ドイツ ホームドクター 登録

sponsored link体調不良やケガなど、ドイツに住んでいれば医者にかかる機会は何度となくやってきます。そこでまず知っておきたいのが、ドイツの「皮膚科や整形外科などに直接行っても、「なので移住や引っ越しの際は、何かあった時にすぐ行けるよう、早めにホームドクターを見つけるに越したことはありません。そこで今回は、ドイツでのホームドクターの探し方やかかり方について解説します。sponsored linkContentsホームドクターは、ドイツ語では「ハウスアルツト(Hausarzt)」。なにか体に不調がある時は、まずホームドクターに診てもらいます。そこでさらに精密検査などが必要な場合は、紹介状をもらって専門医へ行くという流れです。冒頭でも触れたように、実際に紹介状をもらって予約の電話をすると、「ホームドクターは誰ですか?」と必ず聞かれます。ホームドクターも診療所が小さかったり患者数が多いなどの理由で、一時的に新規患者を断っている可能性もあります。なので怪我や体調不良になったときに慌てないよう、早めにホームドクターを探しておくのがおすすめです。ホームドクターの探し方は、例えば以下のような方法があります。jamedaは地域と探したい医者を入力して検索ができるサイト。私もホームドクターに限らず、歯医者や婦人科を探す時はこのサイトを利用しました。探したい医者の欄には「Hausarzt」や「Allgemeinarzt」と入力してください。グーグルでも同じように入力して検索できます。このほか、お隣さんに会ったときに「ホームドクター探してるんですけど、どこか知りませんか?」と聞いてみるのも良いと思います。ホームドクターを探している時に最低限確認したい事は以下の2つ。そして口コミチェックも忘れずに!読んでいるとみたいなコメントが出てきます。あまりにひどそうであればその診療所は避けた方がいいですね。このほか、ドイツでは病院へ行く際に予約をするのが一般的です。ホームドクターは予約なしで行っても受け入れてくれる場合がありますが、それに予約なしの場合、「今日はものすごく混んでる」、「先生がお休み」などの理由で、行っても診てもらえない可能性もあります。実際に私も予防接種をしに行った時、事前に「予約しないで来ていいよ」と言われたのにもかかわらず、行ったら「今日スタッフが足りないから別の日に来て!」と帰されたことがありました。なので予約なしの場合でも、無駄足にならないために行く前に電話で確認した方が良いです。予約は電話で行うほか、診療所によっては自身のウェブサイトや先ほど紹介した「電話での予約では、だいたい以下の内容を聞かれます。これらをドイツ語(または英語)で説明する自信がなければ、誰かに代わりに電話してもらっても良いですね。またここでは診断の流れを順を追って説明していきます。診察へは「まずは受付で名前を告げ、健康保険証を提出します。保険証の確認が済んだら待合室に通されるので、呼ばれるまでそこで待ちます。待合室に誰かいる時はなど、何でもいいので挨拶しながら入るのがマナーですよ! 初診の場合は受付の際に問診票を渡されるので、待っている間に記入します。項目は住所、電話番号といった基本情報のほか、持病や飲んでいる薬など。なので記入事項に間違えがないか確認したら、サインをして受付に提出します。診察室では、まずドクターとがっちり握手(今はコロナの影響でしませんが)してから診察が始まります。病状を説明して診てもらうのは日本と同じ。英語もドイツ語もムリ!という人は、通訳できる人に同行してもらう方が安心でしょう。診察が終わったら、必要な場合は処方箋や診断書、紹介状を出してもらいます。これはドクターが直接出してくれる場合もあれば、受付で受け取る場合もあります。診察後は受付へ。書類を受け取ったり、必要であれば次回の予約をしましょう。これらの必要がなければ、そのまま帰ってOK。支払いがある場合は、請求書が後から家に送られてきます。とはいえホームドクターにかかる程度の診察であれば、保険でカバーされている事がほとんどです。日本のように診察後も手続きを待つ必要はなし。診察後にさっさと帰れてしまうシステムはとても便利です。ドイツでは怪我や体調不良の時は、まずホームドクターにかかるのが一般的。もしものときに慌てないよう、予約や診察で言葉が不安な人は、通訳できる人に助けを借りてみましょう。そういう人がいない場合は、フランクフルトやデュッセルドルフなど、日本人が多い町にはsponsored link[…] 探すときは「ホームドクターの見つけ方&かかり方」で解説しているように、病院検索のサイト「jameda」を使うのが便利です。 […]現在コメントは受け付けておりません。次の記事 Mopsドイツ在住のフリーランス。

ドイツのホームドクター制度. ドイツ生活が始まってなるべく早めにしたほうがいいことはあるのか?そんな疑問を先輩ママにした時に、ホームドクターへの受診をおすすめされました。今回は、なぜなるべく早めにホームドクターに受診したほうがいいのかその理由をご紹介したいと思います。 ドイツのホームドクターは、患者と密接に関わっており、包括的な診断をしてくれるのです。 ホームドクターのイメージ. 【ドイツはホームドクター制だから、とりあえずホームドクターへ行こう】 ドイツはホームドクター制が採用されている為、かかりつけの病院を持っておく必要があります。 何か病気になった時、まずはかかりつけの病院に行かなければなりません。 ドイツの病院はホームドクターに掛かり、そこで他の機関で検査などが必要な場合に紹介状を書いてもらい. © 2020 moplog All rights reserved. ホームドクター制度を利用するのが一般的です。 なるべく自宅や勤め先の近所にある一般医(Allgemeinemedizi)、内科医(Internist)、小児科医(Kinderazt)をホームドクター(Hausarzt)として決めておき、何かあったときにはまずそこで診てもらうようにします。 しかし私が実際ドイツで生活していた時には、ホームドクターを定めていなかったので、病院にいく際も色々と苦労しました。 自分で病院を探して(掛かり付けがあればそこでいいんだろうけど)予約を入れて診てもらうらしい。 自分で予約を入れるって・・・げげげ~。 新型コロナの感染拡大による影響で医療崩壊が各国で問題となっており、日本でも先行きが懸念されています。ドイツでは感染者数に対する死者数の割合が低いのは、病床数の多さにあるとの見解もあり、3月のテレビ演説において、メルケル首相は、ドイツの医療制度の高さを称えていました。今回は、「医学の国」ドイツの医療制度についてお伝えします。 ドイツ医療制度は、明治維新以後に日本に導入され、日本医療制度の原型となりました。戦前の日本でも、ドイツの社会保険方式の公的医療保険制度も導入しており、また介護保険制度もドイツをモデルとしています。ドイツの医療保険制度は、公的医療保険(Gesetzliche Krankenversicherung)と、民間医療保険(Private Krankenversicherung)のいずれかを選択する方式がとられています。公的医療保険は、公法人の保険者組織、Krankenkasse(疾病金庫)が運営しており、これも日本の健保組合の元となっているそうです。保険料は収入、身分で決まり、学生は月90ユーロ(約10,600円)ほど、社会人でおよそ300ユーロ(約35,000円)ほどとなります。日本の国民健康保険も収入に応じて保険料は決まりますが、病院での治療費は通常三割自己負担です。ドイツの公的医療保険に加入すると、ほぼ100%カバーされ、手術を伴う入院の場合も1日10ユーロの負担に留まります。入院費が家賃よりも安いから病院にいたほうが経済的…などという冗談すら聞いたことがあります。また、ホームドクター(Hausarzt,-arztin)も日本にはない概念ではないでしょうか。健康面に関してなんでも相談に乗ってくれる身近な医師であるホームドクターを個人で決めておくことがドイツでは一般的で、大学病院や専門病院への橋渡し役にもなります。ドイツではこのようなプライマリーケアを施すホームドクターの重要性も考慮し、育成にも余念がありません。日本でもかかりつけのお医者さんがいる場合もありますがドイツほど親しみは無いように見えます。ドイツのホームドクターは、患者と密接に関わっており、包括的な診断をしてくれるのです。しかし私が実際ドイツで生活していた時には、ホームドクターを定めていなかったので、病院にいく際も色々と苦労しました。ちょっと風邪をひいた、皮膚炎になった―というくらいでは診みてもらえず、どこのクリニックでも門前払いになり、取れる予約は2週間後という時もありました。少し大げさに40度の熱があります!と訴えてやっと診てもらえた留学生の友人もいましたし、薬を出してもらえることも少なく、少しもどかしい思いをしました。個人的には医療先進国を実感できる機会にはそれほど恵まれませんでした。冒頭にも書いたとおり、昨今の新型コロナ感染拡大においては、ドイツの致死率の低さを世界が注目しています。検査数の多さが致死率を低くしている要因のひとつでもありますが、人工呼吸器が2万5千台あることもおおきな強みとなっているようです。 これまで【日本人からみると不思議なドイツ事情】、【ものづくりの国ドイツ】を担当してまいりました、HHです。京都生まれ。ドイツ・フライブルク大学卒。留学中に得た経験をもとに、独自のアンテナを張って様々な側面からみたドイツをお伝えしていきたいと思います!皆さまのドイツ文化に関する興味・関心、ブログの感想もぜひ聞かせて下さいね。(0 Comments) ホームドクターは、ドイツ語では「ハウスアルツト(Hausarzt)」。 なにか体に不調がある時は、まずホームドクターに診てもらいます。そこでさらに精密検査などが必要な場合は、紹介状をもらって専門医へ行くという流れです。