宇宙 少女 漫画
少女マンガならではのSF&ファンタジー感が詰めこまれた、本書の巻頭を飾るにふさわしい短編です。 ギリシア神話に出てくるような衣をまとった少女と少年の出会い。 のどかな自然の風景と、日常のごく身近に《宇宙船》が、

『少女マンガの宇宙 SF&ファンタジー1970-80年代』図書の家・編/石堂藍・協力 (立東舎)  本当に  のどかな自然の風景と、日常のごく身近に《宇宙船》が、《よその星との戦い》がある世界。青い目をしたユニコーンがヒロインを《永遠》にいざなう……幻想的な物語は、少女の《SF事始め》にぴったりに思えます。 続いては萩尾望都、竹宮恵子、大島弓子、山岸凉子、青池保子、木原敏江ら「24年組」の作家たちの また雑誌別に     とは言いつつも、なんだかんだSFに触れていたのは姉のおかげです。本なら何でも読みたい子どもですから隣の部屋の本棚をあさるのは当然。 オタク第1世代の姉の本棚には『宇宙戦艦ヤマト』『サイボーグ009』のマンガに小説版、『百億の昼と千億の夜』(光瀬龍・原作/萩尾望都・マンガ)や『超人ロック』、松本零士がカバーを描いている『大宇宙の魔女』。竹宮恵子『地球へ…』『ジルベスターの星から』『集まる日』。雑誌では『SFマンガ競作大全集』『リュウ』『宇宙船』なんかもあったりして。 多くの人がそうだと思いますが星新一、筒井康隆や小松左京などはジャンルが何かなんて考えず読んでいましたよね?  そして、私は10代も終わり頃になってから自分の本棚にあるヴォネガットやフレドリック・ブラウンやらを眺めつつ、気づいたのです。「これってSFじゃん! 宇宙少女ルダ。身長が小さくてかわいい! 宇宙少女のルダの身長は、 156cm です。 グループではチョコミ担当だそうですww 体が小さいのでニックネームは“チョコミ(韓国のアニメのキャラクター)”だ。だけど体が小さいだけで、絶対に背が低いわけじゃないと信 … 宇宙少女(WJSN)のメンバープロフィールや身長を人気順に紹介しています。韓流チャンネルでは最新の韓国芸能(エンタメ)ニュースを始め、韓国に関する様々な情報を紹介しています。 内容: 萩尾望都の70年代作品『ユニコーンの夢』をA5サイズで収録。 少女マンガ家たちが描いたハヤカワ文庫のカバーイラストもカラー106点を収録。 おすすめ:     こんな全容↓ (少女フレンド、マーガレット、少女コミック、花とゆめ、プリンセス 他)(白泉社について、戦後世代と『超人ロック』について、 SFブーム渦中の女流作家について)   なかなか盛りだくさん 特に「各雑誌別特色」と「 635作品リスト」は貴重。懐かしい表紙や扉絵が拝めます。ちーっちゃいけどね   ※ あ。この記事クッソ長いです。私の少女マンガ読みの歴史をダラダラ書いてる様相です。こんなんでもよろしければお暇潰しにどうぞ。いらっしゃいませ~(人´∀`*)  注: 画像はこの本からではなく、私の持ち物からです。         31ページマンガです。これは読んだことなかったかも・・・。1974年作品ということは 『トーマの心臓』と同じ頃ですね。  神話的世界、SF的世界。一角獣、宇宙船。夢、現実。それらを融合させて切ない恋人たちを描いています。萩尾さん  この頃の絵柄も既にいいのですが、それから約10年後の『一角獣種シリーズ』『メッシュ』『マージナル』あたりが黄金期ですね。あくまで私的に。。。      この本で選ばれている6人。私が思うこの方々についてダラダラ書いてます。思い切って一番好きな作品も選んでみました。↓↓↓  ■最も「SF&ファンタジー」というジャンルにしっくりくるのはやっぱこれは譲れな~い。 名作『11人いる!』『ポーの一族』以外にもわんさか作品ありますねー。『精霊狩り』『ブラッドベリ原作シリーズ』『スター・レッド』『銀の三角』。。。バレエ物や歴史物もいいんですけどね! でも一番好きなのはギムナジウム物の金字塔。これ一択オスカー一択  ■次にしっくりなのは『地球へ・・・』は傑出作品。 ではありますが、あの物憂げなね てなわけでジュールとロスマリネが好き。  ■で、「SF&ファンタジー」?いやいや。「おっさんドタバタ」だから(笑) 中年~老年の男を描き過ぎですね。ミーシャに白クマ、ミスターL。。。・・・好きですけど( ̄m ̄〃) ああでも『イブの息子たち』は最高に笑えるSFファンタジーニジンスキーの「ヒース私を見て・・・・・」の破壊力はすごかったっけ。 んで、『イブの息子たち』とやっぱ少佐が好き!あ、Zも好き!  ■日本的なファンタジー、御伽草子といいますか。 とはいえ多彩。SFだと『銀河荘なの!』がある。『~のロマンス』みたいなタイトルの切ないラブコメもいっぱいある。フランス貴族小説が原案の『アンジェリク』もある。そしてやっぱし「しまりんご」の顔が一番に浮かんじゃう。 一筋縄じゃいかないお方です。一番悩んだわ。ん~~~    ■バレエ物、歴史物のイメージもある。 が!なんといってもホラー、サスペンス、サイコ物!私的に山岸さんは最も精神的にやられてしまう人 好きなんだけど怖いんだもん。『天人唐草』『汐の声』『蛭子』『負の暗示』『奈落』『黄泉比良坂』『パイド・パイパー』。。。描ききらーーん! なんでこんなに怖いの?も一度いうけど 好きだけど怖いよ~~~!! で、気分が落ちてる時に読んではいけないけどね。ドン底まで連れて行かれるからっ■文句なくファンタジーでも『ロングロングケーキ』という、宇宙人の“宇さん”が出てくるお話もあったりする。 イメージとしては、とにかくエキセントリックな少女が主人公・・・ってカンジな大島さん。でも短編が多いせいか ほんと色んなの描いてる。 『ジョカへ・・・』『ヨハネが好き』『アポストロフィS』『たそがれは逢魔の時間』『つるばらつるばら』『ダイエット』。。。どれもいいなぁ。 けど別格で好きなのが戦時中の母子(秘密あり)のお話。私の中で大島さんのベストです。   ※ さらに個人的に思うこと。↓↓↓  この中にあと一人入れていいなら私、『ワン・ゼロ』と『夢みる惑星』が好きたまたまデビュー作を雑誌で読んでるというのも思い入れのひとつ。  SFだと時間軸が捩れてたり、輪廻や夢が関わるお話が多い。最近久々に一冊読んだので、今 佐々木さん熱が再燃中。『ダークグリーン』 をまた読みたいなぁ。  ガチでファンタジーのNO.1は王道を行く人というか。でも私は初期の乙女ちっく短編たちが好きですが。      すっごく興味深かったです♪ 1949年創刊「少女」を始まりとして、手塚治虫さんや松本あきら(松本零士)さんや石森章太郎さん等 男性作家がファンタジーを描いてた時代を経て、少女マンガ誌は現在までに多種多様に変化していくわけですねー。  今や雑誌はそんな中でも 特にSF&ファンタジー色が強かった物、それ以外のジャンルのイメージが強かった物、色々ありました。 創刊順につぶやいてます。↓↓↓  ■ 少女フレンドには正直あんまりSF&ファンタジーのイメージないんですよね~。 大和和紀さんのはいからな時代物、里中満智子さんのアリエスな恋愛物、庄司陽子さんのナッキーな学園物。ここら辺のイメージが強いですもん。 あー、ひとつ忘れられない思い出がありまして・・・。↓私が初めて別冊少女フレンドを手にする切っ掛けになったこと。確か風邪で小学校を休んだ日。暇だからりぼんの続きを読みたいと母に頼んだら、母は何を思ったか別冊少女フレンドを買ってきた。フツーに手渡され、私も特に抗議した覚えもなくそれを読んだ気がする・・・。そもそもほんとはりぼんだってそうでした。連載マンガの続きが読みたいから小学○年生を頼んだのに、母はりぼんを買ってきたんだった・・・。ラッキー(と、しておこう)  ■ で、お次が65万部の 魔女、宇宙人、吸血鬼、ロボットなど、週マは結構SF&ファンタジー色が強かったようですが、どうしたって山本鈴美香さんの『エースをねらえ!』と 池田理代子さんの『ベルサイユのばら』の二本が大輪なもんでねー 私は有吉京子さんの『SWAN-白鳥-』世代。手の動きを千手観音みたいに表現したコマとか、リリアナの細っかーーーい金髪線とか、スゴ過ぎて真似する気がおきなかったなあ。(私が絵柄を真似てたのは、いがらしゆみこさんと上原きみ子さんと美内すずえさん。描き易かったから 笑)  ■ 別マのイメージは何でしょう?恋愛とか家族愛とかかな。くらもちふさこさんに多田かおるさん、いくえみ綾さんに聖千秋さん。。。SF&ファンタジーのイメージはあんまりないですね。 が!私はこの雑誌で柴田昌弘さんの『紅い牙Ⅱ鳥たちの午後』に出会ってどっぷりSFにはまったんだった。その後 細野不二彦さんや岡崎つぐおさん、高橋留美子さんのSFにはまる切っ掛けになりました。うん、柴田さんのせいだと思うわ(笑)    ■ だから貪欲だったのか、週刊はいとこに貰ってたし、別冊はたまに買ってたし、私が最も馴染んだ雑誌でした。 石森章太郎さんが『サイボーグ009』を短期で載せてたのは知らなかったー。掲載号の表紙に高橋亮子さんの『つらいぜ!ボクちゃん』の文字が読み取れる。私 まだ少コミ読み始める前だったかあ。 松本零士さん原案の作品、聖悠紀さん自身や作画グループの作品もありました。 でも一番インパクトあったのは わたなべまさこさんのこと。地底人の話や魔女の話が忘れられないわ。独特の絵柄で不気味な話がたまらなかったなー。また読みたい。もう手に入りそうにないけど・・(:_;) とにかく、この本に選ばれてる「作家6名」の中の青池さん以外は全員この少女コミックで最初に触れたせいもあり(木原さんと山岸さんはゲストだった)、私には別格な雑誌なのです。  ■ (常識でした? 白泉社には美内すずえさんと和田慎二さんと三原順さんがいたもんね。清水玲子さんと成田美名子さんと魔夜峰央さんもいた。SFもファンタジーも程よく混ざった雑誌のイメージです。 でも私は川原泉さんのとぼけた、しかし最後にちょろっと泣かされるマンガが一番好きだったなー。野球のヤツもフィギュアのヤツもゲートボールのヤツも・・・・ほんと全部面白かったもの。もちろん『笑う大天使』も!    ■ ちょっとダークな歴史ファンタジーが得意なイメージです。雑誌はビバプリンセスが好きでした。 絵柄は濃いめ。華美なイメージ。(細川智栄子さんにあしべゆうほさんに青池保子さんに中山星香さんに木原敏江さん・・・下睫毛までバサバサ描くお方ばかり SFの匂いはあんまりしないですね~。   ※ なかよし、りぼん、ちゃお、ひとみ、あすか、ぶ~け、セブンティーン、リリカ、プチフラワー、WINGS、ネムキ etc・・・・。とてもじゃないけど全部について思い出を書いてたら年が明けるわ    これらはカラー掲載。 山岸さん、萩尾さん、竹宮さん、あしべさん、中山さん。この頃の定番作家さん。 そして、お~なるほどなー!な作家さん。内田善美さん、山田ミネコさん、岡野玲子さん、坂田靖子さん、めるへんめーかーさん など。 ちょっと珍しい感のある作家さんたちも。おおやちきさん、まつざきあけみさん、伊藤愛子さん、森川久美さん、吉野朔実さん など。  それぞれファンタジー色を強く出してるのですが、ちゃんとその方らしさが出てますねえ。特におおやちきさんの構図の素敵さと、坂田靖子さんのカラーリングの鮮やかさがいいのです。 これはやっぱ嬉しい。買ってよかったなー             はー。久々にねちっこい記事書いた(笑)これ全部読んでくださった方、お疲れ様でした