モーツァルト ピアノ 四重奏

ピアノ四重奏曲(第1番)ト短調 k.478 (自筆譜では10月16日) 11月5日 ... 四重唱 「せめて言っておくれ、どんな過ちをしたのか」 k.479; 11月21日 ... 三重唱 「いとしのマンディーナ」 k.480; 12月12日 ... ピアノとヴァイオリンのためのソナタ(第41番)変ホ長調 k.481 モーツァルト: ピアノ四重奏曲ト短調、変ホ長調、ピアノ・トリオ ト長調 (Mozart : Piano Quartets and Trio K.478 K.498 K.564 / Stanley Hoogland, Natsumi Wakamatsu, Hiroshi Narita, Hidemi Suzuki) `50~`70年代のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のトップ奏者たちによる室内楽曲集。 (C)RS 変ホ長調、2分の2拍子。快い流れを特色とした 現時点ではこのメニューの読み込みに問題があります。 1785年 11月に、ピアノ四重奏曲第1番が完成した直後に着手された(モーツァルトの手紙の記述による)。 しかし第1番で触れたように、出版社とのトラブルがあった他、オペラ『フィガロの結婚』の作曲に忙殺されたため、第2番は1786年 6月3日にようやく完成した。 概要.

ピアノ四重奏曲第1番、第2番 クイケン・ピアノ四重奏団 - モーツァルト(1756-1791)のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番, 第24番, ピアノ四重奏曲第1番, 第2番;ブラームス:ピアノ五重奏曲 プレヴィン(アンドレ) 5つ星のうち 5.0 1 緊迫感に溢れるト短調の第1番は暗い雰囲気が漂うが、反対に第2番は抒情的であると同時に、大らかで、明るい性格を特色とした作品になっている。 全3楽章構成。演奏時間は約34分。

モーツァルト/ピアノ四重奏曲(全2曲) No.38 : 室内楽曲 モーツァルトは多種多様な室内楽曲を書いていますが、それによっていろんな楽器の組合せを試したのだそうです。