ハンク アーロン 地味

フリー百科事典 Wikipedia. Ameba新規登録(無料) ログイン. ハンク・アーロン. 755本塁打:ハンク・アーロン; 3: 714本塁打:ベーブ・ルース ; 4: 696本塁打:a・ロドリゲス; 5: 660本塁打:ウィリー・メイズ; 6: 656本塁打:アルバート・プホルス* 7: 630本塁打:ケン・グリフィーj; 8: 612本塁打:ジム・トーミー; 9: 609本塁打:サーミ・ソーサ; 10: 586本塁打:フランク・ロビンソ … photograph by Getty Images. Aロッドとハンク・アーロン。 最年少600号男が挑む最多HR記録。 text by. PROFILE. ハンクアーロン… #756 | 深澤雅一【 週刊 FM 】 新型コロナウイルスに関する情報について. 荒川博氏逝去 王貞治の一本足を作り上げた異常な練習星野仙一氏「お別れの会」に「中日のドン」欠席の意外な理由「球界のレジェンド」山本昌がイチローに伝えた「50歳まで現役を続ける...エモやん、自身のスキルス胃がんを語る 「闘病でもピッチャーと野手の違... ブレーブ...ハンク・アーロン氏のボンズ選手に贈る言葉・・ ハンク・アーロン氏が、バリー・ボンズ選手へ、送る言葉・・新記録となる通算本塁打について「いずれは、どこかであなたがこの新記録を達成するだろうと・・確実に言えることは、あなたがそれを成し得たという事です。 ホーム ピグ アメブロ. 芸能人ブログ 人気ブログ. 先人達の言葉が未来へ…そしてあなたへ届きますように。通算本塁打755本を記録したアメリカの元プロ野球選手。スポンサーリンクハンク・アーロン(Hank Aaron, Henry Louis Aaron/1934年2月5日-/男性)は、アメリカの元プロ野球選手。アラバマ州モービル出身。「ハマー(Hammer)」の愛称で親しまれた外野手であり、通算本塁打755本で元MLB歴代1位記録保持者(2007年にバリー・ボンズが更新するまでの33年間)。本塁打数で注目されることの多い選手であるが1960年から1968年まで盗塁数二桁、20年連続100安打以上を記録するなど万能選手として活躍を見せた。1982年にアメリカ野球殿堂入り。Created July 11, 2017三割バッターとそれは自分の狙い球が来た時に狙い球というのは三割バッターは二割八分のバッターは人生で何かしようという時にも野球をするにしてもそのときがきたらその一瞬を逃さないようそして、思いきり振り抜く抜粋・略狙い球は絶対にくる抜粋・略※1995年5月2日に行われたエモリー大学での講演よりどんなトラブルに遭おうと意訳・要約失敗は意訳・要約スポンサーリンクスポンサーリンクスポンサーリンク読書が大好きな管理人の阿部牧歌です。就労継続支援A型事業所で障がい者さんの職業指導員として働きながらこのサイトを運営しています。お休みの日に記事をアップすることが多いので更新はだいたい土日になります。新着名言やお知らせなどは各SNSに投稿しています。お気軽にフォロー&友達申請してください。詳しいサイト情報についてはこちら→ 「王貞治」対「ハンク・アーロン」ホームラン競争 真の勝者は . ネット書店で購入する スポーツ 野球 週刊新潮 2016年8月23日号別冊「輝ける20世紀」探訪掲載. 芝山幹郎 Mikio Shibayama. [1/2ページ] Retrieved 2017年6月27日 (火) 12:31, UTC. posted 2010/08/17 10:30. 真の勝者はどっちだったのか( 真の勝者はどっちだったのか――。昭和49年(1974)11月2日。後楽園球場で、ある“一騎打ち”が行われた。決戦の主役の一人は、当時、大リーグ新記録である733本のホームランを打っていたハンク・アーロン。対するは、我らが日本プロ野球界の王貞治。日米を代表するホームランバッターが、ホームラン競争に臨んだのである。 ***「下馬評では王さんが勝つと言われていました」 と回想するのはメジャーリーグ評論家の福島良一氏である。当時高校生だった福島氏は実際にこのホームラン競争を後楽園球場で観戦していた。「アーロンはすでに選手として晩年にさしかかっていました。しかもシーズン終了後1カ月以上が過ぎているうえに、長旅の疲れもあった。かたや王さんはシーズン終了直後で、タイトルも奪取していた。絶好調だったはずです」 だが、結果を先に明かせば、アーロンの10本に対し王の9本と、僅差だがアーロンが大リーグのホームランキングの実力を見せつける格好になったのである。一本足打法を開発し、“三振王”とまで呼ばれるほど低迷していた王の打撃を徹底的に改良した、「育ての親」の荒川博コーチは、この結果を、「体も違うし、日本の球場は狭い。最初からアーロンが勝つと思っていた」 と振りかえる。しかしその一方で、「絶対に王さんが勝っていた」と、この結果に異を唱える人物がいる。それも、この競争をグラウンド上の身近な場所で目撃した人物なのである。「あれは王さんが勝っていたはずなんです」 と証言するのは、峰国安氏だ。峰氏は、元大洋ホエールズ投手で、後に巨人で打撃投手になった。王の練習で投げるのは専ら峰氏で、「王の恋人」と渾名されるほど信頼を得ていた。「ホームラン競争の2、3日前、王さんから投げてくれ、と頼まれたんです。当日はものすごく緊張した」 直々に指名された峰氏によれば、あの日、王はあと2本、大飛球を放ち、実際には11本のホームランを打った、という。峰氏は当時を、こう述懐する。「悔しくて球審に抗議したいくらいでした」 果たして王は勝っていたのか? 峰氏が見たという2本の“幻の大飛球”は本当にホームランだったのだろうか? その検証の前に、このホームラン競争のルールと試合展開を振りかえっておこう。現在おこなわれるホームラン競争は10回打って何本柵越えするかという方式が主流である。一方、王・アーロン戦はフェアゾーンに飛んだ打球5本を1ラウンドとして、合計4ラウンドのうち何本のホームランを打ったかを競う変則的なものだった。使用するのは日本製のボール。コイントスの結果、王は先攻を選んだ。 そして、1ラウンドから順に3、3、1、2の合計9本のホームランを峰氏から放った。後攻アーロンは、メッツのピグナトーノ投手コーチから、同じく順に2、4、3、1の合計10本塁打を打った。10対9。結果は、王の負けとなったわけだが、前述の通り、峰氏によれば、実際には2本の“幻の大飛球”があったというのである。そのうちの1本が、4ラウンドの3打球目だった。 ネット書店で購入する話題部屋閉鎖「中川親方」の“パワハラ”音源 弟子を差別的表現で罵倒荒川博氏逝去 王貞治の一本足を作り上げた異常な練習星野仙一氏「お別れの会」に「中日のドン」欠席の意外な理由「球界のレジェンド」山本昌がイチローに伝えた「50歳まで現役を続ける秘訣」エモやん、自身のスキルス胃がんを語る 「闘病でもピッチャーと野手の違いが出る」マスコミとどう付き合うのが正解か  新人選手必読の書『不動心』アクセスランキング Retrieved 2017年6月27日 (火) 12:31, UTC. フリー百科事典 Wikipedia.