歌舞伎町シャーロック モリアーティ サイコパス
Production I.G @ProductionIG #歌舞伎町シャーロック #24 「歌舞伎町で会おう」ご視聴いただきありがとうございました! 本日は長屋のみんなとモリアーティを公開です! 最後までご視聴お付き合いいただきありがとうございました! 『歌舞伎町シャーロック』(かぶきちょうシャーロック)は、Production I.G制作による日本のテレビアニメ作品。2019年10月から2020年3月まで毎日放送『アニメイズム』B1枠ほかにて連続2クールで放送された 。 !記事がありません。 最新の雑誌も読み放題です。ラインナップは100冊以上。FODは月額888円なので毎月雑誌を買う人は動画見放題のFODに切り替えがおすすめです。熱血! こちらでは「歌舞伎町シャーロック」のアニメ第4話の内容をネタバレしています。シャーロックと一緒に住むことになったワトソンや、銭湯に登場した桃太郎一行、また、桃太郎行方不明事件の紐解きなど、ネタバレと感想をまとめています。 画像引用元:歌舞伎町シャーロック 14話より 目次2019年秋大注目アニメ『歌舞伎町シャーロック』が10月11日よりスタート。 『歌舞伎町シャーロック』は  架空の町・新宿區歌舞伎町を舞台に変人探偵たちが推理合戦!PVを見る限りかなりの力が入っているよう。 そんなアニメ『歌舞伎町シャーロック』全話感想も随時更新していきまーーーす     ワクワクするアニメが始まりました。連続殺人犯・通称「切り裂きジャック」の犯行と思わしき事件が発生。"あそこ"を切り取るという衝撃的な犯行の特徴。 シャーロックが推理落語とかいう聞いたことないことを始めたり、モリアーティーがホームズと仲良かったり(小説シャーロック・ホームズでは宿敵)...ここまでカオスな作品が今まであっただろうか?いやない(反語) ワトソンは何をシャーロックに依頼したいのかも気になります。こんなクオリティのアニメが連続2クールですか!かなり楽しみです。 — 丸山有香 (@maruyuka1003) October 11, 2019 今回の依頼主は花屋の高峰富士子。アイドルになりたいとレッスンを重ねたもののアイドルグループ『泣きぼくろ見つめたい』のお披露目イベントは中止に。プロモーションを担当していた失踪中の喜多を探してほしいという依頼でした。 簡単にいうと騙されたわけですが...喜多とバイトのサオリの狙いは花屋。隣の質屋の金塊を花屋の壁を突き破り強奪するという作戦でした。なかなか壮大な展開! ラストシーンはワトソンが自分をハメたメアリ・モーンスタンを問い詰めます。そこにルーシーが絡んできてワトソン:「ぼくは今メアリさんと話しているんです。これはとても大事なことで...だからお兄さんは入ってこないでほし...」(笑)お姉ちゃんだったのね。確かに名前ルーシーだから女キャラか。このあとみっちり絞られたみたい。ワトソンかわいそう。 今後、かぶきんの見せ場があるのか、ないのか…!?— TVアニメ「歌舞伎町シャーロック」公式アカウント (@pipecat_kabuki)  デキル男感満載の京極冬人ですが、めちゃくちゃポンコツでした(笑)若干1話時点で感じていましたが。 序盤ではワトソンがシャーロックに何を依頼したいかが描かれました。ある少女の司法解剖をしたワトソン。そこでシールのような超小型発信機を発見します。それを上司に報告してから命を狙われ始めたそう。 ワトソンの巻き込まれた事件と切り裂きジャックの事件が繋がっていく感じっぽい! エンドカード 切り裂きジャックとは? — たっくん (@n092t)  シャーロック・ワトソン・モリアーティの3人は銭湯へ。ワトソンは銭湯に入ったことがなかったのでいかがわしい場所と勘違いしていました。 銭湯につくなり牛乳を飲んじゃうワトソン(笑)そんなワトソンは銭湯で『モモタローズ』のボーカル桃太郎失踪事件に遭遇。ワトソンにとってはなかなか濃厚な銭湯初体験でした。 毎話ラストに見え隠れするモリアーティの闇が気になっているんですが、それが明らかになるのはまだまだ先のことになりそう。「 — ひいろ (@hiiro_now)  力士・文丸が飛び降りようとしているとこを発見し止めに入ったルーシー。文丸は路上で眠ってしまい200万円盗られたそう。そこでルーシーは男気を見せて200万円を渡しました。文丸はルーシーたちが歌舞伎町に流れ着いた時助けてくれた近江山の付き人。 悲しいことに200万円を盗った犯人は近江山でした。近江山は八百長のために200万円が必要だった...結局、八百長をせずに一勝もできぬまま近江山は引退。めちゃくちゃ怖い雰囲気のルーシーですが中身は温かいキャラクターでした。— ぐでたか@たけのこ党塩らーめん派 (@tk_yama_s2)  6話は小林回。キャラクターを立てるために各キャラクターにフォーカスを当てていく感じなんでしょうか。連続2クールなので、終わるのはまだまだ先ですがちょっとむずがゆくなってきた。謎解き的な要素もないし、キャラクターを楽しむアニメってことなのかな? 毎話ラストシーンでモリアーティの影が見え隠れしているのでいったん折り返しの12話で盛り上げ切って欲しい!もしかして苦戦してる!?— ゆきね (@NettoKa)  ちょっと下降気味だった『歌舞伎町シャーロック』ですが7話はおもしろかった!區長のUSBが盗まれそれを取り返すという依頼を受ける探偵たち。USBを盗んだ犯人はアイリーン・アドラー。めちゃめちゃ知的でセクシーなお姉さんでした。シャーロックにニセのUSBを掴ませる展開もワクワクしましたね。底知れない頭の良さ。 なんだかヤバそうな敵がアイリーンの喉をかき切ろうとしているところシャーロックが止めました。あの男...一体何者?そしてUSBの中身には何が入っているのか? カイカイワイフ とは — 風岡67 (@gorimuchu67r) 區長のUSBが盗まれた事件の続きかと思ったら全く別の話がスタートしました。子供の養育権を寄越せと脅されているから助けて欲しいという依頼が!元夫のミルヴァートンは脅迫王として恐れられるヤバい奴でした。同じくミルヴァートンに脅されていた黒木アガサという国民的女優。支払いがちょっと遅れたという理由で性転換と整形をバラされたアガサはミルヴァートンを射殺。 これにて一件落着かと思いきやラストで切り裂きジャックが現れたという連絡が!被害者はアガサ...そしてアイリーンの下には切り取られたアガサの耳が...遂に動き出した切り裂きジャック!おもしろくなってきた。 8話面白かったし切り裂きジャックやっと絡んできたし、本格的に話が動き出しそうでワクワクする…歌舞伎町シャーロックみんな観てーーー!!!— 透 (@happydoraemon59)  狙われているアイリーンをかくまうシャーロック。シャーロックは狙いのUSBには切り裂きジャックの正体の情報があると言っていましたが、なぜ區長がそれを持ってるんだ? そして9話ラストでアイリーンは死亡。アイリーンは特別な隠れ家にいて場所を知っていたのはシャーロックとワトソンだけのはず。ですがアイリーンが刺された現場にはモリアーティがいました。一気に怪しくなったモリアーティ。モリアーティ=切り裂きジャックなのか? モリアーティはモリアーティという名前な時点で怪しいのにさらにあからさまに怪しい・・のは反対にあやしくない・・・のか・・うーーむ  — cherrybell・ひいらぎ (@cherrybell__)  裏切者が京極冬人だと判明した10話。なぜアイリーンの隠れ家にモリアーティがいたか謎でしたが、シャーロックが教えただけでした。モリアーティがナイフを持ってシャーロックに斬りかかろうとしたり、モリアーティの怪しさMAXでしたが...ワトソンを疑心暗鬼にさせ裏切者を炙り出したってことだったのか!アイリーンの亡霊が何度も登場してるし、もしかしてアイリーン生きてるパターンとかもあるのかなぁ。 — やまぐち修 (@mentaichaduke)  全てはこの11話のためにあった。怒涛の伏線回収ですべての点が線となって繋がり...京極さんがうつつを抜かしてしたオネェが切り裂きジャックだったのか!たしかにガタイとかまんまあのオネェじゃん。もしかしてほとんどの人気づいてた?性器を切り取っている理由も納得。 さらに明かされた真実...モリアーティはモラン區長の息子!モラン區長の娘が殺された時、モリアーティの変装をしていたのね。モラン區長はモリアーティの殺害を切り裂きジャックに依頼していたと...闇が深い展開になってきました。11話まで見続けてよかった。鳥肌立ちっぱなしの30分間でした!! 今週一気に盛り返したな 2クール目も期待— たかなし (@aniotakanashi) 盛り上げまくった11話。12話ではモリアーティの事件が糸を引きつつも徐々にいつもの日常を取り戻しつつありました。またいつも通りの『歌舞伎町シャーロック』に戻っちゃうのか...ここから1クール分ノンストップってわけにはいきませんもんね。警察に連行されたモリアーティがこの先どうなるのか。モラン區長の隠された闇とは? ラストシーンではモリアーティの近くで幽閉される別の囚人が意味深に映りましたしが、なにかの伏線なのでしょうか?11話は凄かったのでここからの展開にも期待できる! ギアを一段落とし、ゆっくり描いていくようですね。モリアーティの過去と刑務所内部での内情が語られました。モリアーティは自分自身の過去を打ち明ける人物も何人かいるよう。何かの伏線なんだろうなぁ。モリアーティを狙っている火傷の後がある男もモラン區長の差し金とか? ふさぎこんでしまった京極さんが再び探偵として動き出した回。やっぱりこのポンコツキャラクターがいなかったら『歌舞伎町シャーロック』はつまらない。今回の少年失踪事件の犯人は京極さんと幼き日を共に過ごした男でした。犯人を追い詰めた京極さんは鉄パイプを振り下ろし一言”俺たち”というところにグッときた!京極さん、復活の瞬間でした。 マルチ商法をしているVTYにメアリとワトソンという珍しいタッグで挑みました。何やら人を集めて怪しげなことをしていると思ったら、目的はテロ!今回も華麗にシャーロックが相手の動向を見抜きテロは阻止されたんですが...逮捕寸前で首謀者が自殺します。 首謀者死亡のニュースを眺めるシャーロックの目は鋭かった。裏で操っている黒幕的な存在がいるんでしょうか?何かが静かに動きはじめたようです。 娘の冤罪を晴らすためミッシェルが奮闘した回。ミッシェルにはまだスポットライトが当たっていなかったのですが、16話にしてミッシェル回となりました。激渋おじさんだよなぁ。 そしてラストシーンではモリアーティが探偵長屋に登場。最終話に向け盛り上げ始めたか? 落書き事件を捜査し始めたシャーロックたち。脱獄した凶悪犯の1人サイゾーが元相棒のサスケに送ったメッセージだと気づきます。 足を洗ったサスケに盗みの協力を断られたサイゾーはブちぎれ。1人で騒ぎを起こしますが...交渉し始めたモリアーティがサイゾーの名前を呼ぶと突然..謎の数字を叫び発狂したサイゾーはどこかへ行き死んでしまいました。脱獄犯たちが犯罪を犯し自殺するという事件が相次いでいます。自殺の原因はモリアーティなのか? 動物園で動物が殺害された事件を追っていくと桃太郎ズが関与しているのではないかと疑うシャーロックたち。真相は桃太郎ズのファンがシャーロックたちを逆恨みし事件を仕掛けたというものでした。 めちゃくちゃ気になったのはモリアーティが桃太郎ズのファンの名前を呼ぶと発狂して自殺した点。前回のサイゾーと同じ展開になりました。この数字がいったい何なのでしょうか。モリアーティの囚人番号とかなのかなぁ。 爆破予告の黒幕がモリアーティだと見抜いたシャーロック。やはり黒幕はモリアーティだったのか...純粋に推理を楽しむシャーロックから、人命を優先するようになったことにモリアーティは憤りを感じていたようです。そして動き出したモリアーティの計画。モリアーティの狙いはなんなのか? モリアーティから語られた全て...シャーロックを自分のステージに引き込むことがモリアーティの目的なのか...テイストがガラッと変わって正直ついていけてないです。モリアーティは自分の心の器をティーポットに例えて割れているって言ってたけど、シャーロックの心の器も割れてるような描写ってあんまりないよね?どういう雰囲気で進行していくのか期待と不安が入り混じってます。ここまでせっかく見たからワクワクするものを見せて欲しい! モリアーティぃぃぃシャーロックの大切な物を壊せば自分のようなサイコパスになると考えたモリアーティ...ワトソンを殺せないなら自分が死ねばいいと気づき身を投げました。ちょっ...3話くらいとんでもない方向に展開してるけど大丈夫なの? 一度はシャーロックのもとを離れたワトソン。そんな中、脱獄犯が自殺したと聞きモリアーティーの影を探し始めるシャーロック。もう一度助手として一緒にいようと決意したワトソンが目にしたのは血まみれのナイフをもったシャーロックでした...これも全てモリアーティが仕掛けた罠なのか? うーん。盛り上がり切ってない感...結局モリアーティは生きててシャーロックが捕まえる的なラストになるんでしょうか。1クール目の終わりにしっかり盛り上げていて最終回にはかなり期待していたのですが...雲行きは怪しくなってきました。 遂に2クールの総決算の最終回。シャーロックの落語でモリアーティの心境を読み解く!『歌舞伎町シャーロック』らしい展開でした。散らかっていた状況をきれいにまとめ上げたのではないでしょうか。 期待値は越えてこれなかったというのが正直なところです。常に60点くらいの出来でした。最後に期待したのですが届かず...それでもキャラクターの魅力に引き込まれ無事完走できました。ありがとうございました。  主要な大手のVODサービスをピックアップして表にまとめてみました  アニメ『歌舞伎町シャーロック』はとても多くの配信サービスで配信されています。その中でも アニメ特化のVOD(動画配信サービス)のdアニメストアはラインナップがめちゃくちゃ充実しています。Netflixとかも結構頑張ってるんですがニワカ専用感がいなめない...アニオタガチ勢ならdアニメストアでしか満足できないと思います。 初回登録者限定で31日間の無料体験期間が用意されているので、ぜひ試してみて下さい!