ソフトボール ブラッシング あざ

ソフトボールのピッチャーを始めたばかりの方はまず、どんな投げ方にするかを決める際、ウインドミル投法を選ぶことがほとんどだと思います。最初は見よう見まねである程度はフォームが出来上がってくるでしょうが、そこで多くの初心者が、ブラッシングができ ソフトボールのピッチャーのピッチングフォームと言えば腕をダイナミックに回し、投球する姿を思い浮かべるのではないでしょうか。そのフォームがソフトボールのピッチャーの代表的なウィンドミルです。ウィンドミルではリリースとブラッシングを同時に行いま 「ブラッシング」今では誰でも使う言葉ですが、いつからこの言葉が使われるようになったのでしょう。ただ前腕を体側(太ももの外側)に当てればいいというものではないですし、この技術によってボールが速くなったり、キレが出てきたりするので、正しく理解したいですね。 kbスポーツ【ソフトボール ピッチング】~ブラッシング時~その直後の腕の動きってどうなってるの? ~ - Duration: 10:28. kokai KBスポーツ 25,959 views

ソフトボールのピッチャーをこれからはじめる人の多くはウインドミル投法で練習をはじめると思います。その際、まず習得しなければいけないのがブラッシングです。ブラッシングはウインドミル投法で非常に大切な基礎となります。この記事ではブラッシングを習得するにあたり気をつけるポイントやどのような練習をすれば良いか具体的な方法をお伝えしていきます。目次ブラッシングがウィンドミルの基礎となります。今後スピードやコントロールの精度を高めていく上で、大切な要素になります。今回はブラッシングのやり方とその際、気をつけるポイントを解説していきます。ウィンドミルは腕を一回転させて投げるイメージだと思いますが、ブラッシングを習得する為には、腕は回転させずにしっかり腕を腰にかすらせる(当てる)事を意識した練習をしていきます。まず、はじめは写真を見ながらゆっくり力を抜きながらブラッシングをしてみてください。まずはボールを持たず腕だけでも大丈夫です。身体:真横ブラッシングのフォームが出来たら、重力に従って腕を上から下に振り下ろしていきます。振り下ろす時、ボールを持つ手のひらは外(右投手の場合、三塁側)に向けて、投げ手を振り下ろすと同時にグローブは振り下ろしきる直前にブラッシングをします。ブラッシングははじめは、肘が腰に当たらなかったり、逆に当たりすぎたりして安定しないですが、いろんな位置をためしてスムーズに当てることが出来るポイントを探していきましょう。現時点で身体は投球方向に対して真横を向いた状態で投球してください。ブラッシングの練習は外でやる場合は、キャッチャーや壁、ネットに向かってコントロールを気にせず思いっきり投げてください。また、ブラッシングの練習はグローブに投げれば家でも出来ますので、時間がある時はやる癖をつけましょう。肘から手首の内側を腰に当てること自体に抵抗があると思うので慣れるまでひたすら練習してください。この記事ではブラッシングについて解説させていただきました。ブラッシングはウインドミルのスタートで、ブラッシングがしっかり出来ているかどうかで、球速やコントロールのレベルアップにも差が出てきます。なので、しっかりと身につくまで反復練習を行いましょう。この他にもウインドミルを習得するためには、ブラッシングや下半身の使い方、上半身と下半身の連動など様々なポイントが重要です。【投手プロフィール】【まとめて読みたい方】TwitterでフォローしようSoftballTimes All Rights Reserved. カテゴリこの記事の目次 「ブラッシング」今では誰でも使う言葉ですが、いつからこの言葉が使われるようになったのでしょう。ただ前腕を体側(太ももの外側)に当てればいいというものではないですし、この技術によってボールが速くなったり、キレが出てきたりするので、正しく理解したいですね。ソフトボールのピッチャーのストレートは、ボールが進行方向に向かって前向きの縦回転(トップスピン)をするのが正しい回転とされます。野球の場合はバックスピンになります。ボールに強いバックスピンを与えるために重要になるのが、「ブラッシング」です。基本になる考え方はありますが、それぞれ身長も体重も、手の長さ、足の長さ、筋力、柔軟性、器用さなどが違います。それでピッチングフォームにも違いが出てきますね。それでいいんだと思います。それが個性になるんですから。どんな投げ方、握り方をしていても、最終的に強くて速くてキレのあるトップスピンのボールが投げられれば、それでいいんだと思います。ただ基本通りやる方が簡単で、結果が出やすいということは言えると思います。これまで数々のピッチャーが経験してきたことの積み重ねがあって、今の基本が出来上がっているはずですから。正しいフォームを身につけるのに、手っ取り早いのは良いピッチャーのフォームをそのまま真似してみることです。これが素直に出来る時期は子供の頃になります。難しい理屈も教えなくても、見て素直に真似をすることが出来る子供たちの中には、いつの間にか素晴らしフォームで投げている選手がたくさんいます。そんな機会をたくさん与えてあげられる環境作りが、われわれ大人の仕事なのかもしれませんね。見よう見まねで始めたピッチャーも、成長とともに個性が出てきます。小さな頃からあまり型にはめることなく、基本的なことが出来ているのであれば、自由に投げることを楽しいと思わせてあげて欲しいと思います。未完成な部分が大きくなってからの伸びしろになります。さて一旦何かしらの技術を身につけた大人になると、子供のようにはいかなくなります。長い時間をかけて脳に書き込まれたプログラムがあって、それが新しい技術(フォーム)導入しようとするときに邪魔をすることになります。私は現在二人の日本を代表するピッチャーから、指導を受けています。やれと指示されていることは「縦回転」です。しかしそこに至るやり方には違いがあります。どちらが正解なんでしょう?どちらも正解です。お二人ともそのやり方で素晴らしい実績を残されています。実践に勝るものはありません。その考え方、やり方で実際にバッターを押さえ、試合に勝ってきた。練習で縦回転のボールが投げられても、ピッチャーとしては完成ではありません。試合で投げられて、そしてバッターを押さえ、さらに試合に勝って完成です。このお二人のどちらのやり方をやっても、それが出来るという証明はお二人自身がされています。あとはどちらのやり方が私に合っているかを、私自身がやってみるだけなんです。こちらの動画をご覧ください。弘瀬拓生先生が私にブラッシングを指導している時の動画になります。これは弘瀬先生のフォームを私が真似をしているのではありません。私の投げ方を見て、弘瀬先生がアドバイスをしたり修正を加えたりして、正しいブラッシング(縦回転)をさせようとしてくれています。次にこちらの動画をご覧ください。西村さんが私に指導してくれている時の動画です。これはどちらというと、西村さんの投げ方を取り入れようといている感じが強くなっています。もともと私の投げ方や手の使い方は弘瀬先生に近いものがあります。弘瀬流のブラッシングでも、良くなりそうな感覚がありました。ただ57歳の残り少ない人生の中で、一度西村流に挑戦してみようという気持ちにもなりました。そうすれば何か違った世界が見えるような気もしました。その大きな違いを説明したいと思います。弘瀬先生の場合手をボールの後ろに置いて、どちらというと[押す」というイメージを強く意識してバックスピンをかける感じでしょうか。手の使い方は次の写真のようになります。2016年の年末に弘瀬先生、2017年の年明けに西村さんとたて続けに指導をしていただきました。その都度少しずつですが変化してきています。その変化を見て、また指導の内容、言葉が変わってきました。典型的なのがこの動画の中にあります。弘瀬先生が言っている「横ぶれ」という言葉です。年末に投げている時には、手首の使い方が「縦」でしたので、左手が少々身体の外に出ていても、横に引いても手首を縦に振っているのでそんなに横ぶれが起ることはなかったんです。ところが西村さんの指導を受けて、手首をおへその方に振る(横)ようになると、この左手を横や後ろに引くと身体が横ぶれして、ボールを引っぱるようになってしまうようになります。これに気がついた弘瀬先生から出たアドバイスが「左手を身体の中に」「身体を振らずに止めろ」「背中を使え」でした。こちらも動画で確認してみて下さい。同じ人間であっても、いまどんな状況なのか、どの程度の仕上がり具合なのかを見極め、その場に必要な適切なアドバイスが出来るって凄いことですね。試行錯誤したことがムダじゃなかったと、動画を見ながら安心したことででした。3月には西村さんが大学の合宿で高知に帰って来ます。sこで今の投げ方を見てもらって、またアドバイスをもらいたいと思っています。弘瀬先生、西村さん、これからもよろしくご指導ください。

ソフトボールのピッチャーをこれからはじめる人の多くはウインドミル投法で練習をはじめると思います。その際、まず習得しなければいけないのがブラッシングです。ブラッシングはウインドミル投法で非常に大切な基礎となります。 ソフトボールは下投げをすることが決まっていますが、さまざまなピッチングの仕方があります。 ここでは、ソフトボールのピッチング方法を紹介しています。そのため、どのような投球の方法があるのか知りたい人は参考にしてください。