ソフトボール 投げ方 上投げ
更新:2019.06.21体力テストのハンドボール・ソフトボール投げ、苦手意識を持っている方もいますよね。そこで、運動習慣のない方にも取り組みやすい、ボールの投げ方のコツやトレーニング法をご紹介します。遠くにボールを投げるのに必要なトレーニングは、美容や健康にも役立つものばかり。簡単トレーニングで好記録を目指しましょう。INDEX体力テストのハンドボール・ソフトボール投げでは、地面に描かれた直径2mの円内からボールを投げ、落下地点までの距離を測ります。助走したり、ステップを踏んだりというような投げる前の動作は、円からはみ出さない範囲で自由にできます。体力テストのハンドボール・ソフトボール投げには、次のようなルールがあります。基本のやり方やルールを守りながら、できるだけ遠くにボールを飛ばしましょう。ハンドボール投げのコツ1つ目は、「オーバースローで投げる」です。オーバースローで投げると、下半身から腰、上半身、肩、肘の順に力が伝わっていき、最終的に全身の力がボールに伝わるので、より遠くにボールを飛ばせます。野球やキャッチボールをして遊んだ経験の少ない女性は、オーバースローが苦手な方も多いです。しかし、オーバースローの正しいフォームを身に付ければ、誰でも体力テストのハンドボール投げで、記録を伸ばすことができます。最も基本的な投げ方なので、無理と決めつけずにやってみましょう。ハンドボール投げのコツ2つ目は、「腕と肩をリラックスして投げる」です。ボールを遠くに飛ばすためには、全身の力をスムーズに、ロスを少なくしてボールに伝えることが大切です。肩や腕に余計な力が入っていると、ボールに伝わるエネルギーが小さくなり、記録も伸びません。慣れないうちはボールが握りにくいため、腕や肩に力が入りがちです。指先以外の力を抜き、リラックスして投げることを心がけましょう。投球前に肩や腕を大きく回す、ぶらぶら振るなどして十分に動かしておくと、体が温まり、腕や肩がリラックスしやすくなりますよ。ハンドボール投げのコツ3つ目は、「ボールをしっかり握る」です。野球ボールよりも大きく、上手く握れないという人も多いハンドボール。親指と小指の先に力を入れ、ボールをしっかり固定するのポイントです。ボールを手の平にぴったりつけるのではなく、ボールと手の平の間に隙間ができるように握ります。残りの3本の指も、指先に力を入れてボールに添えます。ボールをしっかり握れていないと、ボールに力が伝わらないので飛距離が伸びません。ボールを投げる時、最後までボールに触れている人差し指と中指から、ボールに力を伝えることを意識しましょう。ハンドボール投げのコツ4つ目は、「まっすぐ投げる」です。まっすぐ投げるためには、投球フォームはもちろんですが、投球前の足の構え方にも注意が必要です。具体的には、軸足(右投げなら右足)を投げる方向に対して90度に構えます。この時、投げる方向に対して、体は横を向いた状態になっています(右投げなら右向き)。こうすることで、下半身と腰の回転がスムーズに上半身に伝わります。さらに、投球の方向を安定させるためには、軸足とは反対の足・ステップ足(踏み出し足)の向きも重要です。ステップ足は軸足と直角に、投げる方向につま先を向けて構えます。ハンドボール投げのコツ5つ目は、「体重移動を意識する」です。先程ご紹介したコツ④のように構えたら、体重移動を意識しながら投球します。ステップを踏んで投げる時も、投球時に前に踏み出した足に、しっかり体重をかけましょう。まず、踏み出し足を上げ、軸足に全体重をかけます。そして、左足を前に踏み出しながら、体重を左足に移動させます。右足から左足への体重移動の途中でボールを投げますが、体重移動がスムーズだと、ボールにエネルギーが効率良く伝わります。ハンドボール投げのコツ6つ目は、「45度より低めに投げる」です。理論上では、「ボールの飛距離を最大にする投球角度は45度」です。しかし、空気抵抗などを考慮すると、より遠くにボールを飛ばすことのできる、ベストな角度は40度くらいになります。ハンドボール投げが苦手な方は、斜め上に投げることを意識し過ぎて、45度以上の角度に投げ上げてしまうことも。40度くらいを目標に、難しいのであれば30~35度くらいの角度でも構いません。ボールを前に押し出す意識で投球すれば、上手くボールに力を伝えることができます。ハンドボール投げのコツ7つ目は、「手首のスナップを使う」です。先程、コツ②として、肩や腕をリラックスさせることが大切とご紹介しました。さらに手首を柔らかく使うことで、ボールをより遠くへ飛ばすことができます。しかし、手首を使うことを意識し過ぎると、動作が固くなってしまいます。肘を曲げず、腕全体をしならせて、手首でボールを前に押し出すようにして投げましょう。ハンドボール投げのコツ8つ目は、「風向きを見極める」です。投球時に風が吹いていると、追い風であれば好記録が出やすくなりますが、向かい風では記録が悪くなってしまうことも。向かい風、または横向きに強い風が吹いている時は、焦らずに風が弱まったタイミングで投げましょう。普段ボールに触る機会が少ない方は、技術を身に付ける前に、ボールに慣れることが大切です。ハンドボール投げへの苦手意識を克服するためにも、体力テストで使用するサイズのボールを用意して、触ってみることから始めましょう。まずはボールの触感を確認し、指先に力を入れて違和感なく握れるようにします。ボールが握れるようになったら、安全な場所で実際に投げてみてくださいね。初めは上手くいかなくても、投げ方のコツを意識しながら、繰り返し練習してみましょう。ハンドボール・ソフトボール投げの感覚を掴むためにおすすめなのが、タオルを使ったトレーニングです。このトレーニングは「シャドーピッチング」と呼ばれるもので、正しい投球フォームを身に付けるのに効果的です。シャドーピッチングは、実際にボールを投げるよりも体への負担が少なく、ある程度のスペースがあれば安全に行えます。大きな鏡を用意して、投球フォームを確認しながらやってみましょう。ハンドボール投げの記録をアップさせたいなら、スクワットを取り入れてみてください。ボール投げと聞くと、肩や腕などにばかり注意が向いてしまいますが、体幹(インナーマッスル)を鍛え、下半身を安定させることによって、力強い遠投ができるようになります。スクワットを正しいフォームで行えば筋力がアップ、全身の筋肉や関節に適度な刺激を与えることができるので、全身の動きがスムーズに。体を思い通りに動かせるようにして、自然でしなやかな投球フォームを身に付けましょう。体幹トレーニングは、スポーツの成績向上だけではなく、美容や健康維持にも役立ちます。下の記事には、自宅で気軽に、効果的な体幹トレーニングができるバランスディスクの使い方や効果についてまとめられています。体幹トレーニングに興味のある方は、ぜひチェックしてみましょう。RELATED ARTICLE体幹トレーニングのバランスディスクの使い方|ダイエット効果は?背中や肩甲骨のストレッチで背中や肩周りの柔軟性をアップさせると、可動域が広がり、伸びやかで大きな投球フォームになります。肘を曲げずに腕を動かす感覚も身に付く、タオルを使った、簡単なストレッチをご紹介します。力強く投球するためには、基礎体力アップも欠かせません。下の記事では、日常生活で無理なく基礎体力をアップさせるための方法や、心構えをご紹介しています。トレーニングを始めても三日坊主、初心者でも無理なくできるトレーニングが知りたいという方は、参考にしてみてくださいね。RELATED ARTICLE体力をつけるトレーニング方法6つ|疲れやすい生活習慣の特徴は?体力テストのハンドボール・ソフトボール投げに特化した書籍はありません。しかし、野球やソフトボール、ハンドボールなどの球技とは、基本的なボールの投げ方や遠投のコツは共通しています。ハンドボール投げの更なる技術向上を目指すなら、このような球技の専門書で紹介されている体の使い方やストレッチ、筋トレを参考にしましょう。『基本が身につく ハンドボール練習メニュー200(池田書店のスポーツ練習メニューシリーズ)』は、ハンドボールの基本的な技術や、具体的な練習方法が分かりやすくまとめられた、ハンドボールの入門書です。写真が多く解説も丁寧なので、初心者にぴったりです。ハンドボール投げのルール、記録アップを叶える投げ方のコツ、理想の投球フォームに近づけるための簡単なトレーニングをご紹介しましたが、いかがでしたか?ハンドボール投げに苦手意識のある方でも、投げ方のコツが分かれば、記録を伸ばすことは十分可能です。今回ご紹介したトレーニングを続けると、肩こりや姿勢が改善し、日常生活の何気ない動作もスムーズになります。柔軟性や体幹を高めるストレッチに筋トレを組み合わせれば、更なる記録アップも狙えます。現状に合わせた目標を立てて、気軽にトレーニングに挑戦してみましょう。Copyright 2020 BELCY All Rights Reserved.