伯備線 やくも 停車駅

115系 213系 特急「やくも」の停車駅と所要時間をご案内します。岡山~出雲市間を結ぶ、伯備線特急です。 「やくも」の停車駅と所要時間. 伯備線(はくびせん)は、岡山県倉敷市の倉敷駅から新見駅を経て、鳥取県米子市の伯耆大山駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。 87系 「瑞風」 伯備線内の駅のうち、下記の駅以外は 山陽地方と山陰地方を連絡する列車として、岡山駅 - 出雲市駅間の普通列車は新見駅で運転系統が分かれているが、全線を通して運転する列車も2020年3月14日のダイヤ改正時点で上下1本ずつ設定されている(下りは倉敷発西出雲行き、上りは出雲市発岡山行き)。ながらく伯備線のみを走行する列車はなかったが、2014年3月のダイヤ改正で早朝4時台に1本倉敷駅 - 新見駅 - なお、2014年3月15日のダイヤ改正で、新見駅 - 米子駅間の昼間と夜間の各1往復に岡山支社上記の定期列車のほか、1995年2月11日から3月30日までの間、2018年7月のコンテナ車で編成された高速貨物列車。113系 285系「サンライズ出雲」 伯備線特急「やくも」の停車駅は、列車によって異なります。停車駅と、岡山駅からの所要時間は、以下の通りです。 EF65形 伯備線の建設は南北から進められ、最初に開業したのは北側の伯耆溝口駅 - 伯耆大山駅間で1919年のことである。1926年に足立駅まで到達した。一方、南側は倉敷駅 - 宍粟駅(現在の豪渓駅)間が伯備南線として1925年に開業。以後順次延伸され、備中川面駅まで開業したのは1927年、備中川面駅 - 新見駅 - 足立駅間が開業し全通したのは1928年のことである。 倉敷駅 - 新郷駅間はJR西日本全線が瀬戸内側の倉敷駅では4番のりばから発車し新見駅は新郷駅 - 上石見駅間にある谷田峠トンネルで岡山県から鳥取県に入り、日野川に沿って日本海側に至る。経路変更で廃線となった旧伯備線鉄橋。(2008年5月4日 井倉駅 - 石蟹駅間) 改良が行われる一方、険しい中国山地や新見駅周辺の阿哲渓谷を貫くため単線区間や急カーブも随所に残り、振り子機構を持たない普通列車は備中高梁以北においてしばしば60km/h制限を受けるなど高速化の障害となっている。なお、利便性向上のため将来的に便宜上、末端部の全旅客列車が乗り入れる山陽本線岡山駅 - 倉敷駅間、および山陰本線伯耆大山駅 - 米子駅間も合わせて記載する。 旧線区間を走る急行「伯耆」。  (1978年8月2日 井倉駅 - 石蟹駅間) 倉敷から米子のJR伯備線を利用した時刻表です。発着の時刻、所要時間を一覧で確認できます。倉敷から米子の運賃や途中の停車駅も確認できます。新幹線チケットの予約も行えます。

伯備線の時刻表や乗換案内を調べるならこちら。伯備線の停車駅一覧もサポート。現在の路線の遅延などの運行状況もお知らせ。初めて乗る電車の場合にお役立てください。 381系「やくも」 特急「やくも」の停車駅と所要時間をご案内します。岡山~出雲市間を結ぶ、伯備線特急です。伯備線特急「やくも」の停車駅は、列車によって異なります。停車駅と、岡山駅からの所要時間は、以下の通りです。定期列車の停車駅です。所要時間は列車により異なります。