循環器 レジデント おすすめ 本

内科レジデントの鉄則内科レジデントの鉄則 第2版聖路加国際病院のチームが書いている本です。研修医のバイブル的存在ですね。私は5回ほど繰り返して読みました。発熱、胸痛、腹痛の鑑別など、担当患者の呼び出しや救急外来・erでも使用できるような内容 循環器専門医を目指すレジデントにとって必要な情報を端的,かつわかりやすく解説した書籍。どのようなときにどのような情報が必要かを考え,項立てを実施。カルテにはどのように記載したらいいのか,目の前の患者さんの症状から考えられる疾患はなにか,緊急患者への対応法,検査の目 タイトル的にはレジデント向けの本なので看護師向けの本ではないです。しかし、本の冒頭説明文に循環器勤務看護師向けとも書いてあるので、看護師が読んでも大丈夫そうです。 posted with ヨメレバ. FacebookやTwitter、Instagramでも情報発信していますのでぜひフォローしてくださいね。次の記事 専門は循環器内科の医師です。医学生・研修医・医師に役立つ内容を主に発信しています。m3.comというサイトで「 ご意見、お問い合わせ、お仕事のご相談はご意見、お問い合わせはこちらからどうぞ!プライバシーポリシーも合わせてご確認をお願いいたします。なお、個別の症状や治療に関する質問はお答えできませんのであらかじめご了承ください。 循環器内科推薦図書 研修医・レジデントにおすすめの循環器内科のおすすめの教科書・本を項目別にご紹介いたします. 項目としては,循環器内科全般,心電図,不整脈,高血圧,心エコー,血栓,循環器 … SHARE【最終更新:2020年1月19日】国家試験に受かって臨床研修医になり、現場でこれまで勉強したことのないような知識を要求されてうんざりしている人は多いでしょう。看護師さんから、などと矢継ぎ早にきかれ、パニック状態に陥った人も少なくないと思います。こういう知識はどこの科に行っても普遍的に必要なものばかりですが、その多くは国家試験では問われません。 でも安心してください。なぜなら近年は、若手医師向けの便利な参考書が多数出ています。それらを順番に読んでいけば、簡単に身につくような知識です。 しかしながら、研修医向けの本はあまりにも多くなっており、かえってうっかりマニアックな本を買ってしまい、途中で投げ出してしまったら買った意味がありません。また医師向けの参考書は価格が高いものが多く、まだ給料の少ない研修医にとって、買うなら後悔はしたくないはずです。 そこで今回は、全てエッセンスを吸収するのに最適な、わかりやすい本ばかりです。また大部分は研修医の時点では、まずそういう内容を優先的に身につける必要があるからです。 すべての書籍で、以下の4項目を評価しています。研修医時代に当該分野の知識を身につけるために、他のどの本と比べてもその本が必要といえるかどうかという点を評価。 本があまりに分厚いと本を読み進める時のモチベーションが下がります。薄くてすらすら読める方がモチベーションは維持しやすいでしょう。「薄さ=最初から最後まで通読しやすさ」です。 わかりやすい言葉で書かれているか、という点です。難解な言葉を使っていると疲れてしまいます。 臨床研修修了後も、「軽く確認したい」と思ったとき、必要事項がどこに書いてあるのかわかりにくい、もう一度通読しなければならない、となると継続的には使いにくくなります。高いお金を払う以上、 なお、研修医時代は有用な本をまとめ買いすることが多いため、ぜひ読んでみてください。 それでは、前置きが長くなりましたが順に見ていきましょう。以下のオススメ本は、定期的に情報収集しつつ自ら購入して読み直し、最新の情報に更新し続けているのでご安心ください。 目次必要性:★★★第4版まで出ている、若手医師向けの抗菌薬の参考書の中ではこの本の長所は、抗菌薬の考え方や実際の使い方をすべて網羅しており、しかも ただ、長い文章を読むのが苦手、という人がいれば次の本をおすすめします。 必要性:★★☆こちらは非常に薄く、またポイントを絞ってあるため、言葉も平易でわかりやすく、すぐに通読できます。個人的には、「抗菌薬の考え方、使い方」を通読したのち、こちらの本も購入して再度知識を整理し、必要事項の参照にも使うというのがベストだと思います。 必要性:★★★どの科に進むにしても、したがって、上記の感染症の基本事項を押さえたあとは、当然、外来患者と入院患者は背景因子が異なるため、感染症に対するアプローチも全く異なります。この本は、臨床研修が終わっても、担当患者さんの継続使用性も高く、購入を強くおすすめします。 必要性:★★★こちらも、感染症領域では超有名な参考書です。非常に分厚いため、サクサク通読できるというタイプの本ではありませんが、感染症に困った時には必ず参照することになります。 どの科に進むにしても、何より患者さんにとってベストな医療を提供できません。こちらは臨床研修が終わってもかなり長期的に使えるため、値は張りますが、コストパフォーマンスを考えれば全く高くはありません。もちろん感染症の「エッセンス」を身につけようという動機であれば、まずは最初にあげた本で勉強すべきです。感染症についてもっとオススメを知りたい方は以下の記事をお読みください。 必要性:★★★酸塩基平衡、電解質に関する参考書でロングセラーの有名な本です。電解質関連でも多数の参考書がありますが、苦手意識がある人も多く、分厚い本や詳しすぎる本だと途中で読む気をなくしてしまう恐れがあります。この本はさらに、臨床研修が終わったあとも輸液で困った時に参照できます。 必要性:★★★同じ先生の本ですが、こちらも薄くて読みやすく表現もわかりやすいのが特徴です。輸液に関する、より実践的な知識がまとめてあります。しかし、科によっては「頻繁に遭遇する」わけではないので、その都度本を参照したくなることも多いものです。この本は、適時参照する、といった使い方も可能で、 必要性:★★★栄養は奥が深い分野です。投与経路は経口、経腸、末梢点滴、中心静脈と様々にあります。経腸栄養剤は種類が非常に多く、使い分けも難解です。しかし栄養は患者のアウトカムに影響を与える重要な因子で、 この本は、栄養の考え方から実践まで簡単に理解できるわかりやすい本です。薄くてすぐ読めますし、あとから参照もしやすい書き方になっています。 必要性:★★★この本もロングセラーの名著です。人工呼吸に関して苦手意識のある研修医の先生は多いのではないかと思います。この本は、人工呼吸の考え方から実践まで非常にわかりやすく解説されており、人工呼吸の座学では当然ながら、人工呼吸管理は、ただ、読み物に近く、「必要時に参照する」という使い方をするなら後述の本の方が便利なので、継続使用性は低くしました。 必要性:★★★ 呼吸生理から人工呼吸の仕組み、設定までの具体的な内容まで、とにかく解説が平易で分かりやすく、堅苦しい表現は全くありません。 最後は具体的なケーススタディまで付いており、まとまりが良いため上述の「人工呼吸の考え方」とともに、ぜひ買っておくべき1冊です。 必要性:★★☆さらに知識を整理したい時に、次に手に取るべきはこの本です。イラストが多く、上の本で基礎的知識がまとまっていれば非常に使いやすい本です。呼吸器のモードもポイントを抑えてわかりやすくまとまっており、困った時にも参照しやすく、継続使用性も高い本と言えます。 必要性:★☆☆原書は英語ですが、私は英語で通読しましたが、日本語で読んでも問題ないでしょう。 当然ながら、この本は、胸部写真でこれほどのことが読み取れるのか、というくらい研ぎ澄まされた読影方法を紹介しています。途中のコラムも興味深くて面白く、英語でも比較的読みやすい本です。臨床研修が終わると、こういう本をゆっくり読む時間も気力もなくなってしまいます。 必要性:★★★心電図に関して書いた本で、これまで挙げた本の中で最も薄く、参考書というより、心電図の考え方を学ぶ「読みもの」に近い本です。しかしこれを1冊読めば、エッセンスだけを吸収するなら最適の本です。私はあらゆる研修医の先生にこれをすすめています。 必要性:★★★これは通読も一応可能ですが、どちらかというとその意味で心電図に関して分野別に実例を挙げ、網羅的に説明してあります。大判なので、実例の心電図が見やすいという特徴もあります。心電図の知識も、机に1冊置いておけば常に参照できる便利な本で、研修医のうちから買っておくべき本だと思います。 必要性:★★★こちらは文字が少なく「当直中の研修医が心電図所見を電話で上級医に報告する」という状況がテーマの一つになっており、コンサルト時にも非常に役に立ちます。病態ごとの整理の仕方も非常に分かりやすいです。 必要性:★★★読み物のように読みやすく、しかし、集中治療領域ではあらゆる疾患を診るため、ポイントを絞ってエッセンスだけ、というわけにはいきません。よってそれなりに分厚く、骨のある本です。ICUローテートがある場合は必ず読んでおきたい1冊ですが、臨床研修が終われば集中治療領域に関わる可能性がない、という人にとっては継続使用性は低いでしょう。よって、継続使用性は評価不能としました。 必要性:★★☆2019年3月に新版が出ました。ICUローテート中に多くの人が買う参考書です。上の本と同様に、臨床研修後に集中治療領域に関わる可能性がない人にとっては、継続使用性は低いでしょう。分厚くてボリュームは大きいですが、困った時に参照するには最適の本で、ICUがローテートに含まれる研修医は、前述の本とともに必ず買っておくべきでしょう。 必要性:★★★外科をローテートし、実際に外科手技を経験する機会がある人なら買っておくべき本です。非常に薄く、イラストはわかりやすく、持針器の持ち方から運針の仕方、縫合の基礎など、 もちろん完全な入門書なので、外科志望の人が長期的に使えるというものではありません。逆に、外科志望ではないけれどむろん外科志望でも最初は役に立つので買っておくべき本です。 皮膚の消毒や道具の種類、腰椎麻酔など、なかなかまとめて学習しにくい細かい知識が一冊にまとまっています。手術器具については、鑷子一つとっても、有鈎(鈎ピン)、無鈎、ドベーキー、アドソン、ラミネクの違いが書かれてあるなど、まさに後半は、個別の術式や解剖を網羅していますが、これも 消化器外科志望でなければ、後述するイラストレイテッドに書かれた詳細な膜の解剖を見て尻込みする人がいるかもしれません。一方この本は、 必要性:★★☆最も有名な若手向け手術書の一つです。これほどわかりやすい手術書は他にありません。消化器・一般外科志望であれば外科志望でない人でも、外科ローテートが比較的長く、手術の内容もちゃんと勉強しておきたいという先生にはぜひ買ってほしいと思います。私のように消化器外科を専門とするなら継続使用性も極めて高いですが、消化器外科志望でないのなら、継続使用性は低いでしょう。よってこちらは評価不能としました。 なお、上はおよそB4サイズの大型版、下は半分サイズの縮小版です。ただ縮小版であってもそれなりに分厚く、白衣のポケットに入れて持ち運べるようなサイズではありません。机で見ることを前提とするなら、絵が見やすい大型版の方が良いかもしれません。 必要性:★★☆この本は、写真は綺麗でスケッチも付いており、病理診断との照らし合わせもできて、原理からわかりやすく説明されています。あらゆる疾患が網羅されており、末尾には実際の症例から学べるコーナーもあります。胃透視の本もたくさんありますが、 胃透視の読影知識は、消化器内科、消化器外科ローテート時には必須ですが、志望科が違えば継続使用性は低くなります。全員に普遍的に勧めるかどうかは難しいのですが、消化器内科ローテート時に必要な本は以下でまとめています。 なお、外科ローテートは、消化器外科志望か、その他の外科系志望か、あるいは内科系志望(外科系志望以外)かでおすすめの本は異なります。志望科別にさらに詳しくまとめた記事がありますので、ぜひそちらも参照していただけばと思います。 必要性:★★★ある年齢以下の医師では誰もが知っている有名な本です。あらゆる疾患がスマートにまとまっているし、非常に読みやすいのが特徴です。臨床研修が終わっても当直などで救急外来勤務がある人や、外勤などで救急外来勤務がある場合は再使用するかもしれず、ある意味継続使用性は高いと言えます。 必要性:★☆☆非常に読みやすく、楽しく読めてあっという間に全巻を通読できる素晴らしいシリーズです。ただ、掲載されている情報の詳細さは、初期研修医のレベルをやや超えている印象です。(「ビヨンドレジデント」ですので、その名の通りですが)研修医時代の救急業務に「必須」とまでは言えませんので、良書なのは間違いないので、救急ローテートが長く、余裕がある人にはオススメです。 必要性:★★★例えば緩下剤を処方する際に、マグミット、センノシド、レシカルボン坐剤、ラキソベロン、のいずれにすべきか、と迷ったことはないでしょうか?あるいは、眠剤を処方したい時に、マイスリー、レンドルミン、デパス、といった選択肢で迷う、ということもあるかもしれません。この本は、1冊持っておけば、 必要性:★★☆麻薬は、内服、点滴、座薬、パッチ、皮下注など投与経路が様々で種類も多く、使い分けが難しいと思っている人も多いのではないでしょうか?この本は、麻薬性鎮痛薬の中には、癌性疼痛に限らず、術後の疼痛などでも使うものがあるため、麻薬の知識は身につけておく必要があります。もちろん「癌は絶対に診ない」という科を目指す人にまでおすすめできる本ではありません。将来の志望科で緩和医療の知識がどのくらい必要か考えて買うのが良いでしょう。 必要性:★★★むろん、麻酔科志望でない限り、ローテートが終われば開くことはほとんどないかもしれません。ただ、外科系志望の医師は、病院によっては自科麻酔を行うことがあるため、買っておいて損はないでしょう。 必要性:★★☆最後に番外編として、一つオススメの書籍毎回、誰もが名を知る著名医師のインタビュー記事から始まるのですが、これが非常に素晴らしいです。さらに、臨床に役立つ知識をまとめた(訴訟事例は、いつ自分の身に降りかかってもおかしくないものが多いです) 購読方法はまだ会員でない人は、早いうちに会員になっておきましょう。詳細は以下の記事をご覧ください。以上全24冊です。私は本を読むのが好きで、研修医時代に限らずこれまでとにかくたくさん本を買って読んだので、この場ですべて買ってしまっても後悔はないと思いますが、ローテートの順番などに合わせて自分なりの優先順位で買っていただきたいと思います。まとめ買いする場合は以下の記事もご参照ください。 ・・・・・東洋経済onlineに・NHK総合・・・・ペンネーム:外科医けいゆう医師。消化器外科専門医。二児の父。Twitterでも毎日情報発信しています。 取材やお問い合わせはこちらからどうぞ!※当サイトは、個別の症状・治療に関するご相談、ご質問にはお答えしません。 Sponsored Linkこんにちは、たくゆきじ(今回の記事ではを紹介します。私は専門がそして何冊か読んでみたところということに気付きました。そこで今回の記事ではを紹介します。今回紹介する本は循環器内科医が専門性の高い知識を身につける本ではないためご理解下さい。Sponsored Linkこの記事の目次循環器内科として働くためには心電図は必須の知識なので、参考書を何冊も読みました。その結果ということに気付きました。具体的にはそれぞれ解説します。心電図の本を買おうと思っている人の中でも色々なレベルの方々がいます。ここで挙げた方々は心電図のベースの知識がそれぞれ異なっています。と研修医が思う教科書でも、循環器内科医が読めばとなることもあります。もう一つのポイントとしては私は何冊か読んだところ心電図の本は2種類に大別できることを知りました。の2種類です。通読型の本とはこのカテゴリーに属する本はわからないときに調べるのではなく時間があるときに通読すべき本です。こういう通読型の本はとなりがちですが、私の経験上読まないことが多いので4-5時間程度の時間をとって一気に読んでしまいましょう。できればさらっと音読するとより頭に入りやすいのでおすすめです。辞書型の本は臨床の現場では不整脈の定義などや自動判読でわからない所見が出てきたときに使う本となります。例えば「答えは「かといって英和辞典を通読するのは厳しいように、辞書型の本を通読するのは困難です。このように心電図の本といっても使い方がぜんぜん違うので、用途に合わせて選ぶのが大事です。心電図の本は通読型と辞書型に分類されます。余談ですが私が学生の頃に心電図の勉強をしようと思った時、辞書型の教科書を買っていました。当時私はと思い頑張って読みましたが、通読できずに挫折しました。その時私はと思い、正直心電図が嫌いになりました。しかし今振り返ってみると私が読もうとしたのは辞書型の本だったため、そもそも通読すべき本ではなかったのです。このときの経験からレベルに合わない本や用途に合わない参考書を選ぶと、時間もお金も損することを知りました。ただそんなことを言われてもと思ってしまいますよね。ここからは私が実際に読んだ心電図の本を読者のレベルと用途に応じて紹介していきます。おすすめの心電図の本を全部で4冊紹介します。内容は心電図の初学者のための本です。初学者の中でもというレベルの読者でも理解できるくらいわかりやすく書いてありますので、心電図に自信のない方はぜひ読んでみてください。内容は心電図の判読の順番を紹介した本です。また心電図に必要以上の意味を求めようせずと心電図の限界に触れられているところも面白いです。ページ数も薄く一気に読み切ることができるので、心電図の読む順番を学びたい方はご一読を。ただ個別の心電図の解説には乏しく国家試験の勉強にはあまり適していないと思います。ただ「王道」ときくとと思われるかもしれませんが全くそんなことはありません。ご覧のとおり本書では軽妙な語り口でわかりやすく心電図の解説がなされ、着実に心電図の理解が深められるような工夫が凝らされています。解説されている内容も心電図を読むために必要最小限の項目だけで、本書内でもこのように述べられているくらいですからね。着実に心電図の理解を深めたい方におすすめの書籍です。冒頭で書いた私が通読を挫折した本というのは実はこの今振り返ってみると完全に辞書として使うべき本なので、通読できないのはしょうがないと思いますね。定義や波形もとても詳しく書いており、わからない心電図について調べるのに適しています。医局の机の上にあると安心感がありますので、ぜひ一冊おいておきましょう。通読型の本として紹介した参考書は3冊ともどれも大変わかりやすい本なので対象は心電図の初学者であることに変わりはありませんが、微妙な違いがあるのでお伝えします。国家試験の勉強にも大変役立ちますのでどちらかといえばという方向けなので、どちらかといえば解剖なども含め総合的な心電図の理解を深めたい方であれば医学生でも研修医でもどなたでも読んでいただきたい書籍です。参考にしていただけましたら幸いです。最後にホルター心電図のおすすめの本である「この本をおすすめする人は以下の人となります。またこの本の内容はこの記事では 他におすすめする医学書はこちらの記事でも紹介しています。Amazonで買い物をするときは現金チャージでAmazonで買い物をされる方はぜひご利用下さい。 Sponsored Linkこの記事が気に入ったらフォローしようCATEGORY :感染症・抗菌薬のおすすめの本・教科書|感染症診療の手引きペースメーカーのおすすめの本・教科書|個人授業・心臓ペースメーカー【厳選9冊】初期研修医におすすめする本・教科書・参考書を紹介!おすすめの心電図の本・教科書|レジデントのためのこれだけ心電図おすすめの心電図の本・教科書|心電図のみかた、考えかた医学書・教科書・参考書を少しでも高く売るならメルカリがおすすめです。専門は循環器の内科医師です。 レジデントのための循環器疾患診療マニュアル: CCUレジデントマニュアル (第2版) 循環器Physical Examination [動画・心音186点付] 診断力に差がつく身体診察! 私が気づいたことや学んだことを書き記していくブログです。 薬剤師におすすめの循環器の本・参考書をご紹介します。循環器の薬は抗不整脈薬から抗血小板薬、降圧薬まで幅広く重要な薬が多くあります。また、命に直結する上に、需要も高く、薬剤も日進月歩です … Amazon これらを踏まえ、心電図の教科書は2冊買うことをオススメします。 前述したように心電図の教科書は通読型と辞書型に分類されます。 自分のレベルにあわせた通読型の教科書を一冊買って通読し、加えて臨床の現場や国試でわからないときに調べる辞書型の教科書を一冊買うのがベストです。 余談ですが私は学生の頃、心電図の勉強をしようと思った時に辞書型の教科書を買いました。 当時私は と思い頑張って読みましたが、通読できずに挫折しました。 その時私は と思い、正直心電図が嫌いになりまし … レジデントのための循環器疾患診療マニュアル: CCUレジデントマニュアル (第2版) 循環器Physical Examination [動画・心音186点付] 診断力に差がつく身体診察! 人工呼吸器に苦手意識を持っている新人看護師さんに是非読んで欲しい一冊 です! 会話形式でわかりやすく解説されており、実際の現場での設定なども解説されているので 初めて人工呼吸器の参考書を買うなら是非この本をおすすめ します。 循環器内科のおすすめの本・医学書・参考書|まとめ 以上循環器内科領域でおすすめする本を紹介しました。 本を選ぶ際の参考にしていただけましたらとても嬉しいです。 おすすめ度. ちょっと循環器のメインからは外れますが非常におすすめしたい一冊です。  でいかがでしょうか。  Amazonでもスクラブ手に入ります!                                      2019 AtWiki, Inc.