宇宙 物質 割合 光
1986年に宇宙の大規模構造が発見された。 ※中山和則(2011)「暗黒物質直接検出の現状と展望 (解説)」より引用 オリオン座のベテルギウスはよく知られた目につきやすい星だ。明るさが次第に減ってきているが、その理由は判明していない。ベテルギウスは爆発しそうになっているのかもしれないが、宇宙の塵が原因である可能性もある。夜空の中でも明るく認識しやすい星の 暗黒物質(ダークマター)とは、宇宙にある星間物質の中で、自ら光っていないか光を反射しないために光学的 には観測できない物質を指します。ダークマターの割合は全宇宙の23%程度という予測がなさ … [記事公開日]2015/11/24Contents宇宙は一体、何から出来ているのでしょうか?私たちが、宇宙というものをイメージする時、無数にきらめく様々な星々や、広大な銀河の姿などを思い浮かべるかも知れません。もちろん、それらも広大な宇宙の一部ではあるのですが、宇宙のほんの一部にしか過ぎないことが、だんだん分かってきたようです。これには、観測技術の進歩というものが大きく関係しており、高度な性能を誇る望遠鏡が次々に作られることによって、明らかになってきたようです。そして、観測技術の進歩によって明らかになってきたのは、星や銀河などが、宇宙全体のほんの数%でしかないとしたら、残りの90数%は、一体何なのでしょうか?実は、そして、ダークマターとダークエネルギーとは、一体なんでしょうか? 観測技術の進歩によって明らかになってきたのは、「暗黒物質」とか「暗黒エネルギー」と聞くと、なんだか邪悪で不気味な感じがしますが、ここで使われている「暗黒」という言葉は、そういう意味ではなく、「正体不明の」とか、「未知の」、「よく分からない」ものという意味で使われているようです。つまり、「暗黒物質」や「暗黒エネルギー」というのは、「未知の物質」や「未知のエネルギー」ということになります。では、何故、宇宙空間の約95%が、「未知の物質」であるダークマター(暗黒物質)や「未知のエネルギー」であるダークエネルギー(暗黒エネルギー)によって支配されているという、具体的な数字が分かったのでしょうか?その鍵となったのが、 宇宙空間の約95%が、「未知の物質」であるダークマター(暗黒物質)や「未知のエネルギー」であるダークエネルギー(暗黒エネルギー)によって支配されているという、具体的な数字が分かったのは、そして、この1965年に、ビッグバン理論(ビッグバ仮説)を裏付ける証拠が見つかったとのことですが、この時に発見したのが、1965年、アメリカのベル電話研究所の電波科学者ペンジャスとウィルソンは、宇宙のあらゆる方向からやってくるマイクロ波の電波雑音をとらえましたが、これがその後、この放射は非常に高い精度で一様、かつ等方的で、飛び抜けて大きいエネルギーを持つことが分かったそうです。このことは、とても密度が高く熱いものだった昔の宇宙がその膨張につれて温度が下がり、絶対温度3℃(3K)、つまり-270℃まで冷えたと解釈できるものだったそうです。そして、言わば、ビッグバンから宇宙はどんどん膨張してきたので、その影響を受けてビッグバンの時に生まれた光も引き伸ばされているということになります。そして、電波の一種であるマイクロ波の状態で、宇宙空間の中にまんべんなく存在していたということになります。1965年、アメリカのベル電話研究所の電波科学者ペンジャスとウィルソンは、宇宙のあらゆる方向からやってくるマイクロ波の電波雑音をとらえたのですが、これが、そして、このつまり、残りの約95.1%は、「正体不明(未知)のよく分からないもの」「未知のもの」という意味で、「暗黒」という言葉が使われることになったようです。そして、1/10万の違い(ゆらぎ)、つまり、そして、宇宙の構成要素のうち、星や銀河などの観測できる物質というのは、約4.9%であり、ダークマター(暗黒物質)が約26.8%、ダークエネルギー(暗黒エネルギー)が約68.3%になるようです。 スポンサーリンクアメリカ航空宇宙局(NASA)は、ビッグバンの名残の熱放射であるそして、2003年から、この観測結果は、宇宙の大規模構造のシミュレーションから予測されているダークマター(暗黒物質)の値と、ほぼ一致しているようです。そして、このように2つの方法から推測したダークマター(暗黒物質)の量がほぼ合うということから、この考えに妥当性があると考えられているようです。また、一応、今のところ、宇宙の構成要素のうち、星や銀河など観測できる物質は約4.9%のみであり、残りはダークマター(暗黒物質)が26.8%、ダークエネルギー(暗黒エネルギー)が68.3%と見られているようです。つまり、宇宙は何でできているのかということが、まだ4~5%くらいしか分かっていないということになります! 今のところ、それは、物理学では、質量と重さをハッキリと分けて考えているとのことです。質量は重さとよく似ていますが、ダークマター(暗黒物質)もダークエネルギー(暗黒エネルギー)も、「正体が分からない謎のもの」に違いはありませんが、その中でも、 スポンサーリンク その後、宇宙の暗黒物質の存在を示唆する観測が報告されている。暗黒物質が存在する場合、その質量によりその後、暗黒物質とは具体的に何で構成されるのかについては現状不明であるが、後述のように複数の候補が挙がっており、大別して素粒子論からの候補はニュートリノ以外は、存在が未確認であり、推測や予言の域を出ず、実在しない可能性を持つ候補もある。 光より速く進むものはないということが広く知られているので、観測可能な宇宙の半径は137億光年しかないはずだ、という考え方に基づいた値である。この論理は、宇宙が特殊相対論での平らな時空である場合に限って意味をなすものである。 宇宙は一体、何から出来ているのでしょうか?私たちが、宇宙というものをイメージする時、無数にきらめく様々な星々や、広大な銀河の姿などを思い浮かべるかも知れません。もちろん、それらも広大な宇宙の一部ではあるのですが、宇宙のほんの一部にしか過ぎないことが、だんだん分かってきたようです。これには、観測技術の進歩というものが大きく関係しており、高度な性能を誇る望遠鏡が次々に作られることによって、明らかになってきたようです。そして、観測技術の進歩によって明らかにな… いずれもいくつかの方法で探索が行われている。 暗黒物質がニュートラリーノであると仮定すると、互いに衝突して消滅する際に陽電子が飛び出すと考えられている。 宇宙に占める暗黒物質の割合の推定. 星とか物質を構成してる要素ね。 でも実はこの 原子が占める割合はたったの4.9%しかない。 ダークエネルギーが68.3%、ダークマターが26.8% と、宇宙のほとんどが例の中二病成分なのだ。 どうなってやがる…。 暗黒物質(ダークマター) で。


光は宇宙空間のように物質のない真空中ではまっすぐに進みますが、水や空気、その他の物質に当たると、「吸収」「透過」「反射」「散乱」といった、さまざまなふるまいを見せます。 サイモン・シン著「ビッグバン宇宙論 (上)」からの引用。 ビッグバン・モデルが受け入れられるためには、無視するわけにはいかないひとつの問題があった。一見すると何の害もなさそうなその問題は、「豊富な物質もあれば、まれにしか存在しない物質もあるのはなぜか?