ロードバイク 保険 ロードサービス
バイク向けのロードサービス・盗難保険を提供するZuttoRideは距離制限によって料金が異なります。 レッカーの無料距離. 自転車のトラブルで最も多いのは故障です。あなたにおすすめの記事 ロードサービスだけではなく、盗難の保険も考えている方にピッタリなのが、このZuttoRide Clubです。 ZuttoRide株式会社は、国内・海外のバイクメーカーに対して、ロードサービスと盗難保険のOEM商品を提供しているオフィシャルパートナー企業です。 バイクでツーリング中にトラブルがあった時に、ロードサービスが使えると非常に便利ですよね。トラブル時のロードサービスは、車で有名な一方で、バイクの任意保険に付帯されるロードサービスは基本的に無料で、サービス内容も充実しています。そのため、バイクの任意保険を選ぶときにはここでは、などについて詳しく解説しています。バイクに限らず車でも同じことが言えますが、不慮の故障や不具合はいつ発生するかはわかりません。また、故障だけではなく、ガス欠や鍵の閉じこみなど、人為的なミス・トラブルもあるでしょう。事故を起こしてしまって、自力で帰って来ることができないかも知れません。仮に自宅の近くや地元であれば、友人や家族に助けてもらえるかもしれません。ただ、誰にも連絡が取れなかったり、見知らぬ場所や夜中ということもあると思います。こんな時に、ロードサービスがあれば、で救助に来てくれますので、万が一の時の備えとしては非常に便利なのです。バイクのロードサービスを利用する方法はいくつかあります。前述のようにJAFやZuttoRideClubに加入したり、ほかにもロードサービス付きのクレジットカードもあります。ただ、冷静に考えてみると、ロードサービスが必要になるようなトラブルは、基本的には少ないでしょう。年に1~2回くらいでしょうか?もしかしたら、年に1度も起きないかも。そうなると、年会費などの費用を払うのがもったいない気もしてきます。とは言え、何かあった時には、ロードサービスが無いと困ります・・・。そのため、昨今のバイク保険には、ロードサービスが付帯されている保険も非常に多いです。どうせバイクの任意保険に入るなら、ロードサービス付きの保険会社にすれば、実質無料でロードサービスが受けられるという事ですね。(もちろん、任意保険の保険料は掛かります)バイクの任意保険を扱っている保険会社で、ロードサービスが付帯されるところは次の5社ですまた、次の3社も任意保険に加入しつつ、ロードサービスを利用したい場合は、この中のバイク保険に加入すると良いでしょう。ただ、特約で付帯する必要がある場合には、多少なりとも保険料が割増になるのが一般的です。それほど大きな金額にはなりませんが、どれくらい上がるのかは、見積もり時にチェックするようにしましょう。どこの保険のロードサービスも、必要なサポートは網羅していると言えます。しかしながら、各社で色々特徴や差もあります。具体的に、ポイントとなるに絞って比較したのが下記の表です。事故や故障で走行が不可能になってしまったバイクを、運んでくれるのがレッカーサービスです。基本的には、希望するバイクショップや修理工場まで「無料でレッカーしてくれる範囲」が決まっています。また、保険会社の指定する修理工場で良ければ、距離無制限で運んでくれるロードサービスもあります。ツーリングで遠くまで行くのか、比較的近くしか行かないのか、バイクの乗り方でも必要な範囲が変わってくるでしょう。動かなくなってしまったバイクを、ツーリング先のショップや修理工場に預けた場合には、修理完了後に取りに行く必要がありますよね。このような場合に、のが「修理後搬送」です。(どちらでもOKの場合もあれば、どちらか指定の場合もあります)ロングツーリングが多い人には、便利なサービスです。上記の表の中ではでは、修理後搬送も対応しています。ただ、共栄火災、AIG、三井住友海上の修理後搬送は「無料レッカー+修理後搬送」での上限金額設定になっているので注意が必要です。とは言え、無料レッカー+修理後搬送で15万(30万円)あれば、自己負担額はかなり減らせそうです。そういう面では、チューリッヒの100㎞+修理後搬送の全額補償は魅力に感じますね。基本的には、ガス欠もバッテリー上がりも、どこのロードサービスでも対応は可能です。ただ、など、各社によって多少の違いがあります。バイクが走行不能になった時に、自宅までの交通費を補償してくれるサービスもあります。もし、終電が無いなど、当日中の帰宅が困難な場合には宿泊費まで補償されるロードサービスも。チューリッヒ、アクサ、三井ダイレクトのダイレクト系3社はと手厚いサービス内容になっています。各社を比較してみると、基本的なロードサービスの内容はどこも網羅していると言えるでしょう。ただ、敢えて総合的にレッカー範囲と修理後搬送、帰宅困難時の対応が優れています。また、他にも充実したサポートがあります。(※詳細は下記リンク)参考≫ただ、注意が必要なのは、保険の補償内容や保険料を吟味したうえで、最終的に迷ったときにロードサービスで決めるというくらいの方が良いでしょう。バイクの任意保険で一番重要なのは、万が一の時の、相手方への補償や自身への補償です。任意保険で付帯されるロードサービスの注意点としては、例えば、このようなバイクはロードサービスの対象外になるということですね。もし、さらに、運転者ではなく同乗者であった場合でもOKなのです。バイクや車をたくさん所有していたり、他者の車やバイクを運転する機会が多い人は、JAFのロードサービスは向いているでしょう。また、もうひとつの注意点としては、全てのバイク任意保険にロードサービスが付帯されている訳では無いということ。中には、保険加入に加えて特約として契約が必要な会社もあるので注意してください。他にも、ガス欠のレスキューは「自宅の場合には対象外」など、細かく規定が設けられています。バイク保険に加入する際には、ロードサービスの規約なども良く確認したうえで契約をするようにしましょう。万が一の備えではありますが、ロードサービスは非常に便利です。ただ、一番はトラブルが起きないように、日頃のメンテナンスや安全運転が大事なのは言うまでもありません。バイクの日常点検やメンテナンスを心掛け、ノントラブルの楽しいバイクライフが一番です! こんなお客さまの声にお応えします あいおいニッセイ同和損害保険株式会社を引受保険会社 とした、保険付帯の自転車ロードサービスです。「ロードサービス」「自転車保険」「入院一時金」「示談代行サービス」がセットになっています。

自転車通販サイトのサイマが提供する自転車保険です。サイマで自転車を購入・防犯登録をして、サイマスタンダード安心パックを購入した場合に適用されます。扱っている自転車の多くはママチャリやシティサイクルということもあり、ロードサービスの対応距離は10kmと短めです。

自転車を利用していて、突然のパンクは困ってしまいますよね。 SHARE 2020/07/112020/06/222020/06/062020/05/182020/04/29 自転車のロードサービス付き保険. ロードサービスを行っている保険会社ですが、どのサービスもまったく同じというわけではありせん。ロードサービス内容によっては、自転車の届け先が「最寄り駅まで」ということもあるようです。 パンクなどの時に役に立つロードサービス付きの自転車保険。でも基本的に人は乗れないので要注意。どんな人におすすめ?au損保など数社のロードサービスについて比較してご紹介します。 ロードバイクで週末はツーリングという方も多いはず。 自転車は皆さんのご家庭に1台はある物だと思いますが、外出先で自転車にトラブルが起きてしまったらどうしますか? そんな時、自転車のロードサービスがあれば便利かもしれません。

小型バイクで下道ツーリングが趣味の方は入っておくと安心の2輪車対応のロードサービスを紹介 . 業界トップクラスのバイク盗難保険、ロードサービスなど、すべてのライダーに「ずっと」バイクに乗り続けていただくためのサポートサービスを提供しています。