台北 地下街 Y区

台北駅地下に広がる迷路のような地下街。 いくつかの地区に分かれていて地元台湾人も迷子になるほどの広さです。 私がいつも利用するY区はレディース服や靴、バッグ、アクセサリーなどが驚きの値段で売られています。 SHAREスポンサーリンクContents地下街は台北駅の地下にありいくつものブロックに分かれています。飲食店、衣料品、お土産店、靴屋、雑貨、ゲーム、ビーズ、バッグ専門店、などたくさんのお店が並んでいます。オタク通りと言われる所もあるようです。マッサージのお店や水晶を売っているお店もありました。Z区、K区、Y区があったと思いますが広すぎていまだに全制覇できていません(笑)私がいつも利用するのはY区です。ここの地区は衣類や靴、バッグ、アクセサリーが激安です。なぜ私がいつもY区だけ利用するかというと広すぎて迷子になってしまうからです。実際最初の時に迷子になってしまいました(笑)台湾の友達に聞いたら地元の人でも迷子になるから日本人だけじゃないよ安心してと言われました。私は朝早くから地下街に行ったことはないですけど朝8時頃に行った時はまだ人もほとんどおらず薄暗くてちょっと怖かったですね。お店は11時頃からぼちぼちと開店するようですがゲームのお店やフィギュアなんかを売っているお店はお昼頃からの営業だったと思います。夜は10時頃から閉店し始めますから買い物をするなら日中にいろんなお店を回る方がいいと思いますよ。朝早くや夜遅くの地下街はライトが消えている所もあったりするので私的にはあまりおすすめできません。朝早くや夜遅くは外を歩いても車やバイクが少ないので歩きやすいし気持ちいいので外を歩くことをおすすめします。私が実際に買った物をここで紹介していきたいと思います。まず靴、パンプスですがデザインは日本とほぼ変わらないか日本の物よりも可愛いのが多いように感じました。私が買ったスニーカーとパンプスはどちらも300NTD(この記事を書いている時点でのレートで1NTDは日本円で約3.6円です)、日本円にして約1080円、日本国内でなら1000円のパンプス買ったら消費税80円ついて合計1080円になった、みたいな感覚ですね。次に買ったのはお土産で頼まれていたショルダーバッグです。1つだと299NTD。だけど!なんと2つ買うと500NTDになります(こちらは日本円にして、1つ買いだと1076円ほどですが、2つ買いだと約1800円で買えるということになりますね)。続いて洋服を買いに行きました。洋服は値段が100NTDの物が多かったですね(360円ほどで買えるものが多いんです!)。お土産に2着買いました。安くていい買い物ができました。次はアクセサリーショプで買い物します。偶然入ったお店は店員さんが片言日本語で話しかけてきてくれて日本人ですか?日本人の人なら安くしますよ!と言ってくれたのでここでピアスなどをまとめ買いました。ピアスは日本円にすると100円以下です。でも作りもしっかりしているしなんといっても台湾製なので私が探していたmade in Taiwanの商品を買うことができて満足しました。どれを見ても安いと思いませんか?バッグなんて2つで日本円にすると約1800円ですよ!日本ではまずこの値段では買えませんよね?もし買えたとしても縫製が甘かったり等で「あぁ、やっぱりか…」って嘆きとともに「安かろう悪かろう」というイヤな言葉が思い浮かんできて、残念な気持ちになったりしたことってありませんでしたか?(私はあります…泣)でもここの商品は、安いわりに作りはしっかりしてましたよ。お土産に頼まれていたので渡したらすごく喜ばれました。台北駅地下に広がる迷路のような地下街。いくつかの地区に分かれていて地元台湾人も迷子になるほどの広さです。私がいつも利用するY区はレディース服や靴、バッグ、アクセサリーなどが驚きの値段で売られています。お店の営業時間は11時頃からぼちぼちと始まりますから買い物するなら日中にいろんなお店を見て回ることをおすすめします。夜は10時頃から閉店し始めますからそれ以降は地下街を歩くことはおすすめできません。なぜならライトが消えて薄暗くなるからです。危険なわけではないですが薄暗くなるとちょっと怖いですよね?地下街は男性も女性も楽しめますからみなさん地下街に行ったらいろんなお店をのぞいてみて下さい。見て歩くだけでも楽しいですよ~。スポンサーリンクCATEGORY :【台湾のマンゴー】はドライフルーツも美味しい!でも他にも美味しいドライフルーツがまだまだたくさんあるの知ってた?【SIMカードの入れ替え】高雄空港でもやってみたらまさかの事態に!【台湾の靴】台北と台南どちらが安い?【台湾のブランド】NETはプチプラブランド!【台湾のお土産】買いすぎ問題はこれで解決!【台北】西門町は流行の発信地!台湾が好きすぎて、すっかり台湾リピーターになってしまったしろくまラテです。 台北駅には、広い広い地下街がぶわーっと広がっています。何度も台北に行っていて、毎回どこかしらの地下街を通ったり、買い物したりしているんだけど、いまいちわかっていない台北地下街。(方向音痴だからというのもあるのですが…。)なかなか、求めるような詳しい情報がないのも台北地下街。。台北地下街は、Y区、K区、Z区、R区とエリア分けされており、位置関係さえわかれば、攻略できるはずなんですがね。。市民大道という大きな道路の真下エリア。忠考西路一段という大きな道路の真下エリア。「站前地下街」とも呼ばれている。誠品站前地下街。台湾のおしゃれ書店・誠品書店が運営している地下ショッピングエリア。台北駅から中山駅・雙連駅につながる地下街。中山駅―雙連駅間(R7-R9間)は、2017年夏、中山地下書店街「誠品R79」として、誠品書店がプロデュースしてさらにきれいに。台北メトロ(MRT)のエリア。板南線、淡水信義線台北駅構内。台北駅地下街で一番長い距離(面積)があるのが「Y区」です。地下一階が地下街、地下二階が駐車場になっています。Y区は、他の地下街にはない、秋葉原のようなマニアックなお店が連なるのも特徴。オタク系のお店ばかりでなく、プチプラファッション、激安子ども服、パソコン周辺機器やガジェット用品、水晶などのお土産屋さんなど、Y区内でも場所によって様々なお店がたくさん営業しています!今回は、そんな台北駅地下街の〈Y区エリア〉に切り込んでいきたいと思います!上の地図を見ていただければ分かる通り、地下街への入り口はショッピングビルとつながっている出入り口や、観光に便利な出入り口、台鐵台北駅、桃園MRT台北駅とつながっている出入り口もあるので、まずは、観光客の利用頻度の高い、Y区の便利な出入口をご紹介します。奇数出口は市民大道北側エリア、偶数出口は市民大道南側エリアになっています。エスカレーター、エレベーターの有無は、こちらの写真を参考に。この案内の通りか、全て現地で確認できなかったので、参考情報くらいで~。けっこう階段、急で段数多いんだ。。駐車場出入口になっている場合は、たぶんエレベーターがあるはず…。B1が地下街階です。写真、あるもの載せます。随時更新します。台北・中長距離バスステーション(注:桃園空港行きバスは別ターミナル→Y2)台鐵・高鐵 台北駅、微風台北車站モール(地下直結)台北メトロMRT 淡水信義線、板南線 台北駅台北地下街R区(中山駅、Qスクエア〈京站時尚廣場〉(地下直結)Qスクエア〈京站時尚廣場〉(地下直結)パレデシン・ホテル〈君品酒店〉台鐵・高鐵 台北駅、微風台北車站モール(地下直結)おすすめはエレベーターもエスカレータもある華陰街・太原路の問屋街エリア桃園空港線MRT 台北駅、インタウンチェックイン連絡通路あり。華陰街・太原路の問屋街エリアフォーチュンハイアホテル〈福君海悦大飯店〉  桃園空港線MRT 台北駅、インタウンチェックイン連絡通路あり桃園空港線MRT 台北駅、インタウンチェックイン連絡通路あり重慶北路一段、重慶南路一段桃園空港線MRT 台北駅、インタウンチェックイン連絡通路あり桃園空港線MRT 台北駅、インタウンチェックイン連絡通路あり歴史建造物「北門」台北郵便局延平南路、博愛路方面アキバ系のお店に関しては、午後12時過ぎからの営業です。午前中は閑散としています。朝なんて、ヤバイくらいのひと気の無さで、ちょっと怖いくらいです…。どちらの写真も、朝8時頃のY区の様子。エリアによっては、照明も落とされています 汗。ショッピング目当ての方は、午後の方が、確実。活気があって楽しめると思います。夜は22時前後から、お店のシャッターが閉まり始めます。各お店によって、営業時間は異なるようです。台鉄台北駅、台北メトロ(MRT)台北駅寄りのエリアは、プチプラファッションのエリアです!洋服は200元前後、アクセサリーやバックなどファッション小物も100元前後のものが多く、激安。子ども服、子ども靴など、どこかで見たことのあるような?キャラクターの子ども用品も充実しています。 私のイチオシは、靴・サンダルですね。200元前後。靴屋さんは、Y区でなくても、だいたいどこの地下街にもたくさんあるんですけど、置いてある商品・値段はほぼ同じだから、どこで買っても大差ない。ためし履きもガンガンして大丈夫だし、サイズも言えば出してくれる。ほとんどの店員さんは片言の日本語ができるし、英語も通じます。今年の夏は、このサンダルを200元で買いました。もともと台北地下街でサンダル買うつもりだったので、スニーカーしか持ってきていなかったの。翌日から大活躍 笑。Y区は、掘り出し物ショッピングが楽しいエリアです。しまむらとかで掘り出し物を見つけて喜べる人は楽しいはず。(洗練されたショップでお買い物を楽しみたい方は、台北地下街K区がおすすめです。)Y11寄りは、おばあちゃんっぽいお店が多い。水晶とかお守り?とか、包丁でトントンするマッサージ屋さんとか占いとか。Y12uには、新しく開通した桃園空港線MRT台北駅の一番大きな連絡口があります。ここを登っていけば、桃園MRT台北駅です。Y12の辺りにあるパクリっぽいキャラ小物屋さんは、なかなかおもしろい。子どものものがほとんどなので、子連れ旅行者におすすめです。7歳になり、悠遊カードデビューしたえるちゃんに、シリコン素材のパスケースを買ってあげちゃいました。100元也。すごく喜んでいました(^^)それにしてもこのエリアは、やたらとガチャガチャが多い!99%日本のガチャガチャ。日本より割高。特にマニアックなものではなく、普通のマスコットだったり、ミニチュアだったり、食品サンプルだったり。需要あるの??ガチャガチャが100台くらい置いてあるだけのお店とか、もう、すっごい数のガチャガチャを子どもたちに付き合って見続けていたから、コップのフチ子さんが現実に出てきちゃったのかと思いました。ガチャガチャに目がない子は、ここの通りを前進させるの大変だと思う~。子連れ要注意エリアかも。実際、ガチャガチャの前で駄々をこねている日本人の男の子を見ました 笑。文房具やファンシー雑貨を売っているお店も多いです。日本でも売っているものばかり。スマホやパソコン周辺アクセサリーを売っているお店もありました。賑わっていました。最近、ガジェット屋さんで必ず売っているハンドスピナーも、がっつり売っていました。日本よりだいぶ格安!小4男子のエイチさん、ずっと欲しかったので、お小遣いでゲットしていました。156元。おまけでハンドスピナー用スタンドももらえて、ホクホク。Y20に近づくほど、ディープなアキバ系のお店が増えてきます。こういうお店ね。フィギュアやDVDなど、日本のアニメやゲームのものがほとんどです。日本語が溢れまくっています。興味がなさすぎて、写真を撮るのを忘れてしまった。お店に入っていくのは、全然アキバっぽくない、健全そうな若者ばかりでしたー。この写真は、午前11時頃の様子。興味のある方は、夕方の時間帯のほうが、たくさんお店が開いていて楽しめると思います。アキバ系エリアを抜けると、急に飲食店がたくさん現れます。この辺りも、時間帯に寄るのでしょうか、人はまばら。魯肉飯など台湾料理のお店もあったけど、異国料理屋さんが多い印象。輸入食品を扱う雑多なキオスクっぽいお店もいくつか。飲食店エリアではあるけど、台湾にいるのに、台湾とはまた違う異国を感じるエリアです 笑。ベトナム料理、インド料理、パリのカフェのようなお店、そして定食やラーメンなどの日本料理屋さん…。どのお店もあまりお客さんが入っているようには見えなかったなぁ。台湾にいる外国人向けのお店が集まるエリアなのかもしれません。わざわざ観光客が食べに行く場所ではない気がしました。ジュース屋さんかな。閑散としたエリアの割に、ここのお店だけは混んでいました。そう言えば、地下街には、あまりテイクアウト専門のお店がないですね。飲食店のほとんどが、しっかり店内にイスとテーブルのある店構えでした。Y区のこのエリアには、メイドカフェがあるときいていたのですが、やはり午前中はシャッターがばっちり閉まっており、メイドカフェっぽい雰囲気も外観も全くわかりませんでした 悔!飲食店街も、お昼12時を過ぎないと、活気づかないようです。地下街の途中には、イベントスペースがいくつかあります。小さなステージがあったり、コンサートや発表会、土日は販促イベントなどが行われています。気軽に借りることのできるイベントスペースなのか、明らかに素人の方の単独演奏が披露されていたり、町内会のような老人会のような不思議な雰囲気で、無性に気になる空間なんです 笑。だいたい観客は0。いろーんな人が、このスペースで色々やってるんですよ。上手い下手関係なく。ダンスだったり、演説だったり。ちゃんと音響設備使ってね。パワフルな台湾らしさを感じれるスペースなので、ちょっと気に留めてみてくださいね。台北駅地下街Y区特集、いかがでしたでしょうか。どんなお店があるのか、なんとなく雰囲気掴んでいただけたかな。Y区は、掘り出し物ショッピングが楽しいエリアです。この値段で、このデザインなら買いでしょ!みたいな、発見が楽しいのです。もっと洗練された、台湾オリジナルショップでお買い物を楽しみたい方は、あの蔦屋書店も視察に来たことがあるという、台北の最先端を行く「誠品書店」が運営している地下街「K区」がおすすめです。 しかし、メイドカフェの外観だけでも拝めなかったのが心残りだ…。台北駅地下街攻略シリーズ、順次、別のエリアもまとめていきたいと思います。台北駅地下街を全て攻略することができたら、台北ショッピングはもっと楽しくなるはず…!自分のためにもがんばります。けっこう疲れた 笑。こいのこり 様 [どこよりも詳しい台北地下街〈Y区〉情報 地図、出入り口、お店まとめ]拝見しました。台北に居住している私(男性 60歳)から見ても、大変充実した内容で感心いたしました。特に写真の撮影時刻が入っている辺りは、良いと思いました。サイトを見ても滅多にコメント等しない私が一言と思ったくらい、良い出来の記事でした。また、旅の記事を楽しみにしております!ご家族皆様、どうぞお元気で!!!Masaki さまコメントありがとうございます(^^)[…] どこよりも詳しい台北地下街〈Y区〉情報 地図、出入り口、お店まとめ […]このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。