オリーブオイル 柚子胡椒 ドレッシング

【オリーブオイルを使ったレシピ②】柚子胡椒味のオリーブオイルドレッシングのローストビーフ 【材料 】 ☆寿司酢 ☆柚子胡椒 ☆黒胡椒 ☆醤油 ☆レモン汁 ☆オレガノ 牛のモモ肉 塩胡椒 フレッシュローズマ … 柚子胡椒ドレッシング (2人分くらい)柚子胡椒 小さじ1酢 大さじ1醤油 小さじ1/3砂糖 少々オリーブオイル 大さじ11:柚子胡椒・酢・醤油・砂糖をボウルに… 柚子胡椒 オリーブオイル ポン酢のレシピ検索結果 69品、人気順。1番人気はダイエットに!鶏肉とキャベツの柚子胡椒ポン酢蒸し!定番レシピからアレンジ料理までいろいろな味付けや調理法をランキング形式でご覧いただけます。1位投稿者:まいころころん2位投稿者:森谷ねね3位投稿者:cln_akiko投稿者:嵯峨 恭也投稿者:みーちゃん6914投稿者:さとママ3645投稿者:しゅんたい丸投稿者:ねこちゃんみん投稿者:かえるかえる38投稿者:しの&投稿者:leopoo投稿者:蟹大好き人間投稿者:kouaya2319投稿者:ここなっつん投稿者:寝虎太郎投稿者:mint74投稿者:蟹店長投稿者:assy1984投稿者:やっすん投稿者:kouaya2319 食品スーパーには、たくさんの種類のドレッシング商品が並んでいて、利用される方もとても多いと思います。しかし、市販のドレッシングには、添加物や身体に良くないオイル類などを使用しているものがあります。いや多いかも知れません。そこで今回は健康効果も高いオリーブオイルを使った生ドレッシングを自宅で手作りしてみてはいかがかとおススメしたいと思います!何より安心で自分好みの風味ドレッシングが手軽に作れちゃいますよ!この記事の目次手作りドレッシングの唯一のデメリットは、市販品よりも、当然手作りだと手間がかかること。しかし、そんなデメリットも充分に打ち消すほどのメリットもたくさんあるのです。一例をあげてみると・・・市販のドレッシングは、ドレッシングには、大きく分けて2種類のタイプに分かれます。オイル(油分)と酢や果汁、醤油など(水分)と乳化させる材料で作る、乳化されたクリーミーなドレッシング。時間が経っても、分離しにくいのが特徴です。オイルと酢や果汁、醤油などだけで作るドレッシングです。こちらは、乳化していないサラサラしたドレッシングで、時間が経つと油分と水分が分離します。どちらのドレッシングも、簡単に作ることができますが、時短で作りたい場合は、サラサラしたドレッシングの方がお勧めです。   例えば、穀物酢を使っている場合、りんご酢やワインビネガー、バルサミコ酢、黒酢などに替えると風味が異なったドレッシングが出来ます。また、酢の代わりに柑橘類の果汁(レモン、ゆず、すだちなど)でも同様に作ることができます。ただし、酸味の違いによってオイルと塩の分量も前後しますので、酸味が強い場合はオイルと塩を増やす、弱い場合は、オイルと塩を減らすようにすると同様に仕上がります。パセリやローズマリー、バジルなど、ハーブは色々と種類がありますので、好みのハーブなどを適当な大きさに刻むか、ミキサーで撹拌してもいいですね。また、カレー粉やクミン、コリアンダーなどのスパイスを加えてもいいですね。ハーブやスパイスを加えて、香りと風味をプラスし、バリエーションも広がります。他にも、野菜や果物を摩り下ろして加えたり、ミキサーなどで撹拌して加えるのもお勧めです。オーソドクスなものでは、玉ねぎや人参、りんごなどでしょうか、セロリなどを入れても、とても爽やかになりますね。最近では、パクチーなども人気でドレッシングに加えるレシピがたくさん出回っています。野菜や果物を足すことで、ドレッシングに甘みや辛味などを加えて、深い味わいにしてくれます。オリーブオイルの味を楽しむための、基本的のドレッシングです。オリーブオイルと酢、塩胡椒のみで作ります。こちらのドレッシングをベースに、色々なアレンジを加えるのもいいですね。ハーブを入れたり、玉ねぎやニンニクなどの野菜を入れても美味しく頂けます。参照レシピ ⇒ オリーブオイル、酢、醤油、砂糖に、すり胡麻と摩り下ろしたにんにくを加えた、中と洋を掛け合わせた風味のドレッシングです。サラダはもちろんのこと、他にも肉料理や魚料理などに使用してもいいソースになりそうです。参照レシピ ⇒ カレー粉、おろしにんにく、酢、はちみつ、塩、オリーブオイルを使用した、パンチのある味わいのドレッシングです。野菜にこのドレッシングをかけるだけで、おかず感が増します。グリル野菜、肉料理や、魚料理のソースとしても美味しく頂けそうです。参照レシピ ⇒ すりおろした生姜、醤油、砂糖、酢、レモン汁、はちみつ、塩胡椒を良く混ぜ、馴染んだところにオリーブオイルを混ぜて完成です。寒い冬にサラダを食べたい、しかし水分の多い生野菜は身体を冷やしがちです。そこで、おすすめなのが、こちらの生姜オリーブオイルドレッシングです。生姜の力で、身体を心からポカポカと温めてくれます。参照レシピ ⇒ とても色鮮やかなドレッシングです。摩り下ろしたきゅうり、レモン汁、砂糖、塩、オリーブオイルを混ぜ合わせて作ります。きゅうりの清涼感が口の中を爽やかにしてくれますので、肉料理や魚料理にもよく合います。いつものドレッシングに飽きた時に、取り入れてみてはいかがでしょうか?参照レシピ ⇒ にんじんや玉ねぎを使った野菜のドレッシングです。フードプロセッサやミキサーなどがあれば一瞬で仕上がってしまう簡単レシピです。材料は、にんじん、玉ねぎ、オリーブオイル、しょうゆ、酢、砂糖、みりんを混ぜ合わせれば完成です。にんじんや玉ねぎなどの野菜を入れることで、ドレッシングが深みのある味に変身します。是非一度お試しください。参照レシピ ⇒ 皮を剥いた柿、酢(アップルビネガー)、レモン汁、オリーブオイル、塩を使ったドレッシングです。これらの材料を全てハンドミキサーなどで撹拌したら完成です。上品な甘さがクセになりそうです。お肉にもとてもよく合う、おしゃれなソースです。参照レシピ ⇒ 皮を剥いて摩り下ろしたキウイ、オリーブオイル、酢、塩、こしょうを使ったフルーツドレッシングです。こちらのドレッシングは、サラダだけでなく、カルパッチョなどの魚料理によく合いそうです。キウイは、ビタミンCが非常に豊富で抗酸化作用もあり、活性酸素から血管を守る働きがあるため、美肌やアンチエイジングなどの効果も期待できます。参照レシピ ⇒ ポイントは、まずオイル以外の材料を良く混ぜて溶かすことです。その後で、オイルを少しずつ足していきます。そうすることで、水分と油分が分離しにくく、成功しやすくなります。レシピでは、オリーブオイルやアボカドオイル、ココナッツオイルなどのマヨネーズが紹介されています。味の違いを試してみるのもいいですね。参照レシピ ⇒ プレーンヨーグルト、マヨネーズ、粉チーズを使った、コクがあるのにしつこくないシーザードレッシングです。まず、プレーンヨーグルト、マヨネーズ、粉チーズ、塩を混ぜ合わせ、よく溶かします。その後、オリーブオイルを少しずつ加えながら良く混ぜ、粗挽き黒コショウを加えて完成です。マヨネーズも手作りにすると、もっと美味しいドレッシングになりそうです。参照レシピ ⇒ オリーブオイルで作る自家製手作りのドレッシングは、健康に対しても経済面に対してもメリットがたくさんあります。ドレッシングづくりは難しく考えがちですが、思ったよりも作り方もとってもシンプルなので、材料さえ揃えちゃえば、すぐに作れてしまいます。保存料などの添加物が含まれてないので、市販品に比へ保存期間は長くはないですので、作る量を考えて使い切る分だけ小分けで作るようにしましょう。今回ご紹介したレシピ以外にもたくさんレシピがあります。ぜひ、基本を押さえて自分流のオリジナルドレッシングを作れるようになれれば素敵だと思いませんか?(By ディオニソス)この記事が気に入ったら神様の食材の人気記事をお届けします。この記事をSNSでシェアディオニソス酒と酒宴の神バッカスの生まれ変わり。カット野菜のおすすめの保存方法|冷蔵、冷凍、干し(乾燥)|とカット野菜の栄養発酵生姜とは?発酵パワー効果と生姜パウダーなど美味しいレシピ使い方!生姜の効果9つとは?生姜をより長く保存するベストな保存方法はどれ?バターとは?有塩、無塩、発酵バター等の分類、違いと上手な使い分け方!油が酸化するのはなぜ?7つの理由とその防止法とは!トランス脂肪酸フリーへ!コンビニ、パン、ファーストフードなど対応企業まとめ冷え性に良い食べ物10選!女性におすすめスーパーフードも!オリーブオイル漬けレシピ12選!ドライトマト、定番にんにくまで!野菜が摂りずらいエスキモーがなぜ心臓病になりにくいのか?リノール酸が多く含まれる食品15選!ガン研究センター調べ2016 神様の食材 All right reserved. © Rakuten, Inc. オリーブオイルを使ったドレッシングレシピ 【1】 簡単♪イタリアンドレッシング. 基本の調味料でアレンジも自在!ドレッシングをさっと作る黄金比率とは? 投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部. 醤油・塩・酢・味噌・ごま油など、基本の調味料で作ることができるドレッシングを紹介しよう。 オリーブオイルの味を楽しむための、基本的のドレッシングです。オリーブオイルと酢、塩胡椒のみで作ります。