猫 怖がる 対処

猫が怖がり屋さん!びくびくしやすい猫の対処法は? 問題解決の鍵は、猫ちゃんの怯える、怖がるものを排除してあげることです 。優しい声で「大丈夫だよ」と安心させてあげることです。 あ、猫砂買いに行かなきゃ(ガタッ)(ビクッ!)シュタタタ……?は、早く行けよカス!(ガタガタ…) ただいま~(ガチャッ)(ビクゥッ!)ズダダダ……?か、帰ってくる時は帰ってくるって言えよボケ!…あ…  昨日までなんともなかったのに、何かにひどくおびえている様子で、特に物音に対してすごく敏感に反応し、ちょっとした音にも飛び上がったり、脱兎のごとく走り回って逃げようとする猫が急に何かに怯えるようになりました。一昨日、居間で猫が何かにびっくりしてジャンプした後、ソファの下を覗き込んだり、何かを探すような仕草をしていました。それ以来部屋に入ってもビクビクして何かを探したり、物を恐る恐る手で触って確かめたりして、部屋を特に床を自由にうろつけなりました ネットを見ているとこんな相談がよくあるみたい。 ●小さな音にも反応してしまう●何かに怯えている…幽霊?●ベッドの下などをしきりに確認する 特に室内飼いの仲間にありがちなんだけど、見ている飼い主さんも不安になってきちゃうよね。『時間が経てば治るのかな?』『何が原因なんだろう』『もしかして…病気?』みたいにね。そこで、急に何かに怯える猫の原因となった事を考えていくよ。 ちなみに、『ストレスが原因』ってなんでもストレスで片付ける人がいるけど、だから、今回はそれは除外するにゃ何よりも疑う、っていうか可能性として除外しなくちゃいけないのが病気やケガなどの物理的な問題だよね。一刻を争う可能性だって否定出来ないし。 全部がそうじゃないんだけど、病気・ケガによって怯えたり隠れたりするときは、特徴として ●触るのを嫌がり、飼い主に攻撃的になる●同じ場所で動かない(狭いところでジッとしている)●食欲がなくなる こんなのがあるよ。可能性のあることはたくさんあるにゃ一見すると普通に歩いていても注意。特定の場所を触るのを嫌がったらこういった外傷かも。知らないうちにジャンプの失敗したとかね。甲状腺ホルモンの分泌が低下して、謎の行動が増える。脱毛、温度調節できない、神経症(怯えたりもこれ)、意識が散漫などなど…でも猫がなることは稀。犬の字がつくけど、猫もごく稀にかかる可能性がある。1~3日で異常なほど攻撃的になった後、4~5日で高い確率で亡くなっちゃう。挙げたらキリがないわね…病気の可能性を除外したら、1番ありえるのはトラウマかな。 例えば、●寝ている時に飼い主さんに派手にやられた●外出中に大きな音が鳴った●お風呂で遊んでいたら、水の中に落ちかけた トラウマの原因になりやすいのは風、光、花火、雷、子供の大きな声、何かが落ちたなんていう『音と光』。そしてお風呂のケースみたいな『命の危険』 精神的外傷(トラウマ)を抱えやすいのは、小さな頃から室内飼いになった仲間。ずっとペットショップで1人で暮らしてきたとか、小さいうちに飼い主さんの所に来たとか、そういう『親兄弟と暮らす時間がなかった猫』っていうのは、音や光への刺激の耐性もない。それに、お母さん猫に『これは危険』『これは危ない』っていう判断も教わってないから、簡単に言うと「野生じゃない仲間は神経質」ってこと猫が急に怖がるようになった前日とかに、何か変わった事はなかった? 家具のチェンジ、引っ越しはもちろん、何かニオイの強い植物を植えたり、猫のトイレを移動したり…はたまた、「風邪で飼い主さんの声がガラガラ」とか、「飼い主さん同士の喧嘩があった」とか、人間の変化も関係しているかも。稲川淳二のDVD買ってきたとかね…怯えるような、何かを探すような、落ち着きがないような場合、飼い主さんには聞こえない音が聞こえて気になっているのかも。例えば、近くに野良猫が住み着いたとか、近所の人が犬を飼い始めたとか、工事が始まったとかね。 猫って耳がいいから、そういう音に慣れていないと『て、敵にゃ?!ヤバイにゃ!』ってなったり『獲物か?獲るにゃ!』ってなって落ち着かない状態になっちゃうこともあるよ。しきりに窓や玄関を気にしているようなら可能性ありよスポンサーリンク急に怖がるようになった場合、放っておいたら落ち着いたりするの?う~ん、一言で言っちゃうと『ケースバイケース』としか言えないんだよね。でもそれだと乱暴だから一応教えてあげるわ 一応、基本的な対策としては『安心できる場所を作る』とかなんだけど、まぁそれで解決してたらこのページには来ていないと思うかな。怯えて落ち着かない猫…こんな時はどう対処したらいいのか、放っておくとどうなるのか。そんな話を置いて行くね。残念ながら、放っておいて回復するケースは骨折とかの『ケガ』の場合のみで、後はそのほとんどが悪化する傾向にあるみたい。 『刺激般化』っていうんだけど、例えば、最初は何か大きなトラウマで怖がるようになったとするでしょ?でも、それをきっかけにビクビクして怯えているうちに、他の何でもない音にまで過敏になるケースがある。飼い主さんが立ち上がった音とか、電話の振動、外で子供が騒いだ時、お客さんが来たチャイムとか、色んな音に反応するようになっちゃうってわけ。子猫の時だとなおさら刺激般化しやすいよ少し様子を見るのもありなんだけど、日に日に怖がるようになってきているようなら、もう飼い主さんの手に負えることじゃないのかも。悪化を防ぐには、獣医さんの指導のもと、行動療法(猫に対する対応を変えること)を行ったり、場合によっては投与しながら、トラウマを克服したり、刺激に過敏にならないようにしていく必要がある。 『病院』って聞くとお金がかかりそうに思うかもしれないけど、薬を使わないで診察と指導、相談だけだったら数千円で済むことも多いはずだよ。相談なら猫はお留守番でもOKだしねう~ん、ただ怖がるようになったってだけでも、原因がありすぎて難しいんだねそう。原因も特定しにくいし、放置して良いのか、どんな対応をしたら良いのかもわからないよねでも、放っておいて刺激般化したりすると、常にビクビク怯える『超びびり猫』になったりするから注意なのよ いずれにしても、常に怯えて怖がるような状態に見えるなら、1度獣医さんに相談するのがベスト。そのままだと猫は常にストレスを抱えて生きることになるし、飼い主さんも気が気じゃなくなっちゃうもんね。人間と共存してもらうために、飼い主さんが母猫代わりに怖い事、大丈夫な事を教えてあげてね。 (ガタッ)…!!い、今そこに何かいたにゃ…(ガタガタ)…!!!こ、今度は変な声が聞こえたにゃ…((((;゚Д゚))))ヤダナァコワイナァ…(なんかこっちまで怖くなってきた…) 次はこんな関連記事を読んでね↓ 

成人でさえビクッとしてしまう雷… 人間以上の聴力がある犬猫が怖がらないはずないですよね。 犬の聴力は人間の4倍、 猫は10倍にもなるそうです。 想像しただけで怖ろしいですね。 雷を怖がる原因 聴力が優れているが故、と思いがちですが実はそれ以外にも考えられる理由はあります。 名前:さとみ(♀)引用をストックしました引用するにはまずログインしてください引用をストックできませんでした。再度お試しください限定公開記事のため引用できません。 怖がっている猫を安心させる8つの対処法 猫の性格は、臆病で怖がる猫もいれば警戒心が少ない猫もいます。もともと猫は、怖いと思ってしまうとそれがトラウマになってしまう事もあるのです。怖がっいる猫にできる安心させる事など紹介します。 怯える・隠れる・逃げる|怖がる猫への対処法. 猫が雷を怖がる時の対処法についてまとめました。猫に限らず、雷が苦手な人は多いですよね。猫が雷を怖がってしまう場合、どう対処すればいいのでしょうか。また、雷を怖がらないように工夫する方法についてもご紹介します。 大好きな猫ちゃんが怯えたり、怖がったりすることがたくさんあると、飼い主さんとしては悲しいですよね。そのストレスが要因で、病気になんてなってしまったら、こんな悲しいことはありません。新しく猫ちゃんをお迎えする新米飼い主さん、また猫ちゃんが怖がりで困っている飼い主さん。安心する環境を作るために、一緒に考えて、問題解決できるように、お手伝いできればと思います。Contents猫ちゃんは五感のなかで、耳からの「また、嫌いなものをプラスすると、そして、あの可愛いお鼻から感じ取るのは上記を理解していただけたら、怖がる人のシルエットを描きやすいと思います。猫ちゃんは、となると大柄で声も大きく、野太い声、体臭がキツい男性は猫ちゃんに好かれることは永遠にないのでしょうか?希望はあります。猫好きさんなら見たことがあると思われる、『どこかに運命的な出会いと、さて、では大事な猫ちゃんが怯えるサインを見逃さないように、代表的な行動を見ていきましょう。「怖いよ~」と感じたとき、猫ちゃんは、そしてこの恐怖がマックスになると、身を守るためこうなると怯えてるサインに気づいたら、猫ちゃんの気持ちを察し、原因を探してあげましょう。急な大きな地震などの時も、パニックになりまた、普段聞いたことのない声が聞こえたら、これはまた『私たちは1.5~2万ヘルツが聞き取れる数値ですが、ねこちゃんはまた先程もあげたように、側にいって抱き上げようものなら、引っかかれるか、噛みつかれるかになります。相手はそれでは、見てると「大丈夫だよ、側にいてあげるから・・」と声をかけたくなるようなコレは、猫好きさんとしてはなんともいえない、怯えた猫ちゃんが可哀想になっちゃいますね。ネットショッピングが増えている今は、色々探せば便利で代用できるものがたくさん見つかります。例えばまた、毎日こまめにブラッシングをすれば抜け毛も減り、クイックルワイパー等で掃除すると、玄関のドアになかには猫ちゃんのストレスを和らげるためにと、アロマテラピーの知識があるのですが、本来精油はオイルと調合し、皮膚に塗布し、成分が浸透して血液まで通り効能を発揮するものです。原液を2,3滴を芳香させたり、吸引といった使用法がありもすが、何よりもうちの猫は『弟猫』がきたことで、ストレス性膀胱炎になりました。トイレに何度行くもオシッコが出ず、最後はトイレの中から、か細く鳴いたのです。早期発見で注射と飲み薬で治りましたが、一度再発しました。その子の性格で、神経の細い子はなりやすいそうです。病院に行くためのキャリーバッグは、普段から猫ちゃんの目に入るとこに置いておいたり、一緒におもちゃも入れて、『猫ちゃんの記憶力はあなどれません。「急がずに猫ちゃんのペースに合わせてあげてください。ねこちゃんはただ「何をしてもダメです。お手上げです。」となれば、やはり獣医師さんの指示を仰ぐべきです。最初に書いたように、ストレスで病気を引き起こすことが、一番可哀想だからです。獣医師さんに相談すると、ストレスを和らげるお薬をだしてもらえることもあります。そのためにも、人間でも先生との相性は重要ですよね。それが口のきけない、自分の悪い部分を伝えられない猫ちゃんならなおさらです。「ASP担当者様・広報担当者様・メディア関係者様のお問い合わせは猫に関するお役たち情報と猫エンターテイメントを融合した、猫好きと猫を飼っている人を応援するメディア鬱で家にこもりがちでしたが、猫を飼い出してから、ポジティブに物事を考えられるようになり、今は目標に向かって邁進しております。爪切りをさせてくれない・夜に起こされる・鳴いたら願い事が叶うと覚えているのが切実な悩み…。©Copyright2020