慶応 広告学研究会 実名
慶應「広告学研究会」湘南藤沢キャンパス代表で、飲み会に遅れて参加したZ。 都内の私立高校を卒業し、第一志望だった慶応大学に入学。 高校時代から通っていた横浜市内の塾でバイトをしていて、Sとは仲良しだそうです。 慶応大の広告学研究会(広研)の男子学生らが、当時18歳の女子学生にテキーラを飲ませたうえで集団強姦したとされる問題で、被害者をよく知る関係者がついに口を開いた。神奈川県葉山町の「合宿所」での悪夢の一夜に何があったのか。

慶応大学の広告学研究会の不祥事が波紋を投げかけています。 この不祥事に注目をしている方々も多数いますが、次々と隠された情報が露わになっています。 そして何と今まで名前が公にされていなかった広告 … 慶応大学の広告学研究会による不祥事が物議を醸しだしていますね。 【ミス慶応コンテスト】の加害者の名前が既にネット上では出回っており、余罪もあったことも噂されています。 逮捕は時間の問題であ …

慶応大学「広告学研究会」 1922年創立された慶應のサークル。 HPを見ると「ミス慶應コンテストの運営」「海の家の建設・経営・撤去」「フリーペーパーの発行」を3うの活動の軸としていると書かれてい …
ネット上では慶應大学広告学研究会の集団暴行事件の犯人の名前やツイッターアカウントが流出している。集団暴行事件のメンバーは中須麿奎和、辺土名玄、平澤日向、飯田基樹、富岡恵大、吉川雅人の6名と実名でネット上では話題になっている。 問題記事1:慶応大学 広告学研究会の不祥事メンバーが画像流出で特定?文春と新潮が隠蔽された真相を暴露. 週刊文春が、慶應大学ミスコンを中止させた「広告研究会」の不祥事の真相を暴きました。慶應大学の清家塾長は、「未成年者による飲酒」不祥事を理由に、慶應ミスコンの中止を決めました。しかし実際は、とんでもない衝撃事件が「海の家」合宿で起こっていました。 慶応大の広告学研究会(広研)の男子学生らが、当時18歳の女子学生にテキーラを飲ませたうえで集団強姦したとされる問題で、被害者をよく知る関係者がついに口を開いた。神奈川県葉山町の「合宿所」での悪夢の一夜に何があったのか。男子学生たちの狡猾で残忍な手口について、夕刊フジに一部始終を激白した。 事件当日までに女子学生が広研にかかわったのは、入学時に広研に声をかけられ、新歓(新入生歓迎)コンパに参加した1回のみです。このコンパの時、広研メンバーにLINEのIDを教えてしまったのです。 《9月2日午後5時、女子学生は慶大日吉キャンパス(横浜市港北区)前の日吉駅で、広研1年の男子学生2人と待ち合わせ、神奈川県葉山町の「合宿所」へ向かった。その夜、被害者は男子学生A、Bから性的暴行を受けたとされる》 リーダー格のCを含む広研メンバーから女子学生には、8月に入ってから事件当日まで何度も「アトカタの手伝いぐらい来て」と連絡がありました。それまで何度もサークル活動に誘われていたので「一度ぐらいは顔を見せないと」と、思ってしまったようです。 2つ目。やはり同じ画像を使っている。これはひどい。 問題記事2:慶應広告研究会の不祥事は海の家で…加害者メンバーの画像と名前は?(魚拓) 数々の有名人を輩出した慶應大学のミスコンを運営していた慶應大学広告学研究会が解散の処分となった。解散の理由は未成年の飲酒とされていたが、事実は異なり広告学研究会のメンバーが未成年の女子学生にお酒を飲ませ集団暴行していた事件が起きていたのだ。事件は広告学研究会メンバー6名によるものだ。あろうことか、集団暴行の際には撮影しているメンバーまでいた。どれほど非道な行いか計り知れない。しかし、悪いことをすれば自分に返ってくる。加害者6名のメンバーはネット上で名前が流出、被害届も受理されて逮捕も近づいている。ネット上では慶應大学広告学研究会の集団暴行事件の犯人の名前やツイッターアカウントが流出している。集団暴行事件のメンバーは中須麿奎和、辺土名玄、平澤日向、飯田基樹、富岡恵大、吉川雅人の6名と実名でネット上では話題になっている。また、ネット上では名前だけでなく写真もアップされている状態だ。ネット社会の現代、悪いことをすればすぐにでも特定されてしまうのだ。女子学生は動画を流失させられている。加害学生が、自分たちだけ名前を伏せたまま逃れようというのは虫が良すぎる。さらに、加害学生たちはあろうことか、被害女性の交友関係や、性格などの証拠になるLINEのやりとりなどを集め、この行為が合意の上で行われたものだという証拠としようとしているようだ。それはつまり、女子学生がそのような行為を合意の上でやるような人物であることを示すようなやりとりだというが、そんなものはいくらでも捏造ができるし、そうした会話の一部を切り取られて、被害女性への根も葉もない憶測がより強まることになる。警察はすでに今回の事件の被害届を受理している。このことから加害者たちの逮捕は間近だとされている。すでに警察は事件現場とされている神奈川県葉山町の合宿所に女子学生と検証を行っているのだ。この動きに事件の加害者たちは自分のたちのFacebookのアカウントの削除や携帯の動画を削除して証拠隠滅を図っているようだ。また、加害者たちは今回の行為は合意があったと主張している。しかし、事件の動画が流出している以上は少なくともリベンジポルノ防止法違反で罰せられるのは確実だ。集団暴行事件については事件内容を争うことになりかねないが真実をはっきりさせて悪事を働いた犯人たちには反省をしていただきたい。最低な事件である。未成年に飲酒させることすらいけないことだ。その上で集団暴行事件を起こしているのだ。被害者女性の心の傷は計り知れないだろう。しかも、犯人たちは合意の上と主張しているのだ。厚かましいにもほどがある。犯人たちの実名や画像がネット上では流出している。悪いことをすれば特定できる時代なのだ。自分たちが起こした事件なのだから致し方ないだろう。今後の事件の行く末を見守っていくが、犯人たちには反省をしてもらいたい。関連記事初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。Copyright ©