とリードし、9階の最後の巨人の攻撃を残すのみとなった。「負ける気が全くしない」という山田に丹沢山麓からの夕日が美しく若きエースを照らす。まずは先頭の代打・萩原康弘を打ち取る。次は1番・柴田勲。粘って四球。2番の柳田俊郎を打ち取る。前回ホームランを打たれた柳田を打ち取った時点で勝ったと思った。 次は3番・長嶋茂雄。山田は思った。「憧れの長嶋さんを打ち取って夢にまでみた打倒巨人を実現する!」 長嶋を迎えて西本監督がマウンドに向かう。 長嶋茂雄は山田の投げた外角カーブにバットを当てるように打つとぼてぼてのショートゴロ。ゲームセットと思われた。しかしショートの阪本敏三の横を抜ける。センター前ヒットだ。ランナーは一塁、三塁になった。バッターは4番王を迎える。 8年連続の本塁打王になった王貞治。31歳。しかしこの年は打率は2割7分6厘、39本塁打、101打点と1,962年以来、9年ぶりに40本塁打に到達しなかった。今でこそ秀逸な成績にも見えるが王は「打席に入るのも怖い」ほどの不振に悩みつつのこの成績だったのだ。 V9巨人の名参謀・牧野茂が作ったメモには「高めの球は威力があるから捨てろ。低めは足立の方が上。カーブは曲がり少なく小さい」とあった。 王のバットからは放たれた弾丸ライナーはそのままライトスタンドへ。あたかも夕日の中に飛び込むような打球だった。飛び上がる王。そしてしゃがんで動けなくなった山田。敗者の姿がこれほどまでに残酷に目に焼き付けられるシーンは少ない。 西本監督はそっと山田に近づいてこういった。山田は今でもこの時の監督の言葉を忘れないという。本当に情があって厳しさをがある監督であったと。1971年に本シリーズ 第3戦(1971年10月15日 於:後楽園球場 観衆33,867人)(文責:定年生活編集部)★『定年生活.com』メルマガでは会員限定のコラムも配信しています。 是非ご登録ください! ★定年後の生活、健康、遊び、学び、お金の管理、相続対策、夫婦生活など、メルマガ会員限定コラムや最新情報をお届けします。