日銀 潰れ ない
スポンサーリンクこんにちはユレオです。私はサラリーマンとして日々仕事をしながら副業としてブログ運営を行っていますが、それ以外の収入として細々と株式投資や投資信託を続けています。私は投資家としてはこれまで良い結果は残せておらず、一時期1000万円を超える含み損を抱えましたが、トータルでは損はしていないが得もしていないといった感じです。今はコロナ相場と呼ばれる状況で金融市場は安定しているわけではありませんが、2020年3月に一時期16,000円台まで下がった日経平均株価は、5月29日時点では21,000円を超えるまで回復してきています。本日はコロナウイルスの完全な収束が見えない中、なぜ日経平均株価が16,000円台で反発して21,000円台まで回復しているのか、今後の市場の動きはどうなるのかということについて私なりの考えを記事にまとめてみました。◆記事の目次◆本記事ではコロナウイルスによって株式市場どのような動きをしたのか解説しています。スポンサーリンクコロナウイルスの感染が世界中で広がる中、日本では2020年4月に全国で緊急事態宣言が出されたことで多くの店舗が営業活動を自粛して、人々は不要不急の外出を控える事態となりました。緊急事態宣言により企業活動が停滞すると、当然のことですがその企業の収益が落ち込むため、普通に考えると株価は下がります。ところが4月以降の日経平均株価は値幅も落ち着き右肩上がりに上昇しています。一見株価だけを見るとコロナウイルスの影響は一過性のもので大したことが無かったように思えるかもしれませんが、実態経済と違った不自然な動きだね(;´・ω・)さて、多くの企業が経済活動を自粛する中、誰が株を買っているのでしょうか?こういった状況でどういった方が株を買っているのかというと、日本銀行(日銀)が積極的に買い入れ額を増やしています。日銀は2020年3月16日の日銀金融政策決定会合で、コロナウイルスによる混乱する金融市場の安定化のため、これまでETF(上場投資信託)の買い入れ額が6兆円だったところを倍の12兆円することを発表しました。日銀は紙幣の発行量を調整している銀行で、貨幣供給量をコントロールして金利を調整する日本の中央銀行として役割を果たしています。つまりコロナで市場が混乱したから日銀が金融市場安定の為、ETFをこれまで以上に買ったわけね(・ω・)こうした日銀の動きにより2020年4月以降は日経平均株価も値動きは落ち着き緩やかな右肩上がりをするようになりました。スポンサーリンク日銀によるETF(上場投資信託)の買い入れは何も今年始まったものではなく、2008年のリーマンショック以降はかなりの額面の買い入れを行っています。 リーマンショック後の日経平均株価は10,000円前後でしたから、10年ほどで約2.5倍まで株価は上昇したのですが、その背景には日銀のETF(上場投資信託)の買い入れが大きな影響を与えています。そしてコロナウイルスによる市場の混乱を納めるために日銀がETF(上場投資信託)の買い入れ額を6兆円から倍の12兆円に増やしたことで、 日本銀行が年内にも日本の株式市場最大の大株主となる見通しだ。27日発表した2019年度決算で、株式に幅広くお金を投じる上場投資信託(ETF)の3月末の保有額(時価ベース)が前年比7・9%増の約31兆2千億円になった。新型コロナウイルスによる経済危機で、日銀は保有額を一層増やす。近く年金積立金管理運…さて、日銀が株価を買い支える動きを行うと「株価が上がる」以外にどういった影響が出るのでしょうか?スポンサーリンク日銀は金融市場を安定させるために値下がりしたところで買い支えを行いますが、株価が上がったからといって簡単に売り抜けるわけではなく、基本的には長期で保有を続けます。リーマンショックでは株価が一時期10,000円を割り込む事態となり、新型コロナウイルスによる経済的な影響も「リーマンショック級」と言われています。しかし今回のコロナショックでは16,000円台まで下がった後は上昇しており、日銀のETF(上場投資信託)の買い入れた資金が株式市場に流れたことでそれほど平均株価が下がることなく反発しています。今後コロナの第二波で市場が混乱しても下値は20,000円を割るくらいか?(;´・ω・)今回のコロナウイルスの感染拡大による一連の日経平均株価を見て、思った以上に日銀が保有するETF(上場投資信託)や金融対策が株価を下支えされることを知ることが出来ました。スポンサーリンクここまでコロナウイルスの完全な収束が見えない中、なぜ日経平均株価が16,000円台で反発して21,000円台まで回復しているのか、今後の市場の動きはどうなるのかということについて私なりの考えを記事にまとめてみました。今思えば3月の上旬に株価が底値を付けたタイミングで私も気になる銘柄を買えばよかったのですが、当時はそのタイミングが底値とは思えず、4月頃に株価が上昇しても「必ず2番底が来る」と考えていました。ところが、5月に入っても緩やかな右肩上がりは続き、緊急事態宣言が解除されるなど経済活動が再開される見通しとなり、結果的2月から3月に日経平均株価が値崩れした後は大きな市場の混乱は無く落ち着いています。今後米中の対立がどうなるかというのが市場的な大きな懸念材料ですが、おそらく今年の秋のアメリカの大統領選挙までは大きな動きは無く、緩やかに株価は回復するのではないかと予想しています。将来に向けた資産運用は基本的には「複利効果」を得るために早めに始めるのが良いとされていますが、皆さんは何か資産運用をされていますか?興味はあるけど何から勉強したり手を付けたら良いか…多くの方が資産運用に興味はあるが資産を減らすリスクを気にされているかと思いますが、サラリーマンでも手間がかからず、これから金融や資産運用の勉強を始めるという方には少額から始められるところがうれしいです。スポンサーリンク 『まず、ポイントは以下の3点です。まず「日本は借金大国として有名ですが、最終手段としてお金を刷りまくれば借金帳消しにできます。ギリシャが経済危機に陥ったニュースは記憶に新しいと思います。財務大臣の麻生さんも同じことを言ってます。さて、日本はお金を刷ることができますが、それで「めでたしめでたし」とはなりません。ここ数年デフレ基調なので、インフレになればいいじゃないか、と思うかもしれません。貯金が100万円あったとします。しかしここで、当然ながら貯金は100万円のまま。ところで現在の日本は、破綻していませんし、インフレも発生していません。それは、まずは日本の財政状況について見てみましょう。家計に例えると、毎年支出が100万円あるけど、年収は65万円しかない。借金の返済は毎年24万円していますが、全然追いつきません。蛇足ですが、『こんな日本政府ですが、潰れない理由は簡単です。一般家庭でも同じことが言えますね。政府の借金は国債という形です。スポンサードサーチでは、国債は誰が買ってくれているのでしょうか?政府が発行した国債は、日銀が買ってくれています。※正確には日銀が直接購入しているのではなく、一旦銀行や証券会社が購入し、それを日銀が買い取っている形です。昔は銀行や証券、生保など銀行などは、むしろ国債の保有残高を減らしています。というわけで、日銀が国債を買い続けてくれる限り、日本は安泰ということになります。日銀はいつまで国債を買ってくれるのでしょうか?日銀の資産状況を見てみましょう。日銀の資金源は「要するに下の絵のイメージです。元はといえば、でもこれ、大丈夫なんでしょうか?実は他にもヤバイ理由があります。「金利が上がると「現在はマイナス金利なので大丈夫ですが、金利が上がったら日銀はアウトです。ということは、長くなってしまったので、今回はこのあたりにします。 「日銀砲」のとき年80兆、今15兆 少なすぎる 34 :2020/03/17(火) 13:52:33 ID:v1oImvWA0.net (反)日銀 35 :2020/03/17(火) 13:54:10 ID:jtdPP7TC0.net いくら金を刷って金持ちにバラまいても経済は良くならないと気づけないんだからヤベーよ日本 日銀当座預金残高 億円 ( ) 基準貸付利率 0.3 % (2008年12月19日以降) 補完当座預金制度適用利率 -0.1 % (政策金利残高分、2016年2月16日以降) «  ブロガー兼エンジニアこれから読書とプログラミングを始める人の味方です。子供の頃は年間1冊しか本を読みませんでした(読書感想文の宿題のためだけ)。プログラミングは就職してから始めました。札幌出身→東京のIT会社勤務(8年)→札幌でフリーランスエンジニア趣味は読書、プログラミング、歌舞伎。主に社会人向けに、読書やプログラミングの勉強方法について書きます。※ご意見、ご感想はツイッターでお願いします 国の借金が増えても日本が潰れない理由 . こんにちはヤマピー(最近Twitterをやっているのですが、日本を緊縮財政だと思う他国はありません。真逆です。世界最大の赤字国だからです。日本は異次元緩和という名目で足りないお金を新しく刷る(=危機の飛ばし)ことによって危機を回避しているだけです。欧州ではそれはできません。ユーロはECBしか刷れないからです。欧州の財政ルールは健全です。 Twitter上で議論がされているのを見て、「藤巻 健史(ふじまき たけし)は、日本の債券・為替・株式トレーダー、経済評論家、政治家。モルガン銀行東京支店長、ジョージ・ソロスのアドバイザーなどを経て、日本維新の会所属の参議院議員(1期)。その藤巻健史さんが日本ヤバイと仰っています。とは言え、権威のある方が言っていることを鵜呑みにするのは良くありません。※あくまで個人の見解です。実際はどうなるかは誰にもわかりません。「 日銀が国民にバレないようにこっそりと売却するわけにはいきませんので、売却する時には「これから数年間かけてetfを少しずつ売却していきます」と、国民に向けてアナウンスすることになります。 日銀のもっている国債の価格が半分になったら、日銀がそれを売っても半分しか返ってきません。こんなに損すると普通の会社なら借金を返せなくなりますが、日銀は返せます。輪転機をぐるぐる回してお札をいくらでも印刷できるので、日銀はつぶれません(印刷するのは国立印刷局ですが)。 税理士の無料紹介サービス 日銀が潰れちゃったらどうしましょうねぇ。 ちょっと前までは、 景気が悪いとされる時期の日経平均株価は1万円割れがお約束 でした。 じゃあ18,000円割れなんて、次の不景気が来たら簡単に発生しうることですね。 結論からいうと、日銀は大丈夫です。 絶対潰れない宣言 49 : 2020/07/04(土) 22:01:09.82 ID:VIJ6cm15 残存1~3年って一番危なさそうな年限だなw 民間なら私的整理でリスケできるけど、日銀がいる事で却って拗れる案件出てきそう。 IMFが6月24日に発表したそんな中、日本の株価は3月19日に終値で16,552円まで下落した後、急激に回復しており、6月26日現在の終値で22,512円になっています。ダイヤモンドプリンセスのコロナ報道前の水準にほぼ戻ったと言えます。IMFによる日本の2020年の成長率はマイナス5.8%と予想されており、緊急事態宣言が解除されたとは言え、第2波、第3波が予想される中、決して先行き明るい兆しはありません。それなのに株価はなぜここまで回復したのでしょうか。(ライター・メタルスライム)日銀は、新型コロナウイルスによる経済の影響を最小限に抑えるため、大規模な金融緩和を実施しています。株価を下支えするため、株価が急落した際は積極的にETF(上場投資信託)を買入れています。その額は、6月24日現在で4兆6692億円にもなります(2020年度の内訳を見ると、1月が4440億円、2月が5840億円、3月が1兆5484億円、4月が1兆2272億円、5月が4436億円、6月が4220億円(6月24日現在)となっています。コロナ禍による株価下落をくい止めるため、3月と4月の2カ月間で2兆7756億円もの株式が日銀によって買われているのです。3月の株価を見てみると、年初来安値となった3月19日には、1日で2016億円ものETFが買われています。その後も3月23日、3月26日、3月30日に同様に2016億円のETFが購入されています。つまり、4日間だけで約8000億円分の株が買われているわけです。株価の動きを見ると、午前中に株価が下がると午後に日銀の介入が入り、株価が戻るというような動きになっています。投資家もその動きを知っているので、株価が急落した時には、日銀の介入が入るだろうということを想定した上で、株を購入する動きもあります。金融緩和の動きは、日銀だけの話ではありません。コロナ禍による景気後退を防ぐため世界中で金融緩和が行われています。そのため、世界中にお金が余っている状態です。NYダウもドイツDAXも株価は3月末あたりから上昇しており、コロナ禍発生前の株価水準に近づいてきています。つまり、世界中の株価が中央銀行による金融緩和によって上昇しているのです。コロナバブルとも言われているこの状況は、決して健全なものではありません。株価が実体経済を表しているとは言えないからです。現時点では外国人投資家による日本株の買入れはそれほど増えていないものの、世界中で金余りの状態の中、比較的感染者数が少なく、死亡者数も少ない日本は投資対象として選ばれる可能性があります。そうすると益々実体経済と乖離した株価になる可能性があります。(1)ゆがんだ株主構成とガバナンスの問題5月27日発表した日銀の2019年度の決算では、ETFの3月末の保有額(時価ベース)が約31兆2千億円になっています。2020年度は、コロナ禍による経済危機への対応でETFの新規買い入れ枠を12兆円とすることから、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)を上回る可能性が出てきました。GPIFの国内株式の保有残高は、2019年度第3四半期で約42兆円だからです。東証第一部の3月末の時価総額は、530兆円なので、31兆円分保有する日銀は、東証第一部全体の5.8%の株を保有していることになります。5%以上を保有する株主を一般的に「大株主」と読んでいるので、日銀は一部上場企業の大株主ということになります。参考記事:もちろん、ETFはファンドなので、日銀が直接議決権を行使したりすることはできませんが、大株主が実質的に日銀で、逆に何も意見を言わない大株主というのも、それはそれでガバナンス上問題と言えます。株主による経営陣に対する牽制が適切になされない可能性があるからです。今後も日銀がETFを買い続けるとすれば、日本の上場企業の最大の株保有者となり、上場企業は日銀の傘下にあるような形になってしまいます。実際、既に日銀が筆頭株主になっている企業もあるようです。民間企業の筆頭株主が中央銀行というのは、やはり異常事態としか言いようがありません。(2)株価への影響日銀は、3月以降、株価が急激に下がった場合には、1日あたり1000億円から2000億円規模で株式を購入しているので、株価の急落は抑えられています。株価の暴落を防ぎ株価を安定させるという意味ではうまく機能していますが、本来株価が下がるべき所で下がらないというのは価格形成として健全な状態とは言えません。先行きが不透明な中、緊急事態宣言時の自粛による経済へのダメージも大きい状況で、株価が高水準なのは、明らかに金融緩和の影響と言えます。日銀が大量にETFを購入しているという事実もそうですが、多くの投資家は、株価が下がったときには日銀が介入に入るので株価は大きく下げないと思って投資しているからです。その安心感から、日本株が買われているのです。他方、信用取引などで下げ相場で儲けようとしている人の場合、株価の下落を日銀に阻止されている状態なので、うまく利益を出せないという弊害が出ています。一見すると株高は良いことのように思えるかもしれませんが、そもそも株取引は、株価が下がったところで買って、高くなったら売るのが基本です。それが、今は、株価が下がると日銀が介入するので株価が下がらず、なかなか株を購入するタイミングがないという問題もあります。実体経済からすると今の株価はあまりにも高すぎるので、介入するにしてももう少し抑制的に行われるべきだと思います。(3)出口戦略の難しさ日銀は、金融緩和の実施によって、国債やETFの買入れを増加させており、資産残高は、6月20日現在で約649兆円になります。特にリスク資産が多くなればなるほど、価格変動リスクが高まります。株価が下がれば債務超過になる可能性もあり、中央銀行としての信用が毀損されます。また、金融緩和の出口戦略の難しさは至るところで主張されているところです。日銀はETFを長期保有しますが、永遠に買い続けることはできず、日銀がETFを購入しなくなった段階で株価は下がるかもしれません。さらに、日銀がETFを売却し始めれば、株価は一気に下がるでしょう。大株主が市場から撤退するわけですから市場は大混乱に陥るかもしれません。日銀は、アベノミクスと金融緩和によって一気に景気回復させ、景気が上向いた段階でETFを売却し、金利の引き上げをしたかったはずです。しかし、結果は、企業は内部留保ばかりして賃金を上げず、設備投資も消極的だったために物価は上昇しませんでした。さらに、今回のコロナ禍で、企業の業績も悪化したことから、出口戦略どころではなくなってしまいました。正に「泣きっ面に蜂」という感じで、黒田総裁もさぞ頭を抱えていることでしょう。この苦しい局面に簡単な打開策はありませんが、ETFを市場に放出することは既に述べたとおり難しいため、含み益がある段階で、税制上の特例措置をした上で、取得価格相当額で複数回に分けてGPIFに譲渡するのが良いのではないでしょうか。GPIFであればETFをすぐに市場に放出せず時間を掛けて放出することができるし、金融政策から切り離すことができるからです。そうすれば、含み益相当額は年金運用益として年金受給者の利益になり、日銀も取得価格相当額での売却であれば損失を生じさせることなくバランスシートを改善することができます。ただ、これを実現にするには、財務省と厚労省との調整が必要になるので、実際にはかなり難しいと言えます。金融政策の独立性との問題もあり、出口戦略について政治家の力を使うべきなのか日銀としては難しい判断が求められます。公式アカウントその日配信した記事やおすすめなニュースなどを、ツイッターなどでつぶやきます。税理士ドットコムはコンテンツの執筆・編集・監修・寄稿などにご協力いただける方を募集しています。税理士ドットコムはライターを募集しています。