新潟 関川村 おひつ入れ
[[ article.favoriteCnt ]]お気に入り1495View新潟県の関川村で毎年8月の最終土日に開催され、毎年2万人が訪れる「大したもん蛇(じゃ)まつり」は、長さ82.8m、重さ2tの大蛇を担いで練り歩くユニークで勇壮なお祭り。大蛇は「竹とワラで作った世界一長い蛇」として、ギネス世界記録にも認定されています!今回はこのお祭りと、魅力にあふれる関川村をご紹介します。 新潟県の関川村で毎年8月の最終土日に開催され、毎年2万人が訪れる「大したもん蛇(じゃ)まつり」は、長さ82.8m、重さ2tの大蛇を担いで練り歩くユニークで勇壮なお祭り。大蛇は「竹とワラで作った世界一長い蛇」として、ギネス世界記録にも認定されています! 「関川村猫ちぐらの会」会員にしか伝えられない「村外不出」の関川村の猫ちぐらの製法ですが、現在は道の駅を拠点に会員を募り、猫ちぐらだけではなく、その製法を生かしたご飯のおひつを入れる「おひつ入れ」の製法も、地元の若い世代に伝えています。 関川村のわら細工. 本家の猫ちぐらは「関川村猫ちぐらの会」が制作しており、大きなものでは3ヶ月待ちのようで、なかなか生産が追いついていない状況です。 猫ちぐらだけでなく「犬ちぐら」「赤ちゃんちぐら」「おひつ入れ」と多くの種類を制作しています。 TAKASE-Spa. 荒川にかかる鷹の巣つり橋は新潟県景勝100選、新潟の橋50選に選定されていて、県内屈指の紅葉の名所でもある。 地形を楽しむのは、川沿いのドライブで十分楽しめる。車を降りるのは、このつり橋くらいか。 リンク: 関川村 観光 Copyright (C) Niigata pref. 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。大したもん蛇まつりは、今年で開催30年を迎える2日間のお祭り。●ギネス世界一に認定された大蛇は必見!2001年に「竹とワラでつくった世界一長い蛇」としてギネスで世界一に認定された大蛇は、なんと村民の手作り!●約4キロの道のりを練り歩くパレード。パレードでは各集落の代表が、集落名の入ったのぼりを上げながら進みます。●パレードは大蛇がとぐろを巻いて締めくくり。最後は役場前駐車場でのとぐろを巻いて終了となります。元々は村民全員が参加して楽しむイベントとして企画されたこのお祭り。昭和42年8月28日に発生した「羽越(うえつ)水害」という災害をご存知でしょうか?8月25日(金)は17時30分~、安全祈願祭とミニ大蛇パレードが行われます。●前夜祭の花火大会。大蛇パレードのほかにも灯篭流し、花火大会、盆踊り大会、喜っ喜(きっき)大会(ジャンケン大会)、福まきなどが2日間にわたって行われます。関川村は、山形県との県境にある新潟県北東部のちいさな村。●歴史的建造物「渡邉邸」はNHKのロケ地にも。特に「越後下関 柳とせせらぎ通り」には18世紀の街並みが今も姿をとどめています。●1978年に完成した大石ダム。関川村には、春夏秋冬すべてを満喫できるレジャースポットが揃っています。●高瀬温泉の薬師堂より約600mに渡って続く桜並木。春は桜や山菜採りが楽しめます。●飯豊連峰のふもとに広がる大石オートキャンプ村は充実した設備も魅力のひとつ。夏は山や川でアクティビティ。●「鷹の巣つり橋」。紅葉の見ごろは10月下旬~11月上旬。秋にはぜひ鷹の巣へ足をお運びください。●わかぶな高原スキー場はレンタル品も充実しているので手ぶらでもOK。冬は、ウィンタースポーツを楽しんだ後に温泉でゆっくり癒されるプランはいかがでしょうか?●ワラで手作りされた、猫のかわいい住まい「猫ちぐら」。手から手へ、技とともに受け継がれてきた伝統民芸品にはふるさとの心が深く息づいています。●お野立公園にあるモニュメント。この猫ちぐらは新聞やテレビ、雑誌等に紹介され、全国的な反響を呼びました。昔から受け継がれるワラ細工以外にも手作りのお土産がたくさん。●清流荒川のおいしい水で育った鮎の塩焼きは絶品!自然の恵みいっぱいの関川村。お料理もぜひ楽しんでください。関川村は「小さくともキラリと光る村」というスローガンを掲げている通り、日本ならではの四季折々の楽しみを改めて感じることができる場所です。豊かな自然に、広がる田園風景。歩けば笑顔で迎えてくれる村の人々。新潟県といえば日本有数の米の産地としても知られておりますが、朝焼けの美しい星峠の棚田や最近話題の清津峡渓谷トンネル、桜の有名な高田公園などの観光地も豊富に...新潟にはおしゃれでかわいい雑貨のお店がたくさんあります。そこで今回はおすすめのショッピングスポットを5つご紹介します。手頃で可愛らしいアクセサリーがあった...そろそろ紅葉の季節ですね。新潟県の弥彦公園では、例年10月中旬から下旬にかけて色づき始め、毎年10月下旬から紅葉終了までライトアップも実施されます。家族と...今年の夏、都内近郊でホテルに宿泊する方、ホテル選びどうしてますか?「節約もしたいけど、贅沢もしたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方に...「お一人様でも大丈夫!」その言葉を信じてお店に足を運んだら意外と一人は肩身が狭かった...なんて経験はありませんか?そこで、お一人様専用メニューがあるお店...温かくなりテラス席で食事やお酒を堪能したい季節になりましたね。そんな季節に営業が始まるビアガーデンを楽しみにしている人も多くいるのではないでしょうか。そこ...Copyright (c) 2020 trippiece All Rights Reserved. 上の写真は、新潟県阿賀野市の「水原ふるさと農業資料館」の”ちぐら” 藁で編んだ”ちぐら”に乳児を入れて農作業をしたり、 フタ付の”ちぐら”にお櫃(おひつ)をいれて保温していたそうです。 関川村の猫ちぐらは、愛猫家の発明品でしょうか? 新潟県関川村の稲わらをつかった伝統工芸品の紹介です。 猫ちぐらの他にも色々作られています。 おひつ入れがすごいかっこいいです! -embed 関川村では「つぐら」と呼んでいたという。 ... ワラ製品には円座や、おひつ入れなどもある。 pr情報. Sekikawa vill. 2019/03/14 - 新潟県関川村の稲わらをつかった伝統工芸品の紹介です。 猫ちぐらの他にも色々作られています。 おひつ入れがすごいかっこいいです! -embed Furukawakan allright reserved. この記事の関連情報.