中国輸入 関税 計算 ツール

まずはリサーチの段階で中国輸入OEMの指標とする商品のランキング、市場規模を把握しないといけません。現在KAZUのコンサル生はこの以下のツールを利用してランキングの推移を確認して市場規模を把握してリサーチを行っています。しっかりライバル商品の動きを把握できることで、より精度の高いリサーチを行えます。 輸入価格20万円以下のときに利用ができる「少額輸入貨物の簡易税率」計算ツールです。主に「革製のカバン、ハンドバッグ、手袋、靴、ニット系(Tシャツ、セーター、ストッキング)、スキー靴、製品に「革」の材料を使っている物など。 この記事では中国輸入に取り組むにあたってアバウトに計算を行なっていると痛い目を見る関税・税金の計算方法についてまとめてみました。なお欧米や特にヨーロッパから輸入する際は消費税の扱いが異なり複雑になってくるのでAmazon輸入の関税に関する記事をご覧になってください。以下中国輸入時にかかってくる関税に関係する税金です。関税に関しては少し面倒ですが一つずつチェックするようにしましょう。参照:初めてだと見方が難しいので解説します。関税には4種類あって優先される順にとなります。それさえ分かればあとは簡単ですね。そして関税は商品価格に対してではなく関税(100円未満切り捨て)=です。中国から輸入したい商品があり、その商品を輸入する場合トータルでいくらかかるか知りたい場合は以下の式を使ってください。CIF価格(商品代金+送料+保険等)+関税(CIF価格×一般税率)+消費税{(CIF価格×一般税率)×8%}+輸出通関手数料+輸入通関手数料⇄CIF価格+関税+消費税+輸出通関手数料+輸入通関手数料複雑ですね、正直私も関税以外はいちいち細かく計算していません。中国から輸入するとすれば基本的に本革は異常に税金が高いので注意が必要です。なおそもそも日本への輸入禁止の商品もあるのでこちらも合わせて税関のページを参考にしてください。参照:ブログなどにまとめている方もいますがブログは情報が古くなっている可能性があります。関税率や輸入禁止商品は半年毎くらいに変わるので新たな商品を輸入する際は毎回チェックするくらいの気持ちでいたほうがいいです。税関手数料と中国輸出通関手数料は一律で決まっていて税関手数料 1箱200円となるので、ダンボール1箱につき280円かかる計算になります。また中国から日本に商品を輸入する場合の関税は、簡易税率と一般関税率という2種類に分かれます。総額が20万円未満の場合は簡易税率が適用されそれ以上の場合は一般関税率が適用されます。(例外あり)先ほども書きましたがこの総額とはCIF価格(1000円未満切り捨て)のことで送料や保険も含まれます。また誤解している方多いのですが個人でも法人でも一定量以上を輸入すれば関税はかかります。前は掛からなかったのに、というのはたまたまです。関税はかからない時もあります。その時は自分で申告しないと脱税になってしまうの?と思っている人もいるかもしれませんが一度通関すればたまたま税金がかからなかった場合は払わなくて大丈夫です。これはルールで決まっています。なお税関告知書に虚偽記載があった場合は、脱税になりますので注意が必要です。また「商品代金」+「国際送料」が1万円以下なら税金(関税・消費税)は一切かかりません。個人輸入の場合は課税価格が60%なので16666円まではかかりません。逆を言えばこの価格を超えたら個人でも税金がかかるということです。目次中国からの輸入時にかかってくる可能性のある税金・費用は関税だけではありません。以下のような税金・費用がかかってくるケースがあります。日本でいう消費税のことで中国国内での売買や荷物の移動に対する費用の支払いなどがあった際にかかってきます。物品の販売、役務の提供、海外からモノを輸入する際に発生する税金で中国国内で商品を販売、加工、修理補修を行うまたは輸入を行う法人あるいは個人が納税義務者です。中国から海外にモノを輸出する際、増値税はゼロと規定されているためダイレクトで日本へ輸入する場合は関係なく存在を知らない方も多いと思います。日本の消費税のように取り引きの最終段階で課税されるという扱いではなく,売り買いされる取り引きの都度、その付加価値に対して発生する税金となるので要注意です。代行会社に任せる場合は代行手数料がかかります。商品代金に対してx%手数料がかかる代行会社もあれば重量によって手数料が決まる代行会社もあります。代行会社に任せない場合は自分で通関を行う必要があり、会社として貿易業を営む場合それは通関士と呼ばれる職業の方に任せることになります。通関士の方がいなくても通関業務は行えますが通関業者には必ず通関士の資格を持った方がいます。なお代行会社を使う場合はこの部分は読み飛ばしていただいて大丈夫です。通関士の業務は、企業の輸出入物品の通関手続きの代行、つまり申告書類の審査と申告がメインの業務になります。船積書類(B/Lやインボイスなど)を見て規制や各種法令に対して問題が無いかどうかを確認したり、商品の分類をしたり(HSコード/税番※の分類)、輸入申告業務を行います。自分でやると恐ろしく面倒で、ミスをすると通関時に止まります。と言っても通関で止まるケースはそれほど多くないです。10回に1回くらいでしょうか。止まった際も通関士の方がいればスムーズに解決します。大きな商社であれば確実に通関士の方がいますがいわゆるネットビジネスとして”中国輸入”をやっている人で通関士の方を雇っている方は見たことがありません。ほとんどの場合通関士のいるフォワーダー(貨物利用運送事業者)に任せることとなります。この場合キャリアーと呼ばれる荷受側の会社も必要になるケースもありますが代行会社などでは両方やってくれます。ただし中国輸入の代行会社は通関士のいない会社が多いので注意が必要です。中国輸入にかかる関税は商品のジャンルごとに決まっているのであらかじめ財務省ぼ貿易統計などを見て計算しておきましょう、ということでした。そして復習になりますが個人輸入の場合と法人輸入の場合で税率が以下のように変わってきます。個人輸入の場合法人輸入の場合個人輸入かどうかは輸入額によって決まります。また関税以外にもがかかるので中国輸入でかかるトータルコストを計算したい場合は計算方法を身につけた上で関税以外も計算するようにしましょう。中国輸入・OEMビジネスで成功するために学ぶべきことを第1章~60章まで章立てて目次形式でまとめています。Shuhei東京大学総合文化研究科広域システム科学系 修了東大在学時から物販(レディースアパレル・アクセサリー)とソフトウェア開発の会社経営してます。個人ではInstagramでデザイナーとして、Youtubeで作曲家として活動しています。物販で収入基盤を作って好きなことをして生きていきましょう。※好評につきWeb経由の契約数の上限(500社)を迎えています。現在は利用者の紹介がある場合のみ申し込みを受け付けています。©Copyright2020 この記事では中国輸入に取り組むにあたってアバウトに計算を行なっていると痛い目を見る関税・税金の計算方法についてまとめてみました。 なお欧米や特にヨーロッパから輸入する際は消費税の扱いが異なり複雑になってくるのでAmazon輸入の関税に関する記事をご覧になってください。 日本から中国に製品を輸出する場合は、中国の税関で決められた税金(関税)を支払う必要があります。中国の関税は、輸入関税、消費税、輸入増値税の3つです。これから自社の製品を中国で販売しようと考えている方は、ビジネスを始める前に、この3つの税額をよく調査しておく必要があります。 Amazonを活用した輸入ビジネス・輸出ビジネスを中心に中国輸入や欧米輸入などの物販ビジネスについてまとめたブログです。 輸入ビジネスの買い付けと切っても切れないのが関税や消費税。 数字は苦手という方や、面倒だと感じる方もいるかもしれませんが、流れを把握し自分で計算することは、利益の確保にもつながっていくのです。 今回は、関税・消費税の流れと計算方法を中心 個人輸入(海外通販)で商品を購入するときに発生する関税と消費税の計算ができる無料ツールです。適用税率は、少額輸入貨物の簡易税率です。簡易税率を適用できない貨物は一般税率が自動的に適用さ …