京都芝 1600m タイム


京都競馬場・芝1800mの成績やデータです。 京都芝1800mの特徴 . このページでは、京都芝1600m(外)の過去5年間分ものレース傾向を徹底分析し、京都競馬場 芝1600mで行われる代表的なレースには、マイルチャンピオンシップ(GI)、マイラーズカップ(GII)、デイリー杯2歳ステークス(GII) などがあります。内回り・外回りどちらもスタート地点は第2コーナーの引き込み線にあり、スタートしてからの直線はとても長く500mほどあります。内回りの方がやや長く600mくらいあります。外回りなのでコーナーのカーブはきつくなく、比較的スピードが出やすいコースです。スピードに乗って第3コーナーの急な下り坂を駆け下りると内側が空きやすくなるため、ゴール前でのイン強襲というケースも十分に考えられるコースです。なおこの分析対象レースからは、出走馬の能力差で勝ち負けになってしまうような、2歳戦や新馬戦・未出走戦は除外しています。クラスごとに平均タイムを知ることで、どのあたりのクラスまで通用しそうか?がある程度推測できますね。注釈にも書いていますが、この範囲を超えたタイムを出した馬は(馬場状態にもよりますが))かなりの実力があると見て良いでしょう。過去5年間における枠番ごとの成績を分析し、有利な枠や不利な枠を調べた結果です。スタートしてから長い直線が続くため枠順による有利不利はなさそうな印象でしたが、そのとおりの結果となりましたね。多少のでこぼこがあるものの、ただし8枠の勝率が高くなっていますね。連対率や3着内率は低いものの、もしかすると8枠が穴を開けるケースが多いのかもしれません。いずれにせよ基本的には過去5年間における全レースのペース傾向を分析し、ハイペース、スローペース、ミドルペースのどのパターンが最も多いのか?を調べた結果です。1600mという短距離ですが、意外にも過去5年間におけるレースにおいて、他サイトでよく出ているのは「レース結果としての脚質」が多いですが、ここで紹介している脚質はこちらも興味深い結果となりました。他競馬場の傾向とは大きく異なり、しかし単勝回収率で見てみると、差し馬有利とは言えず逃げ馬がもっとも高い値となっています。スローを逃げて粘るというケースが多いようですね。ここでは、それぞれの人気変化のパターンごとに、勝率・連対率・単勝回収率の観点から分析しました。全体的に右肩下がりのグラフとなっており、中でも前走のレースで走った距離が、1600mよりも長い距離(1800m以上)だったのか?(つまり距離短縮)、それとも1600mよりも短い距離(1400m以下)だったのか?(つまり距離延長)または、前走も同距離(1600m ± 150)だったのか?それぞれのパターンごとに、勝率・連対率・3着内率・単勝回収率の観点から分析した結果です。分析した結果このような傾向になっていました。おおむね他競馬場の1600mと似たような結果となりました。京都芝1600mではスローペースになりやすいということで、ハイペースになりやすい1400m以下の短距離をステップに使った場合、やはりマイル戦というのは独特なペースになるのでしょう、京都芝1600m(外)の傾向のまとめです。これらのレース傾向と、 向正面2コーナー奥のポケット地点からスタート。向正面の直線を目一杯使っており、3コーナーまでの直線は約900m。3〜4コーナー 東京競馬場・芝1600mのコースの特徴・傾向・有利不利などを調べてまとめてあります。コースを熟知することは馬券的中に近づく第一歩。予想に入る前に目を通すことをお勧めします! 京都競馬場の芝1600mコースのデータ・特徴をまとめました。人気・脚質・枠順・血統(種牡馬・系統)・騎手の過去5年分データ表や、好走する馬の傾向を5つピックアップ。競馬の予想をする際には是非ともチェックしておきたい内容が満載です。「京都芝1600mが得意な騎手・種牡馬って何だっけ?

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を※集計期間:2018年1月1日から現在まで全国トップの厩舎でも単勝回収率369%は秀逸。複勝率40.9%と安定感もある。連対率20.0%、複勝率28.6%はともにトップ。期間内(4.1.1.9)で勝率26.7%、複勝率40.0%は、ディープインパクト産駒を圧倒的に上回る。短期免許で来日して、人気馬に多く騎乗しながら(0.1.1.9)と苦戦。期間内(1.5.7.22)で複勝率37.1%ながら勝ちきれていない。勝率4.8%、連対率10.3%、複勝率18.5%はすべての枠の中で最下位。© Do innovation Co.,Ltd. 社会とともに.


新型コロナウイルス感染症対策への支援; 国庫納付を通じた貢献; 被災地支援の取組み; ギャンブル等依存症対策

このページでは、京都芝1600m(外)の過去5年間分ものレース傾向を徹底分析し、 有利な枠や有利な脚質があるかどうか? 狙うは人気馬か穴馬か、それとも?! また、どんなペースになりやすい傾向なのか? などを調べた結果をまとめています。 京都競馬場 京都競馬場・芝1600m外回りのコースの特徴・傾向・有利不利などを調べてまとめてあります。コースを熟知することは馬券的中に近づく第一歩。予想に入る前に目を通すことをお勧めします! 京都競馬場・芝1600mコースの特徴とレース傾向、さらにデータ分析による特徴分析を行います。京都競馬場の芝1600mは内回りコースと外回りコースがあります。 内回りコースは500万下までの下のクラスで、重賞を含め上のクラ・・・

クラスごとに勝ち馬の標準タイム(勝ち時計)を紹介します。過去5年間に良馬場で行われたレースでの勝ちタイムの平均です。平均タイムを知ることで、どのあたりのクラスまで通用しそうか?がある程度推測できますね。※統計上80%の確率でこの範囲に収まる注釈にも書いていますが、この範囲を超えたタイムを出した馬は(馬場状態にもよりますが))かなりの実力があると見て良いでしょう。