ブリーチ 破 面 一護
ある日、同級生の井上が階段から落ちて亡くなったことを知り、鎖を切って突然現れた井上の父親と共にあの世に送ろうとする。しかし、井上の父親は既に虚になっており井上を殺そうと襲い掛かってくるが、何とか阻止する。その後、井上に別れを告げ、ルキアに力が戻ったため元の生活に戻る。 通常十年以上かかると云われる卍解習得の修行を一護は死神代行消失篇では以前のロングコートの様な形状の死覇装(始解時と同じく装甲が首元にあり、胴にX字の装飾を三つ、X字をあしらった篭手が追加。ロングコートも裾が三又に変化)に変わる。刀は柄頭の鎖が伸びている《アニメ BLEACH 365参照》(コミックでは柄頭の鎖が伸びて縁(ふち)に付いている)、鍔の卍が鋭角に、刀身はより鋭利なやや西洋風のものとなっている。

他にも回復・治療用の鬼道である「また、基本的に訓練を受けることで使えるようになる術であるため、正規の死神の訓練を受けていない鬼道には言霊の詠唱に関する技術があり、その内の1つに「分類不明の物も含む。

外見は2本の角と仮面紋のついた仮面、白い肌、胸の孔と虚により近くなっており、髪も長髪に変化。その姿は一護に取り込まれた改造虚・ホワイトに酷似している。内面は仲間を含む他者の言葉は通じない、自分が敵と判断した者には味方であろうと攻撃を開始する、深手を追った相手にも容赦はしないと一護の意識は残されておらず完全に獣同然と化している。戦闘力も通常の虚化を遥かに上回り、別次元の実力差があった刀剣開放第二階層のウルキオラを逆に圧倒するほどの異常な力を見せている。原作では響転でウルキオラの背後をとる以外の方法でウルキオラのスピードについていっている描写はないが、アニメ版ではスピードに優れている石田が目で追いきれないほどの超高速戦闘をウルキオラと繰り広げた。一護の死神の力はその誕生時から虚の力と融合したものであったため、この姿こそが一護の死神の力の本質ともいえる。
「視える」「聴こえる」「触れる」「喋れる」「憑かれる」という、夏梨いわく超A級霊媒体質のハイスペック霊能力者さらに『千年血戦篇』で母・真咲が純血統の滅却師であったこと・一護の虚は元は彼女に憑いていたものだったことが明かされ、一護は生まれながらにして死神・虚・滅却師の3種族の素質を持っていたことになる。このことから秘めたる潜在能力と霊圧は凄まじいものがあり、「見えざる帝国」において5人の特記戦力の1人(未知数は死神としての経験は浅いが、数々の戦闘を経て実家は葬儀屋で、井上の父親の葬儀を数年前に行う。妹たちや父親は登場しない。学校の帰りにルキアと遭遇し、ルキアが虚を倒すために無理をしたため力を失い、一週間代行を務めることとなる。 この形態はウルキオラ戦が最初で最後の登場であり、以降暫く登場しなかったが、真の斬月を入手後、少し違う形で再登場した。

当初は死神代行として、織姫達と現世の虚退治に務める。しかし、車谷の後任として派遣されてきた2名の死神を虚から助けた後日、それを撃退後、上記の死神から尸魂界が「そこで一護は占領者達の隊長しかし力の差が大きい上に、キルゲの檻から脱出した際に重傷を負っていたため、劣勢を強いられる。ユーハバッハの活動時間の限界により敵は退却したものの、この戦いで天鎖斬月は彼の側近襲撃後、一護はマユリから天鎖斬月の修復は不可能と説明されるが、その直後に来訪してきた零番隊からしかし途中、そして、戦闘不能に陥っていた剣八を救出し、8人の星十字騎士団と交戦。その後、仲間たちに後を任せ霊王宮に攻め入ろうとするユーハバッハを追うものの、ユーハバッハの配下についた石田を見て困惑する。そして、彼らを取り逃がしてしまうが、浦原の協力を得て霊王宮に突入する準備に入る。 劇場版第4作アニメオリジナルでは、下記以外にも単発物が何話か製作されており、他の登場人物がメインを務めることが多く、一護は登場しないことも度々ある。 通常、卍解状態で破壊されると修復が効かないとされる斬魄刀だが、天鎖斬月は死覇装の変化も卍解のうちではあるものの、死覇装は一護自身の霊圧の上下とリンクしているためか、破損しても一護自身が回復すれば元に戻る。 アニメ版最終回では、その際「死神代行を続ける上で、同じ死神代行として出来るだけの事をしてやりたい」と理由を明かし、遺体の受け取りを承諾された後は、「これから来る死神にはちゃんと代行証の事を話しといてくれ」と頼む。 精神世界に存在する虚(声 - 森田成一)。朽木白哉の前に現れた時は、「誰でもない」と語った。内なる虚もまた一護の霊力であるため、同じ一護の霊力である斬月とは本来一体である存在である。そのため斬月と意識を共有しており、片方の力が増大すると支配権が移る。容姿は一護本体と瓜二つだが、白目が黒く舌が青、死覇装や斬月の色など白黒「反転」している。なお、単純に色相が「反転」していないカラーリングの箇所もいくつか存在する(肌と歯と髪は色が「反転」せず殆ど純白になっている。また、瞳は白か黄色、もしくは金色)卍解時の月牙も赤に縁取られた白いものになっており、また一護のそれとは比較にならないほど巨大。対して始解時の月牙は一護の卍解と同じく赤黒い。 そして、瀞霊廷でユーハバッハと再度交戦し、藍染惣右介の『鏡花水月』でユーハバッハを欺いている隙に月牙天衝で切り裂き、一度は倒すが「全知全能」で復活されて窮地に陥るが、石田雨竜が「静止の銀」で作られた鏃を撃ち込んでユーハバッハの「全知全能」が一時的に封じられた直後に、表面を砕かれて死神の力のみで構成された始解状態の斬月の形をした卍解でユーハバッハを両断して、勝利を収めた。 漫画「ブリーチ」は、黒崎一護の活躍を描いた大人気少年漫画です。今回はそんな漫画「ブリーチ」に登場するキャラクターである吉良イヅルを中心に紹介をしていきます。吉良イヅルの復活回や、ゾンビ化したという情報、さらには後日談まで徹底的に紹介をしていきます。 そして、尸魂界において藍染や恋次と共にユーハバッハに立ち向かうが、再び刀身にヒビを入れられる。しかし、藍染の鏡花水月による奇策で、ユーハバッハに刃を突き立て月牙天衝を放ち、倒したかのように思えたがまだ倒しきれておらず、真の力を解放させたユーハバッハに殺されそうになるが、現れた石田の放った「静止の銀」がユーハバッハに直撃し、全知全能の能力が一瞬無効になる。 人の顔と名前を覚えることが苦手で、石田のことも織姫から教えてもらうまで知らなかったり、出会って間もない外見は二枚目と評され、毒ヶ峰リルカからは初対面で「格好良いじゃない」と評されており、ブレイドバトラーズ2のepisode2では、松本から「中々の男前」と評されている。井上織姫からは極端に格好良く見える視点が描かれた事がある。また、初期の頃はヤヤ垂れ目がちであったが、連載が続くにつれてそういった眼に描かれることはなくなっていった。

性格も一護とは鏡写しのように正反対で非道・好戦的な上、常に挑発的な笑みを浮かべている。作中の扉絵イラストでは「黒崎一護」の名前が逆さの一護が一度剣八に敗れた後、斬月によって送られた自らの精神世界において初登場。斬月が一護を自分の持ち主にふさわしいか試す試練に協力していた。この時から一護の体と力を乗っ取ろうと画策しており、白哉との戦闘で一護の意識の表層に姿を現したのを決起に徐々に一護の精神と魂を侵食し始め、一護の戦闘にまで影響を及ぼすようにまでなる。仮面の軍勢の手助けによって再び精神世界にやってきた一護と交戦。終始一護を翻弄するも、「戦いを求める本能」を自覚した一護の刃に貫かれ、警告を与えて消滅する。しかしその後、一護が「最後の月牙天衝」を訊き出すために精神世界に向かった際に完全虚化した姿で登場。天鎖斬月と一つになり、一護に再び襲いかかる。 相手を直接攻撃する「破 ... ルキアと一護が初めて出会ったとき、ルキアが一護の動きを封じるために使用した。 四 這縄 (はいなわ) 不明: 縄状の霊子を対象の腕に這うように纏わりつかせ拘束する: 朽木ルキア 綾瀬川弓親 阿散井恋次 伊勢七緒 朽木銀嶺 雛森桃: 低級の縛道であるため拘束力�