巨人 2002 スタメン

家族や自分の事より、プロ野球発展のためブログに命を込める素人野球バカのブログのため、経験者や識者の声も聞きながら双方向で発展させていきたいと考えてますので、積極的な交流をお願いします。 2002年の読売ジャイアンツでは、2002年シーズンの読売ジャイアンツの動向をまとめる。.

この年の読売ジャイアンツは、シーズン序盤は開幕7連勝で飛び出した日本シリーズではこのシーズンオフ、本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。なお、退団の去就はスポーツ関係又は芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。 巨人が9月の中日との直接対決に4勝2敗と勝ち越して、最終的にセ・リーグ優勝を果たした。 しかしクライマックスシリーズの第2ステージで中日に3連敗し、また中日の強力なリリーフ陣に打線が封じられ、5年ぶりに日本シリーズに出場することが出来なかった。 88 読売新聞の不買運動もあった就任1年目に巨人を日本一へと導いた名将・藤田元司/プロ野球20世紀・不屈の物語【1980~81年】 週刊ベースボールonline 2020/7/24 11:05 ビールはもっぱら本麒麟、最近スーパードライやキリンラガービールの味を忘れつつあります。 コロナの影響でプロ野球の開幕が延期されていましたが、そして巨人が開幕戦を勝利し、通算6000勝をあげました。そこで今回は、・【巨人】開幕スタメン2020・【巨人】先発ローテション2020・【巨人】リリーフ投手2020について調査していきます!また、この記事の後半では、ぜひ、合わせてチェックしてみてください!— スポーツ報知 巨人取材班 (@hochi_giants) 巨人・中島が2安打「力むことなく打席に」開幕スタメン有力 — スポーツナビ 野球編集部 (@sn_baseball_jp) 2000年ドラフト5位で巨人に入団。2008年・2009年・2011年・2012年に、私の予想は中島宏之選手がスタメンです。— スポーツ報知 巨人取材班 (@hochi_giants) 巨人 — スポニチ巨人担当2020 (@SponichiGiants) 2014年にドラフト1位指名で巨人に入団。2018年から89代目4番打者を任され、プロ野球開幕まであと6日。— スポニチ巨人担当2020 (@SponichiGiants) 小学1年生のときに野球を始め、2006年、巨人パーラ、母国ベネズエラに40トンの食料支援 — スポーツナビ 野球編集部 (@sn_baseball_jp) ベネズエラ出身。ジャイアンツやナショナルズとの契約を経て、【一軍】九回、 その裏、日本ハムから得点を奪えず試合終了。— 読売巨人軍(ジャイアンツ) (@TokyoGiants) 広島カープとの契約を経て、2019年は全試合出場し、個人では、4年連続5度目のベストナイン、【一軍】五回、1死から — 読売巨人軍(ジャイアンツ) (@TokyoGiants)  巨人 — スポニチ巨人担当2020 (@SponichiGiants) サンチェスはまだ自分を出しきれてない。— あれっくすゲレロン(西日本最大の虚カス) (@NPB_MLB_MMA_NBA) 巨人 — スポニチ巨人担当2020 (@SponichiGiants) 巨人 — スポニチ巨人担当2020 (@SponichiGiants) メルセデス 2回無安打無失点 「鼻息を荒くして開幕日を迎えるだけです」 — スポーツ報知 巨人取材班 (@hochi_giants) 【巨人】桜井俊貴 2軍楽天戦に先発し5回1失点 開幕ローテへ「万全の準備ができました」 (スポーツ報知)◆2軍練習試合巨人―楽天(17日・G球場)巨人の桜井俊貴投手(26)が、2軍楽天戦に先発し、5回7安打1失点だった。 — ルパン22世 (@lupin22nd) 原監督は先発ローテーションを6人で回していく計画です。その他にも巨人は投手層が厚いですね。次に中継ぎは次の選手と予想します。6月18日です。宮國や太田が外れて、少し予想と外れました。抑えはプロ野球開幕まであと12日。昨年途中加入の右腕は、リーグ優勝を決めた試合の胴上げ投手 G党面担的に思い出の背番号12は”神足”鈴木尚広選手です— スポニチ巨人担当2020 (@SponichiGiants) 昨年はシーズン途中加入ながら今年も絶対的なクローザーとして活躍することを期待します。さて、ここまで・【巨人】開幕スタメン2020・【巨人】先発ローテション2020・【巨人】リリーフ投手2020について調査してきました!いかがでしたでしょうか?開幕戦では菅野智之選手がよく投げ抜きました。青森県出身で、音楽鑑賞に歌うことが好きな女子大学生です!今私は、栄養士になるために勉強を頑張っています。でも世の中のニュースや出来事について、特に人物についてはよく知らないといけない思っています。このサイトでは、わたしが気になった人物について情報を発信していきます。この情報からもっと知識や自信つけていただき、あなたの力になりたいと思っています。青森県出身で、音楽鑑賞に歌うことが好きな女子大学生です!今私は、栄養士になるために勉強を頑張っています。でも世の中のニュースや出来事について、特に人物についてはよく知らないといけない思っています。このサイトでは、わたしが気になった人物について情報を発信していきます。この情報からもっと知識や自信つけていただき、あなたの力になりたいと思っています。 趣味のソフトテニス歴と同じだけの長さ、ずっと応援し続けてきました。 夜の晩酌の肴は、もっぱらプロ野球観戦、ストーブリーグは各球団の戦力分析かパワプロで過ごすアラフォーパパ。 本節では、本シーズン開幕から本シーズン終了までの入退団について記述する。 読売新聞の不買運動もあった就任1年目に巨人を日本一へと導いた名将・藤田元司/プロ野球20世紀・不屈の物語【1980~81年】 週刊ベースボールonline 2020/7/24 11:05.

・ソフトテニス

ビールはもっぱら本麒麟、最近スーパードライやキリンラガービールの味を忘れつつあります。 このページでは、各年度の巨人軍の選手を紹介しています。 選手名鑑. ・野球観戦(もっぱらテレビで)

趣味のソフトテニス歴と同じだけの長さ、ずっと応援し続けてきました。 2019年はサカマルコンビ、4番岡本和真、1番亀井善行がハマって、強力な打線を築いた読売巨人軍ですが、歴代の巨人打線の中には、最強を誇った時代もあれば、最低と呼ばれた時代もあったりしました。2019年打線はセ・リーグを制覇しましたが、日本一奪回は叶わず、特に日本シリーズでは坂本勇人選手と丸佳浩選手が封じ込められて、得点力が低下したのも事実です。 サカマルコンビや岡本和真選手だけに頼る打線では、日本一にはなれないので、さらなる底上げが必要ですが、2020年の打線はどんな姿になるのだろうか?想像するだけで、今から楽しみしかないですが、中でも一年の中心となる開幕スタメンを誰が務めるのか?はファンなら多数の議論が出来るはずです。そこで、筆者なりの考えで2020年の巨人開幕スタメンを考察していきたいのと、歴代の巨人スタメンも振り返っていきたいと思います。 目次2020年のスタメンを考察するにあたり、原監督のスタメンに対する考え方を見ていきたいと思います。原監督は3回監督に就任していて、となりますが、それぞれの開幕スタメンを振り返っていきたいと思います。 第一次原政権ですが、2002年、2003年は松井秀喜氏のメジャー移籍にともなく主軸が変わっていますが、高橋由伸、清原和博、江藤智、阿部慎之助を要する重量打線の時代です。ちなみに2002年は日本一、2003年はセ・リーグ3位の結果でした。 続いて第二次原政権ですが、2006年セ・リーグ4位に沈んだ事で、FAで小笠原道大選手、オリックスから谷佳知選手をトレードで獲得し2007年セ・リーグ優勝、2008年にはアレックス・ラミレス、セス・グライシンガー選手を獲得しセ・リーグ連覇を果たします。2009年には日本一とセ・リーグ3連覇を果たし、巨人軍復活を果たしますが、2010年、2011年とセ・リーグ3位に終わり、新しいチーム作りへと方針転換していきます。2012年には横浜から村田修一選手を獲得、4番には阿部慎之助を据えて核と据えた他、サカチョウコンビの1、2番が打線を引っ張る形になりました。この結果、2012年は日本一、2013年、2014年にセ・リーグ優勝と、原監督はセ・リーグ3連覇を二度達成する事になります。2015年は小林誠司選手が2014年ドラフト1位で入団し、阿部慎之助選手がファーストへコンバートされる形になりましたが、今まで枢軸として活躍してきたメンバー達の成績が軒並み降下し、セ・リーグ2位の結果に終わりました。ここまでの第二次政権では、「そして、阿部慎之助選手を主軸に据えるまでは、生え抜きの四番ではなくFA選手を起用し、責任を全うさせる形が続いています。 2019年から原感渡航が第三次政権を担う事になりますが、2015年からの3年外から解説者として野球を見る中で、またメジャーなどの最新戦略を学んだ中で、「2番最強打者説はメジャーで定説になりつつあり、根拠としては「 従来の4番最強打者説に基づけば、極端な例ですが1~3番までが単打で満塁、4番が満塁ホームランなら4点。という理論がなりたっていたわけですが、たしかに理論上は最強打者は4番となるのですが、逆を言えばメジャーでは初回に先制点を取るために、3番でなく2番に最強打者を取る根拠はセイバーメトリクスに基づくもので、→ 上記のように1番と2番に出塁率が高いバッターを配置するのが、一番得点効率が良いという事になりますので、2019年の原監督が考えた開幕スタメンは、二番打者に坂本勇人選手を入れていますが、セイバーメトリクスの視点から見ると、一番吉川尚輝選手の出塁率は.300ギリギリというところでふさわしくないです。しかし、オープン戦から好調をキープし、アピールに成功した事で1番打者に吉川尚輝選手を配置できる事がわかったので、思い切って坂本選手を二番に配置する事が出来たと言えます。 さらに、原監督の中では坂本選手と丸選手をくっつけて、広島の「タナキクマル」のような切れ目のない打順を組みたいイメージがあったと思います。同じように長打率、出塁率共に高い「 残念ながら吉川尚輝選手の腰痛離脱で開幕スタメンの肝となる1番~4番までの打順はすぐに終わってしまうのですが、亀井善行選手が1番に入った事で、サカマル+岡本和真選手の打線は切れる事なく、対戦相手の脅威となり続けました。ちなみに、亀井善行選手の2019年の長打率、出塁率、OPSですが、と出塁率が.350にせまっており及第点と言えそうですが、セイバーメトリクスの視点から言えば、出塁率は.400に近い数字は求めたいところです。亀井選手の場合は、「 出塁率を高めるには、一言で言えば「ボールを見極めるという事は、それだけ投手に球数を投げさせる確率が上がるので、四球は自然と増えるのは明白ですが、実は同時に三振も増える傾向にあります。早打ちの傾向がある打者だと、出塁率は上がらない可能性があり、高橋由伸選手や亀井善行選手は、データ上で言えば一番打者には向かないという事になります。 先ほどのセイバーメトリクスに基づいた打順のイメージだと、1番、2番打者の仕事は「三振数が増えても、出塁率が上がれば、それで問題ないという事になりますし、坂本勇人選手の場合は2019年に長打率も.575と高い数値を示したので、長打も備えた出塁率の高い二番打者という事で、適性十分という事を示しています。 となると、あとは1番打者に出塁率が高い打者を配置すれば、巨人最強打線の完成となるのですが、その可能性を担える選手を探してみたところ・・二軍の成績も考慮した場合に、候補者は6名いますが、怪我さえなければ一番打者の筆頭候補は「また、一軍と二軍の両方で結果を出している石川慎吾選手や増田大輝選手は、セイバーメトリクス上の一番を担える可能性は伺えますし、二軍だけの成績を見れば、山下航汰、北村拓己両選手にもチャンスはあります。に打ち勝っていく必要がありますが、全くチャンスが無いわけではありませんので、頑張ってほしいところですね。 ここまで前置きが長くなりましたが、原監督の思考を考えながら、考察した結果、という二点を重要視する事と、もう一つ今年の課題でもあった「はとても大きな課題になります。 現状で考えられるレギュラーは、この5人しかいなくて、レフト、ライト、ファーストの3ポジションが空き状況になりますが、レフトには新外国人ジェラルドパーラ、ライトには亀井善行、ファーストには大城卓三もしくは獲得予定の新外国人。となりそうです。ファーストの新外国人は流動的なので、新外国人が入らない打線で考えると、順当にいけば3人を並べたいところですが、開幕戦が横浜DeNA、今永投手が開幕投手と予想されるので、この9名で2020年の開幕スタメンを予想してみたいと思います!徳光和夫さんの「ラジオ日本新春スポーツスペシャル」に原監督が収録にやってきました!この中で改めて1番と5番の重要性を語っていて、特に1番に関しては「出塁率はもちろんですが、ある程度は迫力のある人を置きたい」、「どうせ打てても単打くらいだろと思われる一番は嫌」と語っています。さらに、亀井善行選手にも触れて1番も良いけど、6番、7番あたりを任せられると、チームの幅が出てくるともコメントし、吉川尚輝、重信慎之介選手の名前も挙げていようようです。この発言を受け、改めて開幕スタメン予想ですが、北村選手は、ファームでは出塁率と長打率が高く、特に出塁率に関しては村田コーチが合格点を出しているほどなので、キャンプ、オープン戦で結果を残せば、今永対策として もう一つ、筆者の独断ですが、のように、出塁率が高い山下選手を一番に持ってくるのも面白いと思い、同時に若手の出塁率が高い北村選手と吉川選手をジグザグに組んでみた打線も、今永投手は嫌がるのでは無いか??と思います。 最後に、巨人の歴代開幕スタメンをまとめていきます。随時情報は更新をしてきたいと思いますが、1936年から遡ります。1投手、2捕手、3一塁手、4二塁手、5三塁手、6遊撃手、7左翼手、8中堅手、9右翼手の守備位置になります。 ここまでが戦時中の開幕スタメンとなります。 打撃の神様、川上哲治氏が4番に定着、長きに渡って巨人を引っ張っている時代です。 1958年長嶋茂雄氏が入団、川上哲治氏が引退し、時代が変わり、1961年の王貞治氏の入団によってON時代の幕開けです。 1965年から1973年までの間、「エースのカネヤンこと金田正一氏、ONを中心とした固定されたレギュラーが川上哲治監督のもと、最新の野球理論を取り入れていきました。 1974年に長嶋茂雄氏が引退、巨人の監督も川上哲治氏が退任し、長嶋監督が誕生するも最下位に低迷。 1976年に前年最下位から一転リーグ優勝を果たし、1977年も連覇を果たしますが、1978年2位、1979年5位と低迷し、1980年の長嶋茂雄辞任へと繋がっていきます。この間に、1979年のオフには「 1980年に王貞治氏が引退、翌年に原辰徳氏が入団し、長きに渡り4番を打つ事になりますが、1980年代の巨人はテレビの視聴率が20%超え、スター選手が数多く在籍した時代です。当時の開幕投手は、競い合うかのように江川卓氏と西本聖氏で争われており、筆者も物心がついて巨人をテレビで見始めたのは、この頃からです。 巨人に桑田真澄、槙原寛己、斎藤雅樹の3本柱と呼ばれるエースが誕生。原辰徳氏が4番を務めてきますが、1992年に長嶋茂雄監督が復帰し、毎年補強を繰り返していきます。 1993年にFA宣言の落合博満氏、1992年ドラフトでは松井秀喜氏を獲得した事で、開幕スタメン入りしています。その後、広沢克己氏、清原和博氏のFA移籍、高橋由伸氏がドラフト1位で入団してくるなど、毎年補強は繰り返されていきます。 2000年以降は、上原浩治氏が開幕投手を担い、FA移籍や他球団の主力を引き抜き、毎年のように主力が移籍してくるようになり、監督も長嶋茂雄氏から原辰徳氏、堀内恒夫氏へと変わっていきます。当時の巨人は、大型補強がたたったのか、暗黒時代と言っても良いくらいファンを失望させるような結果が続きました。 特に2007年は、史上最強打線にも関わらず、史上最強打線33試合連続本塁打これで順位は3位という悲劇 — Satoshi (@giantssaa) リーグ3位の結果と野球は打線だけでは結果は伴わない事が分かります。2007年から2015年までは前述していますので、最後は2016年から2018年までの開幕スタメンを紹介します。 高橋由伸監督になり、3年間巨人を率いていますが、第二次原政権で枢軸を担った村田修一、長野久義、阿部慎之助の成績が降下し、リーグ優勝を逃しています。その代わりに、若き主砲岡本和真選手が覚醒、坂本勇人選手も全盛期を迎える活躍、小林誠司選手も経験を積み、2019年へと繋がっていきました。以上、歴代の巨人開幕スタメンの紹介となります。今後も開幕スタメンをどんどん更新できるよう、これから先の巨人を応援していきますので、当ブログもよろしくお願い致します。 ●2020年3月22日 更新 巨人の一番打者問題が再燃??→ たーくん読売ジャイアンツに魅せられて25年。