エレ メンタリー ゲーム オーバー

TERA通信  今回の開発ノートでは、次回のアップデートにて実装されるスキル調整について紹介します。    今回の大規模なバランスアップデートは、 今まで、クラスのスキルはスキルアクションとエフェクトだけで各クラスの個性が現れ、クラスの基盤となるステータスの部分ではコンセプトが明確にされていなかったので、このバランスパッチを介して各クラスがステータスベースでもコンセプトがより明確になるように改編しました。 また、アクティブスキルはキャラクターのステータスに比例して効果が増加するよう環境を改善し、クラス毎に使用頻度が低かったスキルに実用性を持たせました。この過程で、スキル回しに急激な変化がないような形での改善が行われました。    物理/魔法抵抗無視はステータスの値そのまま減少させます   物理/魔法抵抗貫通はステータスの値に応じ減少量が決まります   ランサーは戦場の最前線で活躍し、敵のすべての攻撃を盾で受けて味方を護る役割をします。したがって ランサーのコンセプトパッシブで、物理抵抗が追加で増加する「強靭な意志」スキルと盾スキルの威力を向上させる「盾熟練」パッシブが追加されます。  また、特定のスキルが物理抵抗ステータスに比例して効果が増加するように変更され、「アーマーブレイク」は対象の物理抵抗を減少させる効果が追加されます。   *ランサーの変更点の概要   ファイターは攻撃をカウンターする攻撃的なタンカークラスです。したがって ファイターのコンセプトパッシブで、物理攻撃力が追加で増加する「固い意志」とすべてのジャストガードの反射ダメージが増加する「甲拳熟練」スキルが追加されます。  「ギガントラース」が物理攻撃力に比例して効果が追加で増加するように変更され、「テンペスト」に対象の物理抵抗を減少させる効果が追加されます。  *ファイターの変更点の概要   プリーストは戦場の後衛で活躍するクラスです。強力な回復スキルで味方を治癒し、さまざまな支援スキルを活用して危険に陥ったパーティーメンバーを救い出すなど、最高のサポーターです。 ヒーラークラスは、基本的にプリーストのコンセプトパッシブで、魔法抵抗が追加で増加する「聖霊の加護」スキルが追加されます。  また、ダウンや硬直の防止以外の実用性が少なかったスキル「プロテクションアーマー」は、魔法抵抗値に基づいてダメージを吸収できるバリアが強化されるよう改善し、エレメンタリストよりも高い係数を持つようにバランスを調整します。  プリーストの強力なバフスキルである「セイクリッドシャイン」と「ジャッジメント」の効果も魔法抵抗値に応じて効果が増加し、「セイクリッドシャイン」はバランスを考慮して、4段階目のチャージのみステータスに比例して効果が発動するようにしました。  最後に、「ダムネーションチェイン」に対象の魔法抵抗を減少させる効果が追加されます。  *プリーストの変更点の概要   エレメンタリストは好戦的なヒーラークラスの役割を果たします。プリーストと比較して回復能力と味方支援能力は多少劣りますが、強力な火力支援バフとタンカークラスに匹敵するダメージを出すことができます。 エレメンタリストもエレメンタリストのコンセプトパッシブで、魔法抵抗が追加で増加する「自然の加護」スキルが追加されます。  また、フォースエレメント状態で使用される「プロテクションエレメント」、「サンダーエレメント」、「デストラクションエレメント」の効果が魔法抵抗値に応じて増加するように変更されます。  「ペインカーズ」の持続ダメージ効果は魔法攻撃力に比例して増加し、さらに魔法抵抗能力値に比例して、ターゲットの魔法抵抗を減少させる効果が追加されます。  *エレメンタリストの変更点の概要   TERAで最もスキルの連携が自由クラスはスレイヤーです。自由度の高い連携部分を修正することは、むしろスレイヤーのコンセプトを崩す恐れがあり別の方向に能力値のコンセプト化をしました。 スレイヤーはまた、スレイヤーのコンセプトパッシブで「オーラブレード」スキルが追加されます。  パッシブ「オーラブレード」を通じて、物理抵抗が低い対象に、より強力なダメージを与えることができます。 また、使用頻度が低かったスキル「ホームスラスト」には一定時間「物理抵抗無視」が追加で増加する効果が付与されます。  スキル「パワーセーブ」は物理攻撃力に比例して効果が増加します。  *スレイヤーの変更点の概要   ソウルリーパーは中距離型クラスでありながら、広範囲に攻撃を行えるクラスです。ソウルリーパーは ソウルリーパーのコンセプトパッシブでスキル「黒い魔力」が追加されます。  黒い魔力パッシブを通じて、魔法抵抗が低い対象に、より強力なダメージを与えることができます。また、使用頻度が低いスキルである「ダークウィップ」スキルに実用性を追加しました。スキル使用時、「魔法抵抗力無視」のステータスが増加し、最大16回まで重複することができます。 最後に、「闇神降臨」スキルに魔法攻撃力5%増加効果が追加されます。  *ソウルリーパーの変更点の概要   ウォーリアーは、ストックを積んで解放するスキル回しを持っています。このコンセプトをさらに強化してくれる「致命傷」パッシブスキルが追加され、  スキル「ポイズンストライク」は物理攻撃力に比例して、持続ダメージが増加します。  スキル「ディフェンススタンス」には軽鎧職の低い物理抵抗を補完してくれる物理抵抗20%増加効果が追加され、スキル「コンバットストライク」はディフェンススタンス状態で使用すると対象の物理抵抗を減少させる効果が追加されます。  *ウォーリアーの変更点の概要物理増幅数値に基づいて持続ダメージ増加   ヘビーガンナーはスキルを使用してアルケインエネルギーを獲得し、迅速に消費する構造のスキル回しを持っています。ヘビーガンナーはコンセプトパッシブ追加の代わりにアルケイン素子パッシブが強化されます。  「アルケインマシンガン」は発射中スキル威力が持続的に増加するスキルです。ただし、期待ダメージが低く怪力特性の維持のみを目的として使われてきました。 今回のバランス調整を介して2スキルの最大ダメージが増加し、最大発射時に魔法攻撃力が追加で増加する効果が付与されます。  「アルケインレーザーマシンガン」ヒット時、従来はスキル「アルケインミサイル」のクールタイムが減少しました。 しかし、アルケインエネルギーをすべて消費するまで発射する「アルケインレーザーマシンガン」の特徴と「アルケインミサイル」のクールタイムを考慮した時に実用性が無意味なレベルに近いと判断したため、スキル「アナイアレイト」のクールタイム減少に効果を変更します。  *ヘビーガンナーの変更点の概要   アーチャーは素早く戦場を縫って、敵の弱点を突いて攻略するクラスです。アーチャーは 新規パッシブスキル「ペネトレーション」が追加され、オーバーチャージ威力が増加し、物理貫通能力値を獲得することができます。物理抵抗が高い対象に効率的にダメージを与えることができます。  ブリンクショット効果が物理攻撃力に応じて増加し、ポイズンアローは物理攻撃力に応じて、持続ダメージが増加します。 また、スキル「ストームルーラー」に物理攻撃力5%増加効果が追加されます。   *アーチャーの変更点の概要物理クリティカル威力に応じて物理抵抗貫通オーバーチャージスキル威力増加   くノ一はTERAで最も強力な瞬間ダメージを叩き出す暗殺者クラスです。 くノ一はくノ一のコンセプトパッシブで「魔力相殺」スキルが追加されます。  覚醒以後、くノ一は遠距離スキルのダメージの割合が高すぎる関係で近距離スキルの実用性が大幅に下がりました。近距離スキルの支援のために「内気功」効果を強化し、近接スキルの期待ダメージを大幅に向上させました。 また、魔法攻撃力に基づいてスキル「極功術」の効果が増加するように変更されます。  *くノ一の変更点の概要   バーサーカーはオーバーチャージを介して、体力を消費してダメージを増加させるコンセプトを持っています。しかし、その消費量に対する威力増加量の恩恵が少なかったため、今回のバランス調整を介してコンセプトをより明確に改善しました。 バーサーカーは、  スキル「フェリーレイジ」は使用時に、MP消耗の代わりに最大HPの10%を消費するように変更され、最大HP10%増加効果が追加されます。  一部の主力スキルにもMP消費ではなく、最大HPに比例してHPが消耗されるように変更され、スキル「アンバークブロー」を使用して、実用的なレベルでのHPを回復することができるように改善されます。  ベルセルクスキルもまた、上記のコンセプトに合わせてHP回復と消費スキルが指定されます。   *バーサーカーの変更点の概要   ソーサラーは、莫大なMPをもとに対象に強力なスキルを浴びせる形のクラスです。ローブ職であるため防御力は低いが、様々なスキルを活用して敵の攻撃を無力化することができます。 ソーサラーは、 ソーサラーのコンセプトパッシブで最大MPが増加する「フレンドリーマナ」と最大MPに比例して、特定のスキルの威力が強くなる「呪文詠唱」スキルが追加されます。  ソーサラーでは、特定のスキルを使用する場合、最大MPの6%〜12%ほど消費します。これらのスキルは最大MPに比例してスキル威力が増加します。  MP を消費し強力なスキルを使用して元素を獲得し、集められた元素を利用して、融合スキルで攻撃する時にMPを15%回復するサイクルを持つように再編成されます。  また、「マナイグニッション」状態では、最大MPが8%増加し、スキル「マナシズル」は最大MPの20%を回復し、回復しただけ対象のMPを減少させます。   これまで、ソーサラーの中核保護スキルでなければならなかったスキル「マナシールド」はダメージ吸収量が不充分で実用性がほとんどありませんでした。したがって、マナシールドのダメージ吸収量が最大MPの500%増加する効果が付与されました。  *ソーサラーの変更点の概要   ムーングレイバーはウォーリアーと似ていますが、他の形態のメカニズムを持っており、月光痕を活用した範囲攻撃を行えるクラスです。ウォーリアーはストックを介してスキル威力が増加する形だが、ムーングレイバーは追加打撃ベースの戦闘形態です。 ムーングレイバーには既存のクラスとは異なるコンセプトパッシブを与えたいと考えました。ムーングレイバーは ムーングレイバーのコンセプトパッシブで「月の幻」スキルが追加されます。物理攻撃力を魔法攻撃力に切り替えて使用することができる唯一のクラスです。  ムーングレイバーのスキルは、魔法攻撃力に比例してスキル効果が大幅に増加します。魔法攻撃力が大幅に増加することにより、魔法係数がない新月を除くすべてのスキルのDPSが小幅増加し使用頻度が低いスキルであったスキル「月鳴り」の使用率を増加させます。  また、追想効果を魔法攻撃力に比例して増加するように改善しスキル「月鳴り」を強化して、「新月」、「朱月」、「必減天翔」も能力値に比例して全体的なスキル威力を増加させることができるよう改善しました。   *ムーングレイバーの変更点の概要ヒット時、月光増幅効果付与魔法攻撃力に応じて効果の増加   これまで回復スキルのツールチップでHP回復量は抽象的に表記されていました。今回の改善作業を介してすべての回復スキルのHP回復量をツールチップで詳細に確認することができ、キャラクターの成長に伴う回復パフォーマンスの向上を確認することができるように改善しました。  HP 回復量はスキルの回復性能、キャラクターの回復性能、魔法攻撃力を反映して表記されます。上記の場合、回復量表記は基本回復量の3,582と、能力値を使用して追加されたHPの回復量が緑の値で反映されます。ただし、回復を受ける対象がHP回復量の減少のような異常状態にかかっている、もしくはHP 回復量増加などの効果が適用されている場合には、実際の適用される回復量はツールチップと異なることがあります。   調整されるクラススキルについて簡単に説明しました。今回の変更により、それぞれのクラスがより多彩なコンセプトを示すことができることを願っています。 今後もキャラクターバランス調整は、随時調整する予定ですのでお楽しみにお待ちください。 また、先日当開発者ノートでお知らせした内容より実装にお時間を頂きますが、エクソドール装備のランダムオプションを変更できるアイテムを追加し、リバランスによって発生する負担を軽減させる予定です。 ありがとうございます。  ※上記内容は現在調整中の内容も含んでおりますので、実装時に変更となる可能性もございます。予めご了承お願いいたします。※当ページ内の画像は開発中のものとなります。 Copyright © KRAFTON Inc. All rights reserved. <>>> endobj エレメンタリスト . endobj