新幹線eチケット スマートEX 違い

「新幹線eチケットサービス」は、jr東日本・jr北海道・jr西日本の3社が、予約情報の管理から認証処理まで、センターサーバーで行なう新幹線ic乗車サービス「新幹線eチケットサービス」を3月14日から開 … 東海道・山陽新幹線のネット予約サービス 新幹線をインターネットで予約できるサービス、といえば皆さん聞いたことがある方も多いかと思います。 こちらのサービスが「ex予約」そして「スマートex」。 えっ?同じじゃないの?と思ってしまいそうですが、実は別のサービス。

Powered by 引用をストックしました引用するにはまずログインしてください引用をストックできませんでした。再度お試しください限定公開記事のため引用できません。

「モバイルSuica特急券」から「新幹線eチケットサービス」へ。東京駅から北へ向かう新幹線のチケットレスサービスが、3月14日から大きく変わる。 新幹線eチケットを使うと、SuicaなどのICカード乗車券でJR東日本の新幹線に乗ることができます。初めてでも簡単にわかるように、新幹線eチケットの要点をまとめました。 会員価格でおトクに新幹線を利用したい方には、「エクスプレス予約」がおすすめです。「ラクだ!」・きっぷがスホで買えてラクだ!・窓口に並ばなくていいからラクだ!・いつものICカードで乗れてラクだ! 新幹線のスマホの窓口 スマートEX2020.06.082020.07.222020.07.21スマートEXでもっと自由にご利用シーンに合わせて、ご家族やお友達と一緒におトクな新幹線の旅へ!旅先のJR線・私鉄・地下鉄・バスなどが乗り放題になるおトクなきっぷがあります!旅先の観光施設で、入場料の割引やオリジナルグッズプレゼントなどのサービスが受けられます!スマートEXの利用はとても簡単。お持ちのクレジットカードと交通系ICカードがあれば今すぐチケットレスで乗車可能!東海道・山陽新幹線及びJR東海とJR西日本の在来線で遅れが発生、または見込まれる場合に列車の運行状況をお知らせします。2020.07.27スマートEX公式スマホアプリ会員価格でおトクに新幹線を利用したい方には、「エクスプレス予約」がおすすめです。 新幹線をインターネットで予約できるサービス、といえば皆さん聞いたことがある方も多いかと思います。 こちらのサービスが「EX予約」そして「スマートEX」。 えっ?同じじゃないの?と思ってしまいそうですが、実は別のサービス。結局何がどう違うのか、比較してみました。 <目次>※リンクから各項目に移動できます  まずは、こちらの表をどうぞ。 この表は、EX予約公式ページ「よくあるご質問」からアクセスできるPDFの中にあります(見つけにくい) では実際にこの表をベースにしつつ、ここに書かれていないメリットなども含めてご紹介していきます! EX予約とスマートEX、共通のメリットとしては これ、一度使うと本当に便利で、例えば、予定より早く駅に着きそうな場合や遅れそうな場合なども、移動しながらスマートフォンから(最悪乗り遅れても、自由席を利用できます)※いずれも、発車前かつ新幹線の改札を通る前まで変更可能 そして何より また、いずれも  例えば普通に窓口で「新大阪~東京」というきっぷを購入すると「大阪市内→東京都区内」という乗車券がもらえます。 要するに、このきっぷで例えば「大阪駅で在来線に乗車→新大阪で新幹線に乗車→東京駅→在来線で秋葉原まで」という移動が可能になります。 それが、EX予約あるいはスマートEXの場合は、あくまで新幹線の乗車券を購入するだけなので「大阪-新大阪」「東京-秋葉原」の乗車料金が別でかかります。 ちなみに、一度改札を出なくても手持ちの交通系ICカード(Suicaなど)を重ねてタッチすることで乗り継ぎが可能です。  では、次にそれぞれの特徴と、メリット・デメリットを比較します。 まずEX予約。エクスプレス予約と読むらしいです。実はこのEX予約にも2種類あります。 まずはJR系のクレジットカードで利用できるEX予約です。具体的には 例えば新大阪-東京なら、  通常料金であれば14,450円、自由席でも13,620円なのでそれだけでもお得ですが、  こちらのメリットは、なんといっても「グリーンプログラム」利用回数に応じて、例えば新大阪-東京間なら6往復すると、次回は無料でグリーン車に乗ることができます!  先述のとおり、  専用クレジットカードがあれば乗れると思いきや、なお万 以前は乗車専用ICカードが必要でしたが、いつのまにやらおサイフケータイ対応のスマートフォン、もしくはApplePayで乗車できます!(公式サイト) これで持ち歩くカードが1枚減るのはとっても助かる! 正直、年会費に関しては なので、「出張などで、余裕で6往復以上利用する人」や  実は そしてこの「EX-IC」サービスは   いや、ええけど・・・ こちらも同じく、 もし手持ちのクレジットカードが対象であれば、わざわざ専用クレジットカードを発行する必要はありません。カードのポイントを貯めたい!という方にも便利。 対象クレジットカードは、下記ページで確認できます。 利用回数に応じてグリーン車に乗れる、グリーンプログラムは対象外です。  結局いるんかーい(笑)EX予約と同様、最悪カードを忘れても決済用クレジットカードがあれば、券売機やみどりの窓口できっぷを受け取れば乗車自体は可能です。 先述のEX予約と同じく、おサイフケータイ対応のスマートフォン、もしくはApplePayで乗車できます!(公式サイト) これで持ち歩くカードが1枚減るのはとっても助かる!私はこれで運用します。 こちらも年会費に関しては なので、 私はこのパターンです。グリーンプログラムは惜しいけど、年に数回しか乗らないからこれで十分。  最後に、スマートEXです。 もう、似たような名前ばかりで混乱してきたかと思いますので、名前のとおり、スマートに特徴をご紹介します!   要するに、好きなクレジットカードやICカードが使えるし、 ってこと。 いやー、スマートだわ! ズバリ、スマートEXが向いている人は「ごちゃごちゃ考えずにサクッと新幹線を利用したい人」「ミニマリストな人」 です!!! 先述のEX予約と同じく、おサイフケータイ対応のスマートフォン、もしくはApplePayで乗車できます!(公式サイト) これで運用するなら、もう交通系ICカードを持ち歩く必要もないですね!  「出張などで、余裕で6往復以上利用する人」や「カードが増えても良いから、とにかくお得に新幹線を利用したい人」! 「カード増えるの面倒だし、たまにしか新幹線乗らないけどお得に新幹線を利用したい人」! 「ごちゃごちゃ考えずにサクッと新幹線を利用したい人」「ミニマリストな人」 以上、参考になれば嬉しいです!    スポンサーリンク◆ひとりが落ち着く内向的旅好き◆ひとり旅・ひとり暮らしの地味ライフハック◆ちょっとの工夫で快適に◆歯列矯正(2016~)◆2018年春から図書館員◆関西在住30代◆p_pkさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?

スマートEXとエクスプレス予約の違いは、スマートEXの方が設定除外日が多いことです。 e特急券 「e特急券」は、新幹線の特急券が割引になる商品です。 スマートEXはe特急券が使えない. 「新幹線eチケットサービス」とは? 券売機や窓口できっぷを受取ることなく、お持ちの交通系ICカードやモバイルSuicaで、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線にチケットレスでご乗車いただけるサービスです。

東海道・山陽新幹線(東京~博多)の新しいネット予約&チケットレスサービス「スマートex」は簡単な登録操作ですぐに利用できる年会費無料のサービスです。 スマートEXでは、e特急券を利用することはできません。 新幹線eチケットサービスとは違い、スマートexは紙のきっぷも利用でき、2名以上の乗車はきっぷでの乗車になります。 スマートexの料金は、駅窓口での販売価格より200円安く、通常期・閑散期・繁忙期や、列車種別によって値段が変動します。