多摩 動物園 キングチーター

多摩動物公園(園長 渡部浩文)では、このたびチーターの「キト」(オス)を富士自然動物公園(静岡県裾野市)から受け入れましたので、お知らせします。  渡部浩文)では、このたびチーターの「キト」(オス)を富士自然動物公園(静岡県裾野市)から受け入れましたので、お知らせします。令和2å¹´6月24日(水曜日)当園では飼育園館同士で相互協力しながら、希少動物であるチーターの繁殖を進めています。しばらくの間、キトは非公開となります。公開日は決まりしだい、10頭(オス7、メス3) ※今回受け入れたキトを含みます。13園館 86頭(オス49、メス37)チーター(食肉目 ネコ科)※「附属書1」「2類」の正しい表記はローマ数字です。Copyright (C) 2000~ Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved. 「多摩動物公園」をもっと詳しく 多摩動物公園のキングチーター.

木の又に挟まれたが二又に分かれた木に挟まった多摩川動物公園では、昨年産まれたチーターの5つ子が今年5月から広い放飼場で展示されている。そのうちの1頭が二又に分かれた幹の間を通り抜けようとしたところでアクシデントが発生。幹の間に腰がすっぽりと挟まって抜けなくなってしまった。チーターの子は体勢を変えたりしてもがいても、なかなか下半身が抜けない。すると次の瞬間、カメラを向けていた人と2足立ちのようなポーズで目が合ってしまう。その表情は、絶望感を漂わせ諦めたような、つぶらな瞳で何かを訴えかけるようなものだった。その後、チーターの子は地面に着地した反動を利用し、後ろ足を跳ね上げて脱出に成功した。チーターの子が脱出劇で見せた表情にTwitterでは、「圧倒的ディズニー感」「カメラ目線の可愛さよ」といった声が殺到。また、「あッこれアカンわ!」「…これ詰んでね?」「えっ、この状態からでも入れる保険があるんですか?」など、チーターの子の吹き替えをする人も現れ大きな反響となっている。この様子を撮影したTwitterユーザーのnekooyajiさんは、飛び降りたユキヒョウの子が顔ごと地面に突っ込んでしまう瞬間など、多摩動物公園で撮影した写真を多数投稿している。木の又に挟まれたがもがいて脱出に成功です。 多摩動物公園のチーター(筆者撮影)チーターは日本国内の13動物園に90頭(オス51頭・メス39頭)が飼育されている。(2018年12月31日現在)テレビではよく見るチーターだが、実際に飼育している動物園は意外と少ない。また、繁殖のため動物園 多摩動物公園では2011年、2012年、2013年と立て続けにキングチーターが誕生しています。 2013年には5頭産まれた赤ちゃんの内、2頭もキングチーターでした。

木に挟まった多摩動物公園のチーターの子がTwitterに投稿され、話題だ。絶望感漂う表情をしているが、チーターはその後、脱出に成功したという。